« 「ロンドン版 ショーシャンクの空に」 | トップページ | 「ペット・セマタリー」のような事象が!? »

2015/01/26

「死のロングウォーク」的なランニング大会が5月に世界同時開催

Wings for Life World Run 2015年5月3日 全世界同日同時刻に33カ国で一斉にスタートするランニング大会 Wings for Life World Runが、どう考えてもスティーヴン・キングの「死のロングウォーク」にそっくりな件。

と言うか、「死のロングウォーク」の影響を受けている件(当サイト推測)。

Wings for Life World Run

このWings for Life World Runの概要は次の通り。

・世界の6大陸、33カ国、35会場で約5万人のランナーが、5月3日に同時にスタートする。

・スタートから30分後にキャッチャーカーが時速15kmでランナーを追跡と始める。

・キャッチャーカーは徐々にスピードを上げ、最終的には時速35kmになる。

・キャッチャーカーに追い付かれたランナーは強制的にリタイヤさせられる。

・最後の一人(男女それぞれ一名)になったランナーがその会場の優勝者となる。

・走った先にゴールがあるのではなく、ゴールが追いかけてくるレース。

・全世界35会場で一番最後まで走っていたランナーがワールド・チャンピオンになる。

Longwalk どうです。

どう考えても「死のロングウォーク」みたいでしょ。

Wings for Life World Runは警告なしでアウトなので、「死のロングウォーク」より厳しいかも。

関心がある方は是非。

因みに日本会場は滋賀県高島市。

琵琶湖のほとりがWings for Life World Runのコースになっています。

因みに昨年のワールド・チャンピオンは、男性はオーストリアのレースで78.58km走ったLemawork Ketemaさん(エチオピア)、と女性はノルウェーのレースで54.79km走ったElise Molvicさん(ノルウェー)。

レイ・ギャラティだったらどこまで行けるかな。

|

« 「ロンドン版 ショーシャンクの空に」 | トップページ | 「ペット・セマタリー」のような事象が!? »

コメント

こんばんは。
突然失礼いたします。
ずっとブログ楽しく拝見いたしております。昨年の夏に中々更新なさらないので、もう二度と更新されないんじゃないかと心配でしたが、最近は定期的に楽しい記事の書き込みがあるので嬉しいです。
私もキングは崇拝レベルに好きです。
今回なぜ数年間の沈黙を破りコメントしちゃおうかと思いついたかというと「アメリカで死んだはずの猫が五日後に蘇った!」というネットニュースを見て「これ、リアルにチャーチじゃん!」と思ったからです。これ、ネタにしちゃいますか(笑)キングファンならば「ゾンビ猫なんて名前じゃなくチャーチに改名すべき」と思うはず。
しかし、キングは犬派ですね。猫は碌な目にあいません。

そうそう、世界の村上春樹さんが、ネットで読者の質問に答えるという、楽しい企画を開催中です。
28日の書き込みに「キングの翻訳はしないのか」と質問に答えています。私も質問しようと思っていましたが、先を越されてしまいました。

http://www.welluneednt.com

投稿: 亀山瑠衣 | 2015/01/29 21:23

コメントありがとうございます。

実は個人的にいろいろと事情があって更新をさぼっておりました。

これからもボチボチと続けていこうと思います。

因みに、ゾンビ猫の件も書きました。

村上春樹の件も回答が非常に面白いものが多く結構読んでいます。

キングの翻訳の件は近日中に書こうと思っています。

これからもよろしくお願いします。

いろいろとご心配ありがとうございました。

投稿: tkr | 2015/01/31 09:02

忙しい中、お返事ありがとうございます。
早速、記事を拝見いたしました。非常に勉強になりました^o^

村上春樹さんサイト、毎日二回チェックしてニタニタ笑ってます。最近は「ユニコーン」の返答がナイスです。

関西に桂米紫さんという、桂ざこばさんの孫弟子さんがいらっしゃいます。
その方が「しなやかな銃弾のバラード」という名前の落語会を定期的に開催なさっており、前々からもしやキングファンでは?とおもっていました。思い切って「キングの短編から名をとったのか」と聞いたところ、その通りでした。米紫さんもファンとのことです。
古典芸術の世界までキング様のご威光が届いてます(^o^)

投稿: 亀山瑠衣 | 2015/01/31 19:24

ユニコーンの件は、ファンタジー世界とは全く違う村上春樹ワールド節炸裂でしたね。

落語会「しなやかな銃弾のバラード」については知りませんでした。機会があったらのぞいてみようと思います。

余談ですが以前入院(ベッドから出られない状態)していた際、隣のベッドのカーテン越しに村上春樹ファンと村上春樹談義をしたことがあります。

村上春樹がキングの初期作品のファンだと言う話も相手側から出てきました。

わたしがキングのファンサイトをしている話はしていなかったのに、です。

投稿: tkr | 2015/02/01 11:08

Absolutely indited information, Really appreciated studying.
Filiberto http://salleycazarez.jimdo.com/2015/01/01/work-outs-for-sesamoiditis

投稿: Filiberto | 2015/02/14 22:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174263/61038320

この記事へのトラックバック一覧です: 「死のロングウォーク」的なランニング大会が5月に世界同時開催:

« 「ロンドン版 ショーシャンクの空に」 | トップページ | 「ペット・セマタリー」のような事象が!? »