« 村上春樹久しぶりにキングを語る | トップページ | 「ドクター・スリープ」の刊行は!? »

2015/02/08

「愛犬とごちそう」はキングの影響を!?

「愛犬とごちそう」より
映画「ベイマックス」の同時上映作品「愛犬とごちそう」が興味深い。

と言うのも、本作に登場する犬の名前はウィンストン。

「愛犬とごちそう」より

ウィンストンと言えば、どう考えてもウィンストン・チャーチルから名前がとられていると考えられるし、キャラクターの顔もチャーチルに似せられている。

ウィンストン・チャーチル そしてもう一匹、ウィンストン・チャーチルから名前がとられた猫がいる。

そうスティーヴン・キングの「ペット・セマタリー」に登場する猫チャーチである。

これは「愛犬とごちそう」がキングの影響を受けていると言わざるを得ない。

因みに「愛犬とごちそう」は、人間の、しかも脂質や塩分が高い食べ物をペットのウィンストンに食べさせ続ける点で動物虐待ではないか、と批判を受けているが、物語としてはペットの飼い主に対する愛情を描くハートフルな作品に仕上がっている。

「ベイマックス」と同時上映なので関心がある方は是非。


|

« 村上春樹久しぶりにキングを語る | トップページ | 「ドクター・スリープ」の刊行は!? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174263/61100201

この記事へのトラックバック一覧です: 「愛犬とごちそう」はキングの影響を!?:

« 村上春樹久しぶりにキングを語る | トップページ | 「ドクター・スリープ」の刊行は!? »