« 「ユリ熊嵐」もキングの影響を!? | トップページ | 「シャイニング」のTシャツ2種 »

2015/06/28

「ハッピーエンドが書けるまで」がキング的にやばいらしい

予告編を観て、ステマかよ、と思えるほどにやたらとキングの本やポスターが出てくるので気になっていたのだが、2015年6月27日に公開された映画「ハッピーエンドが書けるまで」がキング的にやばいらしい。

映画『ハッピーエンドが書けるまで』予告

「ハッヒーエンドが書けるまで」
監督・脚本:ジョシュ・ブーン
出演:リリー・コリンズ(サマンサ)、ローガン・ラーマン(ルイス)、グレッグ・キニア(ビル)、ジェニファー・コネリー(エリカ)、ナット・ウルフ(ラスティ)、リアナ・リベラト(ケイト)

物語:ビル・ボーゲンズ(グレッグ・キニア)と息子のラスティ(ナット・ウルフ)は感謝祭の準備をしていた。テーブルには3年前に離婚したビルの元妻エリカ(ジェニファー・コネリー)の席も用意されていたが、彼女は現れない。そこへ大学生になり家を出た娘サマンサ(リリー・コリンズ)が帰省する。食事の席で、サマンサは自分の本が出版されることを報告し、家族で祝杯をあげる。しかし母親を毛嫌いしているサマンサは用意された空席を見て弟に不平を漏らす。エリカはサマンサと1年以上も会話がなく、初出版の件もまったく知らされていなかった。

さてどの辺りがキング的にやばいかと言うと、まだわたし本作「ハッピーエンドが書けるまで」を観ておりません。

従って予告編だけを観た上でのお話です。

◆やたらとスティーヴン・キングの書籍が登場する。

「ハッピーエンドが書けるまで」より
スティーヴン・キング ルイスの部屋の本棚にはキングのハードカバーが山盛り。古い本もあるのでもしかしたらサマンサの本を引き継いでいるのかも知れないが。

また、壁に貼ってあるのは「ダーク・タワー」シリーズのイラスト。

そして極めつけは、本棚の上のスチールはなんとスティーヴン・キングのポートレイト。

「ハッピーエンドが書けるまで」より
大学の教室(?)の後ろの壁にキングの「The Secretary of Dreams」のポスターが。

これはちょっとやり過ぎと言うかステマに近い印象。

◆サマンサの処女作のタイトルは「Under the Pink」

「ハッピーエンドが書けるまで」より

スティーヴン・キングの「アンダー・ザ・ドーム」的にはピンクは重要な色だし、サマンサの「Under the Pink」のPinkはどうやら家("Home")のメタファーらしい。

因みに「アンダー・ザ・ドーム」には、「オズの魔法使」に引っ掛けて、"There's no place like Dome." と言う一節もあるし、奇しくも「アンダー・ザ・ドーム」シーズン3の放送についてキングはこんなツイートもしている。

There's no place like Dome

因みに、本作「ハッピーエンドが書けるまで」の監督・脚本のジョシュ・ブーンの次回作は「ザ・スタンド」に決定している模様。

また本作では「IT」と「ザ・スタンド」に関する言及がある模様。

いかがだろう。
関心がある方は是非劇場へ。

余談だけど、本作「ハッピーエンドが書けるまで」の原題は「Stuck in Love」
本作でビルを演じたグレッグ・キニアがマット・デイモンと共に結合双生児を演じたファレリー兄弟の「ふたりにクギづけ」の原題は「Stuck on You」

|

« 「ユリ熊嵐」もキングの影響を!? | トップページ | 「シャイニング」のTシャツ2種 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174263/61807716

この記事へのトラックバック一覧です: 「ハッピーエンドが書けるまで」がキング的にやばいらしい:

« 「ユリ熊嵐」もキングの影響を!? | トップページ | 「シャイニング」のTシャツ2種 »