« 映画「シャイニング」のラストカットの元ネタ | トップページ | やっぱ、EXILEはキングファンなのか!? »

2015/12/23

「007 スペクター」もキングの影響を!?

2015年12月4日に日本公開された映画「007 スペクター」もどうやらスティーヴン・キングの影響を受けている模様。

と言うか実際のところは例によってスタンリー・キューブリックの「シャイニング」(1980)の影響。

「007 スペクター」

「007 スペクター」より

冒頭、メキシコシティで開催されている「死者の日」("Day of the Dead")のパレードの中を歩く死者のマスクを付けたボンドと一人の女性。

「007 スペクター」より

そのボンドと女性が入るホテルの部屋がなんと327号室なのである。

ところで、ご承知のように「シャイニング」に登場する、生者が死者と合う象徴的な舞台が、オーバールックホテルの237号室。

さて「007 スペクター」だが、その327号室でボンドは死者のマスクを取ることにより、死者から生者にもどり007としての作戦を遂行する。

つまり「007 スペクター」における327号室は死者が生者に変わる舞台として設定されている。

「007 スペクター」より

これは、先ごろ新訳が刊行されたジョーゼフ・キャンベルの「千の顔を持つ英雄」的に言うと、英雄の死と迷宮そして再生のメタファーと考えることが出来る。

「シャイニング」の237号室と「007 スペクター」の327号室だったら、数字が違うから無関係だろ、偶然だろ、と思う方も多いと思うが、ご存知の通り映画というものは暗喩で出来ており、その描写に偶然は存在せず、意図的な背景が必ず存在する。

これはキングファンの妄想ではないはずだ。


|

« 映画「シャイニング」のラストカットの元ネタ | トップページ | やっぱ、EXILEはキングファンなのか!? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174263/62923159

この記事へのトラックバック一覧です: 「007 スペクター」もキングの影響を!?:

« 映画「シャイニング」のラストカットの元ネタ | トップページ | やっぱ、EXILEはキングファンなのか!? »