« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »

2016年5月の2件の投稿

2016/05/22

「トットてれび」もキングの影響を

さて、今日も全ての事象はスティーヴン・キングの影響を受けている、と言うキングファンの妄想的エントリー。

今日、俎上に乗せるのは、テレビシリーズ「トットてれび」第3話。

黒柳徹子(満島ひかり)は、バラエティ「夢であいましょう」、ドラマ「若い季節」という2つの生番組でレギュラーとして活躍。共演者の渥美清(中村獅童)や坂本九(錦戸亮)と親しくなる。生ドラマにはハプニングがつきもの。ある日の「若い季節」では、放送が始まるとすぐセットが壊れたり、脚本が遅いため出演者がセリフを憶えていなかっ たりで大混乱。ディレクターの伊集院(濱田岳)は、「終」と書いたボードを出そうとする。徹子は持ち前の機転と早口で、放送中止の危機を救うことができるのか・・・。

そんな徹子らがたまり場にしている中華飯店での出来事。

「トットてれび」第3話より
徹子らと離れた席で一人脚本を執筆している向田邦子(ミムラ)だったが、徹子らの笑いにつられて原稿用紙をインクで汚してしまう。

「トットてれび」第3話より
向田邦子は反故になった原稿用紙数枚を丸めて捨ててしまう。

「トットてれび」第3話より
後日、中華飯店に訪れた森繁久彌(吉田鋼太郎)は、床に落ちていたゴミに気付き拾い上げる。

「トットてれび」第3話より
そのゴミは向田邦子が書いた脚本の一部だった。

「トットてれび」第3話より
その拾った脚本を読んだ森繁久彌は後日、向田邦子にラジオ番組の脚本の執筆をオファーする。

さて「トットてれび」のどの辺りがスティーヴン・キングの影響を受けているのか、と言うところなのだが、ここまで読んだ方ならお分かりだと思うのだが、これは「キャリー」である。

つまり、「トットてれび」は、ゴミ箱にキングが捨てた「キャリー」の原稿を妻タビサが拾い、続きを書くように助言した、と言うエピソードの影響を受けている、と言わざるを得ない。

まあ妄想ですが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/05/05

「ナカイの窓」で「アンダー・ザ・ドーム」が

「ナカイの窓」「海外ドラマ大好き芸能人」より
2016年5月4日に日テレ系で放送された「ナカイの窓」「海外ドラマ大好き芸能人」でスティーヴン・キング原作のテレビシリーズ「アンダー・ザ・ドーム」が紹介された。

概要は次の通り。

■ 2016.5.4 onair

【ゲストMC】
千原ジュニア(千原兄弟)

【ゲスト】※50音順
井上裕介(NON STYLE)
大石絵理
劇団ひとり
祐真キキ
吉村崇(平成ノブシコブシ)

次回のナカイの窓は『海外ドラマ大好き芸能人』
「24-TWENTY FOUR-」から「ウォーキング・デッド」
「アンダー・ザ・ドーム」「ゴシップガール」など
様々な人気海外ドラマの魅力を語り尽くす!

劇団ひとりが、なぜか〝つけ乳首″をつけて
「24-TWENTY FOUR-」の名シーンを再現!?

「ウォーキング・デッド」のゾンビの倒し方を吉村がレクチャー!
スタジオで中居がゾンビに襲われる!?

シャワー中でも見ているほど海外ドラマが大好きな井上が
「アンダー・ザ・ドーム」の魅力を語る!!

大石絵理がジムで「セックス・アンド・ザ・シティ」を見ていた時に
起こった恥ずかしい事とは!?

さらにメガヒットドラマ「ヒーローズ・リボーン」に出演した
刀ガール祐真キキが登場
世界を魅了した華麗な殺陣を日本のテレビで初披露!
海外ドラマの驚愕なお金事情も明らかに!

お見逃しなく!!

トークのないようとしては、NON STYLEの井上裕介がイチオシ作品として「アンダー・ザ・ドーム」を推すが、他の出演者が中盤以降ダレるとか言うトークを繰り広げる。

そして、興味深いのは、「アンダー・ザ・ドーム」を起点として、アメリカのテレビシリーズの特徴である、テコ入れや打ち切りの話にトークが及ぶ点。

「ナカイの窓」「海外ドラマ大好き芸能人」より

これは例えば、既に打ち切りになっている海外のテレビシリーズを、打ち切りになっていることを言わずに鳴り物入りで日本国内で放送したり、物語の最後まで描かれていない最終シーズンを最新シーズンとして販売している点を間接的に伝えているのではないか、と思えてならない。

また、映画俳優ではなくテレビ俳優が出演しているので、誰が死ぬのか、誰が犯人なのか、先読みが出来ないところを良い点としてあげたりしている点も興味深い。

前述のNON STYLE井上の「アンダー・ザ・ドーム」を紹介した際、シリーズが完結している、と語っていた点に共感を覚える。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »