« 2017年4月 | トップページ | 2017年11月 »

2017年10月の2件の投稿

2017/10/29

キング「IT/イット “それ”が見えたら、終わり。」を語る

2017年11月3日 日本公開の「IT/イット “それ”が見えたら、終わり。」のプロモーションの一環としてスティーヴン・キングが「IT/イット “それ”が見えたら、終わり。」について語っている映像が公開されている。

原作者スティーヴン・キングが語る! 11/3公開『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』 特別映像

キングの語りの部分を引用する。

 子供は想像力が豊かだ。大人たちよりも信じる心があるし色々と気づく。「IT」に登場する子供たちは迷信深いがなんでも信じるわけではない。だからサンタさんや歯の妖精は信じないが、電気が消されるとベッドの下に何者かがいるのではないかと怖がる。

 あの怪物と戦えるのは子供たちだけだ。怪物の存在を信じるのは唯一子供たちだから。

「IT/イット “それ”が見えたら、終わり。」特別映像、原作者スティーヴン・キング語る

 “それ” は27年ごとに戻ってくる。その度に子供が失踪する。

 ペニーワイズの正体は、その子供が最も恐れる対象を利用する。

 期待以上の出来栄えに驚いていた。原作ファンもきっと楽しめると確信している。

「IT/イット “それ”が見えたら、終わり。」は、2017年11月3日に日本公開される。

なお、「IT」のBlu-rayは、1990年に製作されたテレビ・ミニシリーズ。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2017/10/28

「ユリイカ」キング特集号刊行

「ユリイカ 詩と批評」平成29年11月号「特集スティーヴン・キング ホラーの帝王」 2017年10月27日 青土社より「ユリイカ 詩と批評」平成29年11月号「特集スティーヴン・キング ホラーの帝王」が刊行された。

「ユリイカ2017年11月号 特集=スティーヴン・キング -ホラーの帝王-」
定価:1,400円(税別)
発売日:2017年10月27日
出版社:青土社

なお「ユリイカ」のスティーヴン・キング特集は1990年11月号の「ユリイカ 詩と批評」「特集スティーヴン・キング -ホラー時代の教祖-」に続き2回目。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年4月 | トップページ | 2017年11月 »