« 2017年11月 | トップページ | 2018年1月 »

2017年12月の2件の投稿

2017/12/24

「キャリー」は出版社に30回断られたんですってよ

Carrie 2017年12月22日のLITERARY HUBのエントリーThe Most-Rejected Books of All Timeが興味深い。

The Most-Rejected Books of All Time

この記事は、著名な作家が自作を出版社に持ち込み何度断られたのか。最も多く断られた作品は誰のどの作品なのか、と言う内容の記事。

この中でスティーヴン・キングは「キャリー」を出版社に30回断られた、と言う事になっている。

該当部分を引用する。

Stephen King, Carrie: 30 rejections from publishers.
Things were looking grim for King’s first novel until Bill Thompson at Doubleday finally sent this telegram:

“CONGRATULATIONS. CARRIE OFFICIALLY A DOUBLEDAY BOOK. IS $2500 ADVANCE OKAY? THE FUTURE LIES AHEAD. LOVE, BILL.”

The paperback rights went for 16 times as much, and more importantly: the biggest literary career of modern times was officially launched.

この電報については、Bev Vincentの"The Stephen King Illustrated Companion"にレプリカが収録されている。
Inside
いま手元に現物がないので紹介出来ないが機会があれば紹介したいと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/12/01

「シュッシュッポッポきかんしゃチャーリー」発売中

Charliethechoochoo

2017年11月24日 「ダークタワー」シリーズの作中人物による架空の絵本「シュッシュッポッポきかんしゃチャーリー」の翻訳が出版された。

「シュッシュッポッポきかんしゃチャーリー」
著者:ベリル・エヴァンス
訳者:風間賢二
出版社:角川書店

本書「シュッシュッポッポきかんしゃチャーリー」は、スティーヴン・キングの「ダークタワー」シリーズの登場人物であるジェイク・チェンバーズが読んでいた絵本「Charlie the Choo-Choo」だったが、2016年にサンディエゴで開催されたコミコン・インターナショナルで150部限定で実際の絵本として販売されたものである。

Allisondavies_2

サンディエゴコミコンでは「Charlie the Choo-Choo」の著者ベリル・エヴァンスのサイン会が行われるとアナウンスされ、スティーヴン・キングのサイン会が行われるのではないか、と話題になったが実際はベリル・エヴァンスに扮した女優アリソン・ディビスがサイン会を行った。

また、2016年当時は、ebayでサイン入り「Charlie the Choo-Choo」が1,200ドルで販売されていた。

Ctcc 今回の翻訳「シュッシュッポッポきかんしゃチャーリー」には、通常の絵本同様にあとがきや解説は存在せず、その代わりに風間賢二氏による刊行記念特別冊子が付いている。

その「シュッシュッポッポきかんしゃチャーリーー 刊行記念特別冊子」には、「ダークタワー」シリーズの概要、「ダークタワー」シリーズにおける「シュッシュッポッポきかんしゃチャーリー」の紹介、またサンディエゴ コミコンでの限定販売のいきさつ等が紹介されている。全8ページ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年11月 | トップページ | 2018年1月 »