« 「キャリー」は出版社に30回断られたんですってよ | トップページ | テレビシリーズ「ミスター・メルセデス」スター・チャンネルで2月放送開始 »

2018/01/02

「11.22.63」まとめ観しました。

「11.22.63」 あけましておめでとうございます
本年もよろしくお願いします

お正月なので少し時間があったので「11.22.63」(全9話)をまとめ観しました。

「11.22.63」
製作:ジェームズ・フランコ
製作総指揮:J・J・エイブラムス、スティーヴン・キング、ブリジット・カーペンター、ブライアン・バーク
原作:スティーヴン・キング 「11/22/63」(文藝春秋社刊)
出演:ジェームズ・フランコ(ジェイク・エッピング)、クリス・クーパー(アル・テンプルトン)、サラ・ガドン(セイディ・ダンヒル)、ジョージ・マッケイ(ビル・ターコット)、ダニエル・ウェバー(リー・H・オズワルド)、ルーシー・フライ(マリーナ・オズワルド)

「ロード・オブ・ザ・リング」を観た際に思ったのが、「ロード・オブ・ザ・リング」は、「指輪物語」の現在望み得る最高の映像化作品だと言うこと。

で、今回「11.22.63」を観直してみて、同様に「11/22/63」の現在望み得る最高の映像化作品だと思えてならない。

しかしながら本作「11.22.63」は原作「11/22/63」の長大なストーリーラインをそのまま映像化した訳ではなく、原作の様々なプロットを取捨選択し交通整理をし、単純化する作業が行われている。

原作ファンからすると、おいおいちょっと待てよ、と言う展開はあるものの、それは長大な原作「11/22/63」を映像化する上での許容範囲だと思う。

大きな改変はジョージ・マッケイ演じるビル・ターコットの投入であろう。ビルと言うキャラクターを物語に投入する事により本作に《バディもの》の観点を導入することに成功しているし、オズワルド単独説以外の観点を導入する事に成功している。

また、原作では1958年にタイムスリップするのだが、テレビムービー版では、過去の生活を短縮するためか1960年にタイムスリップする。またテレビムービー版では過去へのタイムスリップの回数も減少している。

また、「11.22.63」内で「ダーク・タワー」シリーズへの言及は難しいためだと思うのだが、《イエロー・カード・マン》のキャラクターの設定は比較的理解しやすいキャラクターに変更されている。

あと驚いたのだが、原作では何度となく印象的な音楽の使い方がされているのだが、テレビムービー阪では、そうではないため、原作ファンには納得いかない部分になっているのではないか、と思えてならない。

しかしながら本作「11.22.63」「11/22/63」の現在望み得る最高の映像化作品だと言うのは変わらない。

関心がある方は是非。


|

« 「キャリー」は出版社に30回断られたんですってよ | トップページ | テレビシリーズ「ミスター・メルセデス」スター・チャンネルで2月放送開始 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174263/66234218

この記事へのトラックバック一覧です: 「11.22.63」まとめ観しました。:

« 「キャリー」は出版社に30回断られたんですってよ | トップページ | テレビシリーズ「ミスター・メルセデス」スター・チャンネルで2月放送開始 »