« 2018年3月 | トップページ | 2018年5月 »

2018年4月の3件の投稿

2018/04/30

「トミーノッカーズ」も映画化か!?

Tommyknockers 2018年4月25日にヴァラエティ ジャパンが伝えるところによると、スティーヴン・キングの「トミーノッカーズ」の映画化権をユニバーサル・ピクチャーズが取得した模様。

米ユニバーサル、スティーヴン・キング原作の小説『トミーノッカーズ』の映画権利を獲得

現時点で判明しているのは次の通り。

制作:ユニバーサル・ピクチャーズ、アトミック・モンスター・カンパニー
製作:ジェームズ・ワン、ロイ・リー

ニュースソースはこちら。

Universal Answers Call To Make A ‘Tommyknockers’ Movie, Wins Bidding For Stephen King Novel

なお「トミーノッカーズ」は1993年に映画化されているが、日本国内ではVHS、LDしかリリースされていない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/04/29

「死のロングウォーク」映画化か!?

Bachman_long_walk 2018年4月26日にシネマトゥデイが伝えるところによると、スティーヴン・キングの「死のロングウォーク」(リチャード・バックマン名義で1979年に発表)が映画化される模様。

歩行速度が落ちたら射殺!スティーヴン・キングの問題作「死のロングウォーク」映画化

ニュースソースはこちら。

Stephen King's 'The Long Walk' in the Works at New Line (Exclusive) 

現時点で判明しているのは次の通り。

制作:ニュー・ライン・シネマ
製作:ブラッドリー・J・フィッシャー
脚本:ジェームズ・ヴァンダービルド

なお「死のロングウォーク」は扶桑社より刊行されている。

また、高見広春の「バトル・ロワイヤル」は、スティーヴン・キングの「死のロングウォーク」を下敷きにしている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/04/28

「ミスト 短編傑作選」は2018年5月10日発売

Mist 2018年5月10日 文春文庫より「ミスト 短編傑作選」が刊行される。

「ミスト 短篇傑作選」
著者:スティーヴン・キング
訳者:矢野浩三郎ほか
出版社:文藝春秋 文春文庫刊
収録作品:「ほら、虎がいる」(松村光生訳)、「ジョウント」(峯村利哉訳)、「ノーナ」(田村源二訳)、「カインの末裔」(松村光生訳)、「霧」(矢野浩三郎訳)

紹介:スティーヴン・キングを読むならまずはこれ!

その町を覆ったのは霧――目の前さえ見通せぬ濃霧。その奥には何かおそるべきものが潜む……豪雨に襲われてスーパーマーケットに集まった被災者を襲う災厄とパニックを描き、映画化、TVドラマ化された伝説の中編「霧」他、「恐怖の帝王」の凄みを凝縮した問答無用の傑作集。キング入門者に最適、キング・ファン必携の一冊!

「ミスト 短編傑作選」の刊行に合わせて、装画を担当した藤田新策氏が、自らのブログで「ミスト」に関するエントリーを投下している。

「ミスト」Shinsaku Fujita Private View

「ミスト 短編傑作選」の装画も公開されている。

余談だが、「ミスト 短編傑作選」の装画の左上部に浮かぶショッピングカートだが、カート部分が、へこんでいるようにも、ふくらんでいるようにも見える。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年3月 | トップページ | 2018年5月 »