« 2018年6月 | トップページ | 2020年8月 »

2020年5月の1件の投稿

2020/05/02

「イン・ザ・トール・グラス -狂気の迷路-」

Photo_20200502100401
2019年10月にNetflixで配信された「イン・ザ・トール・グラス -狂気の迷路-」を観た。

「イン・ザ・トール・グラス -狂気の迷路-」
監督・脚本 ヴィンチェンゾ・ナタリ
原作 スティーヴン・キング、ジョー・ヒル「In the Tall Grass」
製作 スティーヴン・ホバン
製作総指揮 ジミー・ミラー、ジョン・レヴィン
出演者 ライズラ・デ・オリヴェイラ(ベッキー・デマス)、エイヴリー・ホワイテッド(カル・デムス)、パトリック・ウィルソン(ロス・フンボルト)、ウィル・ビュイエ・Jr(トビン・フンボルト)、ハリソン・ギルバートソン(トラヴィス・マッキーン)、レイチェル・ウィルソン(ナタリー・フンボルト)
音楽 マーク・コーヴェン
撮影 クレイグ・ローブルスキー

ベッキーとカルの姉弟は大人の背丈を越える広大な草むらの中から助けを求める少年の声を聞いた。少年を助けるため草むらの中へと分け入った2人はすぐに少年を見つけられると思っていたが、なかなか見つけられず、歩き回っているうちに自分たちも道に迷ってしまい、2人は離ればなれになってしまった。2人は草むらの異様さに気が付いたが・・・・。

本作「イン・ザ・トール・グラス -狂気の迷路-」 はスティーヴン・キング、ジョー・ヒル共著の短篇小説「In the Tall Grass」をヴィンチェンゾ・ナタリが映画化した2019年のNetflix作品。

本作の原作はキングとヒル共著の短篇小説であり、草むらに迷い込んで出られなくなる、と言うワンアイディアによる作品。
そのアイディアに、望まれない子を妊娠してしまったため、子を養子に出そうと里親の元へ自動車で田舎町を移動する姉と弟が、入ってはてけない草むらに迷い込んでひどい目に遭う、と言う典型的なプロット。

その背景にはキングお得意のネイティヴ・アメリカンの呪い的なスパイスを加え、最終的に良い話に昇華させた小編。

本作は本来ならばテレビシリーズの1エピソード程度の分量の物語なのだがヴィンチェンゾ・ナタリの苦心もあったのか、どうにかこうにか100分超えの作品に仕上がっている。

基本的に本作は超自然的なとんでも話なのだが、論理的に破綻はしておらず、物語の最終的な着地点は美しく、ある種の爽やかな感動とカタルシスを感じることができる。

物語の一つの主役とも言える広大な草むらの描写は非常に美しくかつ恐ろしい。
特に草むらが風でなびく様、人が通って草むらが揺れる様は丹念に描かれている。

機会があれば是非。

なお本作の原作はKindleで発売中。

Photo_20200502104401
また余談だが、本作「イン・ザ・トール・グラス -狂気の迷路-」の中には「クリスティーン」に登場するプリマス・フューリーが映り込んでいる。
解釈としては、クリスティーンに乗ってきたドライバーが草むらに迷い込んでしまい、クリスティーンはそのまま放置されてしまった、と言うところ。

| | コメント (0)

« 2018年6月 | トップページ | 2020年8月 »