« なんとエズラ・ミラーが「ザ・スタンド」に | トップページ | スティーヴン・キングの最新長編「Later」の限定版とは »

2020/11/23

「トム・ゴードンに恋した少女」の監督はリン・ラムジーに決定か

2020年11月16日にDeadlineが伝えるところによると、映画化が予定されている「トム・ゴードンに恋した少女」の監督はリン・ラムジーに決定した模様。

Lynne Ramsay To Direct ‘The Girl Who Loved Tom Gordon’ Adaptation For Village Roadshow Pictures

記事の内容および現在わかっている情報は次の通り。

「トム・ゴードンに恋した少女」
製作:ヴィレッジ・ロードショー・ピクチャーズ
制作総指揮:ジリアン・アプフェルバウム
監督:リン・ラムジー
制作:クリスティン・ロメロ、ライアン・シルバート、ジョン・バーグ、ロイ・リー、
原作:スティーヴン・キング 「トム・ゴードンに恋した少女」 新潮文庫刊
脚本:リン・ラムジー、クリスティ・ホール

内容紹介:深い深い森の始まりの地で、9歳の少女トリシアの試合は開始された。家族で来たピクニックが、いつしか迷い込んだ巨大な森でのサバイバルゲームと化していたのだ。離婚した両親。母と喧嘩ばかりの兄。うんざりなはずの彼らがいまは無性に恋しい。迫り来る虫に蛇、絶壁に急流、食料不足。しかも彼女の背後には、人智を越えたなにかが迫る・・・・。

なお、2020年4月時点では、脚本はクリスティ・ホールが担当することになっていた。

リン・ラムジーはイギリスの映画監督で「少年は残酷な弓を射る」(2011)で世界的な評価を得た。

Thegirlwholovedtomgordon
余談だがこの「トム・ゴードンに恋した少女」 は飛び出す絵本にもなっている。

 

|

« なんとエズラ・ミラーが「ザ・スタンド」に | トップページ | スティーヴン・キングの最新長編「Later」の限定版とは »

コメント

tkr様

ポップアップ絵本のご紹介、ありがとうございます!
お陰様でこのブログを拝見後に某所にて入手し、ご満悦~♪(笑) の今日この頃です。

野球界に疎い私は、当初トム・ゴードンは白人選手と思い込んでおり、ちょっとロン毛の伊達男を想像していたものです…(^^;
この絵本入手後に改めて写真を確認し、脳内画像は切り替わっております…(笑)

映画化もすごく楽しみですね。
アパラチアの雄大で美しくも厳しい'自然'と、トリシアの頑張りを早く見たいです。
(しかし…コチラで上映されるかどうか…^^;)

投稿: ayu | 2021/01/21 11:13

ayuさま
こんにちは、tkrです。コメントありがとうございます。

飛び出す絵本は結構レアだと思います。
入手おめでとうございます。

映画の方は絵柄的に地味な作品になりそうですが、なんとか実現して欲しいところです。

投稿: tkr | 2021/01/22 16:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« なんとエズラ・ミラーが「ザ・スタンド」に | トップページ | スティーヴン・キングの最新長編「Later」の限定版とは »