« 2020年12月 | トップページ | 2021年2月 »

2021年1月の2件の投稿

2021/01/16

「ヒッチャー ニューマスター版」の予告編にスティーヴン・キングのコメントが

Hitcher
2021年1月8日公開の「ヒッチャー ニューマスター版」の予告編にスティーヴン・キングのコメントが採用されている。

曰く「原点回帰した恐ろしいロード・ムービーだ」(スティーヴン・キング)。

「ヒッチャー」(1986)
監督:ロバート・ハーモン
脚本:エリック・レッド
出演:C・トーマス・ハウエル、ルトガー・ハウアー、ジェニファー・ジェイソン・リー

あらすじ:シカゴからサンディエゴへの砂漠地帯。陸送の仕事をしていたジム・ハルジー(C・トーマス・ハウエル)は、ある嵐の夜に1人のヒッチハイカーを車に乗せる。しかし、ジョン・ライダー(ルトガー・ハウアー)と名乗るその男はハンドルを握るジムの喉にナイフを突きつけ「俺を止めてみろ」と脅し始める。ジョンは恐ろしい連続殺人鬼だったのだ。一瞬の隙を見て、何とか彼を車から突き落としたジムだったが、それは恐怖の始まりに過ぎなかった。何度でも執拗に襲いくるジョン・ライダー。警察や協力者でウェイトレスのナッシュ(ジェニファー・ジェイソン・リー)を巻き込んで事態は悪化していく・・・・。

なお、引用されたスティーヴン・キングのコメントの全文は次の通り。

"THE HITCHER" (1986)

“The Hitcher is a terrifying road movie stripped back to basics. What sets this apart, other than some spectacular stunts, is the amazing performance of Rutger Hauer as the mysterious and homicidal John Ryder. “Where did you come from?” asks the terrified kid Ryder is chasing. “Disneyland,” Ryder whispers back.”

因みにこのスティーヴン・キングのコメントは2017年に英国映画協会(The British Film Institute / BFI)が、スティーヴン・キングを、歴史上最も多く自作が映像化された作家として表彰した際、スティーヴン・キングはお気に入りのホラー作品5本を挙げ、その中の1本「ヒッチャー」に対するもの。

キングが挙げた5本はつぎの通り。
「悪魔の呪い」(1957)
「未知空間の恐怖/光る眼」(1960)
「チェンジリング」(1980)
「ヒッチャー」(1986)
「W/ダブル」(1986)

 

| | コメント (0)

2021/01/09

「ザ・スタンド」(2020)は日本国内で視聴可能

2020年12月17日からCBS All Accessで配信が開始されているテレビシリーズ「ザ・スタンド」(2020)だが、なんと日本国内で視聴が可能だった。

「ザ・スタンド」(2020)を日本国内で配信しているのは、定額ストリーミングサービス STARZPLAY (月額600円)。
日本国内のプラットフォームとしては、Amazonプライム・ビデオで視聴可能。
Apple TV+でも視聴できるとのことだったが、Amazonプライム・ビデオに飛ばされる模様。

| | コメント (0)

« 2020年12月 | トップページ | 2021年2月 »