カテゴリー「「回想のビュイック8」」の5件の投稿

2017/03/19

訃報:バーニー・ライトソン

Cycleofthewerewolf バーニー・ライトソンのオフィシャル・サイトによると、2017年3月19日、バーニー・ライトソンが脳腫瘍のため亡くなった模様。

A Message from Liz Wrightson

昨日のエントリー【なんとグラフィックノベル版「クリープショー」が再販】「クリープショー」の話をしたばかりなのに非常に残念である。

なお、バーニー・ライトソンはスティーヴン・キング作品では、「クリーブショー」「人狼の四季」「ザ・スタンド」「回想のビュイック8」「ダーク・タワー」シリーズのアートワークに携わっている。

また映画「ミスト」のクリーチャー・デザイン等を担当している。

R.I.P.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/05/09

「Super 8」がキングの影響を!?

今日も例によって、全ての事象はスティーヴン・キングの影響を受けている、と言う妄想的エントリー。

J・J・エイブラムスとスティーヴン・スピルバーグのコラボレーション作品「Super 8」の予告編が、現在北米で公開中の「アイアンマン2」と同時に上映されている。

詳細は、次のニュースを参照願います。

ますます謎めく映画「Super8」にスピルバーグも参加、公開は2011年の夏?

上記ニュースから一部引用する。

今、ハリウッドをにぎわせている謎の新作映画「Super8(原題)」について、新たな情報が届いている。「アイアンマン2」の公開時に映画館でのみ予告映像が流れるという「Super 8」。J.J.エイブラムスが製作した「クローバーフィールド/HAKAISHA」(08)の序章編との見方が強いが、これを受けて彼自身が『ぜひ映像を見てくれ。君たちの予想を裏切るけど、「クローバーフィールド/HAKAISHA」とは何の関係もないよ』とコメントしている。

「Super 8」の予告編自体はYouTubeに沢山上がっているので探して見て下さい。

じゃあ「Super 8」って何よ、と言う話なのだが、「スーパー8」と言えば、コダックの8mmフィルムのことなので、「Super 8」当初、80年代の映画にオマージュを捧げた作品だと言われていたので、わたしはスピルバーグ少年が「スーパー8」のカメラを担いで自主制作映画を作りまくる作品かと思っていた

しかし、予告編を見るとその印象は一変する。

1979年、アメリカ空軍はエリア51を閉鎖し、全てのマテリアルを貨物列車によってオハイオの極秘施設へ移送することになった。
しかしその途中、事故(?)のため、移送中の謎の生命体が貨物列車から脱出する話らしいのだ。

製作はスティーヴン・スピルバーグ、脚本・監督はJ・J・エイブラムス。

現在のところのキャッチコピーは「IT ARRIVES」!

さて、どの辺がキングの影響を受けているのか、と言う話なのだが、先ずは「Super 8」と言うタイトルこれはコダックの8mmフィルムに関係ないとしたらキングの「回想のビュイック8("From a Buick 8")」との類似性だろう。

異世界との扉として「ビュイック8」が機能するのと同様に「スーパー8」が機能するのではないかと想像できる。

また、キャッチコピーの「IT ARRIVES」からは当然「イット("IT")」が想起される。

何しろさ、IT ARRIVES だよ。
「IT」は、2010年とか2011年に出てきてもおかしくない頃だからね。
もしかしたらだけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/10/08

「回想のビュイック8」監督はトビー・フーパーに決定か!?

映画「回想のビュイック8」の監督についてだが、どうやらトビー・フーパーに決定した模様。

当初はジョージ・A・ロメロがメガホンを取る予定だったのだが、以前お伝えした情報通り、監督はトビー・フーパーに決定した模様。
これは、「回想のビュイック8」の製作にミック・ギャリスが絡んだ関係だと思われる。

"From a Buick 8"
監督:トビー・フーパー
製作:ミック・ギャリス、ピーター・グルンウォルド
製作会社:チェサピーク・フィルムズ
原作:スティーヴン・キング
脚本:リチャード・チズマー、ジョナサン・シェック
編集:アンドリュー・コーヘン
特殊メイク:Alexandria DeFabiis
スタント:Alexandria DeFabiis
公開:2009年

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/08/15

「回想のビュイック8」の監督はトビー・フーパー!?

先日お伝えした、FANGORIA.comに掲載された記事"August 12: Lionsgate partners on new MASTERS OF HORROR"についてだが、その記事の中でミック・ギャリスは、製作交渉中の作品として「回想のビュイック8」を挙げ、『「回想のビュイック8」はトビー・フーパーが監督するだろう』と語っている。

交渉中らしいので、実際にトビー・フーパーが監督するのかどうかは定かではないが、噂では、「回想のビュイック8」はジョージ・A・ロメロが監督することになっており、ここに来て、誰が監督するのかがよくわからなくなってきた。

ジョージ・A・ロメロにしろ、トビー・フーパーにしろ、楽しみは楽しみである。

"August 12: Lionsgate partners on new MASTERS OF HORROR"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007/07/30

映画「回想のビュイック8」情報

2009年に公開が予定されている映画「回想のビュイック8」("From a Buick 8")の情報をまとめてみた。

"From a Buick 8"
監督:ジョージ・A・ロメロ
製作:ピーター・グルンウォルド
製作会社:チェサピーク・フィルムズ
原作:スティーヴン・キング
脚本:リチャード・チズマー、ジョナサン・シェック
出演:Alexandria DeFabiis(アシュレイ)、ランディ・ロビンソン
公開:2009年

ちなみに出演のAlexandria DeFabiisですが、彼女はスタントパフォーマーマンと特殊メイクとしてもクレジットされています。
彼女は、ロメロの前作でもある「ランド・オブ・ザ・テッド」(2005)や、2000年以降の多くのゾンビ映画で特殊メイクを担当し、またゾンビ役を演じ、スタントもこなしています。

彼女は、かつてのロメロにとってのトム・サビーニのような存在かも知れませんね。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

その他のカテゴリー

「Bazaar of Bad Dreams」 「'The Bazaar of Bad Dreams」 「11/22/63」 「1408」 「1922 星もなく深い闇」 「A Face in the Crowd」 「A Good Marriage」 「American Vampire」 「Ayana」 「Bad Little Kid」 「BLAZE」 「Blockade Billy」 「Doctor Sleep」 「Faithful」 「FULL DARK, NO STARS」 「Ghost Brothers of Darkland County」 「Guns」 「Herman Wouk is Still Alive」 「In the Tall Grass」 「Joyland」 「Just After Sunset」 「Mile 81」 「Morality」 「Mr. Mercedes」 「Mute」 「N.」 「Obits」 「Premium Harmony」 「Revival」 「Road Rage」 「The Bazaar of Bad Dreams」 「THE GUNSLINGER BORN」 「THE LONG ROAD HOME」 「The Road of Trials」 「The Secretary of Dreams」 「THE WIND THROUGH THE KEYHOLE」 「Throttle」 「Under the Dome」 「Ur」 「いかしたバンドのいる街で」 「おばあちゃん」 「しなやかな銃弾のバラード」 「アトランティスのこころ」 「イット」 「ウィラ」 「エアロバイク」 「キャッスルロック」 「キャッツ・アイ」 「キャリー」 「キングダム・ホスピタル」 「クリスティーン」 「クリープショー」 「クージョ」 「グリーン・マイル」 「コロラド・キッド」 「ゴースト」 「ゴールデンボーイ」 「ゴールデン・イヤーズ」 「サン・ドッグ」 「ザ・スタンド」 「ザ・チャイルド:悪魔の起源」 「シャイニング」 「シュッシュッポッポきかんしゃチャーリー」 「ショーシャンクの空に」 「シークレット・ウインドウ」 「ジェラルドのゲーム」 「ジョウント」 「ジンジャーブレッド・ガール」 「スタンド・バイ・ミー」 「スティーブン・キングの悪魔の嵐」 「スニーカー」 「スライサー」 「スリープウォーカーズ」 「セル」 「タリスマン」 「ダークタワー」 「ダークタワー」シリーズ 「ダーク・ハーフ」 「ディスコーディア」 「デスペレーション」 「デッド・ゾーン」 「トウモロコシ畑の子供たち」 「トミーノッカーズ」 「トム・ゴードンに恋した少女」 「トラックス」 「ドラゴンの眼」 「ドランのキャデラック」 「ドリームキャッチャー」 「ドロレス・クレイボーン」 「ナイトメアズ&ドリームスケープス」 「ナイト・フライヤー」 「ニードフル・シングス」 「ハイスクール・パニック」 「バトルランナー」 「バーチャル・ウォーズ」 「ビッグ・ドライバー」 「ビッグ・ドライヴァー」 「ファイアスターター」 「ファミリー・シークレット」 「ブラック・ハウス」 「ブルックリンの八月」 「ブロス/やつらはときどき帰ってくる」 「ヘイヴン」 「ヘッド・ダウン」 「ペット・セマタリー」 「ポプシー」 「マングラー」 「マンハッタンの奇譚クラブ」 「マーティ」 「ミザリー」 「ミスター・メルセデス」 「ミスト」 「ミルクマン」 「メイプル・ストリートの家」 「ライディング・ザ・ブレット」 「ランゴリアーズ」 「リーシーの物語」 「レギュレイターズ」 「ローズ・マダー」 「ローズ・レッド」 「一四〇八号室」 「不眠症」 「丘の上の屋敷」 「争いが終るとき」 「人狼の四季」 「人間圧搾機」 「入り江」 「公平な取引」 「刑務所のリタ・ヘイワース」 「十時の人々」 「呪われた町」 「回想のビュイック8」 「図書館警察」 「地下室の悪夢」 「地獄のデビル・トラック」 「夕暮れをすぎて」 「夜がはじまるとき」 「小説作法」 「幸運の25セント硬貨」 「彼らが残したもの」 「悪霊の島」 「悪魔の嵐」 「戦場」 「携帯ゾンビ」 「暗黒の塔」シリーズ 「最後の抵抗」 「死のロングウォーク」 「死の舞踏」 「死霊の牙」 「死霊伝説」 「深夜勤務」 「炎の少女チャーリー」 「痩せゆく男」 「神々のワードプロセッサ」 「禁煙挫折者救済有限会社」 「秘密の窓、秘密の庭」 「第四解剖室」 「素晴らしき結婚生活」 「自宅出産」 「芝刈り機の男」 「超高層ビルの恐怖」 「道路ウィルスは北に向かう」 「闇の展覧会 霧」 「雨期きたる」 「電話はどこから……?」 「霧」 「骨の袋」 「骸骨乗組員」 「黙秘」 「8つの悪夢」 お買い物 はじめに・・・・ オーウェン・キング オーディオブック キャッスルロック キングが受けた影響 キングの影響 キング絶賛 ゲーム  コレクション ジョー・ヒル スティーヴン・キング スティーヴン・キング研究序説 タビサ・キング トリビア ポップ・オブ・キング リチャード・バックマン レッドソックス レビュー/アニメ レビュー/テレビムービー レビュー/小説 レビュー/映画 レビュー/舞台 ロック・ボトム・リメインダーズ 国内BD 国内DVD 国内アニメ 国内テレビ 国内ニュース 国内マンガ 国内出版物 展覧会 拾い物 映画 海外BD 海外DVD 海外テレビ 海外ニュース 海外出版物 舞台 関連書籍