カテゴリー「「American Vampire」」の4件の投稿

2010/10/01

コミックブック「American Vampire」にキングの序文が!?

「American Vampire」とスティーヴン・キング 2010年10月5日に出版されるスティーヴン・キング原作のハードカバー版コミックブック(グラフイックノベル)「American Vampire」にキングの序文が収録される模様。

そのあたりについてEW.comに記事が掲載されている。(2010/09/29)

Exclusive: Stephen King talks vampires in introduction to comics series
by Keith Staskiewicz
Categories: Comic Books, Exclusive!, Stephen King, Twilight

stephen-king-american-vampireImage Credit: Ida Mae Astute/ABC via Getty ImagesStephen King’s ‘Salem’s Lot helped to bring vampires back to their Bram Stoker origins, with an emphasis on the heartless, frightening nature of the bloodsuckers combined with a side-focus on real estate, so he knows a little something about the creatures of the night. In his introduction to the first volume of the upcoming American Vampire series from DC Comics, the horror maestro makes his feelings about how vampires should really be portrayed known: That is, as truly monstrous and evil, not fanged and fabulous. And most definitely not as “lovelorn southern gentlemen,” “anorexic teenage girls,” or “boy-toys with big dewy eyes.”

で気になる序文はなんとこちらで公開されてます。

Stephen King's Intro to 'American Vampire': EW Exclusive!

気になる方は是非読んでみてください。
キングの情熱溢れる序文になっています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/07/16

「American Vampire #8」の表紙はこれだ!

「American Vampire #8」 スティーヴン・キング原作のコミック・ブック(グラフィック・ノベル)「American Vampire #8」の表紙画像が公開された。

と思ったら、実は、「American Vampire」シリーズのカバーアートを担当しているRafael Albuquerque本人からのリークだった。

どうやら、Rafael Albuquerqueは、ブラジルに住んでいるらしい。

つまり、彼のつぶやきはポルトガル語なんだろうか。

とりあえず、Rafael Albuquerque本人のツイートを貼っておく。

Rafael Albuquerqueのツイート

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010/05/20

コミックブック「アメリカン・ヴァンパイア」の表紙のメイキングが!?

「アメリカン・ヴァンパイア( 2010年5月19日、DC ComicsのレーベルであるVERTIGOのサイトで、スティーヴン・キングが原作を担当しているコミック・ブック(グラフィック・ノベル)「アメリカン・ヴァンパイア("AMERICAN VAMPIRE") #3」の表紙イラストのメイキングが公開された。

表紙のイラストを担当しているのは、Rafael  Albuquerque。 

From the Editor’s Desk: Mark Doyle–Creating a Cover, American Vampire #3

下書きから、だんだんと完成していく様子が楽しめる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/01/23

「American Vampire」をめぐる冒険

今日はスティーヴン・キング原作のグラフィック・ノベル(コミック・ブック/マンガ)「American Vampire」に関する余談。

「American Vampire #1」
「American Vampire #1」
原作:スティーヴン・キング、スコット・スナイダー
作画:Rafael Albuquerque/限定版:ジム・リー
出版:VERTIGO
発売日:2010/03/17

「American Vampire #2」
「American Vampire #2」
原作:スティーヴン・キング、スコット・スナイダー
作画:Rafael Albuquerque/限定版:バーニ・ライトソン
出版:VERTIGO
発売日:2010/04/21

物語は、二つのパートにわかれているらしく、吸血鬼と戦ってしまったためにアメリカ最初の吸血鬼になってしまったスキナー・スウィートと、1920年代のハリウッドで女優を目指すパール・ジョーンズの物語が交差する模様。

どうやら、スキナー・スウィートは一旦死んで埋葬されるが、盗掘者によって墓が暴かれ、吸血鬼として復活してしまう模様。

ところで、ブラム・ストーカーの「吸血鬼ドラキュラ」では、ドラキュラ伯爵が、トランシルヴァニアからイギリスに海をわたって移住するところが描かれている。

一方、「American Vampire」では、スキナー・スウィートがアメリカ最初の吸血鬼と設定されているようだが、おそらく、ヨーロッパからアメリカに移住した吸血鬼との戦いにおいて、スキナーが吸血鬼になってしまう、と言うプロットだと思われる。

因みに、ヨーロッパからアメリカへの移民は、次のような状況だった模様。

入植・植民地時代(17世紀〜18世紀):イギリス・北アイルランド・オランダ中心のヨーロッパ
旧移民時代(〜1880年頃):ドイツ・イギリス・スカンジナビア・南アイルランド
新移民時代(1880年頃〜1940年頃):イタリア・ユダヤ・スラブ
新々移民時代(1940年頃〜):アジア・ラテンアメリカ・難民

おそらく、本作の冒頭、ヨーロッパから海を越えてアメリカに移民して来た吸血鬼グループとの戦いの結果、スキナー・スウィートがアメリカ最初の吸血鬼になってしまい、一旦は埋葬されるが、その後、盗掘者によって、スキナーの墓が暴かれ、スキナーは復活、時代を超えたスキナーの冒険が始まる、と言ったところだろうか。

時代を超える吸血鬼の冒険と言えば、何といってもアン・ライスの「ヴァンパイア・クロニクルズ」シリーズが決定打だと思う。
吸血鬼と言う存在は、不死の存在だ、と言うことは一般的に知られているのだが、吸血鬼を描いたほとんどの作品は、ひとつの時代しか描いていない。
しかしながら、「ヴァンパイア・クロニクルズ」シリーズは、クロニクルズ(年代記)と銘打っている位だから、過去から現在までの長期にわたる吸血鬼たちの冒険が描かれているのが白眉である。
いかにして、経済的地位を継続させるか、と言う設定と手段も素晴らしい。

「ヴァンパイア・クロニクルズ」シリーズは、全体としてあまり長くはない(文庫本で9冊)ので、是非読んでいただきたいと思う。
「夜明けのヴァンバイア(インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア)」「ヴァンパイア・レスタト」「呪われし者の女王」「肉体泥棒の罠」「悪魔メムノック」
なお、翻訳は、第1巻のみハヤカワ文庫、他は扶桑社文庫から出版されている。

一方、スティーヴン・キングの「呪われた町」では、やはり吸血鬼はヨーロッパから船旅でアメリカにやってくる。まぁ、「呪われた町」「ドラキュラ」の文学的イミテーションである所以だろうか。小野不由美の「屍鬼」は、日本国内発の移住だったかと・・・・。

さて、「American Vampire」だが、ハリウッドに舞台を移してからは暗黒街と吸血鬼(ダークファンタジー)との融合だと思うのだが、スキナーの時代はおそらく西部劇と吸血鬼(ダークファンタジー)との融合だと思う。

そこで思い出すのは、以前紹介した水無神知宏の「此よりは荒野」
こちらも合わせて読んでいただければ幸いである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

「11/22/63」 | 「1408」 | 「1922 星もなく深い闇」 | 「A Face in the Crowd」 | 「A Good Marriage」 | 「American Vampire」 | 「Ayana」 | 「BLAZE」 | 「Blockade Billy」 | 「Doctor Sleep」 | 「Faithful」 | 「FULL DARK, NO STARS」 | 「Ghost Brothers of Darkland County」 | 「Guns」 | 「Herman Wouk is Still Alive」 | 「In the Tall Grass」 | 「Joyland」 | 「Just After Sunset」 | 「Mile 81」 | 「Morality」 | 「Mr. Mercedes」 | 「Mute」 | 「N.」 | 「Premium Harmony」 | 「Road Rage」 | 「THE GUNSLINGER BORN」 | 「THE LONG ROAD HOME」 | 「The Road of Trials」 | 「The Secretary of Dreams」 | 「THE WIND THROUGH THE KEYHOLE」 | 「Throttle」 | 「Under the Dome」 | 「Ur」 | 「いかしたバンドのいる街で」 | 「おばあちゃん」 | 「しなやかな銃弾のバラード」 | 「アトランティスのこころ」 | 「イット」 | 「ウィラ」 | 「エアロバイク」 | 「キャッツ・アイ」 | 「キャリー」 | 「キングダム・ホスピタル」 | 「クリスティーン」 | 「クリープショー」 | 「クージョ」 | 「グリーン・マイル」 | 「コロラド・キッド」 | 「ゴースト」 | 「ゴールデンボーイ」 | 「ゴールデン・イヤーズ」 | 「サン・ドッグ」 | 「ザ・スタンド」 | 「ザ・チャイルド:悪魔の起源」 | 「シャイニング」 | 「ショーシャンクの空に」 | 「シークレット・ウインドウ」 | 「ジェラルドのゲーム」 | 「ジョウント」 | 「ジンジャーブレッド・ガール」 | 「スタンド・バイ・ミー」 | 「スティーブン・キングの悪魔の嵐」 | 「スニーカー」 | 「スライサー」 | 「スリープウォーカーズ」 | 「セル」 | 「タリスマン」 | 「ダーク・ハーフ」 | 「ディスコーディア」 | 「デスペレーション」 | 「デッド・ゾーン」 | 「トウモロコシ畑の子供たち」 | 「トミーノッカーズ」 | 「トム・ゴードンに恋した少女」 | 「トラックス」 | 「ドラゴンの眼」 | 「ドランのキャデラック」 | 「ドリームキャッチャー」 | 「ドロレス・クレイボーン」 | 「ナイトメアズ&ドリームスケープス」 | 「ナイト・フライヤー」 | 「ニードフル・シングス」 | 「ハイスクール・パニック」 | 「バトルランナー」 | 「バーチャル・ウォーズ」 | 「ビッグ・ドライバー」 | 「ビッグ・ドライヴァー」 | 「ファイアスターター」 | 「ブラック・ハウス」 | 「ブルックリンの八月」 | 「ブロス/やつらはときどき帰ってくる」 | 「ヘイヴン」 | 「ヘッド・ダウン」 | 「ペット・セマタリー」 | 「ポプシー」 | 「マングラー」 | 「マンハッタンの奇譚クラブ」 | 「マーティ」 | 「ミザリー」 | 「ミスト」 | 「ミルクマン」 | 「メイプル・ストリートの家」 | 「ライディング・ザ・ブレット」 | 「ランゴリアーズ」 | 「リーシーの物語」 | 「レギュレイターズ」 | 「ローズ・マダー」 | 「ローズ・レッド」 | 「一四〇八号室」 | 「不眠症」 | 「丘の上の屋敷」 | 「争いが終るとき」 | 「人狼の四季」 | 「人間圧搾機」 | 「入り江」 | 「公平な取引」 | 「刑務所のリタ・ヘイワース」 | 「十時の人々」 | 「呪われた町」 | 「回想のビュイック8」 | 「図書館警察」 | 「地下室の悪夢」 | 「地獄のデビル・トラック」 | 「夕暮れをすぎて」 | 「夜がはじまるとき」 | 「小説作法」 | 「幸運の25セント硬貨」 | 「彼らが残したもの」 | 「悪霊の島」 | 「悪魔の嵐」 | 「戦場」 | 「携帯ゾンビ」 | 「暗黒の塔」シリーズ | 「最後の抵抗」 | 「死のロングウォーク」 | 「死の舞踏」 | 「死霊の牙」 | 「死霊伝説」 | 「深夜勤務」 | 「炎の少女チャーリー」 | 「痩せゆく男」 | 「神々のワードプロセッサ」 | 「禁煙挫折者救済有限会社」 | 「秘密の窓、秘密の庭」 | 「第四解剖室」 | 「自宅出産」 | 「芝刈り機の男」 | 「超高層ビルの恐怖」 | 「道路ウィルスは北に向かう」 | 「闇の展覧会 霧」 | 「雨期きたる」 | 「電話はどこから……?」 | 「霧」 | 「骨の袋」 | 「骸骨乗組員」 | 「黙秘」 | 「8つの悪夢」 | お買い物 | はじめに・・・・ | オーウェン・キング | オーディオブック | キャッスルロック | キングが受けた影響 | キングの影響 | キング絶賛 | ゲーム  | コレクション | ジョー・ヒル | スティーヴン・キング | スティーヴン・キング研究序説 | タビサ・キング | トリビア | ポップ・オブ・キング | リチャード・バックマン | レッドソックス | レビュー/アニメ | レビュー/テレビムービー | レビュー/小説 | レビュー/映画 | ロック・ボトム・リメインダーズ | 国内BD | 国内DVD | 国内アニメ | 国内テレビ | 国内ニュース | 国内マンガ | 国内出版物 | 展覧会 | 拾い物 | 映画 | 海外BD | 海外DVD | 海外テレビ | 海外ニュース | 海外出版物 | 舞台 | | 関連書籍