カテゴリー「「彼らが残したもの」」の2件の投稿

2009/03/05

「十の罪業 BLACK」をめぐる冒険

今日は「十の罪業 BLACK」に関する余談。

「永遠」
ジェフリー・ディーヴァー著
土屋晃訳

本作「永遠」は、数学者にして、金融犯罪/統計担当の刑事タルボット・シムズと、巨漢を誇る絵に描いたような直情型の殺人課刑事グレッグ・ラトゥーアのバディ・ミステリーであり、タルとラトゥーアの凸凹コンビの登場篇といったようなエピソード。

ジェフリー・ディーヴァーと言えば日本では「ボーン・コレクター」をはじめとしたリンカーン・ライムシリーズで有名だが、本作「永遠」では新たなコンビの誕生が楽しめる。

物語は、数学と統計を愛するタルボット・シムズが、連続する不可解な自殺の真相に迫る、と言う物語で、中盤に若干問題はあるものの、非常に面白い物語が展開する。

感覚的に、ジャック・ケッチャムの「ロード・キル」に似ているような印象を受けた。

個人的にはこんな感じの小説は大好きである。

「彼らが残したもの」
スティーヴン・キング著
白石朗訳

中編が大前提の「十の罪業」の中で、ある意味異色の短編である。
物語は、アメリカ同時多発テロ事件における「生存者の罪悪感」をコンセプトとしたファンタジックな物語である。

本作「彼らが残したもの」で興味深いのは、映画に関する言及が多い事。
特にスタンリー・キューブリックの「ロリータ」に関する言及が多い。

ジョー・ヒルの「20世紀の幽霊たち」を読んだ今としては、キングはジョー・ヒルの影響を受けている、とも思えてしまう。

感覚としては、「アトランティスのこころ」の一遍のような印象を受ける。
「生存者の罪悪感」の贖罪の物語としては非常に面白く感動的なのだが、このようなアメリカ同時多発テロ事件から派生する物語を面白い、と言うことに罪悪感を感じてしまう。

例えば近年の日本人が、横山秀夫の「クライマーズ・ハイ」を手放しに面白い、と言うのがはばかれる、のと同様である。

アメリカ同時多発テロ事件や、日本航空123便墜落事故が実際の出来事ではなく、フィクションであったら、どんなに良いだろう、と思えてならない。

今日はここまで。

「十の罪業 RED」

 「憎悪」エド・マクベイン〈87分署〉
 「金は金なり」ドナルド・E・ウェストレイク〈ドートマンダー〉
 「ランサムの女たち」ジョン・ファリス
 「復活」シャーリン・マクラム
 「ケラーの適応能力」ローレンス・ブロック〈殺し屋ケラー〉


「十の罪業 BLACK」

 「永遠」ジェフリー・ディーヴァー
 「彼らが残したもの」スティーヴン・キング
 「玉蜀黍の乙女(コーンメイデン)——ある愛の物語」ジョイス・キャロル・オーツ
 「アーチボルド——線上を歩く者」ウォルター・モズリイ
 「人質」アン・ペリー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/02/02

「十の罪業 BLACK」

2009/01/28 東京創元社「創元推理文庫」よりスティーヴン・キングの短篇「彼らが残したもの」が収録されたアンソロジー「十の罪業 BLACK」が出版された。
東京創元社の「十の罪業」紹介ページ

「十の罪業」は、「87分署」シリーズ等のエド・マクベインが編んだ、10人の作家による書き下ろしアンソロジー。

翻訳は「十の罪業 RED」「十の罪業 BLACK」の二分冊で出版。
エド・マクベイン編
エド・マクベイン、ドナルド・E・ウェストレイク、ジョン・ファリス、シャーリン・マクラム、ローレンス・ブロック、ジェフリー・ディーヴァー、スティーヴン・キング、ジョイス・キャロル・オーツ、ウォルター・モズリイ、アン・ペリー著
木村二郎、田口俊樹、中川聖、圷香織、白石朗、田口俊樹、土屋晃訳
刊行:2009/01/28
初版:2009/01/30
定価:各1.680円(税込)

気になる収録作品は、次の通り。

「十の罪業 RED」

 「憎悪」エド・マクベイン〈87分署〉
 「金は金なり」ドナルド・E・ウェストレイク〈ドートマンダー〉
 「ランサムの女たち」ジョン・ファリス
 「復活」シャーリン・マクラム
 「ケラーの適応能力」ローレンス・ブロック〈殺し屋ケラー〉


「十の罪業 BLACK」

 「永遠」ジェフリー・ディーヴァー
 「彼らが残したもの」スティーヴン・キング
 「玉蜀黍の乙女(コーンメイデン)——ある愛の物語」ジョイス・キャロル・オーツ
 「アーチボルド——線上を歩く者」ウォルター・モズリイ
 「人質」アン・ペリー

しかし、文庫本で1,680円とは・・・・。
恐ろしい時代である。

今回「十の罪業 RED」に収録されている「金は金なり」の著者ドナルド・E・ウェストレイクは残念な事に2008/12/31に亡くなったのですが、ウェストレイクに対する印象深い弔文があるので紹介する。

「そして、塩をくれ...」たまむしいろ

以下私信です。

どうですか、bookworm関連の皆さん。
皆さんの好きな作家がいっぱい入ってますよ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

「Bazaar of Bad Dreams」 「'The Bazaar of Bad Dreams」 「11/22/63」 「1408」 「1922 星もなく深い闇」 「A Face in the Crowd」 「A Good Marriage」 「American Vampire」 「Ayana」 「Bad Little Kid」 「BLAZE」 「Blockade Billy」 「Doctor Sleep」 「Faithful」 「FULL DARK, NO STARS」 「Ghost Brothers of Darkland County」 「Guns」 「Herman Wouk is Still Alive」 「In the Tall Grass」 「Joyland」 「Just After Sunset」 「Mile 81」 「Morality」 「Mr. Mercedes」 「Mute」 「N.」 「Obits」 「Premium Harmony」 「Revival」 「Road Rage」 「The Bazaar of Bad Dreams」 「THE GUNSLINGER BORN」 「THE LONG ROAD HOME」 「The Road of Trials」 「The Secretary of Dreams」 「THE WIND THROUGH THE KEYHOLE」 「Throttle」 「Under the Dome」 「Ur」 「いかしたバンドのいる街で」 「おばあちゃん」 「しなやかな銃弾のバラード」 「アトランティスのこころ」 「イット」 「ウィラ」 「エアロバイク」 「キャッスルロック」 「キャッツ・アイ」 「キャリー」 「キングダム・ホスピタル」 「クリスティーン」 「クリープショー」 「クージョ」 「グリーン・マイル」 「コロラド・キッド」 「ゴースト」 「ゴールデンボーイ」 「ゴールデン・イヤーズ」 「サン・ドッグ」 「ザ・スタンド」 「ザ・チャイルド:悪魔の起源」 「シャイニング」 「シュッシュッポッポきかんしゃチャーリー」 「ショーシャンクの空に」 「シークレット・ウインドウ」 「ジェラルドのゲーム」 「ジョウント」 「ジンジャーブレッド・ガール」 「スタンド・バイ・ミー」 「スティーブン・キングの悪魔の嵐」 「スニーカー」 「スライサー」 「スリープウォーカーズ」 「セル」 「タリスマン」 「ダークタワー」 「ダークタワー」シリーズ 「ダーク・ハーフ」 「ディスコーディア」 「デスペレーション」 「デッド・ゾーン」 「トウモロコシ畑の子供たち」 「トミーノッカーズ」 「トム・ゴードンに恋した少女」 「トラックス」 「ドラゴンの眼」 「ドランのキャデラック」 「ドリームキャッチャー」 「ドロレス・クレイボーン」 「ナイトメアズ&ドリームスケープス」 「ナイト・フライヤー」 「ニードフル・シングス」 「ハイスクール・パニック」 「バトルランナー」 「バーチャル・ウォーズ」 「ビッグ・ドライバー」 「ビッグ・ドライヴァー」 「ファイアスターター」 「ファミリー・シークレット」 「ブラック・ハウス」 「ブルックリンの八月」 「ブロス/やつらはときどき帰ってくる」 「ヘイヴン」 「ヘッド・ダウン」 「ペット・セマタリー」 「ポプシー」 「マングラー」 「マンハッタンの奇譚クラブ」 「マーティ」 「ミザリー」 「ミスター・メルセデス」 「ミスト」 「ミルクマン」 「メイプル・ストリートの家」 「ライディング・ザ・ブレット」 「ランゴリアーズ」 「リーシーの物語」 「レギュレイターズ」 「ローズ・マダー」 「ローズ・レッド」 「一四〇八号室」 「不眠症」 「丘の上の屋敷」 「争いが終るとき」 「人狼の四季」 「人間圧搾機」 「入り江」 「公平な取引」 「刑務所のリタ・ヘイワース」 「十時の人々」 「呪われた町」 「回想のビュイック8」 「図書館警察」 「地下室の悪夢」 「地獄のデビル・トラック」 「夕暮れをすぎて」 「夜がはじまるとき」 「小説作法」 「幸運の25セント硬貨」 「彼らが残したもの」 「悪霊の島」 「悪魔の嵐」 「戦場」 「携帯ゾンビ」 「暗黒の塔」シリーズ 「最後の抵抗」 「死のロングウォーク」 「死の舞踏」 「死霊の牙」 「死霊伝説」 「深夜勤務」 「炎の少女チャーリー」 「痩せゆく男」 「神々のワードプロセッサ」 「禁煙挫折者救済有限会社」 「秘密の窓、秘密の庭」 「第四解剖室」 「素晴らしき結婚生活」 「自宅出産」 「芝刈り機の男」 「超高層ビルの恐怖」 「道路ウィルスは北に向かう」 「闇の展覧会 霧」 「雨期きたる」 「電話はどこから……?」 「霧」 「骨の袋」 「骸骨乗組員」 「黙秘」 「8つの悪夢」 お買い物 はじめに・・・・ オーウェン・キング オーディオブック キャッスルロック キングが受けた影響 キングの影響 キング絶賛 ゲーム  コレクション ジョー・ヒル スティーヴン・キング スティーヴン・キング研究序説 タビサ・キング トリビア ポップ・オブ・キング リチャード・バックマン レッドソックス レビュー/アニメ レビュー/テレビムービー レビュー/小説 レビュー/映画 レビュー/舞台 ロック・ボトム・リメインダーズ 国内BD 国内DVD 国内アニメ 国内テレビ 国内ニュース 国内マンガ 国内出版物 展覧会 拾い物 映画 海外BD 海外DVD 海外テレビ 海外ニュース 海外出版物 舞台 関連書籍