カテゴリー「「ジェラルドのゲーム」」の3件の投稿

2020/10/27

今Netflixで観られる一番怖い映画とは

Ew 2020年10月23日のEW.comの記事【The scariest movies to watch on Netflix right now】が興味深い。

The scariest movies to watch on Netflix right now

ライターのChristian Holubが、今Netflix 観られる映画のうち、ハロウィーンにお勧めの怖い映画15本をピックアップしている。

スティーヴン・キングファン的にはマイク・フラナガンの「ジェラルドのゲーム」(2017)が入っているのが興味深い。

さて同記事で紹介されている、今Netflixで観られる最も怖い作品は次の15本。

「アポストル 復讐の掟」(2018) Netflixオリジナル
監督:ギャレス・エヴァンス

「ジェーン・ドウの解剖」(2016)
監督:アンドレ・ウーヴレダル

「ザ・ボーイ -人形少年の館-」(2016)
監督:ウィリアム・ブレント・ベル

「死霊のはらわた」(1981)
監督:サム・ライミ

「JUKAI 樹海」(2016)
監督:ジェイソン・ザダ

「ジェラルドのゲーム」(2017) Netflixオリジナル
監督:マイク・フラナガン

「グリーンルーム」(2015)
監督:ジェレミー・ソルニエ

「サイレンス」(2016) Netflixオリジナル
監督:マイク・フラナガン

「インビテーション」(2016)
監督:カリン・クサマ

「イット・カムズ・アット・ナイト」(2017)
監督:トレイ・エドワード・シュルツ

「オクジャ/okja」(2017) Netflixオリジナル
監督:ポン・ジュノ

「パラノーマル・アクティビティ」(2007)
監督:オーレン・ペリ

「ポルターガイスト」(1982)
監督:トビー・フーパー

「羊たちの沈黙」(1991)
監督:ジョナサン・デミ

「ゾディアック」(2007)
監督:デヴィッド・フィンチャー

1980年代の作品が2本。
1990年代の作品が1本。
2000年代の作品が2本。
2010年代の作品が10本。しかも全てが2015年以降の作品。

ライターのChristian Holubの顔写真を見る限りだが若いライターのように見える。ある程度のバイアスがかかっているような印象を受ける。

因みにわたしは「ジェラルドのゲーム」(2017)をまだ観ていない。
と言うのも、原作の「ジェラルドのゲーム」ですら生理的に怖すぎて読むのに苦労した作品だから。

| | コメント (0)

2014/05/24

「ジェラルドのゲーム」映画化か!?

2014年5月18日にDEADLINE HOLLYWOODが伝えるところによると、スティーヴン・キングの「ジェラルドのゲーム」が映画化される可能性が出てきた模様。

Cannes: Stephen King Novel ‘Gerald’s Game’ To Be Adapted By ‘Oculus’ Helmer Mike Flanagan And Intrepid Pictures

概要は次の通り。

・監督:マイク・フラナガン
・脚本:マイク・フラナガン、ジェフ・ハワード
・製作:トレバー・マーシー
・制作:イントレピッド・ピクチャーズ

・映画化オプションはキングより1ドルで取得。
・カンヌ国際映画祭で出資者を募る。

フラナガンはこう語る。

「ミザリー」「ドロレス・クレイボーン」「ジェラルドのゲーム」はわたしが今まで読んだ作品の中で最も強烈で魅力的な作品で、今回の映画化プロジェクトはわたしの永年にわたる夢のプロジェクトです。トレバーとわたしは観客の素晴らしい体験のため、興奮しながら翻案をすすめています。

とのこと。

「ジェラルドのゲーム」の映画化は物語の構造上難しいでしょうし、非常に恐ろしい作品になりそうで怖いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/07/01

「PlayAway Books」続々リリース!?

「Playaway Books」版「ニードフル・シングス」 ところでみなさん、「Playaway Books」ってご存知ですか?

2006年頃からリリースされはじめたハードウェア付のオーディオ・ブックで、一言で言うと、iPodみたいな筐体に最初から小説等のデータが入っている形態のオーディオ・ブックです。

2006年のリリース以来、特に目立った話を聞いていなかったのですが、何故だか知りませんが、2009年になってスティーヴン・キング作品が続々とリリースされているのです。

中にはキング自身が朗読しているものもあったり、「Playaway Books」のハード自体も面白そうなので、1冊位買ってみてはいかがでしょうか。

イヤホンも付いてるよ。

因みに2009年以降にリリースされているキング作品は次の通り。なお、「/」以降は朗読者。

「ミザリー」/リンゼイ・クローズ
「サン・ドッグ」/ティム・サンプル
「図書館警察」/ケン・ハワード
「不眠症」/イーライ・ウォラック
「ドロレス・クレイボーン」/フランシス・スターンハーゲン
「ランゴリアーズ」/ウィレム・デフォー
「ニードフル・シングス」/スティーヴン・キング
「ジェラルドのゲーム」/リンゼイ・クローズ
「秘密の窓、秘密の庭」/ジェームズ・ウッズ

ちょっと面白いのは、「Four Past Midnight」の4編の中篇がそれぞれ、
「One Past Midnight:ランゴリアーズ」
「Two Past Midnight:秘密の窓、秘密の庭」
「Three Past Midnight:図書館警察」
「Four Past Midnight:サン・ドッグ」

となっている点。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

その他のカテゴリー

「Bazaar of Bad Dreams」 「'The Bazaar of Bad Dreams」 「11/22/63」 「1408」 「1922 星もなく深い闇」 「A Face in the Crowd」 「A Good Marriage」 「American Vampire」 「Ayana」 「Bad Little Kid」 「BLAZE」 「Blockade Billy」 「Doctor Sleep」 「Faithful」 「FULL DARK, NO STARS」 「Ghost Brothers of Darkland County」 「Guns」 「Herman Wouk is Still Alive」 「If it Bleeds」 「In the Tall Grass」 「Joyland」 「Just After Sunset」 「Later」 「Mile 81」 「Morality」 「Mr. Mercedes」 「Mute」 「N.」 「Obits」 「On Slide Inn Road」 「Premium Harmony」 「Revival」 「Road Rage」 「The Bazaar of Bad Dreams」 「THE GUNSLINGER BORN」 「The Institute」 「THE LONG ROAD HOME」 「The Outsider」 「The Road of Trials」 「The Secretary of Dreams」 「THE WIND THROUGH THE KEYHOLE」 「Throttle」 「Under the Dome」 「Ur」 「いかしたバンドのいる街で」 「おばあちゃん」 「しなやかな銃弾のバラード」 「わるい夢たちのバザール」 「アトランティスのこころ」 「イット」 「ウィラ」 「エアロバイク」 「キャッスルロック」 「キャッツ・アイ」 「キャリー」 「キングダム・ホスピタル」 「クリスティーン」 「クリープショー」 「クージョ」 「グリーン・マイル」 「コロラド・キッド」 「ゴースト」 「ゴールデンボーイ」 「ゴールデン・イヤーズ」 「サン・ドッグ」 「ザ・スタンド」 「ザ・チャイルド:悪魔の起源」 「シャイニング」 「シュッシュッポッポきかんしゃチャーリー」 「ショーシャンクの空に」 「シークレット・ウインドウ」 「ジェラルドのゲーム」 「ジョウント」 「ジンジャーブレッド・ガール」 「スタンド・バイ・ミー」 「スティーブン・キングの悪魔の嵐」 「スニーカー」 「スライサー」 「スリープウォーカーズ」 「セル」 「タリスマン」 「ダークタワー」 「ダークタワー」シリーズ 「ダーク・ハーフ」 「ディスコーディア」 「デスペレーション」 「デッド・ゾーン」 「トウモロコシ畑の子供たち」 「トミーノッカーズ」 「トム・ゴードンに恋した少女」 「トラックス」 「ドラゴンの眼」 「ドランのキャデラック」 「ドリームキャッチャー」 「ドロレス・クレイボーン」 「ナイトメアズ&ドリームスケープス」 「ナイト・フライヤー」 「ニードフル・シングス」 「ハイスクール・パニック」 「バトルランナー」 「バーチャル・ウォーズ」 「ビッグ・ドライバー」 「ビッグ・ドライヴァー」 「ファイアスターター」 「ファミリー・シークレット」 「ブラック・ハウス」 「ブルックリンの八月」 「ブロス/やつらはときどき帰ってくる」 「ヘイヴン」 「ヘッド・ダウン」 「ペット・セマタリー」 「ポプシー」 「マイル81」 「マングラー」 「マンハッタンの奇譚クラブ」 「マーティ」 「ミザリー」 「ミスター・メルセデス」 「ミスト」 「ミルクマン」 「メイプル・ストリートの家」 「ライディング・ザ・ブレット」 「ランゴリアーズ」 「リーシーの物語」 「レギュレイターズ」 「ローズ・マダー」 「ローズ・レッド」 「一四〇八号室」 「不眠症」 「丘の上の屋敷」 「争いが終るとき」 「人狼の四季」 「人間圧搾機」 「入り江」 「公平な取引」 「刑務所のリタ・ヘイワース」 「十時の人々」 「呪われた町」 「回想のビュイック8」 「図書館警察」 「地下室の悪夢」 「地獄のデビル・トラック」 「夏の雷鳴」 「夕暮れをすぎて」 「夜がはじまるとき」 「小説作法」 「幸運の25セント硬貨」 「彼らが残したもの」 「悪霊の島」 「悪魔の嵐」 「戦場」 「携帯ゾンビ」 「暗黒の塔」シリーズ 「最後の抵抗」 「死のロングウォーク」 「死の舞踏」 「死霊の牙」 「死霊伝説」 「深夜勤務」 「炎の少女チャーリー」 「生きのびるやつ」 「痩せゆく男」 「眠れる美女たち」 「神々のワードプロセッサ」 「禁煙挫折者救済有限会社」 「秘密の窓、秘密の庭」 「第四解剖室」 「素晴らしき結婚生活」 「自宅出産」 「芝刈り機の男」 「超高層ビルの恐怖」 「道路ウィルスは北に向かう」 「闇の展覧会 霧」 「雨期きたる」 「電話はどこから……?」 「霧」 「骨の袋」 「骸骨乗組員」 「黙秘」 「8つの悪夢」 お買い物 はじめに・・・・ オーウェン・キング オーディオブック キャッスルロック キングが受けた影響 キングの影響 キング絶賛 ゲーム  コレクション ジョー・ヒル スティーヴン・キング スティーヴン・キング研究序説 タビサ・キング トリビア ポップ・オブ・キング リチャード・バックマン レッドソックス レビュー/アニメ レビュー/テレビムービー レビュー/小説 レビュー/映画 レビュー/舞台 ロック・ボトム・リメインダーズ 国内BD 国内DVD 国内アニメ 国内テレビ 国内ニュース 国内マンガ 国内出版物 展覧会 拾い物 映画 海外BD 海外DVD 海外テレビ 海外ニュース 海外出版物 舞台 関連書籍