カテゴリー「「ヘッド・ダウン」」の3件の投稿

2012/11/23

トム・ホランド「十時の人々」について語る

2012年11月18日にDaily Deadが伝えるところによると、トム・ホランドが、スティーヴン・キングの短篇小説「十時の人々」の映画化について語った模様。

Exclusive: Tom Holland talks Ship of Fear

興味深い部分を紹介する。

トム・ホランド:わたしとスティーヴンが一緒に食事をした頃、ちょうどわたしが「ランゴリアーズ」を制作している最中、スティーヴンが「ナイトメアズ&ドリームスケープス」を執筆した頃だったが、わたしたちは2人とも愛煙家だった。当時のレストランは大抵、喫煙コーナーと禁煙コーナーが分かれていたが、そのレストランは完全に禁煙レストランだった。彼はいらいらしはじめた。

わたしたちは、政府当局がわたしたちの習慣を制御しようとしている現実を感じた。インターネットやデジタル社会が当り前になり、当局によるその傾向は強まっている。これは「十時の人々」のテーマにも繋がり、その当局の制御が巧く働かない場合どうなるのか、それを描く題材として「十時の人々」に関心を覚えた。

わたしは薬物の要素を更に加え、禁煙のための薬物を奪われ喫煙に戻ってくる人々について、彼らは見るべきものではないものを見始めるのだ。

そんな「十時の人々」の映画化について判明しているのは次の通り。

「十時の人々」("Ten O'clock People")
監督:トム・ホランド
脚本:トム・ホランド、E.J. Meyers
原作:スティーヴン・キング 「十時の人々」(短篇集「メイプル・ストリートの家」に収録)
制作:テン・オクロック・プロダクション、デッド・ラビット・フィルム
製作:Nathaniel Kramer、E.J. Meyers
出演:ジャスティン・ロング、レイチェル・ニコルズ、クリス・サランドン(噂)、ロバート・ジョン・バーク、クレイトン・ワトソン

だんだんと楽しみになってきましたね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/07/05

映画「十時の人々」の主演はジャスティン・ロングか!?

ジャスティン・ロング 2012年6月29日にDeadline Hollywoodが伝えるところによると、トム・ホランドが映画化する「Ten O'clock People」の主演俳優としてジャスティン・ロングが出演交渉に入った模様。原作はスティーヴン・キングの短篇小説「十時の人々」(短篇集「メイプル・ストリートの家」に収録)。

Justin Long In Talks For Stephen King’s ‘The Ten O’Clock People’

「十時の人々」("Ten O'clock People")
監督・脚本:トム・ホランド
原作:スティーヴン・キング 「十時の人々」(短篇集「メイプル・ストリートの家」に収録)
制作:テン・オクロック・プロダクション、デッド・ラビット・フィルム
製作:Nathaniel Kramer、E.J. Meyers
出演:ジャスティン・ロング(?)

撮影は、2012年9月10日からニュー・ヨークでスタートする模様。

個人的には「ダイ・ハード4.0」のような巻き込まれ型のジャスティン・ロングのノリでやって欲しいな、と。

ところで、キングの短篇小説「十時の人々」は、文春文庫「メイブル・ストリートの家」と、文藝春秋「ヘッド・ダウン ナイトメアズ&ドリームスケープスII」に収録されてます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/06/08

「十時の人々」も映画化ですか

2012年6月8日にシネマトゥディが伝えるところによると、スティーヴン・キングの短篇小説「十時の人々」が、トム・ホランドによって映画化される可能性が出てきた模様。

スティーヴン・キングの短編小説「十時の人々」、『チャイルド・プレイ』のトム・ホランド監督が映像化!

記録のため全文を引用する。

[シネマトゥデイ映画ニュース] 小説「ダーク・タワー」シリーズや「ペット・セマタリー」などで知られるホラー作家スティーヴン・キングの短編小説「十時の人々」が、映画化されることがわかった。Deadline.comなど複数のメディアが報じている。  

本作は、映画『チャイルド・プレイ』やオリジナル版『フライトナイト』などでメガホンを取ったトム・ホランド監督の制作会社デッド・ラビット・フィルムズが企画している作品。ホランド監督がキング作品を映像化するのは、テレビ映画「スティーブン・キング/ランゴリアーズ」、映画『スティーヴン・キング/痩せゆく男』に続いて3度目となる。  

原作の「十時の人々」は、ボストンを舞台にタバコをやめようとしている男ブランドンが、なかなかやめられずにいた肩身の狭い喫煙者たちと10時にある広場に集まっていると、やがて世界を襲うことになるとんでもない事実に直面するという物語。タバコ中毒に苦しんでいたキング自身の状況をベースにしているらしい。  

撮影は今年の夏から開始される予定で、映画化では原作の90年代の設定ではなく、現代を舞台に描いていくそうだ。はたして、どのような映画になるのだろうか?
 (細木信宏/Nobuhiro Hosoki)

ニュースソースはここ。

Stephen King’s ‘The Ten O’Clock’ People Gets Feature Treatment From Tom Holland

こちらの記事を読むと、トム・ホランドは既に契約している模様ですね。

ホランドのコメントを引用する。

Holland said the tale was inspired by King’s own struggles with a smoking habit. “This was Stephen trying to deal with his cigarette jones and the fairly new no-smoking laws back in the ’90s,” Holland said. “This film will be a modernization of the original short story, a paranoid suspense piece.”

「この物語は1990年代の禁煙法に対するキングのひとつの挑戦である。」
「この作品は、近代的なオリジナル・ストーリーで、偏執的なサスペンス作品に仕上がるだろう」

この記事を受けて、本作「十時の人々」を翻訳した白石朗氏は次のようにツイートした。

35

「十時の人々」はかなり好きな作品。禁煙話がまさかの方向に突き進む感覚が特に。文春文庫『メイプル・ストリートの家』に収録されています。

ところで、キングの短篇「十時の人々」は、白石さんが仰る通り文春文庫「メイブル・ストリートの家」と、文藝春秋「ヘッド・ダウン ナイトメアズ&ドリームスケープスII」に収録されてます。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

「Bazaar of Bad Dreams」 「'The Bazaar of Bad Dreams」 「11/22/63」 「1408」 「1922 星もなく深い闇」 「A Face in the Crowd」 「A Good Marriage」 「American Vampire」 「Ayana」 「Bad Little Kid」 「BLAZE」 「Blockade Billy」 「Doctor Sleep」 「Faithful」 「FULL DARK, NO STARS」 「Ghost Brothers of Darkland County」 「Guns」 「Herman Wouk is Still Alive」 「In the Tall Grass」 「Joyland」 「Just After Sunset」 「Mile 81」 「Morality」 「Mr. Mercedes」 「Mute」 「N.」 「Obits」 「Premium Harmony」 「Revival」 「Road Rage」 「The Bazaar of Bad Dreams」 「THE GUNSLINGER BORN」 「THE LONG ROAD HOME」 「The Road of Trials」 「The Secretary of Dreams」 「THE WIND THROUGH THE KEYHOLE」 「Throttle」 「Under the Dome」 「Ur」 「いかしたバンドのいる街で」 「おばあちゃん」 「しなやかな銃弾のバラード」 「アトランティスのこころ」 「イット」 「ウィラ」 「エアロバイク」 「キャッスルロック」 「キャッツ・アイ」 「キャリー」 「キングダム・ホスピタル」 「クリスティーン」 「クリープショー」 「クージョ」 「グリーン・マイル」 「コロラド・キッド」 「ゴースト」 「ゴールデンボーイ」 「ゴールデン・イヤーズ」 「サン・ドッグ」 「ザ・スタンド」 「ザ・チャイルド:悪魔の起源」 「シャイニング」 「シュッシュッポッポきかんしゃチャーリー」 「ショーシャンクの空に」 「シークレット・ウインドウ」 「ジェラルドのゲーム」 「ジョウント」 「ジンジャーブレッド・ガール」 「スタンド・バイ・ミー」 「スティーブン・キングの悪魔の嵐」 「スニーカー」 「スライサー」 「スリープウォーカーズ」 「セル」 「タリスマン」 「ダークタワー」 「ダークタワー」シリーズ 「ダーク・ハーフ」 「ディスコーディア」 「デスペレーション」 「デッド・ゾーン」 「トウモロコシ畑の子供たち」 「トミーノッカーズ」 「トム・ゴードンに恋した少女」 「トラックス」 「ドラゴンの眼」 「ドランのキャデラック」 「ドリームキャッチャー」 「ドロレス・クレイボーン」 「ナイトメアズ&ドリームスケープス」 「ナイト・フライヤー」 「ニードフル・シングス」 「ハイスクール・パニック」 「バトルランナー」 「バーチャル・ウォーズ」 「ビッグ・ドライバー」 「ビッグ・ドライヴァー」 「ファイアスターター」 「ファミリー・シークレット」 「ブラック・ハウス」 「ブルックリンの八月」 「ブロス/やつらはときどき帰ってくる」 「ヘイヴン」 「ヘッド・ダウン」 「ペット・セマタリー」 「ポプシー」 「マングラー」 「マンハッタンの奇譚クラブ」 「マーティ」 「ミザリー」 「ミスター・メルセデス」 「ミスト」 「ミルクマン」 「メイプル・ストリートの家」 「ライディング・ザ・ブレット」 「ランゴリアーズ」 「リーシーの物語」 「レギュレイターズ」 「ローズ・マダー」 「ローズ・レッド」 「一四〇八号室」 「不眠症」 「丘の上の屋敷」 「争いが終るとき」 「人狼の四季」 「人間圧搾機」 「入り江」 「公平な取引」 「刑務所のリタ・ヘイワース」 「十時の人々」 「呪われた町」 「回想のビュイック8」 「図書館警察」 「地下室の悪夢」 「地獄のデビル・トラック」 「夕暮れをすぎて」 「夜がはじまるとき」 「小説作法」 「幸運の25セント硬貨」 「彼らが残したもの」 「悪霊の島」 「悪魔の嵐」 「戦場」 「携帯ゾンビ」 「暗黒の塔」シリーズ 「最後の抵抗」 「死のロングウォーク」 「死の舞踏」 「死霊の牙」 「死霊伝説」 「深夜勤務」 「炎の少女チャーリー」 「痩せゆく男」 「神々のワードプロセッサ」 「禁煙挫折者救済有限会社」 「秘密の窓、秘密の庭」 「第四解剖室」 「素晴らしき結婚生活」 「自宅出産」 「芝刈り機の男」 「超高層ビルの恐怖」 「道路ウィルスは北に向かう」 「闇の展覧会 霧」 「雨期きたる」 「電話はどこから……?」 「霧」 「骨の袋」 「骸骨乗組員」 「黙秘」 「8つの悪夢」 お買い物 はじめに・・・・ オーウェン・キング オーディオブック キャッスルロック キングが受けた影響 キングの影響 キング絶賛 ゲーム  コレクション ジョー・ヒル スティーヴン・キング スティーヴン・キング研究序説 タビサ・キング トリビア ポップ・オブ・キング リチャード・バックマン レッドソックス レビュー/アニメ レビュー/テレビムービー レビュー/小説 レビュー/映画 レビュー/舞台 ロック・ボトム・リメインダーズ 国内BD 国内DVD 国内アニメ 国内テレビ 国内ニュース 国内マンガ 国内出版物 展覧会 拾い物 映画 海外BD 海外DVD 海外テレビ 海外ニュース 海外出版物 舞台 関連書籍