カテゴリー「「ビッグ・ドライヴァー」」の7件の投稿

2017/03/20

「スティーヴン・キング ファミリー・シークレット」

「スティーヴン・キング ファミリー・シークレット」 「ビッグ・ドライバー」収録の「素晴らしき結婚生活」の映画化作品「スティーヴン・キング ファミリー・シークレット」を観た。

「スティーヴン・キング ファミリー・シークレット」
監督:ピーター・アスキン
原作・脚本:スティーヴン・キング
出演:ジョーン・アレン(ダーシー)、アンソニー・ラバリア(ボブ)、カーラ・ブオノ(ベッティ)、クリステン・コノリー(ペトラ)、マイク・オマリー(ビル)、スティーヴン・ラング(ホルト)

主婦ダーシーは夫ボブと結婚してからちょうど25年目。ボブとはずっと夫婦仲はよく、子どもたちも大人になり、自分が幸せだと実感する。

だがある夜、ダーシーは偶然自宅の車庫で最近起きた猟奇殺人事件の女性被害者の持ち物を見つけて驚く。犯人はボブなのか。直後のある夜、ボブがダーシーに黙って外出するという事態が。ダーシーはボブが次の獲物を物色しているのではないかと疑いを抱き、夫の行動を監視するようになるが……。

本作「ファミリー・シークレット」は特に大きなどんでん返しや謎解きのないストレートな作品に仕上がっていた。

もちろん、ミステリー的な要素やどんでん返しを期待する方々には物足りない作品だとは思うが、脚本、特に伏線となる夫婦の関係を描いた部分が素晴らしく、愛すべき小品に仕上がっている。

キャストは、アンソニー・ラバリア演じるボブの妻ダーシーを演じたジョーン・アレンが良かった。

ジョーン・アレンは本作の後「ルーム」(2015)に、そしてスティーヴン・ラングは「ドント・ブリーズ」(2016)に出演することになる。

それを考えると本作「ファミリー・シークレット」は、「ルーム」「ドント・ブリーズ」を考える上で、重要な作品のような気がしてくる。

本作「ファミリー・シークレット」はビジネスとしてはなかなか難しい作品だと思うが、良質な小品に仕上がっている。機会があれば是非。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/05/27

WOWOWで「ファミリー・シークレット」が日本初公開

「スティーヴン・キング ファミリー・シークレット」 2015年6月4日 スティーヴン・キング原作、ピーター・アスキン監督の「スティーヴン・キング ファミリー・シークレット」WOWOWで日本初放送される。

同作は、中篇集「ビッグ・ドライバー」(文春文庫)に収録されている「素晴らしき結婚生活」("A Good Marriage")を映画化した作品で日本国内では劇場公開もソフト化もされていない作品。今回のWOWOWの放送が日本初公開となる。

「スティーヴン・キング ファミリー・シークレット」
監督:ピーター・アスキン
原作:スティーヴン・キング 「素晴しき結婚生活」(文春文庫刊「ビッグ・ドライバー」所収)
脚本:スティーヴン・キング

出演:ジョーン・アレン(ダーシー)、アンソニー・ラパリア(ボブ)、カーラ・ブオノ(ベッティ)、クリステン・コノリー(ペトラ)、マイク・オマリー(ビル)、スティーヴン・ラング(ホルト)

放送予定日
初 回:2015年6月4日(木)21:00〜
再放送:2015年6月15日(月)15:15〜


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/06/28

「ビッグ・ドライバー」テレビムービー化か

2014年6月25日にクランクイン!が伝えるところによると「ビッグ・ドライバー」がテレビムービー化される可能性が出てきた模様。

スティーヴン・キング『ビッグ・ドライバー』がテレビ映画化

アメリカを代表するモダンホラー小説家スティーヴン・キング。『ジェラルドのゲーム』『ザ・スタンド』『IT』など、原作の映画化が進む中、今度は比較的最近の作品、2010年に発表した『ビッグ・ドライバー』のテレビ映画化が決まったそうだ。

原作『ビッグ・ドライバー』は、キングのが中編小説4作品を収録した『Full Dark, No Stars』の中の1編。日本でも、本作ともう1作『素晴らしき結婚生活』(原題は『A Good Marriage』)を収録したものが『ビッグ・ドライバー』として、2013年に文藝春秋から発行されている。

原作は、女流作家テス・ソーンが主人公。小さな町でサイン会を終えた帰り道、道に迷った挙げ句に暴漢に襲われ、重傷を負ったまま道路に置き去りにされたテスが、どうにか生還した後、自分を襲った男への復讐を企てるというストーリー。

The Wrapによると、Lifetimeが本作のテレビ映画化を進めており、主人公テス役には映画『プリズナーズ』(14)のマリア・ベロが決まっているそうだ。出演はほかに、映画『アウェイ・フロム・ハー』(08)のオリンピア・デュカキス、ロックバンド「ザ・ランナウェイズ」の元ボーカルのジョーン・ジェットら。

脚本は2006年のテレビ映画『スティーヴン・キング 8つの悪夢(ナイトメアズ)』(07)のリチャード・クリスチャン・マシスン。この夏にカナダのノヴァ・スコシア州ハリファックスで撮影され、秋に同局でプレミア放送される予定とのことだ。

ニュースソースはここ。

Stephen King Movie ‘Big Driver’ Starring Maria Bello Picked Up by Lifetime

今回の「ビッグ・ドライバー」にしろ、最近マイク・フラナガンによって映画化される「ジェラルドのゲーム」にしろ、ちょっと暴力的な意味でハードな内容の作品なので、映像化にちょっと不安を感じるところ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/03/30

「ミザリー」読書会は4月7日(日)

先日のエントリー『「ミザリー」の読書会が!?』で紹介した「ミザリー」の読書会ですが、詳細が判明したので紹介します。

Live Wire 13.4.7(日) Biri-Biri酒場ワンコイン読書会(1) スティーヴン・キング『ミザリー』

概要は次の通り。

Biri-Biri酒場では、このたび「最速!海外ミステリ先読みスニークプレビュー」と連動して、イベントで紹介された作家の代表作を課題本に読書会を開催することにしました。

題して「Biri-Biri酒場ワンコイン読書会」!

その名の通り、ワンコイン=500円と課題本さえあればどなたでも参加できる読書会。

というわけで、「最速!海外ミステリ先読みスニークプレビュー」ご観覧の方は、読書会、タダで参加できます。  
もちろん読書会のみの参加ももちろん可能!「最速!海外ミステリ先読みスニークプレビュー」と同じ500円で参加できます。「ワンコイン読書会」ですから。

それでも喋り足りない気がする!と思ったあなた、よく考えてみてください。ここは「Biri-Biri酒場」。そう酒場なんです。  
もっともっと語りたい!という方にはその場でひとり3,000円ポッキリの懇親会も開いちゃいます。

第一回の課題図書はスティーヴン・キングの『ミザリー』(文春文庫)。  
新作『ビッグ・ドライバー』の刊行に合わせて、ディープなキングファンもキング初めて!という方も大歓迎!  
4/7(日)は、500円玉と『ミザリー』握って新宿三丁目でプチ・スティーヴン・キング酒場、開こうぜ!

[日時] 2013年4月7日(日) 
開始・17:00 
終了・19:00(予定)

[会場] Live Wire Biri-Biri酒場 新宿      
東京都新宿区新宿5丁目11-23 八千代ビル2F (Googleマップ)     
・都営新宿線「新宿3丁目」駅 C6~8出口から徒歩5分     
・丸ノ内線・副都心線「新宿3丁目」駅 B2出口から徒歩8分     
・JR線「新宿」駅 東口から徒歩12分

[料金] 500円 (お茶・コーヒーつき) ※終了後にフリーフード&フリードリンクの懇親会を開催します。参加費は3,000円です。

なお、「ミザリー」の読書会に先駆けて実施される「最速!海外ミステリ先読みスニークプレビュー」の詳細は次の通り。

Live Wire 13.4.7(日) 最速!海外ミステリ先読みスニークプレビュー#3

最近、海外ミステリの新刊書評が足りなくないですか?  

雑誌から書評コーナーの数が減少しつつある今、海外ミステリ小説のレビューはネット上を含めてもほんの一握り。  

しかも「新刊」といっても、刊行から1、2ヶ月経った作品の紹介であるのが大半だったりします。  

「もっと海外ミステリの情報が欲しいんだけど……」  
「これから出る予定の面白い本、早く教えてちょうだい!」  

そんなミステリ読みの皆さんの渇望にお答えして、どの媒体よりも早く、そして楽しく新作ミステリの情報をお届けするイベントです。  

名付けて、「最速!海外ミステリ先読みスニークプレビュー」。  

出版各社のご協力で、翌月発行予定の翻訳ミステリのゲラ刷りをお借りし、売り出し中の若手書評家を案内役に、話題作をどんどんレビューしていきます。  

価格はコーヒーかお茶付で500円。休日の午後、ミステリ好きが最新情報の交換に集まる、気楽なお茶会になればいいなと思います。  

今回、採り上げる予定の作品は以下の3つです。  

『赤く微笑む春』ヨハン・テオリン(早川書房)  
『コリーニ事件』フェルディナント・フォン・シーラッハ(東京創元社) 『ビッグ・ドライバー』スティーヴン・キング(文藝春秋)  

そして今回は、スペシャルレビュアーとしてミステリ・SF小説の分野で活躍する酒井貞道氏が登場!  

前回の杉江×若林より(ちょっぴり)若返った書評家コンビでクロスレビューしていきます!      

[出演] 若林踏(書評家・「ミステリマガジン」レビュー担当)、酒井貞道(書評家)

[日時] 2013年4月7日(土) 
開場・14:30 
開始・15:00 
終了・16:30(予定)

[会場] Live Wire Biri-Biri酒場 新宿      

[料金] 500円 (お茶・コーヒーつき)

いかがでしょうね。
お手すきの方は是非。

参加・不参加は別として、我が家の広大なアーカイブで「ミザリー」を探したんですが、何故かハードカバーしか見つからず、仕方がないので文庫版の「ミザリー」をもう一冊買いましたよ。

余談ですが、書評家の若林踏って、わかばやし・ふみって読むんですね。
わたしはてっきり、わかばやし・とうだとばっかり思っていましたよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/03/27

『黒/Shinsaku Fujita Private View』

藤田新策氏による「ビッグ・ドライバー」の装画 2013年3月27日 藤田新策氏のブログ『Shinsaku Fujita Private View』のエントリー『黒』で、文春文庫から2013年4月に刊行されるスティーヴン・キングの「ビッグ・ドライバー」の装画が公開されました。

『黒』

しかも、「ビッグ・ドライバー」の装画を例にあげ、制作過程の秘話が!

以下、該当部分を引用。

例えば、この絵の場合まづ最初に白い画面に鉛筆でデッサンをかなりかちっと描きます。 その上に土性の赤茶色が被り、テンペラで描きおこし、その上からラズールという極めて透明度の高いウルトラマリン、マゼンダ、アンバー、ディープグリーンなどを何層にも重ね黒を深めて行きます。 それは、多分、青や赤や緑のガラスが重なりあって、黒いガラスになるような感じをイメージして頂くと良いかと思います。

《黒いガラス》
これは大変興味深いです。

「ビッグ・ドライバー」
著者:スティーヴン・キング
訳者:高橋恭美子、風間賢二
出版社:文藝春秋(文春文庫)
発売日2013年4月10日

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/03/20

「ミザリー」の読書会が!?

翻訳ミステリー大賞シンジケートのツイート
2013年3月20日の翻訳ミステリー大賞シンジケート(@Honyaku_Mystery)のツイートによると、2013年4月7日に、出版前のスティーヴン・キングの「ビッグ・ドライバー」の先読みレビューと、「ミザリー」の読書会が開催される模様。
会場はビリビリ酒場

翻訳ミステリー大賞シンジケート(@Honyaku_Mystery)

【イベント】若林踏氏 @sanaguti の翻訳ミステリー先読みスニークプレビュー第3回は酒井貞道氏 @haikairojin を迎え4/7ビリビリ酒場で15時~。近刊キング『ビッグ・ドライバー』シーラッハ『コリーニ事件』等予定。終了後17時~同店でキング『ミザリー』読書会開催!

これについては、3月16日に白石朗(@R_SRIS)さんのツイートで知っていたのですが、まだまだ詳細は不詳です。

因みに「コリーニ事件」はフェルディナンド・フォン・シーラッハ初の長編小説。

また、4月10日刊行予定のキングの「ビッグ・ドライバー」「ビッグ・ドライヴァー」からタイトルが変更になったようですね。

「ビッグ・ドライバー」
著者:スティーヴン・キング
訳者:高橋恭美子、風間賢二
出版社:文藝春秋(文春文庫)
発売日2013年4月10日

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/12/09

「このミステリーがすごい! 2013年版」にキング作品が!?

「このミステリーがすごい! 2013年版」 年末恒例のお楽しみ、2012年12月8日に宝島社から刊行された「このミステリーがすごい! 2013年版に恒例の「我が社の隠し玉」が掲載されており、文藝春秋社の「我が社の隠し玉」にスティーヴン・キング作品がなんと3作品も掲載されている。

つまり、2013年には少なくとも3冊のキングの新刊を読むことができるのだ。(予定)

「このミステリーがすごい! 2013年版」
出版社:宝島社
定価:500円(税込)

それではスティーヴン・キングに関する文藝春秋社の
「我が社の隠し玉」を引用してみよう。

「我が社の隠し玉」文藝春秋

まずはお馴染みの巨匠たちから行きましょう。スティーヴン・キングとジェフリー・ディーヴァー、長編と短編集の両方で登場。キングは中編集が「1922(仮)」「ビッグ・ドライヴァー(仮)」の二分冊で刊行、必泣のタイムトラベル超大作11/22/68は初秋頃か。(原文ママ)

現在のところまで、各方面で伝えられている通り、中篇集「FULL DARK, NO STARS」の翻訳は文藝春秋社(文春文庫)から二分冊の体裁で刊行される予定。

そのタイトルは、2013年1月刊行の「1922 -星もなく深い闇-」と、2013年3月刊行の「ビッグ・ドライヴァー -星もなく深い闇-」になるのではないかな、と。

以前のエントリー『「FULL DARK, NO STARS」翻訳妄想篇』で、2013年3月刊行のタイトルは
「幸せな結婚 -星もなく深い闇-」予想していたのですが、どうやらそれは誤りで、「ビッグ・ドライヴァー -星もなく深い闇-」になりそうですね。

また、「11/22/63」は、2013年初秋頃の刊行だと言う事のようです。
「このミステリーがすごい! 2013年版には、11/22/68と表記されていますが、これは11/22/63の誤りでしょうね。

とにかく、期待して待ちましょう。

余談ですが、Amazon.co.jpでも「1922」の予約が始まりましたね。

更に余談ですが、「このミス」のネコのキャラクターの名前はニャームズって言うんですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

「Bazaar of Bad Dreams」 | 「'The Bazaar of Bad Dreams」 | 「11/22/63」 | 「1408」 | 「1922 星もなく深い闇」 | 「A Face in the Crowd」 | 「A Good Marriage」 | 「American Vampire」 | 「Ayana」 | 「Bad Little Kid」 | 「BLAZE」 | 「Blockade Billy」 | 「Doctor Sleep」 | 「Faithful」 | 「FULL DARK, NO STARS」 | 「Ghost Brothers of Darkland County」 | 「Guns」 | 「Herman Wouk is Still Alive」 | 「In the Tall Grass」 | 「Joyland」 | 「Just After Sunset」 | 「Mile 81」 | 「Morality」 | 「Mr. Mercedes」 | 「Mute」 | 「N.」 | 「Obits」 | 「Premium Harmony」 | 「Revival」 | 「Road Rage」 | 「The Bazaar of Bad Dreams」 | 「THE GUNSLINGER BORN」 | 「THE LONG ROAD HOME」 | 「The Road of Trials」 | 「The Secretary of Dreams」 | 「THE WIND THROUGH THE KEYHOLE」 | 「Throttle」 | 「Under the Dome」 | 「Ur」 | 「いかしたバンドのいる街で」 | 「おばあちゃん」 | 「しなやかな銃弾のバラード」 | 「アトランティスのこころ」 | 「イット」 | 「ウィラ」 | 「エアロバイク」 | 「キャッツ・アイ」 | 「キャリー」 | 「キングダム・ホスピタル」 | 「クリスティーン」 | 「クリープショー」 | 「クージョ」 | 「グリーン・マイル」 | 「コロラド・キッド」 | 「ゴースト」 | 「ゴールデンボーイ」 | 「ゴールデン・イヤーズ」 | 「サン・ドッグ」 | 「ザ・スタンド」 | 「ザ・チャイルド:悪魔の起源」 | 「シャイニング」 | 「ショーシャンクの空に」 | 「シークレット・ウインドウ」 | 「ジェラルドのゲーム」 | 「ジョウント」 | 「ジンジャーブレッド・ガール」 | 「スタンド・バイ・ミー」 | 「スティーブン・キングの悪魔の嵐」 | 「スニーカー」 | 「スライサー」 | 「スリープウォーカーズ」 | 「セル」 | 「タリスマン」 | 「ダーク・ハーフ」 | 「ディスコーディア」 | 「デスペレーション」 | 「デッド・ゾーン」 | 「トウモロコシ畑の子供たち」 | 「トミーノッカーズ」 | 「トム・ゴードンに恋した少女」 | 「トラックス」 | 「ドラゴンの眼」 | 「ドランのキャデラック」 | 「ドリームキャッチャー」 | 「ドロレス・クレイボーン」 | 「ナイトメアズ&ドリームスケープス」 | 「ナイト・フライヤー」 | 「ニードフル・シングス」 | 「ハイスクール・パニック」 | 「バトルランナー」 | 「バーチャル・ウォーズ」 | 「ビッグ・ドライバー」 | 「ビッグ・ドライヴァー」 | 「ファイアスターター」 | 「ファミリー・シークレット」 | 「ブラック・ハウス」 | 「ブルックリンの八月」 | 「ブロス/やつらはときどき帰ってくる」 | 「ヘイヴン」 | 「ヘッド・ダウン」 | 「ペット・セマタリー」 | 「ポプシー」 | 「マングラー」 | 「マンハッタンの奇譚クラブ」 | 「マーティ」 | 「ミザリー」 | 「ミスト」 | 「ミルクマン」 | 「メイプル・ストリートの家」 | 「ライディング・ザ・ブレット」 | 「ランゴリアーズ」 | 「リーシーの物語」 | 「レギュレイターズ」 | 「ローズ・マダー」 | 「ローズ・レッド」 | 「一四〇八号室」 | 「不眠症」 | 「丘の上の屋敷」 | 「争いが終るとき」 | 「人狼の四季」 | 「人間圧搾機」 | 「入り江」 | 「公平な取引」 | 「刑務所のリタ・ヘイワース」 | 「十時の人々」 | 「呪われた町」 | 「回想のビュイック8」 | 「図書館警察」 | 「地下室の悪夢」 | 「地獄のデビル・トラック」 | 「夕暮れをすぎて」 | 「夜がはじまるとき」 | 「小説作法」 | 「幸運の25セント硬貨」 | 「彼らが残したもの」 | 「悪霊の島」 | 「悪魔の嵐」 | 「戦場」 | 「携帯ゾンビ」 | 「暗黒の塔」シリーズ | 「最後の抵抗」 | 「死のロングウォーク」 | 「死の舞踏」 | 「死霊の牙」 | 「死霊伝説」 | 「深夜勤務」 | 「炎の少女チャーリー」 | 「痩せゆく男」 | 「神々のワードプロセッサ」 | 「禁煙挫折者救済有限会社」 | 「秘密の窓、秘密の庭」 | 「第四解剖室」 | 「素晴らしき結婚生活」 | 「自宅出産」 | 「芝刈り機の男」 | 「超高層ビルの恐怖」 | 「道路ウィルスは北に向かう」 | 「闇の展覧会 霧」 | 「雨期きたる」 | 「電話はどこから……?」 | 「霧」 | 「骨の袋」 | 「骸骨乗組員」 | 「黙秘」 | 「8つの悪夢」 | お買い物 | はじめに・・・・ | オーウェン・キング | オーディオブック | キャッスルロック | キングが受けた影響 | キングの影響 | キング絶賛 | ゲーム  | コレクション | ジョー・ヒル | スティーヴン・キング | スティーヴン・キング研究序説 | タビサ・キング | トリビア | ポップ・オブ・キング | リチャード・バックマン | レッドソックス | レビュー/アニメ | レビュー/テレビムービー | レビュー/小説 | レビュー/映画 | レビュー/舞台 | ロック・ボトム・リメインダーズ | 国内BD | 国内DVD | 国内アニメ | 国内テレビ | 国内ニュース | 国内マンガ | 国内出版物 | 展覧会 | 拾い物 | 映画 | 海外BD | 海外DVD | 海外テレビ | 海外ニュース | 海外出版物 | 舞台 | | 関連書籍