カテゴリー「「ダークタワー」」の2件の投稿

2018/02/25

「ダークタワー」シリーズ続編はAmazonプライムで!?

Darktower201802
2018年2月23日に /Film が伝えるところによると、「ダークタワー」シリーズのテレビシリーズ化のプラットフォームはAmazonプライムになる可能性が出てきた模様。

‘The Dark Tower’ TV Series Somehow Still Alive, Lands at Amazon

なお映画「ダークタワー」でローランドを演じたイドリス・エルバは、映画の続編を望んでいるが、テレビシリーズでローランドを演じるかどうかは不明。

余談だが、わたしの知り合いの映画ファンは映画「ダークタワー」について懐疑的で、どうせ物語の結末まで描かれないのだから、つまり途中で放り投げられてしまうシリーズになる可能性が高いのだから、「ダークタワー」は観ない、と語っている。

また、仮にシリーズが継続したとしても、イドリス・エルバとマシュー・マコノヒーでシリーズを牽引する事は難しいのではないか、とも語っていた。

実際のところ、われわれ映画ファンは様々な作品、とくにテレビシリーズに多いのだが、物語を結末まで描かずに、シリーズが打ち切りにされてしまう経験を何度もなんども味わっている。

アメリカのテレビシリーズのプロダクションサイドは、物語を結末まで描くことより、シリーズを延命させるため物語を水増しし、物語の結末を描かず継続させる事を良しとする風潮がある。

はたしてローランドとカ・テットの運命はいかに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/01/27

「ダークタワー」本日日本公開

映画「ダークタワー」

2018年1月27日 映画「ダークタワー」が日本国内で公開された。

「ダークタワー」
監督:ニコライ・アーセル
原作:スティーヴン・キング
脚本:アキヴァ・ゴールズマン、ジェフ・ピンクナー、アナス・トマス・イェンセン、ニコライ・アーセル
出演:イドリス・エルバ(ガスリンガー/ローランド・デスチェイン)、マシュー・マコノヒー(黒衣の男/ウォルター)、トム・テイラー(ジェイク)、クローディア・キム(アラ)、フラン・クランツ(ピンリ)、アビー・リー(ティラナ)、ジャッキー・アール・ヘイリー(セイヤー)

本作「ダークタワー」についてだが、先ずは良い作品に仕上がっていた。
2017年に公開された「IT/イット “それ”が見えたら終わり。」に続き、スティーヴン・キング原作の映画化作品として、良い流れになってきている。

さて本作だが、原作と比較してどうのこうのと言う話は無意味なので、特に本作については原作をお読みの方々にとっては既にご承知の通り全く無意味なので割愛するが、長大な「ダークタワー」シリーズの第一話として、つまりジェイク・チェンバースとローランド・デスチェインの登場篇として非常に良い作品に仕上がっていると言える。

本作「ダークタワー」のレビューだが、本日公開の作品なので、それは次回に譲るとしてネタバレにならない程度に気になった点を紹介する。

先ずは次の動画をご覧いただきたい。


おわかりだろうか、本作はなんと《テット・コーポレーション》製作と言う体裁をとっているのだ。

また、驚いた事に本作は「シャイニング」と直接的にリンクを張ろうと試みている。
そのため、ニューヨークのウォルターの部下たちがまるで「シャイニング」の続編「ドクター・スリープ」に登場する《真結族》であるかのような印象を与える事に成功している。

また《ドア》にあたる《ポータル》で《中間世界》と《根本原理世界》を行き来するイメージは「タリスマン」のそれのような印象を受けるし、《中間世界》のプロダクション・デザインは「タリスマン」に登場する異世界《テリトリー》を意識しているかのような印象も受ける。

あとはまあそれ以外にもキング作品への言及が出るは出るは。いちいち紹介はしないが、キングファンはそれを探す楽しみもあると思う。

本作「ダークタワー」は原作のエッセンスを見事に抽出し、良心的に翻案した素晴らしい娯楽作品に仕上がっている。

この続きはNetflixやhuluで、と言う流れだったら結構人気作になるのではないか、と思えてならない。

関心がある方は是非劇場へ。
ランニングタイムはなんと95分。そのあたりも個人的には良い判断だったと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

「Bazaar of Bad Dreams」 「'The Bazaar of Bad Dreams」 「11/22/63」 「1408」 「1922 星もなく深い闇」 「A Face in the Crowd」 「A Good Marriage」 「American Vampire」 「Ayana」 「Bad Little Kid」 「BLAZE」 「Blockade Billy」 「Doctor Sleep」 「Faithful」 「FULL DARK, NO STARS」 「Ghost Brothers of Darkland County」 「Guns」 「Herman Wouk is Still Alive」 「In the Tall Grass」 「Joyland」 「Just After Sunset」 「Mile 81」 「Morality」 「Mr. Mercedes」 「Mute」 「N.」 「Obits」 「Premium Harmony」 「Revival」 「Road Rage」 「The Bazaar of Bad Dreams」 「THE GUNSLINGER BORN」 「THE LONG ROAD HOME」 「The Road of Trials」 「The Secretary of Dreams」 「THE WIND THROUGH THE KEYHOLE」 「Throttle」 「Under the Dome」 「Ur」 「いかしたバンドのいる街で」 「おばあちゃん」 「しなやかな銃弾のバラード」 「アトランティスのこころ」 「イット」 「ウィラ」 「エアロバイク」 「キャッスルロック」 「キャッツ・アイ」 「キャリー」 「キングダム・ホスピタル」 「クリスティーン」 「クリープショー」 「クージョ」 「グリーン・マイル」 「コロラド・キッド」 「ゴースト」 「ゴールデンボーイ」 「ゴールデン・イヤーズ」 「サン・ドッグ」 「ザ・スタンド」 「ザ・チャイルド:悪魔の起源」 「シャイニング」 「シュッシュッポッポきかんしゃチャーリー」 「ショーシャンクの空に」 「シークレット・ウインドウ」 「ジェラルドのゲーム」 「ジョウント」 「ジンジャーブレッド・ガール」 「スタンド・バイ・ミー」 「スティーブン・キングの悪魔の嵐」 「スニーカー」 「スライサー」 「スリープウォーカーズ」 「セル」 「タリスマン」 「ダークタワー」 「ダークタワー」シリーズ 「ダーク・ハーフ」 「ディスコーディア」 「デスペレーション」 「デッド・ゾーン」 「トウモロコシ畑の子供たち」 「トミーノッカーズ」 「トム・ゴードンに恋した少女」 「トラックス」 「ドラゴンの眼」 「ドランのキャデラック」 「ドリームキャッチャー」 「ドロレス・クレイボーン」 「ナイトメアズ&ドリームスケープス」 「ナイト・フライヤー」 「ニードフル・シングス」 「ハイスクール・パニック」 「バトルランナー」 「バーチャル・ウォーズ」 「ビッグ・ドライバー」 「ビッグ・ドライヴァー」 「ファイアスターター」 「ファミリー・シークレット」 「ブラック・ハウス」 「ブルックリンの八月」 「ブロス/やつらはときどき帰ってくる」 「ヘイヴン」 「ヘッド・ダウン」 「ペット・セマタリー」 「ポプシー」 「マングラー」 「マンハッタンの奇譚クラブ」 「マーティ」 「ミザリー」 「ミスター・メルセデス」 「ミスト」 「ミルクマン」 「メイプル・ストリートの家」 「ライディング・ザ・ブレット」 「ランゴリアーズ」 「リーシーの物語」 「レギュレイターズ」 「ローズ・マダー」 「ローズ・レッド」 「一四〇八号室」 「不眠症」 「丘の上の屋敷」 「争いが終るとき」 「人狼の四季」 「人間圧搾機」 「入り江」 「公平な取引」 「刑務所のリタ・ヘイワース」 「十時の人々」 「呪われた町」 「回想のビュイック8」 「図書館警察」 「地下室の悪夢」 「地獄のデビル・トラック」 「夕暮れをすぎて」 「夜がはじまるとき」 「小説作法」 「幸運の25セント硬貨」 「彼らが残したもの」 「悪霊の島」 「悪魔の嵐」 「戦場」 「携帯ゾンビ」 「暗黒の塔」シリーズ 「最後の抵抗」 「死のロングウォーク」 「死の舞踏」 「死霊の牙」 「死霊伝説」 「深夜勤務」 「炎の少女チャーリー」 「痩せゆく男」 「神々のワードプロセッサ」 「禁煙挫折者救済有限会社」 「秘密の窓、秘密の庭」 「第四解剖室」 「素晴らしき結婚生活」 「自宅出産」 「芝刈り機の男」 「超高層ビルの恐怖」 「道路ウィルスは北に向かう」 「闇の展覧会 霧」 「雨期きたる」 「電話はどこから……?」 「霧」 「骨の袋」 「骸骨乗組員」 「黙秘」 「8つの悪夢」 お買い物 はじめに・・・・ オーウェン・キング オーディオブック キャッスルロック キングが受けた影響 キングの影響 キング絶賛 ゲーム  コレクション ジョー・ヒル スティーヴン・キング スティーヴン・キング研究序説 タビサ・キング トリビア ポップ・オブ・キング リチャード・バックマン レッドソックス レビュー/アニメ レビュー/テレビムービー レビュー/小説 レビュー/映画 レビュー/舞台 ロック・ボトム・リメインダーズ 国内BD 国内DVD 国内アニメ 国内テレビ 国内ニュース 国内マンガ 国内出版物 展覧会 拾い物 映画 海外BD 海外DVD 海外テレビ 海外ニュース 海外出版物 舞台 関連書籍