カテゴリー「国内ニュース」の560件の投稿

2021/05/16

テレビシリーズ「リーシーの物語」の予告編公開

2021年6月4日よりApple TVで配信が開始されるテレビシリーズ「リーシーの物語」の予告編が公開された。

 

Lisey's Story — Official Trailer | Apple TV+

「リーシーの物語」(全8話)
監督:パブロ・ラライン
製作総指揮:J・J・エイブラムス
原作・脚本:スティーヴン・キング
製作:バッド・ロボット・プロダクションズ
出演:ジュリアン・ムーア、クライブ・オーウェン、ジェニファー・ジェイソン・リー、デイン・デハーン、ジョアン・アレン
物語:夫を亡くして2年。リーシーは悲しみから脱すべく遺品の整理を開始した。すると亡き夫からのメッセージらしきものがいくつも発見される。夫は何を伝えようとしているのか――? 頻発する怪異と凶事に怯えながらも、リーシーは夫の過去の秘密を探りはじめる。

予告編を見る限りだが、クオリティは高そう。
「リーシーの物語」は好きな小説だけにとても楽しみ。

| | コメント (0)

2021/05/15

ジョー・ヒルの短篇集「怪奇疾走」は2021年6月17日刊行予定

Fullthrottle

ジョー・ヒルの短篇集「Full Throttle」の翻訳「怪奇疾走」が2021年6月17日にハーパーコリンズ・ジャパンより刊行される模様。

「怪奇疾走」にはジョー・ヒルとスティーヴン・キング共著の「スロットル」「イン・ザ・トール・グラス」が収録されている。

「怪奇疾走」
著者:ジョー・ヒル、スティーヴン・キング
翻訳:白石朗、玉木亨、高山真由美、安野玲
出版社:ハーパーコリンズ・ジャパン
発売日:2021年6月17日

収録作品は、
「スロットル」(スティーヴン・キングと共著)
「Dark Carousel」
「Wolverton Station」
「By the Silver Water of Lake Champlain」
「Faun」
「Late Returns」
「All I Care About Is You」
「Thumbprint」
「The Devil on the Starcase」
「Twittering from the Circus of the Dead」
「Mums」
「イン・ザ・トール・グラス」(スティーヴン・キングと共著)
「解放」
の全13作品。

なお、「スロットル」("Throttle")はリチャード・マシスンのトリビュート・アンソロジー「ヒー・イズ・レジェンド」に、また「解放」("You are Released")は恐怖のフライト・アンソロジー「死んだら飛べる」に収録されています。

しかし、スティーヴン・キング業界的、モダンホラー業界的に最近のハーパーコリンズ・ジャパンはすごいですね。

 

 

| | コメント (0)

2021/04/25

6月発売の「クリープショー」(2019)のBlu-ray/DVD-BOXの附属冊子に風間賢二のコラムが!

Creepshows1
2021年6月2日にハピネットから発売される 「クリープショー シーズン1」 (2019)のBlu-ray/DVD-BOXに附属される冊子に風間賢二氏のスペシャルコラムが掲載される模様。(ただし、風間賢二氏のツイートによると4月9日時点で「クリープショー」を根底から紐解くスペシャルコラムの原稿は書かれていない模様)

「クリープショー シーズン1」(2019)
発売日:2021年6月2日
発売元:ハピネット
■原作:スティーヴン・キング、ジョージ・A・ロメロ、ジョー・ヒル
■製作総指揮:グレッグ・ニコテロ
■撮影監督:ロバート・ドレイバー
■音楽:クリストファー・ドレイク、タイラー・ベイツ、ティム・ウィリアムズ

■収録作品
「灰色のかたまり」
監督:グレッグ・ニコテロ 脚本:バイロン・ウィリンガー&フィリップ・デ・ブラシ
「首の家」
監督:ジョン・ハリソン 脚本ジョシュ・ マラーマン
「バッド・ウルフ・ダウン」
監督:ロブ・ シュラブ 脚本:ロブ・ シュラブ
「指」
監督:グレッグ・ニコテロ 脚本:デビッド・ チョウ
「ハロウィーンの夜」
監督:ジョン・ハリソン 脚本:ブルース・ジョーンズ
「スーツケースの男」
監督:デイブ・ブルックナー 脚本:クリストファー・ ビュールマン
「案山子」
監督:デイブ・ブルックナー 脚本:マット・ ヴェンヌ
「リディア・レインのパートナー」
監督:ロクサーヌ・ベンジャミン 脚本:ジョン・ハリソン
「手の夜」
監督:ジョン・ハリソン 脚本:ジョン・エスポジート
「マスキーホラーの暗黒時代」
監督:ジョン・ハリソン 脚本:ジョン・ スキップ &ドリ・ミラー
「スキンクローラーズ」
監督:ロクサーヌ・ベンジャミン 脚本:ポール・ディニ & スティーヴン・ラングフォー
「霧のシャンプレーン湖畔で」
監督:トム・ サヴィーニ 脚本:ジェイソン・ シアラメラ

2020年の「クリープショー」のアニメーション作品が収録されないのは残念ですね。

 

| | コメント (0)

2021/04/24

2021年5月にキングの短編収録の「短編画廊 絵から生まれた17の物語」が文庫化

スティーヴン・キングの短編小説「音楽室」が収録されているアンソロジー「短編画廊 絵から生まれた17の物語」が2021年5月に文庫化される模様。

「短編画廊 絵から生まれた17の物語」
出版社:ハーパーコリンズ・ ジャパン
発売日:2021年5月17日
収録作品:
「ガーリー・ショウ」ミーガン・アボット著/小林綾子訳
「キャロラインの話」ジル・D・ブロック著/大谷瑠璃子訳
「宵の蒼」ロバート・オレン・バトラー著/不二淑子訳
「その出来事の真実」リー・チャイルド著/小林宏明訳
「海辺の部屋」ニコラス・クリストファー著/大谷瑠璃子訳
「夜鷹 ナイトホークス」マイクル・コナリー著/古沢嘉通訳
「11月10日に発生した事件につきまして」ジェフリー・ディーヴァー著/池田真紀子訳
「アダムズ牧師とクジラ」クレイグ・ファーガソン著/不二淑子訳
「音楽室」スティーヴン・キング著/白石朗訳
「映写技師ヒーロー」ジョー・R・ランズデール著/鎌田三平訳
「牧師のコレクション」ゲイル・レヴィン著/中村ハルミ訳
「夜のオフィスで」ウォーレン・ムーア著/矢島真理訳
「午前11時に会いましょう」ジョイス・キャロル・オーツ著/門脇弘典訳
「1931年、静かなる光景」クリス・ネルスコット著/小林綾子訳
「窓ごしの劇場」ジョナサン・サントロファー著/矢島真理訳
「朝日に立つ女」ジャスティン・スコット著/中村ハルミ訳
「オートマットの秋」ローレンス・ブロック著/田口俊樹訳

ちなみに次のサイトでスティーヴン・キングの「音楽室」の一部が公開されている。

スティーヴン・キング「音楽室」で描く、背筋凍る“わけあり”夫婦の顛末/『短編画廊 絵から生まれた17の物語』①

| | コメント (0)

2021/04/16

風間賢二の「スティーヴン・キング論集成」は2021年5月12日発売

Photo_20210416204801
スティーヴン・キング研究の第一人者である風間賢二によるスティーヴン・キング論の集大成「スティーヴン・キング論集成 -アメリカの悪夢と超現実的光景-」は青土社より2021年5月12日に発売される模様。

「スティーヴン・キング論集成 -アメリカの悪夢と超現実的光景-」
著者:風間賢二
出版社:青土社
発売日:2021年5月12日
内容紹介:スティーヴン・キング研究の第一人者、風間賢二によるキング論の集大成!
「関心のあるパートから読んでいただいて一向にかまわないが、冒頭から順番に読み進めることで、キングの作家としての成長ぶりやテーマ、書法の変換過程が見えてくるような構成になっている。」アメリカン・ベストセラーを牽引し続けている作家の作品世界が浮き彫りに。キングをより深く理解したい人に送る、キング批評・作品論の決定版。

これは楽しみ。

 

「スティーヴン・キング論集成 -アメリカの悪夢と超現実的光景-」 の表紙に採用された写真家グレゴリー・クリュードソンの写真集「Twilight: Photographs by Gregory Crewdson」はこちら。

| | コメント (0)

2021/03/20

「アウトサイダー」は2021年3月25日発売開始

スティーヴン・キングの長編小説「アウトサイダー」2021年3月25日に文芸春秋社より出版される。

Outsider_20210320111301
「アウトサイダー(上・下)」
著者 スティーヴン・キング
訳者 白石朗
出版社 文芸春秋
発売日 2021年3月25日

惨殺事件の日、彼は旅行に出ていたはずだった。無実の男を陥れた〈アウトサイダー〉。悪意に満ちた「それ」を倒すことはできるのか。

11歳の少年の死体が発見された。目撃情報、状況証拠はフリント市の人気者であるテリー・メイトランドを指し示す。メイトランドはリトルリーグのコーチで英語の教師、そして良き夫であり2人の娘の父親だった

かつて自分の息子がメイトランドから野球の指導を受けていたラルフ・アンダーソン刑事はメイトランドを緊急逮捕する。捜査の過程でメイトランドには当日のアリバイがあることが判明したが、地方検事は指紋やDNAの証拠を追加する。身に覚えのない殺人事件の容疑者にされてしまったメイトランドの本当の姿は。

| | コメント (0)

2021/01/16

「ヒッチャー ニューマスター版」の予告編にスティーヴン・キングのコメントが

Hitcher
2021年1月8日公開の「ヒッチャー ニューマスター版」の予告編にスティーヴン・キングのコメントが採用されている。

曰く「原点回帰した恐ろしいロード・ムービーだ」(スティーヴン・キング)。

「ヒッチャー」(1986)
監督:ロバート・ハーモン
脚本:エリック・レッド
出演:C・トーマス・ハウエル、ルトガー・ハウアー、ジェニファー・ジェイソン・リー

あらすじ:シカゴからサンディエゴへの砂漠地帯。陸送の仕事をしていたジム・ハルジー(C・トーマス・ハウエル)は、ある嵐の夜に1人のヒッチハイカーを車に乗せる。しかし、ジョン・ライダー(ルトガー・ハウアー)と名乗るその男はハンドルを握るジムの喉にナイフを突きつけ「俺を止めてみろ」と脅し始める。ジョンは恐ろしい連続殺人鬼だったのだ。一瞬の隙を見て、何とか彼を車から突き落としたジムだったが、それは恐怖の始まりに過ぎなかった。何度でも執拗に襲いくるジョン・ライダー。警察や協力者でウェイトレスのナッシュ(ジェニファー・ジェイソン・リー)を巻き込んで事態は悪化していく・・・・。

なお、引用されたスティーヴン・キングのコメントの全文は次の通り。

"THE HITCHER" (1986)

“The Hitcher is a terrifying road movie stripped back to basics. What sets this apart, other than some spectacular stunts, is the amazing performance of Rutger Hauer as the mysterious and homicidal John Ryder. “Where did you come from?” asks the terrified kid Ryder is chasing. “Disneyland,” Ryder whispers back.”

因みにこのスティーヴン・キングのコメントは2017年に英国映画協会(The British Film Institute / BFI)が、スティーヴン・キングを、歴史上最も多く自作が映像化された作家として表彰した際、スティーヴン・キングはお気に入りのホラー作品5本を挙げ、その中の1本「ヒッチャー」に対するもの。

キングが挙げた5本はつぎの通り。
「悪魔の呪い」(1957)
「未知空間の恐怖/光る眼」(1960)
「チェンジリング」(1980)
「ヒッチャー」(1986)
「W/ダブル」(1986)

 

| | コメント (0)

2020/12/08

スティーヴン・キング絶賛の映画「ザ・スイッチ」は2021年1月に公開決定

Freaky01
スティーヴン・キングがTwitterで絶賛した映画
「ザ・スイッチ」が2021年1月に日本公開される模様。


映画『ザ・スイッチ』特報30秒

「ザ・スイッチ」
監督:クリストファー・ランドン
製作:ジェイソン・ブラム
出演:ヴィンス・ヴォーン、キャスリン・ニュートン、アラン・ラック、セレスト・オコナー、ミーシャ・オシェロヴィッチ

あらすじ:さえない毎日を送る地味な女子高生ミリー(キャスリン・ニュートン)は、指名手配中の連続殺人鬼ブッチャー(ヴィンス・ヴォーン)に襲われ鋭利な凶器で突き刺されてしまう。やがて彼女が意識を取り戻すと、なんと中年男のブッチャーと体が入れ替わっていた。24時間以内に入れ替わりを解かないと一生元の姿に戻れなくなるミリーは、自分の体を取り戻すため、女子高生姿で大量殺人を企てるブッチャーに立ち向かう。

「ザ・スイッチ」の原題は「Freaky」
しかも多くの国での公開日はなんと2020年11月13日(金)。

これはおそらくだが、ジョディ・フォスター主演の「フリーキー・フライデー」(1976)とそのリメイク作、ジェイミー・リー・カーティス、リンジー・ローハン出演の「フォーチュン・クッキー」(2003)、どちらも原題は「Freaky Friday」、へのオマージュだと思われるのだが、邦題はそれを知ってか知らずか「ザ・スイッチ」になってしまった。

Freakyfriday

個人的にはリンジー・ローハンとジェイミー・リー・カーティスが入れ替わるコメディ映画「フォーチュン・クッキー」が大好きな分、せっかくの「Freaky」と言うタイトルがなぜか「ザ・スイッチ」になってしまったのがちょっと残念だが、それは仕方がないかな。

Freaky02
さてこの「ザ・スイッチ」はスティーヴン・キングが絶賛していると言うことで、「ザ・スイッチ」のオフィシャル・サイトでもキングのコメント「クソ素晴らしい!」が引用されているが、キングの実際のツイートは次の通り。

お分かりだろうか。
このツイートは「ザ・スイッチ」の予告編について呟いているもので、おそらくキングは映画を観ていないと思われる。

それを「ザ・スイッチ」のプロモーションに使うとはなんと言う英断。なのかな。

| | コメント (0)

2020/12/06

スティーヴン・キング絶賛の映画「ビバリウム」は2021年3月に公開決定

スティーヴン・キングがTwitterで絶賛した映画「ビバリウム」が2021年3月に日本公開される模様。


Vivarium Official Trailer (2020) - Jesse Eisenberg, Imogen Poots

Vivarium 「ビバリウム」(2019)
監督:ロルカン・フィネガン
脚本:ギャレット・シャンリー
出演:ジェシー・アイゼンバーグ、イモージェン・プーツ、ジョナサン・アリス

あらすじ:新居を探すトム(ジェシー・アイゼンバーグ)とジェマ(イモージェン・プーツ)は、不動産屋から全く同じ家が並ぶ住宅地を紹介される。内見を終え帰ろうとすると、ついさっきまで一緒にいた不動産屋が見当たらない。不安に思ったふたりは、帰路につこうと車を走らせるが、どこまでいっても景色は一向に変わらない。ふたりはこの住宅地から抜け出せなくなってしまったのだ。そこへ送られてきたひとつの段ボール。中には誰の子かわからない産まれたばかりの赤ん坊が入っていた。

さて、この「ビバリウム」に対するスティーヴン・キングのツイートは次の通り。

ちなみに本作「ビバリウム」は第72回カンヌ国際映画祭の批評家週間でワールドプレミアされ、新たなクリエイター発掘を奨励しフランスでの長編映画配給のサポートを受けられるギャン・ファンデーション賞を受賞しました。

なお本作「ビバリウム」の原題「VIVARIUM」の意味は、

1 陸生・水生問わず、生物本来の生息環境を再現した飼育・展示用の容器。
2 自然動物園。生態動物園。広義には水族館・昆虫館なども含む。

これを考えると、スティーヴン・キングの「アンダー・ザ・ドーム」のコンセプトとの類似点を感じてしまう。

 

| | コメント (0)

2020/11/21

テレビシリーズ「クリープショー」(2019)が2020年12月よりhuluで日本独占配信決定

Master_art_creepshow1536x864

2020年11月20日にhuluが伝えるところによると、2019年に米動画配信サイトShudderで独占配信されたテレビシリーズ「CREEPSHOW/クリープショー」(2019)が、2020年12月24日(木)よりhuluで日本独占配信される模様。全12エピソード(全6話)。

年末年始のHuluプレミア ラインナップ 

スティーブン・キングとジョージ・A・ロメロ監督がタッグを組み、80年代に放った傑作オムニバス・ホラー映画『クリープショー』が、「ウォーキング・デッド」のグレッグ・ニコテロ製作総指揮によってドラマシリーズとして復活。原作にスティーブン・キングとその息子・ジョー・ヒル、監督にトム・サヴィーニらホラー作品の大御所が集結。さらに、オリジナル版映画に出演した女優エイドリアン・バーボーをはじめ、「ウォーキング・デッド」のケイリー・フレミング、『ソウ』シリーズのトビン・ベルなど、ホラーファン必見のキャストも多数出演しています。

Huluプレミア「CREEPSHOW/クリープショー」シーズン1(全6話)
12月24日(木)から独占配信スタート、以降毎週木曜に1話ずつ追加予定(字・吹)

今回huluで国内初配信が決定した「CREEPSHOW/クリープショー」(2019)は、2019年9月に米動画配信サイトShudderで配信が開始されたテレビシリーズ。全12エピソード。Sudderでは全12エピソードを2エピソードずつ全6話として配信された。huluでも同様に全12エピソードを全6話として配信される模様。

Creepshow (2019) - Official Trailer [HD] | A Shudder Original Series 

今回huluで配信が決定したエピソードは次の通り。

「Gray Matter」
「The House of the Head」
「Bad Wolf Down」
「The Finger」
「All Hallow's Eve」
「The Man in the Suitcase」 
「The Companion」
「Lydia Layne's Better Half」 
「Night of the Paw」
「Times Is Tough in Musky Holler」 
「Skincrawlers」
「By the Silver Water of Lake Champlain」

なお、先日のエントリー【スティーヴン・キングとジョー・ヒルの短篇がアニメ化される「The Creepshow Halloween Special」の予告編公開】及び【「生きのびるやつ」が10月配信の「The Creepshow Halloween Special」で映像化か】でお伝えした通り、2020年10月に「Creepshow」のシーズン2待遇として「The Creepshow Halloween Special」(2020)と言うスペシャル枠でスティーヴン・キングの短編「生きのびるやつ」とジョー・ヒルの短編Twittering from the Circus of the DeadShudderで配信されているが、この「The Creepshow Halloween Special」(2020)は今回のhuluの配信ラインナップには含まれていない。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

「Bazaar of Bad Dreams」 「'The Bazaar of Bad Dreams」 「11/22/63」 「1408」 「1922 星もなく深い闇」 「A Face in the Crowd」 「A Good Marriage」 「American Vampire」 「Ayana」 「Bad Little Kid」 「BLAZE」 「Blockade Billy」 「Doctor Sleep」 「Faithful」 「FULL DARK, NO STARS」 「Ghost Brothers of Darkland County」 「Guns」 「Herman Wouk is Still Alive」 「If it Bleeds」 「In the Tall Grass」 「Joyland」 「Just After Sunset」 「Later」 「Mile 81」 「Morality」 「Mr. Mercedes」 「Mute」 「N.」 「Obits」 「On Slide Inn Road」 「Premium Harmony」 「Revival」 「Road Rage」 「The Bazaar of Bad Dreams」 「THE GUNSLINGER BORN」 「The Institute」 「THE LONG ROAD HOME」 「The Outsider」 「The Road of Trials」 「The Secretary of Dreams」 「THE WIND THROUGH THE KEYHOLE」 「Throttle」 「Under the Dome」 「Ur」 「いかしたバンドのいる街で」 「おばあちゃん」 「しなやかな銃弾のバラード」 「わるい夢たちのバザール」 「アトランティスのこころ」 「イット」 「ウィラ」 「エアロバイク」 「キャッスルロック」 「キャッツ・アイ」 「キャリー」 「キングダム・ホスピタル」 「クリスティーン」 「クリープショー」 「クージョ」 「グリーン・マイル」 「コロラド・キッド」 「ゴースト」 「ゴールデンボーイ」 「ゴールデン・イヤーズ」 「サン・ドッグ」 「ザ・スタンド」 「ザ・チャイルド:悪魔の起源」 「シャイニング」 「シュッシュッポッポきかんしゃチャーリー」 「ショーシャンクの空に」 「シークレット・ウインドウ」 「ジェラルドのゲーム」 「ジョウント」 「ジンジャーブレッド・ガール」 「スタンド・バイ・ミー」 「スティーブン・キングの悪魔の嵐」 「スニーカー」 「スライサー」 「スリープウォーカーズ」 「セル」 「タリスマン」 「ダークタワー」 「ダークタワー」シリーズ 「ダーク・ハーフ」 「ディスコーディア」 「デスペレーション」 「デッド・ゾーン」 「トウモロコシ畑の子供たち」 「トミーノッカーズ」 「トム・ゴードンに恋した少女」 「トラックス」 「ドラゴンの眼」 「ドランのキャデラック」 「ドリームキャッチャー」 「ドロレス・クレイボーン」 「ナイトメアズ&ドリームスケープス」 「ナイト・フライヤー」 「ニードフル・シングス」 「ハイスクール・パニック」 「バトルランナー」 「バーチャル・ウォーズ」 「ビッグ・ドライバー」 「ビッグ・ドライヴァー」 「ファイアスターター」 「ファミリー・シークレット」 「ブラック・ハウス」 「ブルックリンの八月」 「ブロス/やつらはときどき帰ってくる」 「ヘイヴン」 「ヘッド・ダウン」 「ペット・セマタリー」 「ポプシー」 「マイル81」 「マングラー」 「マンハッタンの奇譚クラブ」 「マーティ」 「ミザリー」 「ミスター・メルセデス」 「ミスト」 「ミルクマン」 「メイプル・ストリートの家」 「ライディング・ザ・ブレット」 「ランゴリアーズ」 「リーシーの物語」 「レギュレイターズ」 「ローズ・マダー」 「ローズ・レッド」 「一四〇八号室」 「不眠症」 「丘の上の屋敷」 「争いが終るとき」 「人狼の四季」 「人間圧搾機」 「入り江」 「公平な取引」 「刑務所のリタ・ヘイワース」 「十時の人々」 「呪われた町」 「回想のビュイック8」 「図書館警察」 「地下室の悪夢」 「地獄のデビル・トラック」 「夏の雷鳴」 「夕暮れをすぎて」 「夜がはじまるとき」 「小説作法」 「幸運の25セント硬貨」 「彼らが残したもの」 「悪霊の島」 「悪魔の嵐」 「戦場」 「携帯ゾンビ」 「暗黒の塔」シリーズ 「最後の抵抗」 「死のロングウォーク」 「死の舞踏」 「死霊の牙」 「死霊伝説」 「深夜勤務」 「炎の少女チャーリー」 「生きのびるやつ」 「痩せゆく男」 「眠れる美女たち」 「神々のワードプロセッサ」 「禁煙挫折者救済有限会社」 「秘密の窓、秘密の庭」 「第四解剖室」 「素晴らしき結婚生活」 「自宅出産」 「芝刈り機の男」 「超高層ビルの恐怖」 「道路ウィルスは北に向かう」 「闇の展覧会 霧」 「雨期きたる」 「電話はどこから……?」 「霧」 「音楽室」 「骨の袋」 「骸骨乗組員」 「黙秘」 「8つの悪夢」 お買い物 はじめに・・・・ オーウェン・キング オーディオブック キャッスルロック キングが受けた影響 キングの影響 キング絶賛 ゲーム  コレクション ジョー・ヒル スティーヴン・キング スティーヴン・キング研究序説 タビサ・キング ダラー・ベイビー トリビア ポップ・オブ・キング リチャード・バックマン レッドソックス レビュー/アニメ レビュー/テレビムービー レビュー/小説 レビュー/映画 レビュー/舞台 ロック・ボトム・リメインダーズ 国内BD 国内DVD 国内アニメ 国内テレビ 国内ニュース 国内マンガ 国内出版物 展覧会 拾い物 映画 海外BD 海外DVD 海外テレビ 海外ニュース 海外出版物 舞台 関連書籍