カテゴリー「「コロラド・キッド」」の26件の投稿

2015/05/13

訃報:グレン・オービック

「コロラド・キッド」 2015年5月11日 ペーパーバックやコミックブックのイラストレーターで知られるグレン・オービックが亡くなった。

ON MAY 11, 2015, HARD CASE CRIME LOST A DEAR FRIEND: GLEN ORBIKHARD CASE CRIME

当ブログ「スティーヴン・キング研究序説 ココログ分室」では、グレン・オービックに関するエントリーを何度かアップしているので、おそらくはグレン・オービックの名前や作品をご存知の方も多いと思う。

画像は《ハード・ケース・クライム》から刊行されたスティーヴン・キングの「コロラド・キッド」

この《ハード・ケース・クライム》という叢書については新潮社(新潮文庫)から非売品のプレミア・ブックとして2006年に刊行された「コロラド・キッド」の巻末に収録されている吉野仁の解説が詳しい。

「コロラド・キッド」
著者:スティーヴン・キング
訳者:白石朗
解説:吉野仁
発行:新潮社(新潮文庫/非売品)
初版:平成18年6月1日

しかし「コロラド・キッド」自体、一般に流通している書籍ではないので、手にする機会が少ないと思う。折角なので「コロラド・キッド」の吉野仁の解説のうち、《ハード・ケース・クライム》に関する部分を引用する。

 《ハード・ケース・クライム》は、かつてアメリカで量産されたペイパーバックによる犯罪小説(ミステリー、ハードボイルド)を現代に蘇らせようという目的で2004年に創設された叢書なのだ。
 すでにこのシリーズの新作のうち2作が邦訳されている。うち1作のドメニック・スタンズベリーの「告白」(ハヤカワ・ミステリ文庫)はアメリカ探偵作家クラブ賞最優秀ペイパーバック賞を受賞した。
 そして、同賞の最優秀処女長編賞のノミネートには、もう1作、リチャード・エイリアス「愛しき女は死せり」(ハヤカワ・ミステリ文庫)が挙がっていた。なにを隠そう、このリチャード・エイリアスこそが、IT企業のCEO(最高経営責任者)にして、
《ハード・ケース・クライム》の創設者、本名チャールズ・アルダイなのだ。
(略)
 そしてもうひとつの大きな特徴としてカヴァーに当時活躍したイラストレイターの絵を採用したり、いかにもペイパーバック・オリジナル黄金時代の表紙絵を髣髴とさせるイラストを用いている。映画007のポスターイラストなどでも知られるロバート・マギニスなどはその筆頭といえる画家だ。

グレン・オービックはチャールズ・アルダイ(チャールズ・アーダイ)の下、《ハード・ケース・クライム》の表紙を担当する事になる。

また、吉野仁による解説で名前が出るロバート・マッギニスをチャールズ・アーダイに紹介したのもグレン・オービックなのである。

2014年にマール社から刊行されたロバート・マッギニスの画集「アート オブ ロバート・マッギニス」からそのあたりのエピソードを引用する。

 2004年、新旧のノワール小説を専門に扱うハード・ケイス・クライムと言うレーベルができ、その設立者のチャールズ・アーダイはレトロ調のカバーを求めていた。そこでイラストレーターのグレン・オービックにロバート・マッギニス風の絵が描ける人材を知らないかと尋ねたのだ。

 するとグレン・オービックは「だったら本人に当たってみたらどうだ」との返事。アーダイは御年78歳のマッギニスが現役だったことに衝撃を受ける。そして連絡が取られロバート・マッギニスがペーパーバックとともに送る幸せな晩年が始まった。

半ば引退していたロバート・マッギニスをイラストの世界に、特にロバート・マッギニスが得意としていた分野に連れ戻したきっかけはグレン・オービックだったのだ。

結果的に、グレン・オービックは半隠遁生活をおくっていたロバート・マッギニスにイラストレーターとしての新たな命を授け、自身は若くして亡くなってしまう。

グレン・オービックは長期にわたるガンとの闘病生活をおくっていたらしい。
《ハード・ケース・クライム》とロバート・マッギニスのことを考えると、何かしら運命的なものを感じてしまう。

なお、グレン・オービックが担当したスティーヴン・キング作品の挿画は《ハード・ケース・クライム》の「コロラド・キッド」「Joyland」「Blockade Billy」、そして「IT」の25周年記念限定版。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/11/15

人気SFドラマ「ヘイヴン」シーズン4の制作・放送決定

Haven | Syfy
2012年11月14日にTVグルーヴ・ドット・コムが伝えるところによると、スティーヴン・キングの「コロラド・キッド」を原案とするテレビシリーズ「ヘイヴン」シーズン4の制作が決定した模様。

人気SFドラマ「ヘイヴン」シーズン4の制作・放送決定

人気SFドラマ「ヘイヴン -謎が潜む町」のシーズン4が放送されることが明らかになった。

「ヘイヴン」はスティーヴン・キングの短編小説「コロラド・キッド」が原作。事件を追って小さな海辺の町ヘイヴンに来たFBI捜査官が、様々な超自然現象を目の当たりにするという物語である。シーズン3のプレミアはシリーズ最高となる280万人が視聴した。

本シリーズを放送している米Syfyは9日、「ヘイヴン -謎が潜む町」のシーズン4を放送することを正式に発表。全13話が制作されることを明かした。

Syfyは、「来年もオードリー・パーカーの物語が見られること、奇妙で気味の悪いヘイヴンの物語が続くことに、この上ない喜びを感じている」との声明を発表。

「シーズン3ではクリエイティブ、クリティカルな面で最頂点に達した。エミリー・ローズ、エリック・バルフォー、ルーカス・ブライアントが完璧に演じるカラフルなキャラクターたちを、才能のあるプロダクション・チームが新シーズンでどのようにリードするのか、とても楽しみだ」と期待を寄せた。

「ヘイヴン -謎が潜む町」のシーズン4は、2013年全米にて放送予定。

まあ日本国内での放送は未定だがヘイヴン -謎が潜む町シーズン3までは、ユニバーサル・チャンネルで放送されており、実は本日11月15日よりシーズン3の放送が始まっている。

「ヘイヴン-謎の潜む町- シーズン3」

なんと、シーズン3の第1話のサブタイトルは「コロラド・キッドの墓」だよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/01/07

『「ヘイヴン -謎の潜む町-」放送&DVD連動キャンペーン』

『「ヘイヴン -謎の潜む町-」放送&DVD連動キャンペーン』

スティーヴン・キング原案のテレビシリーズ「ヘイヴン -謎の潜む町-」の放送&DVDリリースの連動キャンペーンが行われている。

「ヘイヴン -謎の潜む町-」放送&DVD連動キャンペーン

このキャンペーンは、

ユニバーサル チャンネルでの最新シーズン放送、そして角川書店よりシーズン1のDVDリリースを記念して、IACEトラベルで行く「ヘイヴン」ロケ地の旅《世界遺産ルー年バーグ(カナダ)》やオリジナルグッズなどが当たる、

と言うクイズキャンペーン。

気になる商品は次の通り。

『「ヘイヴン -謎の潜む町-」放送&DVD連動キャンペーン』賞品 ■IACEトラベルで行く「ヘイヴン」ロケ地の旅《世界遺産ルー年バーグ(カナダ)》

■ハイビジョン液晶テレビ

■オリジナル ジャンパー

■シーズン1 DVD-BOX I

■オリジナル クロック

応募締切:2012年2月28日(火)

ところで「ヘイブン -謎の潜む町-」とは、2010年7月9日にアメリカのケーブルTV・Syfyチャンネルにてプレミア放送され、2010年の最高視聴率(18〜49歳、25〜54歳の視聴者層において)を記録したたテレビシリーズ。

同テレビシリーズの原案となっているスティーヴン・キングの「コロラド・キッド」は、日本国内では「ダーク・タワー」シリーズ冒頭の5冊の購入者に対し、抽選で1万名にプレゼントされた非売品で、現在まで何度となくオークションサイトで高値で取引されている小説。

現在では、ユニバーサル チャンネルにおいて、シーズン2が放送されており、2012年1月13日には、角川書店からシーズン1のDVD-BOX Iが、また2月3日にはシーズン1のDVD-BOX IIのリリースが予定されている。

関心がある方は、是非応募してみてはいかがだろうか。

その町には秘密が隠されている・・・

◆スティーヴン・キング原作の小説「コロラド・キッド」をベースにTVドラマ化!

◆注目キャスト:エミリー・ローズ HBO局のシリーズ「ジョン・フロム・シンシナティ(原題)」では“キャス”役、「ブラザーズ&シスターズ」ではレナ・ブラニガン役を演じた。 近年ではCBS局のヒットドラマ「ジェリコ」でジェニングスとラールの雇われ人トリシュ・メリック役を演じた。 2007年のプレイステーション3では声優にチャレンジ。長寿シリーズ「ER」の最終シリーズではドクター・トレイシー・マーティン役を演じ、2009年1月12日には「チャーリー・シーンのハーパーボーイズ」にもゲスト出演をはたしている。

◆アメリカSyfyにおける昨年最高の視聴率獲得! 2010年7月9日(金)アメリカSyfyにてプレミア放送。18-49歳、25-54歳の視聴者層ともにチャンネル昨年最高の視聴率を獲得した!

【ストーリー】 FBI捜査官オードリー・パーカー(エミリー・ローズ)はある事件の調査でメイン州の小さな田舎町ヘイヴンを訪れた。 どこにでもありそうな田舎町には、実は超自然現象を度重なり受けた人々の避難場所になっていた。 やがて“ヘイヴン”に隠されている多くの秘密が明らかになり、さらに、オードリー自身とこの町との結びつきも・・・。 スティーヴン・キング作品ならではの秘密が解き明かされていく過程と神秘的な人物設定などが刺激的に語りかけてくる。

【キャスト】 オードリー・パーカー: エミリー・ローズ、ネイサン・ウォーノス: ルーカス・ブライアント、デューク・クロッカー: エリック・バルフォー

【スタッフ】 製作総指揮: スコット・シェパード、ジョン・モレイニス、ノリーン・ハルペーン 他
企画: ジム・ダン、サム・アーンスト

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/11/29

「月刊アスキー.PC」に「ヘイヴン」のDVDが!?

「月刊アスキー.PC」2012年1月号 現在発売中の「月刊アスキー.PC」2012年1月号にスティーヴン・キングの「コロラド・キッド」を原作とするテレビシリーズ「ヘイヴン-謎の潜む町-」シーズン1第1話のDVDがついている模様。

「月刊アスキー.PC」2012年1月号

実際のところは、【別冊付録 パソコン インターネットの最新常識2012/付録DVD-ROM 辰年年賀状「厳選」素材】がメインで、そのDVDに「ヘイヴン」が収録されている訳。

それ以外にも、次の作品のプロモーション映像が収録されている。

海外人気ドラマ1話まるごと収録
「ヘイヴン」presented by 角川書店

DVDプロモーション集presented by 角川書店
「ウォーキング・デッド」
「シャーロック」
「CSI:科学捜査班10」
「レバレッジ」
「生存者たち」
「刑事ヴァランダー」
「ビーイング・エリカ」

「ウォーキング・デッド」のプロモーション映像も入ってるよ。 


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/10/19

「ヘイヴン」シーズン3制作決定!

2011年10月18日にTVグルーヴ・ドット・コムが伝えるところによると「ヘイヴン-謎の潜む町-」のシーズン3の制作が決定した模様。

人気SFドラマ「ヘイヴン」シーズン3制作決定

記録のため、全文を引用する。

人気海外ドラマ「ヘイヴン -謎の潜む町-」のシーズン3制作が決定した。

Varietyによると、放送局Syfyは、「ヘイヴン」について、新たに13話の制作を発注、2012年にシーズン3を放送する。

今年7~9月に放送された「ヘイヴン」シーズン2は、全体で平均255万人の視聴者数(放送後7日以内の録画視聴含む)を獲得。18~49歳で各話平均100万人近く、25~54歳では114万人の視聴者数を記録しており、なかなかの好成績を収めている。

スティーヴン・キングの短編小説「コロラド・キッド」を映像化した「ヘイヴン」は、事件を追って小さな海辺の町ヘイヴンに来たFBI捜査官が、様々な超自然現象を目の当たりにするという物語。

シーズン2では、テレビで放送するエピソードとTwitterのつぶやきをクロスオーバーさせながら物語を進行させるなど、意欲的な試みも行っている。

ニュース・ソースはここ。

Syfy renews 'Haven'

Syfy's supernatural drama "Haven" will return to the net for a third season in 2012.

The net has ordered a further 13 hourlong segs of the series, which is based on Stephen King's novella "The Colorado Kid" and set in a small Maine town filled with supernatural secrets.

The series averaged nearly 1 million 18- to 49-year-old viewers per episode during season two, with 1.14 million in the 25 to 54 demo and 2.55 million total viewers (including people who watched the show on DVR up to seven days after broadcast).

Q3 of 2011 was a remarkably good quarter for scripted series on Syfy: "Haven," "Alphas," "Warehouse 13" and "Eureka" (which heads into its final season next year on the NBCUniversal network) all broke the 2.5 million mark in total viewers. The high performance gave Syfy its most-watched Q3 in the cabler's 19-year history, with an 8% year-on-year boost in the 18-49 demo.

"Haven" is produced by Entertainment One, which controls worldwide distrib, and Big Motion Pictures in association with Piller/Segan/Shepherd. The show is co-commissioned by Canadian shingle Shaw Media and Universal Networks International.

なお、「ヘイヴン-謎の潜む町-」シーズン2は、2011年10月25日より、ユニバーサル・チャンネルで放送が開始される模様。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/11/17

「ヘイヴン -謎の潜む町-」と「コロラド・キッド」をめぐる冒険

ペイパーバック版「コロラド・キッド」のカバーアート 皆さん、ユニバーサル・チャンネルで絶賛放送中のテレビシリーズ「ヘイヴン -謎の潜む町-」を見てますか。

「ヘイヴン ー謎の潜む町ー」

鋭い洞察力と度胸を兼ね揃えた優秀なFBI捜査官オードリー・パーカー(エミリー・ローズ)は、ある事件の調査でメイン州の小さな町ヘイヴンを訪れる。

一見どこにでもありそうな小さな町に見えたが、実は度重なる超自然現象によって長年影響を受け続けた人々の避難場所であることにオードリーは気付く。

やがて町の人々の潜在能力が露になり、オードリーが状況の悪化を防ぐため人々を助ける中、ヘイヴンに隠された多くの秘密が解き明かされていく。
さらには、オードリー自身とこの奇妙な町が深く結びついている事実も明かされていく。

まるで「ツイン・ピークス」ミート「Xファイル」じゃないか。
「ヘイヴン」の最初の3話を見たわたしの感想である。

しかも、なんだか知らないが、わたしの知っている「コロラド・キッド」の物語と内容が全く違うぞ。

と言うのも、皆さんご承知のように、テレビシリーズ「ヘイヴン」は、スティーヴン・キングの「コロラド・キッド」を原作
とするテレビシリーズなのだ。

ところで、件の「コロラド・キッド」はどんな物語だったかと言うと、スティーヴィーおじさんも顔負けのお話好きの老新聞記者の2人組ヴィンスとデイヴが、インターンシップで新聞社ウィークリー・アイランダー社にやって来たオハイオ州立大学の女子大学院生ステファニーに、かつてこの町で起きた摩訶不思議な事件(コロラド・キッド事件)の調査結果を語る、と言う物語である。

そして、彼ら老新聞記者達にとっては、このコロラド・キッド事件は非常にプライベートの事件で、彼らの人生に非常に大きな足跡を印した事件なのだ。

そう、コロラド・キッド事件は本土からやってきたような新聞記者には決して教えられない種類の秘密の事件なのだ。

そんな「コロラド・キッド」の読後感としてはハリイ・ケメルマンの「九マイルは遠すぎる」とか、ロバート・グレイスミスの「ゾディアック」のような印象を受けるし、映画「瞳の奥の秘密」の登場人物が過去のある事件の影響を受ける設定とも似たような印象も受ける。

おそらく「コロラド・キッド」については、結末の付け方から賛否両論なのだと思うし、キング自身のあとがきにも、『本書「コロラド・キッド」がお気に召したか、あるいは腹立たしくてならなかったかにも左右されるが、(この作品に限っては、中間領域はないのではないかと作者は思っているし、それはそれでかまわない)、(後略)』と記されている。

余談だか、わたしは「コロラド・キッド」について肯定的な印象を持っている。
だって、面白いから。

なお「コロラド・キッド」の解釈については、巻末の吉野仁の解説がキングファンとして切歯扼腕する程素晴らしい。

同書「コロラド・キッド」はご存知のように、新潮文庫版「ダーク・タワー」シリーズの刊行を記念してプレゼントされた非売品なので、今から入手するのは困難だが、入手できる機会があれば、それを逃さずゲットして欲しいと思う。

「コロラド・キッド」本編は勿論、キング自身のあとがき、そして吉野仁の解説も必読の書籍に仕上がっている。

そんな中、わたしはテレビシリーズ「ヘイヴン」を見ている訳である。

そのうちレビューするよ。多分。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/10/18

「ヘイヴン-謎の潜む町-」本日放送開始!

「ヘイヴン-謎の潜む町-」
既に何度かお知らせしている、テレビシリーズ「ヘイヴン-謎の潜む町-」は、本日年10月18日より放送が開始される。お忘れないように。

なお、「ヘイヴン-謎の潜む町-」は、スティーヴン・キングの「コロラド・キッド」を原作としたテレビシリーズ。

「ヘイヴン-謎の潜む町-」
第一話:「エピソード0」
放送局:ユニバーサル・チャンネル
放送時間:10月18日 22:55~

原題:HAVEN

概要:
アメリカのサイファイ(Syfy)チャンネルで2010年7月9日に放送がスタートしたばかりの最新オリジナルシリーズ。
スティーヴン・キングの小説「コロラド・キッド」をベースにした物語。

鋭い洞察力と度胸を兼ね揃えた優秀なFBI捜査官オードリー・パーカー(エミリー・ローズ)はある事件の調査でメイン州の小さな町ヘイヴンを訪れる。
一 見どこにでもありそうな小さな町に見えたが、実は度重なる超自然現象によって長年影響を受け続けた人々の避難場所であることにオードリーは気付いた。やが て町の人々の潜在能力が露<あらわ>になり、オードリーが状況の悪化を防ぐため人々を助ける中、“ヘイヴン”に隠された多くの秘密が解き明かされていく。
さ らには、オードリー自身とこの奇妙な町が深く結びついている事実も明かされていく。オードリーのパートナーとなる町の警官ネイサン・ウォーノス(ルーカ ス・ブライアント)、神秘的で謎めく人物なデューク・クロッカー(エリック・バルフォー)などもストーリーに展開をもたらす。

「ヘイヴン」は E1プロダクションがアメリカのサイファイチャンネルと(カナダとスカンジナビア諸国を除く)世界各国のユニバーサル・ネットワークス・インターナショナ ル傘下の有料チャンネルに向けて製作。アメリカでのプレミアは2010年7月、日本を含む海外では2010年10月のプレミアを予定。


製作:
スコット・シェパード 「トゥルー・コーリング」「デッド・ゾーン」
ジョン・モレイニス 「ルーキーブルー~新米警官 奮闘記~」
ノリーン・ハルペーン 「ルーキーブルー~新米警官 奮闘記~」
ロイド・シーガン&ショーン・ピラー 「デッド・ゾーン」「グリーク」
サム・アーンスト&ジム・ダン 「デッド・ゾーン」

監督:
アダム・ケイン 「メンタリスト」「ヒーローズ」「プッシング・デイジー」ほか

キャスト:
エミリー・ローズ (FBI捜査官 オードリー・パーカー)「ジェリコ」「ブラザーズ&シスターズ」
ルーカス・ブライアント (警官ネイサン・ウォーノス)「ドールハウス」
エリック・バルフォー (デューク・クロッカー)「24」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/09/30

ユニバーサルチャンネルの「ヘイヴン」オフィシャル・サイト公開! 

20100930
ユニバーサルチャンネルで2010年10月18日から放送される「ヘイヴン-謎の潜む町-」のユニバーサルチャンネルのサイト内のオフィシャル・サイトが出来てました。

「ヘイヴン-謎の潜む町-」
原題:HAVEN

概要:
アメリカのサイファイ(Syfy)チャンネルで2010年7月9日に放送がスタートしたばかりの最新オリジナルシリーズ。
スティーヴン・キングの小説「コロラド・キッド」をベースにした物語。

鋭い洞察力と度胸を兼ね揃えた優秀なFBI捜査官オードリー・パーカー(エミリー・ローズ)はある事件の調査でメイン州の小さな町ヘイヴンを訪れる。
一見どこにでもありそうな小さな町に見えたが、実は度重なる超自然現象によって長年影響を受け続けた人々の避難場所であることにオードリーは気付いた。やがて町の人々の潜在能力が露<あらわ>になり、オードリーが状況の悪化を防ぐため人々を助ける中、“ヘイヴン”に隠された多くの秘密が解き明かされていく。
さらには、オードリー自身とこの奇妙な町が深く結びついている事実も明かされていく。オードリーのパートナーとなる町の警官ネイサン・ウォーノス(ルーカス・ブライアント)、神秘的で謎めく人物なデューク・クロッカー(エリック・バルフォー)などもストーリーに展開をもたらす。

「ヘイヴン」はE1プロダクションがアメリカのサイファイチャンネルと(カナダとスカンジナビア諸国を除く)世界各国のユニバーサル・ネットワークス・インターナショナル傘下の有料チャンネルに向けて製作。アメリカでのプレミアは2010年7月、日本を含む海外では2010年10月のプレミアを予定。


製作:
スコット・シェパード 「トゥルー・コーリング」「デッド・ゾーン」
ジョン・モレイニス 「ルーキーブルー~新米警官 奮闘記~」
ノリーン・ハルペーン 「ルーキーブルー~新米警官 奮闘記~」
ロイド・シーガン&ショーン・ピラー 「デッド・ゾーン」「グリーク」
サム・アーンスト&ジム・ダン 「デッド・ゾーン」

監督:
アダム・ケイン 「メンタリスト」「ヒーローズ」「プッシング・デイジー」ほか

キャスト:
エミリー・ローズ (FBI捜査官 オードリー・パーカー)「ジェリコ」「ブラザーズ&シスターズ」
ルーカス・ブライアント (警官ネイサン・ウォーノス)「ドールハウス」
エリック・バルフォー (デューク・クロッカー)「24」

余談ですけど、今ユニバーサルチャンネルを見ていると「ヘイヴン」の予告編がばかばかかかってますよ。

更に余談だけど、本作「ヘイヴン」のロケ地は、カナダノバスコシア州の港町ルーネンバーグ。因みにココ、「黙秘」の撮影も行われました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/09/15

「ヘイヴン」日本国内放送は10月18日から!?

2010年9月9日にTVグルーヴ・ドット・コムが伝えるところによると、スティーヴン・キングの「コロラド・キッド」を原作とするテレビシリーズ「ヘイヴン」だが、日本国内では10月18日から放送がスタートする模様。

なお、放送タイトルは「ヘイヴン -謎の潜む町-」に決定した模様。

ユニバーサル チャンネル 10月「ヘイヴン」「ホテル・バビロン 3」他

記録のため、該当部分を引用する。

■ヘイヴン -謎の潜む町-

10月18日(月)22:55 放送スタート
毎週月曜放送 <再放送・・・火曜10:30、17:30ほか予定>

全13話、日本語字幕版 日本初放送

スティーヴン・キングの小説「コロラド・キッド」をベースにした物語。鋭い洞察力と度胸を兼ね揃えた優秀なFBI捜査官オードリー・パーカー(エミリー・ローズ)は、ある事件の調査でメイン州の小さな町ヘイヴンを訪れる。一見どこにでもありそうな小さな町に見えたが、実は度重なる超自然現象によって長年影響を受け続けた人々の避難場所であることにオードリーは気付く。やがて町の人々の潜在能力が露<あらわ>になり、オードリーが状況の悪化を防ぐため人々を助ける中、“ヘイヴン”に隠された多くの秘密が解き明かされていく。日本初放送。

9月14日の続報は次の通り。

ヘイヴン -謎の潜む町-

記録のため、全文を引用する。

■番組紹介

アメリカ サイファイ(Syfy)チャンネルで2010年7月9日(金)放送スタートしたばかりの最新オリジナルシリーズ。スティーヴン・キングの小説「コロラド・キッド」をベースにした物語。

鋭い洞察力と度胸を兼ね揃えた優秀なFBI捜査官オードリー・パーカー(エミリー・ローズ)は、ある事件の調査でメイン州の小さな町ヘイヴンを訪れる。一見どこにでもありそうな小さな町に見えたが、実は度重なる超自然現象によって長年影響を受け続けた人々の避難場所であることにオードリーは気付く。やがて町の人々の潜在能力が露<あらわ>になり、オードリーが状況の悪化を防ぐため人々を助ける中、“ヘイヴン”に隠された多くの秘密が解き明かされていく。さらには、オードリー自身とこの奇妙な町が深く結びついている事実も明かされていく。

オードリーのパートナーとなる町の警官ネイサン・ウォーノス(ルーカス・ブライアント)、神秘的で謎めく人物なデューク・クロッカー(エリック・バルフォー)などもストーリーに展開をもたらす。

「ヘイヴン」はE1プロダクションがアメリカのサイファイチャンネルと(カナダとスカンジナビア諸国を除く)世界各国のユニバーサル・ネットワークス・インターナショナル傘下の有料チャンネルに向けて製作。アメリカでのプレミアは2010年7月、日本を含む海外では2010年10月のプレミアを予定。


■解説

この作品の注目のキャストは、FBI捜査官オードリー・パーカー演じるエミリー・ローズだ。

エミリーは、1981年アメリカワシントン州レントン生まれ。1999年にケントビュー・クリスチャン高校(現:レイニア・クリスチャン高校)を卒業し、UCLAの演劇科修士号を取得。また、南カリフォルニアヴァンガード大学で演劇科学位を取得。

HBO局のシリーズ「ジョン・フロム・シンシナティ(原題)」では“キャス”役、「ブラザーズ&シスターズ」ではレナ・ブラニガン役を演じた。近年ではCBS局のヒットドラマ「ジェリコ」でジェニングスとラールの雇われ人トリシュ・メリック役を演じた。

2007年には声優にチャレンジ(プレイステーション3“アンチャーテッド:ドレイクのフォーチューンの主要女性キャラクターであるエレナ・フィッシャーを演じた)。長寿シリーズ「ER」の最終シリーズではドクター・トレイシー・マーティン役を演じ、2009年1月12日には「チャーリー・シーンのハーパーボーイズ」にもゲスト出演を果たしている。


■スタッフ&キャスト

製作:
スコット・シェパード「トゥルー・コーリング」「デッド・ゾーン」
ジョン・モレイニス「ルーキーブルー~新米警官 奮闘記~」
ノリーン・ハルペーン「ルーキーブルー~新米警官 奮闘記~」
ロイド・シーガン&ショーン・ピラー「デッド・ゾーン」「グリーク」
サム・アーンスト&ジム・ダン「デッド・ゾーン」

監督:
アダム・ケイン「メンタリスト」「ヒーローズ」「プッシング・デイジー」ほか

キャスト:
エミリー・ローズ(FBI捜査官 オードリー・パーカー)「ジェリコ」「ブラザーズ&シスターズ」
ルーカス・ブライアント(警官ネイサン・ウォーノス)「ドールハウス」
エリック・バルフォー(デューク・クロッカー)「24」

(c) 2010 Haven Television Productions Inc. and Haven Productions (N.S.) Inc. All rights reserved.

(情報提供:ユニバーサル チャンネル)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/07/20

「ヘイヴン」からポストカードが!?

Havenpc0 2010年7月9日にに米SyFyチャンネルで放送が開始されたスティーヴン・キング原作のテレピシリーズ「ヘイヴン」の舞台であるヘイヴンと言う街からポストカードが送れるサービスが米SyFyチャンネルのサイトではじまりました。

なお、テレビシリーズ「ヘイヴン」は、スティーヴン・キングの小説「コロラド・キッド」を原作にしています。

因みに「コロラド・キッド」の翻訳は、2006年に「暗黒の塔(ダーク・タワー)」シリーズのうち、「ガンスリンガー」「運命の三人(上)」「運 命の三人(下)」「荒地(上)」「荒地(下)」の計5冊を購入し、帯についている応募マークを5枚集めて応募すると、抽選で10,000名にプレゼントされました。

「ヘイヴン」ポストカード・サービス

「ヘイヴン」ポストカード
因みに、こんなポストカードが届きます。

なお、「ヘイヴン」は日本国内ではユニバーサル・チャンネルで放送決定。
放送時期は不詳。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

「11/22/63」 | 「1408」 | 「1922 星もなく深い闇」 | 「A Face in the Crowd」 | 「A Good Marriage」 | 「American Vampire」 | 「Ayana」 | 「Bad Little Kid」 | 「BLAZE」 | 「Blockade Billy」 | 「Doctor Sleep」 | 「Faithful」 | 「FULL DARK, NO STARS」 | 「Ghost Brothers of Darkland County」 | 「Guns」 | 「Herman Wouk is Still Alive」 | 「In the Tall Grass」 | 「Joyland」 | 「Just After Sunset」 | 「Mile 81」 | 「Morality」 | 「Mr. Mercedes」 | 「Mute」 | 「N.」 | 「Premium Harmony」 | 「Revival」 | 「Road Rage」 | 「The Bazaar of Bad Dreams」 | 「THE GUNSLINGER BORN」 | 「THE LONG ROAD HOME」 | 「The Road of Trials」 | 「The Secretary of Dreams」 | 「THE WIND THROUGH THE KEYHOLE」 | 「Throttle」 | 「Under the Dome」 | 「Ur」 | 「いかしたバンドのいる街で」 | 「おばあちゃん」 | 「しなやかな銃弾のバラード」 | 「アトランティスのこころ」 | 「イット」 | 「ウィラ」 | 「エアロバイク」 | 「キャッツ・アイ」 | 「キャリー」 | 「キングダム・ホスピタル」 | 「クリスティーン」 | 「クリープショー」 | 「クージョ」 | 「グリーン・マイル」 | 「コロラド・キッド」 | 「ゴースト」 | 「ゴールデンボーイ」 | 「ゴールデン・イヤーズ」 | 「サン・ドッグ」 | 「ザ・スタンド」 | 「ザ・チャイルド:悪魔の起源」 | 「シャイニング」 | 「ショーシャンクの空に」 | 「シークレット・ウインドウ」 | 「ジェラルドのゲーム」 | 「ジョウント」 | 「ジンジャーブレッド・ガール」 | 「スタンド・バイ・ミー」 | 「スティーブン・キングの悪魔の嵐」 | 「スニーカー」 | 「スライサー」 | 「スリープウォーカーズ」 | 「セル」 | 「タリスマン」 | 「ダーク・ハーフ」 | 「ディスコーディア」 | 「デスペレーション」 | 「デッド・ゾーン」 | 「トウモロコシ畑の子供たち」 | 「トミーノッカーズ」 | 「トム・ゴードンに恋した少女」 | 「トラックス」 | 「ドラゴンの眼」 | 「ドランのキャデラック」 | 「ドリームキャッチャー」 | 「ドロレス・クレイボーン」 | 「ナイトメアズ&ドリームスケープス」 | 「ナイト・フライヤー」 | 「ニードフル・シングス」 | 「ハイスクール・パニック」 | 「バトルランナー」 | 「バーチャル・ウォーズ」 | 「ビッグ・ドライバー」 | 「ビッグ・ドライヴァー」 | 「ファイアスターター」 | 「ブラック・ハウス」 | 「ブルックリンの八月」 | 「ブロス/やつらはときどき帰ってくる」 | 「ヘイヴン」 | 「ヘッド・ダウン」 | 「ペット・セマタリー」 | 「ポプシー」 | 「マングラー」 | 「マンハッタンの奇譚クラブ」 | 「マーティ」 | 「ミザリー」 | 「ミスト」 | 「ミルクマン」 | 「メイプル・ストリートの家」 | 「ライディング・ザ・ブレット」 | 「ランゴリアーズ」 | 「リーシーの物語」 | 「レギュレイターズ」 | 「ローズ・マダー」 | 「ローズ・レッド」 | 「一四〇八号室」 | 「不眠症」 | 「丘の上の屋敷」 | 「争いが終るとき」 | 「人狼の四季」 | 「人間圧搾機」 | 「入り江」 | 「公平な取引」 | 「刑務所のリタ・ヘイワース」 | 「十時の人々」 | 「呪われた町」 | 「回想のビュイック8」 | 「図書館警察」 | 「地下室の悪夢」 | 「地獄のデビル・トラック」 | 「夕暮れをすぎて」 | 「夜がはじまるとき」 | 「小説作法」 | 「幸運の25セント硬貨」 | 「彼らが残したもの」 | 「悪霊の島」 | 「悪魔の嵐」 | 「戦場」 | 「携帯ゾンビ」 | 「暗黒の塔」シリーズ | 「最後の抵抗」 | 「死のロングウォーク」 | 「死の舞踏」 | 「死霊の牙」 | 「死霊伝説」 | 「深夜勤務」 | 「炎の少女チャーリー」 | 「痩せゆく男」 | 「神々のワードプロセッサ」 | 「禁煙挫折者救済有限会社」 | 「秘密の窓、秘密の庭」 | 「第四解剖室」 | 「自宅出産」 | 「芝刈り機の男」 | 「超高層ビルの恐怖」 | 「道路ウィルスは北に向かう」 | 「闇の展覧会 霧」 | 「雨期きたる」 | 「電話はどこから……?」 | 「霧」 | 「骨の袋」 | 「骸骨乗組員」 | 「黙秘」 | 「8つの悪夢」 | お買い物 | はじめに・・・・ | オーウェン・キング | オーディオブック | キャッスルロック | キングが受けた影響 | キングの影響 | キング絶賛 | ゲーム  | コレクション | ジョー・ヒル | スティーヴン・キング | スティーヴン・キング研究序説 | タビサ・キング | トリビア | ポップ・オブ・キング | リチャード・バックマン | レッドソックス | レビュー/アニメ | レビュー/テレビムービー | レビュー/小説 | レビュー/映画 | レビュー/舞台 | ロック・ボトム・リメインダーズ | 国内BD | 国内DVD | 国内アニメ | 国内テレビ | 国内ニュース | 国内マンガ | 国内出版物 | 展覧会 | 拾い物 | 映画 | 海外BD | 海外DVD | 海外テレビ | 海外ニュース | 海外出版物 | 舞台 | | 関連書籍