カテゴリー「ポップ・オブ・キング」の31件の投稿

2011/12/09

キングが選ぶ2011年トップ20

「Stephen King: My Top 20 of 2011」
2011年12月8日 スティーヴン・キングはEW.com「Stephen King: My Top 20 of 2011」を発表した。

スティーヴン・キングは例年、映画トップ10、テレビムービートップ10等、ジャンル毎のトップ10を発表しているのだが、今年は映画、テレビムービー、音楽、小説を全て合わせたトップ20を発表している。

Stephen King: My Top 20 of 2011

それでは、気になる順位を紹介しよう。

先ずは原題を・・・・

1.Breaking Bad, AMC
2.Margin Call
3.How Do You Do, Mayer Hawthorne
4.Sons of Anarchy, FX
5.Skippy Dies, Paul Murray
6.Sky Full of Holes, Fountains of Wayne
7.The Debt
8.Ready for Confetti, Robert Earl Keen
9.Talk Talk, T.C. Boyle
10.Crossers, Philip Caputo
11.Revenge, ABC
12.The ­Accident, Linwood Barclay
13.The Tree of Life
14.The Lincoln Lawyer
15.''Get that snitch,'' Mikis Michaelides
16.The White Devil, Justin Evans
17.Final Destination 5
18.The Hour, BBC America
19.The Walking Dead, AMC
20.''Rumour Has It,'' Adele

ついでに、邦題があるものは邦題を・・・・

1.「ブレイキング・バッド」, テレビシリーズ
2.「マージン・コール」, 映画
3.「ハウ・ドゥ・ユー・ドゥ」, メイヤー・ホーソーン , 音楽
4.Sons of Anarchy, テレビシリーズ
5.Skippy Dies, Paul Murray , 小説
6.「スカイ・フル・オブ・ホールズ」, ファウンテインズ・オブ・ウェイン , 音楽
7.The Debt , 映画
8.Ready for Confetti, ロバート・アール・キーン , 音楽
9.Talk Talk, T.C. Boyle , 小説
10.Crossers, Philip Caputo , 小説
11.Revenge, テレビシリーズ
12.The ­Accident, リンウッド・バークレイ , 小説
13.「ツリー・オブ・ライフ」 , 映画
14.The Lincoln Lawyer , 映画
15.''Get that snitch,'' Mikis Michaelides , 音楽
16.The White Devil, Justin Evans , 小説
17.「ファイナル・デッドブリッジ」 , 映画
18.The Hour, テレビシリーズ
19.「ウォーキング・デッド」, テレビシリーズ
20.「ルーモア・ハズ・イット」 , アデル , 音楽

いかがだろう。
関心がある作品があったかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/05/31

米雑誌「Entertainment Weekly」#1157-1158にキングの記事が!?

「Entertainment Weekly」#1157-1158号 米雑誌「Entertainment Weekly」2011年6月3日発売の#1157-1158号にスティーヴン・キングの記事が掲載される模様。

「A READING LIST from STEPHEN KING」

記事の内容はよくわからないのだが、おそらく、キングがこの夏オススメする小説の記事だと思われる。

因みに、つい最近、スティーヴン・キングが夏に読むべき、Little, Brown and Companyの小説を4冊紹介しているので、もしかしたら、それを含んだ記事になっているのかも知れない。

因みに、LBの4冊とは次の通り。

"THE FIFTH WITNESS" マイクル・コナリー著

"THE CYPRESS HOUSE" マイクル・コリータ著


"CASE HISTORIES" ケイト・アトキンソン著

"THE TERROR OF LIVING" アーバン・ウェイト著

どうでしょう。
翻訳の状況はどうなっているんでしょうかね。
ちょっと気になりますよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/12/30

スティーヴン・キングが選ぶ2010年小説ベスト10

2010年12月24日 EW.comでスティーヴン・キングが選ぶ2010年小説ベスト10が公開された。

Stephen King: 10 Best Books I Read in 2010

気になる順位は次の通り。

1.「Infinite Jest」デイヴィッド・フォスター・ウォーレス
2.「Freedom」ジョナサン・フランゼン
3.「I’d Know You Anywhere」ローラ・リップマン
4.「Savages」ドン・ウィンズロウ
5.「Last Night in Twisted River」ジョン・アーヴィング
6.「Matterhorn」Karl Marlantes
7.「Blood's A Rover」ジェイムズ・エルロイ
8.「Swamplandia!」カレン・ラッセル
9.「The Help」Kathryn Stockett
10.「卵をめぐる祖父の戦争」デイヴィッド・ベニオフ

どうやら、翻訳はあんまり出ていないようですね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010/12/13

Stephen King: My Top 10 TV Shows of 2010

先日、スティーヴン・キングが選ぶ2010年映画ベスト10を「スティーヴン・キング選定2010年映画ベストテン発表」でお知らせしたが、今日はまたまた恒例になっているテレビムービーベスト10をお知らせしたいと思う。
因みにニュースソースは例によってEW.com

Stephen King: My Top 10 TV Shows of 2010

さて、気になるベスト10は次の通り。

1位 「FRIDAY NIGHT LIGHTS」
2位 「ウォーキング・デッド」
3位 「ブレイキング・バッド」
4位 「THE EVENT」
5位 「ダメージ」
6位 「デクスター 〜警察官は殺人鬼」
7位 「SONS OF ANARCHY」
8位 「スポンジ・ボブ」
9位 「BOARDWALK EMPIRE」
10位 「MORNING JOE」

いかがですか。
見てみたい作品はありますか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/11/26

スティーヴン・キング選定2010年映画ベストテン発表

「Let Me In」ポスター 既に日本国内のメディアも報じているので、ご承知だと思うが、年末恒例のスティーヴン・キングが選ぶ2010年映画ベストテンが発表された。

Stephen King’s Top 10 Films of 2010
/Film

スティーヴン・キング選定2010年映画ベストテン発表
allcinema

記録のためallcinemaの記事の全文を引用する。

毎回ユニークなセレクトで大きな注目を集めるスティーヴン・キングの今年の映画年間ベストテンが発表された。1位には、スウェーデン映画「ぼくのエリ 200歳の少女」「クローバーフィールド/HAKAISHA」のマット・リーヴス監督がハリウッド・リメイクした「Let Me In」が選ばれた。2位には監督デビュー作「ゴーン・ベイビー・ゴーン」も2007年に2位と高評価していたベン・アフレック監督第2弾「ザ・タウン」、3位、4位には話題作「インセプション」「ソーシャル・ネットワーク」が続いた。5位の「Takers」はマット・ディロン、ヘイデン・クリステンセン、ポール・ウォーカー、クリス・ブラウンら豪華キャストで描くクライム・アクション。8位の「Monsters」は、NASAが宇宙から持ち帰った生命体サンプルがメキシコで拡散し、大規模な“汚染ゾーン”の封鎖が行われてから6年後を舞台に描く、「第9地区」に続く新たな低予算SFの話題作。

1位 「Let Me In」
2位 「ザ・タウン」
3位 「インセプション」
4位 「ソーシャル・ネットワーク」
5位 「Takers」
6位 「キック・アス」
7位 「スプライス」
8位 「Monsters」
9位 「Jackass 3D」
10位 「グリーン・ゾーン」

2009年ベスト10 
2008年ベスト10 
2007年ベスト10 
2006年ベスト10
 

「キック・アス」ポスター 余談だけど、キングが第1位に選出した、ハリウッドリメイク版の「Let Me In」のヒロイン役を演じているのは、第6位「キック・アス」でヒット・ガールを演じたクロエ・グレース・モレッツ!

「キック・アス」は、2010年12月18日に日本公開されるので、是非劇場へ。

わたしは、9月16日に「第3回したまちコメディ映画祭in台東」「キック・アス」にノックアウトされ、北米版のBDを購入しました。

因みに、「Let Me In」のオリジナル版「ぼくのエリ 200歳の少女」とその原作「モールス」も実はスティーヴン・キングの影響を受けている。

映画「ぼくのエリ 200歳の少女」を観て、その直後に原作「モーリス」を読んで、どの辺りがキングの影響を受けているのか、と言うエントリーを書こうと思っていたのですが、そのままになってしまっています。映画も原作も傑作だよ。

機会があれば書きたいと思ってますが・・・・。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/01/29

"The last of the great post-WWII American writers"

2010年1月27日に亡くなったJ・D・サリンジャーに対するスティーヴン・キングの追悼分がEW.comで公開されている。

Stephen King on J.D. Salinger: "The last of the great post-WWII American writers"

短い文章なので、記録のため、全文を引用する。

J・D・サリンジャー I wasn’t a huge Salinger fan, but I’m sorry to hear of his passing — the way you’d feel if you heard an eccentric, short-tempered, but often fascinating uncle had passed away. Not as great a loss as Beverly Jensen (her marvelous The Sisters from Hardscrabble Bay will be published this summer), who wrote only one book before dying of cancer at the age of 49, or of Raymond Carver, who was barely into his 50s; Salinger was, after all, in his 90s.

But it is a milestone of sorts, because Salinger was the last of the great post-WWII American writers, and in Holden Caulfield — maybe the greatest American-boy narrator since Huck Finn — he created an authentic Voice of the Age: funny, anxious, at odds with himself, and badly lost.

Salinger’s death may answer one question that has intrigued readers, writers, and critics for nearly half a century — what literary trove of unpublished work may he have left behind? Much? Some? Or none? Salinger is gone, but if we’re lucky, he may have more to say, even so.

スティーヴン・キングは自身の「骨の袋」で、主人公のマイク・ヌーナンのライターズ・ブロックと彼の言葉を借りて、サリンジャーの未発表原稿について触れ、また2002年のキング引退説の際にキングは「J・D・サリンジャーのように、書き上げた作品を貸金庫に預けておく」と語ったと言われている。

これは、1974年に行われたニューヨーク・タイムズ紙のサリンジャーへの電話インタビューの中でサリンジャーが語った「作品を出版しないでいれば平和な日々だ。私は書くことが好きで、今も自分の喜びのために書いている」を受けていると思われる。

「ニューヨーカー」1946-12-21号 なお、サリンジャーのキャリアの初期にニューヨーカー誌で発表された短篇が現在公開されている。要ログイン。

Postscript: J. D. Salinger

公開されているのは次の作品。(ニューヨーカー掲載日)

「マディソン街のはずれの小さな反抗」“Slight Rebellion Off Madison”
(December 21, 1946)

「バナナフィッシュに最適の日」“A Perfect Day for Bananafish”
(January 31, 1948)

「コネチカットのグラグラカカ父さん」“Uncle Wiggly in Connecticut”
(March 20, 1948)

「エスキモーとの戦争の直前に」“Just Before the War with the Eskimos”
(June 5, 1948)

「笑い男」“The Laughing Man”
(March 19, 1949)

「エズミに捧ぐ 愛と汚辱のうちに」“For Esmé—With Love and Squalor”
(April 8, 1950)

「愛らしい口もと、わが眼は緑」“Pretty Mouth and Green My Eyes”
(July 14, 1951)

「テディー」“Teddy”
(January 31, 1953)

「フラニー」“Franny”
(January 29, 1955)

「大工よ、屋根の梁を高く上げよ」“Raise High the Roof Beam, Carpenters”
(November 19, 1955)

「ズーイー」“Zooey”
(May 4, 1957)

「シーモア序章」“Seymour: An Introduction”
(June 6, 1959)

ハプワース16,1924」“Hapworth 16, 1924” (June 19, 1965)

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2010/01/03

Stephen King: Top 10 films of '09

2010/01/01 例によってEW.comで、スティーヴン・キングが選んだ映画ベストテン2009が発表された。

Stephen King: Top 10 films of '09

10. "2012" 「2012」(2009/11/21日本公開)
No filmgoing diet is complete without some cheese, and this throwback to the great disaster movies of the '70s ("Earthquake", "The Towering Inferno") amply filled the bill. It's staffed by solid actors having fun, and stuffed with eye-popping special effects — you got a problem with that?

9. "FANTASTIC MR. FOX"
A screwball comedy that just happens to be animated. More for adults than for children, actually, but when Mr. Fox (George Clooney) and his devoted missus (Meryl Streep) put aside their sophisticated banter long enough to gobble their dinner — in about four seconds — both the kids and the grown-ups in my audience screamed with delighted laughter.

8. "THE TAKING OF PELHAM 1 2 3" 「サブウェイ123 激突」(2009/09/04日本公開)
Director Tony Scott's most lucid and suspenseful movie. Denzel Washington is terrific in the part originated by Walter Matthau, but the real pleasure here is watching John Travolta's balls-to-the-wall star turn as the villainous Ryder (called Mr. Blue and played by Robert Shaw in the 1974 version). This makes Public Enemies look pretty tame.

7. "LAW ABIDING CITIZEN"
The outraged husband and father decides to punish the baddies himself when the wimpish legal system won't: Yeah, yeah, we've seen it all before, but this version's script is wound tight and clever enough to draw blood. All of which would mean little if not for the standout performances by Gerard Butler and Jamie Foxx, who turns prosecutor Nick Rice into a morally ambiguous antihero.

6. "DISTRICT 9" 「第9地区」(2010/04公開予定)
This quasi (not to mention queasy) documentary sci-fi pic is a clever parable about the price of racial prejudice, but what really struck me about it was how the special effects served the story, rather than the other way around. If "2012" is good cheese, then "District 9" is a fine wine.

5. "THE READER" 「愛を読むひと」(2009/06/19日本公開)
I know, it was released in 2008, but my lists go from December to December, and it would be criminal to leave out this wrenching exploration of guilt and atonement. Kate Winslet's Hanna Schmitz was the best performance I saw all year.

4. "DISGRACE"
John Malkovich shines as an arrogant Cape Town professor who exiles himself to his daughter's farm rather than apologize for his sexual excesses with a student. He is forced to reevaluate his behavior after his daughter is raped. The scenery is gorgeous, and the story — sorrowful but never sentimental — is hypnotic.

3. "THE ROAD"
Cormac McCarthy's novel of the apocalypse comes to the screen with all its spare and deadly beauty intact. It's often painful to watch (at my screening I actually heard the projectionist sobbing as the film neared its end), but Viggo Mortensen's performance as the dedicated father is Oscar bait.

2. "THE LAST HOUSE ON THE LEFT"
Easily the most brilliant remake of the decade, and not just because the 1972 original was such a crapfest. This beautifully photographed — but hard to watch — movie is the standard by which all horror/suspense films should be judged: The acting is superior (Breaking Bad's Aaron Paul is especially fine), the story makes sense, and, most importantly, Last House's moral compass points to true north. We don't want these creeps back for six or eight sequels; they are monsters, and we want them dead. This film is on par with "The Silence of the Lambs".

1. "THE HURT LOCKER" 「ハート・ロッカー」(2010/03/06日本公開予定)
Bomb disposal is one of the great staples of war movies, but it has never been depicted in such terrifying detail as it is here. Locker is more than suspenseful, however. Director Kathryn Bigelow ("Point Break"), who has explored the destructive impulses of young men before, outdoes herself in this perfectly honed drama that speaks to the addictive attractions of risk and violence. Want to know why it's so easy for the pols to feed the war machine? Look here for answers.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/01/02

Stephen King: My Top 10 Books of 2009

旧聞だけど、2009/12/18 例によってEW.comで、スティーヴン・キングが選ぶ小説ベストテンが発表された。

Stephen King: My Top 10 Books of 2009

気になる順位は次の通り。
キングのコメントと概要がおまけ。

10. "ROUGH COUNTRY", by John Sandford, hardcover
King's thoughts: "This tale is rich, satisfying, and frequently hilarious."
About the Book: "Rich with the brilliant plotting and compulsively readable prose that are his hallmarks, Rough Country is another immensely satisfying tale by one of our very best suspense writers."

9. "RAVENS", by George Dawes Green, hardcover
King's thoughts: "When Green isn't making you laugh, he's making you bite your nails down to the bleeding point."
About the Book: "The Boatwrights just won 318 million dollars in the Georgia State lottery. It's going to be the worst day of their lives."

8. "GONE TOMORROW", by Lee Child, hardcover
King's thoughts: "Child's writing is lean and wiry."
About the Book: "New York City. Two in the morning. A subway car heading uptown. Jack Reacher, plus five other passengers. Four are okay. The fifth isn't. In the next few tense seconds Reacher will make a choice--and trigger an electrifying chain of events in this gritty, gripping masterwork of suspense by #1 New York Times bestseller Lee Child."

7. "DROOD", by Dan Simmons, hardcover
King's thoughts: "This is a beautifully realized historical novel, but it's also a modern tale that chronicles the descent of a great mind into dope-fueled madness."
About the Book: "On June 9, 1865, while traveling by train to London with his secret mistress, 53-year-old Charles Dickens--at the height of his powers and popularity, the most famous and successful novelist in the world and perhaps in the history of the world--hurtled into a disaster that changed his life forever. "

6. "SHATTER", by Michael Robotham, hardcover
King's thoughts: "The most suspenseful book I read all year."
About the Book: "In Michael Robotham’s latest thriller, psychologist Joe O’Loughlin tries to prevent a suicide and finds himself locked in a deadly duel with a very clever killer. With pitch-perfect dialogue, believable characters, and intriguingly unpredictable plot twists, Shatter is guaranteed to keep even the most avid thriller readers riveted long into the night."

5. "2666", by Roberto Bolano, hardcover
King's thoughts: "This surreal novel can't be described; it has to be experienced in all its crazed glory."
About the Book: "Three academics on the trail of a reclusive German author; a New York reporter on his first Mexican assignment; a widowed philosopher; a police detective in love with an elusive older woman--these are among the searchers drawn to the border city of Santa Teresa, where over the course of a decade hundreds of women have disappeared."

4. "MIDNIGHT'S CHILDREN", by Salman Rushdie, hardcover
King's thoughts: "This epic social comedy follows one of them through a lifetime of adventures worthy of Dickens."
About the Book: "Saleem Sinai is born at the stroke of midnight on August 15, 1947, the very moment of India’s independence. Greeted by fireworks displays, cheering crowds, and Prime Minister Nehru himself, Saleem grows up to learn the ominous consequences of this coincidence."

3. "HOLLYWOOD MOON", by Joseph Wambaugh, hardcover
King's thoughts: "The best of Wambaugh's Hollywood Station novels."
About the Book: "Wambaugh once again masterfully gets inside the hearts and minds of the cops whose jobs have them constantly on the brink of danger. By turns heart-wrenching, exhilarating, and laugh-out-loud funny, Hollywood Moon is his most thrilling and deeply affecting ride yet through the singular streets of LA."

2. "REVOLUTIONARY ROAD", by Richard Yates, mass market paperback
King's thoughts: "Skip the DVD; read the book."
About the Book: "In the hopeful 1950s, Frank and April Wheeler appear to be a model couple: bright, beautiful, talented, with two young children and a starter home in the suburbs... they have always lived on the assumption that greatness is only just around the corner. But now that certainty is about to crumble."

1. "THE LITTLE STRANGER", by Sarah Waters, hardcover
King's thoughts: "Several sleepless nights are guaranteed."
About the Book: "Abundantly atmospheric and elegantly told, The Little Stranger is Sarah Waters's most thrilling and ambitious novel yet."

なお、コメントと概要は、Cemetery Dance Insider Newsletterより引用。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/08/28

作家スティーブン・キングが何度もレンタルする「ハズレなしの定番映画」20本

eiga.comで興味深いニュースが公開された。

作家スティーブン・キングが何度もレンタルする「ハズレなしの定番映画」20本

記録のために全文を引用する。

[eiga.com 映画ニュース] 「キャリー」「シャイニング」「ショーシャンクの空に」 などの映画原作者としても知られるモダンホラーの巨匠スティーブン・キングが、コラムを連載中の米エンターテインメント・ウィークリー誌で、新作映画に疲 れたときにレンタル店で借りたくなる「ハズレなしの定番映画」ベスト20を発表した。

自作の映画化では唯一「クジョー」がランクイン。「ディー・ウォレスがアカデミー主演女優賞にノミネートされなかったことに、今も腹を立てている」 とか。また、「タイタニック」という少々意外なセレクションについては、キング自身も「どうぞ、笑いたければ笑ってくれ」とコメントしている。

その他、「恐怖の報酬」「遊星からの物体X」ともに、「オリジナルも素晴らしいがリメイクのほうが好き」などといった好みも告白している。

スティーブン・キングの定番映画ベスト20は以下の通り(順不同)。
1.「恐怖の報酬」(77/ウィリアム・フリードキン監督)

2.「恐怖の報酬」(53/アンリ=ジョルジュ・クルーゾー監督)

3.「スリング・ブレイド」(96/ビリー・ボブ・ソーントン監督)

4.「ワイルドバンチ」(69/サム・ペキンパー監督)

5.「ブレア・ウィッチ・プロジェクト」(99/ダニエル・マイリック&エドゥアルド・サンチェス監督)

6.「ブルース・ブラザース」(80/ジョン・ランディス監督)

7.「ダイ・ハード」(88/ジョン・マクティアナン監督)

8.「死の接吻」(47/ヘンリー・ハサウェイ監督)

9.「ガルシアの首」(74/サム・ペキンパー監督)

10.「博士の異常な愛情/または私は如何にして心配するのを止めて水爆を愛するようになったか」(64/スタンリー・キューブリック監督)

11.「遊星からの物体X」(82/ジョン・カーペンター監督)

12.「ケイン号の叛乱」(54/エドワード・ドミトリク監督)

13.「クジョー」(83/ルイス・ティーグ監督)

14.「1941」(79/スティーブン・スピルバーグ監督)

15.「Night of the Demon(Curse of the Demon)」(57/ジャック・ターナー監督/日本未公開)

16.「サタデー・ナイト・フィーバー」(77/ジョン・バダム監督)

17.「タイタニック」(97/ジェームズ・キャメロン監督)

18.「殺しの分け前/ポイント・ブランク」(67/ジョン・ブアマン監督)

19.「彼と人魚」(48/アービング・ピシェル監督)

20.「白熱」(49/ラオール・ウォルシュ監督)

ニュースソースは次の通り。

Where the Joys Are

余談だけど、映画のタイトルは「クジョー」で原作のタイトルは「クージョ」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/07/03

EW「マイケル・ジャクソン追悼号」にキングのエッセイが!?

Entertainment Weekly マイケル・ジャクソン追悼号
2009/07/03に発売になる、米雑誌Entertainment Weekly「マイケル・ジャクソン追悼号」にスティーヴン・キングの「ゴースト」に関するエッセイが掲載される模様。

Ew20090703reg_set 因みに、今回発売になる「マイケル・ジャクソン追悼号」はなんと4種類の表紙でリリースされる模様。(画像参照)

該当部分を引用する。

■an essay by our columnist Stephen King, who writes about working with Jackson on the 1997 video "Ghosts."

紹介文を読むと「ゴースト」に関するエッセイではなく、「ゴースト」をマイケル・ジャクソンと一緒に製作したスティーヴン・キングのエッセイ、と言うことかも知れない。

「ゴースト」については、先日のエントリー『巨星墜つ:マイケル・ジャクソン/「ゴースト(Ghosts)」』を参照して下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

「11/22/63」 | 「1408」 | 「1922 星もなく深い闇」 | 「A Face in the Crowd」 | 「A Good Marriage」 | 「American Vampire」 | 「Ayana」 | 「BLAZE」 | 「Blockade Billy」 | 「Doctor Sleep」 | 「Faithful」 | 「FULL DARK, NO STARS」 | 「Ghost Brothers of Darkland County」 | 「Guns」 | 「Herman Wouk is Still Alive」 | 「In the Tall Grass」 | 「Joyland」 | 「Just After Sunset」 | 「Mile 81」 | 「Morality」 | 「Mr. Mercedes」 | 「Mute」 | 「N.」 | 「Premium Harmony」 | 「Road Rage」 | 「THE GUNSLINGER BORN」 | 「THE LONG ROAD HOME」 | 「The Road of Trials」 | 「The Secretary of Dreams」 | 「THE WIND THROUGH THE KEYHOLE」 | 「Throttle」 | 「Under the Dome」 | 「Ur」 | 「いかしたバンドのいる街で」 | 「おばあちゃん」 | 「しなやかな銃弾のバラード」 | 「アトランティスのこころ」 | 「イット」 | 「ウィラ」 | 「エアロバイク」 | 「キャッツ・アイ」 | 「キャリー」 | 「キングダム・ホスピタル」 | 「クリスティーン」 | 「クリープショー」 | 「クージョ」 | 「グリーン・マイル」 | 「コロラド・キッド」 | 「ゴースト」 | 「ゴールデンボーイ」 | 「ゴールデン・イヤーズ」 | 「サン・ドッグ」 | 「ザ・スタンド」 | 「ザ・チャイルド:悪魔の起源」 | 「シャイニング」 | 「ショーシャンクの空に」 | 「シークレット・ウインドウ」 | 「ジェラルドのゲーム」 | 「ジョウント」 | 「ジンジャーブレッド・ガール」 | 「スタンド・バイ・ミー」 | 「スティーブン・キングの悪魔の嵐」 | 「スニーカー」 | 「スライサー」 | 「スリープウォーカーズ」 | 「セル」 | 「タリスマン」 | 「ダーク・ハーフ」 | 「ディスコーディア」 | 「デスペレーション」 | 「デッド・ゾーン」 | 「トウモロコシ畑の子供たち」 | 「トミーノッカーズ」 | 「トム・ゴードンに恋した少女」 | 「トラックス」 | 「ドラゴンの眼」 | 「ドランのキャデラック」 | 「ドリームキャッチャー」 | 「ドロレス・クレイボーン」 | 「ナイトメアズ&ドリームスケープス」 | 「ナイト・フライヤー」 | 「ニードフル・シングス」 | 「ハイスクール・パニック」 | 「バトルランナー」 | 「バーチャル・ウォーズ」 | 「ビッグ・ドライバー」 | 「ビッグ・ドライヴァー」 | 「ファイアスターター」 | 「ブラック・ハウス」 | 「ブルックリンの八月」 | 「ブロス/やつらはときどき帰ってくる」 | 「ヘイヴン」 | 「ヘッド・ダウン」 | 「ペット・セマタリー」 | 「ポプシー」 | 「マングラー」 | 「マンハッタンの奇譚クラブ」 | 「マーティ」 | 「ミザリー」 | 「ミスト」 | 「ミルクマン」 | 「メイプル・ストリートの家」 | 「ライディング・ザ・ブレット」 | 「ランゴリアーズ」 | 「リーシーの物語」 | 「レギュレイターズ」 | 「ローズ・マダー」 | 「ローズ・レッド」 | 「一四〇八号室」 | 「不眠症」 | 「丘の上の屋敷」 | 「争いが終るとき」 | 「人狼の四季」 | 「人間圧搾機」 | 「入り江」 | 「公平な取引」 | 「刑務所のリタ・ヘイワース」 | 「十時の人々」 | 「呪われた町」 | 「回想のビュイック8」 | 「図書館警察」 | 「地下室の悪夢」 | 「地獄のデビル・トラック」 | 「夕暮れをすぎて」 | 「夜がはじまるとき」 | 「小説作法」 | 「幸運の25セント硬貨」 | 「彼らが残したもの」 | 「悪霊の島」 | 「悪魔の嵐」 | 「戦場」 | 「携帯ゾンビ」 | 「暗黒の塔」シリーズ | 「最後の抵抗」 | 「死のロングウォーク」 | 「死の舞踏」 | 「死霊の牙」 | 「死霊伝説」 | 「深夜勤務」 | 「炎の少女チャーリー」 | 「痩せゆく男」 | 「神々のワードプロセッサ」 | 「禁煙挫折者救済有限会社」 | 「秘密の窓、秘密の庭」 | 「第四解剖室」 | 「自宅出産」 | 「芝刈り機の男」 | 「超高層ビルの恐怖」 | 「道路ウィルスは北に向かう」 | 「闇の展覧会 霧」 | 「雨期きたる」 | 「電話はどこから……?」 | 「霧」 | 「骨の袋」 | 「骸骨乗組員」 | 「黙秘」 | 「8つの悪夢」 | お買い物 | はじめに・・・・ | オーウェン・キング | オーディオブック | キャッスルロック | キングが受けた影響 | キングの影響 | キング絶賛 | ゲーム  | コレクション | ジョー・ヒル | スティーヴン・キング | スティーヴン・キング研究序説 | タビサ・キング | トリビア | ポップ・オブ・キング | リチャード・バックマン | レッドソックス | レビュー/アニメ | レビュー/テレビムービー | レビュー/小説 | レビュー/映画 | ロック・ボトム・リメインダーズ | 国内BD | 国内DVD | 国内アニメ | 国内テレビ | 国内ニュース | 国内マンガ | 国内出版物 | 展覧会 | 拾い物 | 映画 | 海外BD | 海外DVD | 海外テレビ | 海外ニュース | 海外出版物 | 舞台 | | 関連書籍