カテゴリー「タビサ・キング」の14件の投稿

2016/05/22

「トットてれび」もキングの影響を

さて、今日も全ての事象はスティーヴン・キングの影響を受けている、と言うキングファンの妄想的エントリー。

今日、俎上に乗せるのは、テレビシリーズ「トットてれび」第3話。

黒柳徹子(満島ひかり)は、バラエティ「夢であいましょう」、ドラマ「若い季節」という2つの生番組でレギュラーとして活躍。共演者の渥美清(中村獅童)や坂本九(錦戸亮)と親しくなる。生ドラマにはハプニングがつきもの。ある日の「若い季節」では、放送が始まるとすぐセットが壊れたり、脚本が遅いため出演者がセリフを憶えていなかっ たりで大混乱。ディレクターの伊集院(濱田岳)は、「終」と書いたボードを出そうとする。徹子は持ち前の機転と早口で、放送中止の危機を救うことができるのか・・・。

そんな徹子らがたまり場にしている中華飯店での出来事。

「トットてれび」第3話より
徹子らと離れた席で一人脚本を執筆している向田邦子(ミムラ)だったが、徹子らの笑いにつられて原稿用紙をインクで汚してしまう。

「トットてれび」第3話より
向田邦子は反故になった原稿用紙数枚を丸めて捨ててしまう。

「トットてれび」第3話より
後日、中華飯店に訪れた森繁久彌(吉田鋼太郎)は、床に落ちていたゴミに気付き拾い上げる。

「トットてれび」第3話より
そのゴミは向田邦子が書いた脚本の一部だった。

「トットてれび」第3話より
その拾った脚本を読んだ森繁久彌は後日、向田邦子にラジオ番組の脚本の執筆をオファーする。

さて「トットてれび」のどの辺りがスティーヴン・キングの影響を受けているのか、と言うところなのだが、ここまで読んだ方ならお分かりだと思うのだが、これは「キャリー」である。

つまり、「トットてれび」は、ゴミ箱にキングが捨てた「キャリー」の原稿を妻タビサが拾い、続きを書くように助言した、と言うエピソードの影響を受けている、と言わざるを得ない。

まあ妄想ですが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/11/01

本日放送「スティーヴン・キングをベストセラー作家に導いた妻タビサ」

テレビ朝日で毎週日曜よるに放送されている「for〜もう1人の主人公〜」で、スティーヴン・キングとタビサ・キングの「キャリー」執筆秘話が「スティーヴン・キングをベストセラー作家に導いた妻タビサ」として放送される模様。

「for 〜もう1人の主人公〜」

「スティーヴン・キングをベストセラー作家に導いた妻タビサ」

2015年11月1日よる11時25分から放送予定

【夫の才能を信じ支え続けた女性】
スティーヴン・キングの出世作『キャリー』
ハリウッドで映画化もされた大ヒット作誕生の陰に妻タビサの存在があった。

二十代の頃、スティーヴンは小説家を目指しながらも生活の為に続けていた教師の仕事に忙殺され、執筆への情熱はいつしか薄れ始めていた…

彼の人生を変えた作品『キャリー』を書き始めた時も、原稿用紙3枚ほど書き進んだ所で、ゴミ箱に投げ捨ててしまった。
こんな作品売れるハズもない…

そんな“捨てられた作品”をゴミ箱から拾い上げたのは、妻タビサだった。

このエピソードはキングファン的には、何度も語られた有名な話だが、そのエピソードだけで日本国内のテレビ番組が出来てしまうのが嬉しいところ。わずか5分枠の番組と言えども。

余談だけど、この「for〜もう1人の主人公〜」『日曜洋画劇場「RED/レッド」』の後枠なので、もしかしたら視聴率良いかもです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/05/13

ジョー・ヒルの「NOS4A2」が小学館文庫の目玉に!?

2014年5月8日に小学館文庫より翻訳が出版されたジョー・ヒルの「NOS4A2」だが、小学館文庫の中吊り広告を見ると「NOS4A2」が今月の新刊の目玉のような印象を受ける。

小学館文庫の中吊り広告より
なんとジョー・ヒルの「NOS4A2」が小学館文庫の中吊り広告のど真ん中に!

どうですか。
「NOS4A2」はど真ん中で、しかも色が変わってますよ。
これは小学館文庫の目玉だと考えても良いレベルでしょ。

さて、気になる「NOS4A2」の内容ですが、いくつか紹介しましょう。

ガブリエル・ロドリゲスの装画は怖いです。
・献辞は母タビサ・キングに。
・構造はキングの某作品を踏襲。

余談だけど、『幕間 エクスタシーの精霊』とは『Spirit of Ecstasy』で、ロールス・ロイスのオーナメントのこと。

大友克洋の「ハイウェイスター」の表紙でもおなじみですね。

大友克洋の「ハイウェイスター」の『Spirit of Ecstasy』はUSAFのヘルメットをかぶっている。

ところで、ロールス・ロイスのモデル名は、なぜ化物の名前が多いんでしょうか。

因みに、レイモンド・チャンドラーの「ロング・グッドバイ」「長いお別れ」)の冒頭に登場するロールス・ロイスはシルヴァー・レイス。(村上春樹訳では、ロールズロイス・シルバー・レイス)

どうやら「NOS4A2」には1938年型ロールスロイス・レイスが登場するらしい。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/08/05

スティーヴン・キングのファミリー・ビジネスとは!?

スティーヴン・キングのファミリー・ビジネス
2013年7月31日のThe New York Timesに記事が興味深い。

写真は左から、ジョー・ヒル、タビサ・キング、ケリー・ブラフェット(オーウェンの妻)、オーウェン・キング、スティーヴン・キング、ネイオミ・キング、ジョーの飼い犬マクマートリー。

Stephen King’s Family Business

この記事はなんと全9ページにおよぶ長大なものなので詳細は割愛する。

興味深いエピソードを少し紹介すると、

・キング一家は夕食後「ホビットの冒険」「ナルニア国物語」などを交代で音読していた。

・オーウェンと結婚したケリーは、元々スティーヴン・キングのファンで、最初の頃はオーウェンの留守番電話に入っているキングの声にナーバスになっており、キングとタビサの前で話ができるようになるまで2年間かかった。

・ジョーとオーウェンは子どもの頃「スター・ウォーズ」のアクション・フィギュアや、TRPGの「ダンジョンズ&ドラゴンズ」「クトゥルフの呼び声」が大好きだった。

・ジョーヒルは8歳の頃から毎日2時間、執筆活動を行っていた。

・ジョーは高校生の頃から、作家になる上で、自分がキングの息子である事について深刻に考え、ペンネーム:Jay Stephensonを考えた後、家族に「合法的に自分の名前を変えるにはどうすれば良いのか」と相談した。

・ジョーは自作の朗読会等のイベントに俳優を雇おうとした模様。

・ネイオミは産まれた時からホルモンバランスにに異常がありアドレナリン欠乏症(?)だった模様。

・ネイオミは現在、ユニテリアン・ユニバーサリストの行使(Unitarian Universalist minister)である模様。ユニテリアン・ユニバーサリストはキリスト教プロテスタントの一派。

キングの薬物依存、アルコール依存の話や、1999年の事故の話、ジョー・ヒルやオーウェン・キングの新作長編である「NOS4A2」(ヒル)や「Double Feature」(オーウェン)の事もいろいろと紹介されている。

あと、犬の話とか。

関心がある方は是非ご一読を。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/03/10

「ナイトライダーズ」

ジョージ・A・ロメロ脚本・監督の「ナイトライダーズ」をDVDで観た。

「ナイトライダーズ」予告編

「ナイトライダーズ」
監督・脚本:ジョージ・A・ロメロ
製作:リチャード・P・ルビンスタイン
撮影:マイケル・ゴーニック
音楽:ドナルド・ルビンスタイン

出演:エド・ハリス(ビリー)、ゲイリー・ラーチ(アラン)、トム・サヴィーニ(モーガン)、エイミー・インガーソル(リネット)、パトリシア・トールマン (ジュリー)、クリスティーン・フォレスト(アンジー)、ケン・フォリー(リトル・ジョン)、スコット・H・ライニガー(マーハルト)、ジョン・アンプラス(ホワイトフェイス)、マーティン・フェレロ(ボンテンピ)、アントン・ディレオ(コーンクック)、ワーナー・シューク(ピピン)、ブラザー・ブルー (マーリン)、シンシア・アドラー(ロッキー)、ドン・ベリー(バッグマン)、アマンダ・デイヴィス(シーラ)、ケン・ヒクソン(スティーヴ)、ジョン・ ホステッター(タック)、ハロルド・ウェイン・ジョーンズ(ボース)、スティーヴン・キング(ホーギー・マン)、タビサ・キング(ホーギー・マンの妻)

あらすじ:中世の騎士よろしく鎧を身に付け、馬の代わりに跨ったバイクで立ち回りを演じる一座。金と名声より名誉と礼節を重んじるリーダーを中心に彼らの旅は続くが、彼らを商売にしようとするプロモーターの出現によって仲間の団結は少しずつ崩れ始める……。

紹介:アーサー王伝説を下敷に、現代に生きようとする騎士たちの苦悩と挫折を描いた辛口の青春映画で、バイクに乗った騎士というアイディアは視覚的なインパクトだけでなく、“騎士道精神”と“ヒッピー”、もしくは“伝説”と“現実”の融合というこの作品のテーマを如実に意味している。マスター・オブ・ホラー、ジョージ・A・ロメロによる神々しいまでに切ない“旅芸人の記録”だが、この傑作は配給元だったユナイト映画の日本支社閉鎖に伴いオクラ入りとなり、10年後に日本衛星放送から放映されたのが我が国での初公開となった。(allcinema

先ずは、「ナイトライダーズ」の国内盤DVDをリリースしてくれたスティングレイ社に感謝したい。

当ブログ「スティーヴン・キング研究序説ココログ分室」は、ご承知の通り、スティーヴン・キングに関するエントリーをポストするブログであるから、キング関連作品として、つまりスティーヴン・キングとタビサ・キングが出演している作品として「ナイトライダーズ」(1981)を紹介するのだが、ジョージ・A・ロメロファンとしては本作はロメロのフィルモグラフィーの中で初期の傑作であり、またその作品としてはロメロの普段の作風とは異なる言わば異色作として高い評価を得ている。

ロメロはこの後「クリープショー」(1982)を撮ることになるのだが、前述のように日本国内では「ナイトライダーズ」は幻の作品と位置付けられ、日本国内の多くのロメロファンがこのスティングレイ社の英断に歓喜していることだと思う。

さて、本作「ナイトライダーズ」についてだが、前述のあらすじを読むと、何だかふざけた内容のように思えるかも知れないが、本作はスティーヴ・マックィーンの「ジュニア・ボナー/華麗なる挑戦」(1972)、ロバート・レッドフォードの「出逢い」(1979)、クリント・イーストウッドの「ブロンコビリー」(1980)、そして藤岡弘、の「SF/ソードキル」(1984)と同様に、時代に取り残された男の悲哀を描く普遍的な物語に仕上がっている。

物語の題材となっているのは、本編で触れられている通り、T・H・ホワイトの「永遠の王/アーサー王の書」。明確には描写がないが、アラン(ゲイリー・ラーチ)がランスロットに振り当てられているのも興味深い。従って王妃グィネヴィアに役を振り当てられたエイミー・インガーソル(リネット)との関係も明確ではないが興味深い。

そう考えた場合、本作「ナイトライダーズ」は、中世から現代に迷い込んだアーサー王その人が、新たな王に王位を譲り、最終的に過去へ戻っていく物語だと解釈することが出来る。

まるでセルバンテスの「ドン・キホーテ」のように、病的に妄想じみたことに固執していくウィリアム王(エド・ハリス)が哀しい。

そして、老いたウィリアム王の王位を狙うモーガン(トム・サヴィーニ)。

このトム・サヴィーニが素晴しい。俳優としてのサヴィーニのフィルモグラフィの中で最も素晴しい仕事をしているのではないだろうか。

キャストはマーリンを演じたブラザー・ブルーや、タックを演じたジョン・ ホステッター、アンジーを演じたロメロの妻クリスティーン・フォレスト、弁護士役のケン・ヒクソン等印象的なキャストが多い。見せ場が必ずあるのが何とも楽しいですよね。

また「ゾンビ」のピーター役のケン・フォリーや、ロジャー役のスコット・H・ライニガー等、ロメロ組とも言えるキャストの生き生きとした姿が楽しめる。何しろ、死にかけたロジャーじゃないのよ。

と言うのも、本作は明るく生命力に溢れたコミカルな作品のような側面を持っているからである。「ゾンビ」のような暗い映画じゃないんですよね。

エド・ハリス的には本作「ナイトライダーズ」は、ルトガー・ハウアーにおける「グレート・ウォリアーズ/欲望の剣」(1985)のような作品なのかも知れない。

ポール・ヴァーホーヴェンはもしかして「ナイトライダーズ」を観て「グレート・ウォリアーズ/欲望の剣」を撮ったんじゃないのかな、とも思える次第。

ところで本作のロメロやスタッフのオーディオ・コメンタリーを聞くと異口同音に《最高の夏だった》と語っている。

ロメロらスタッフにとっても、本作「ナイトライダーズ」は、思い出の愛すべき作品なのだと思う。DVDになって本当に良かったよね。

そして、本作に格調を付与しているドナルド・ルビンスタインのスコアが素晴しい。

まるで、「シェークスピア劇場」のような作品のスコアのような、小編成の室内楽をベースに、若干近代的にアレンジしたようなスコアが泣かせまくる。

これロックじゃなくて良かったよ。
別にヒース・レジャー主演の「ロック・ユー!」(2001)の話じゃないですけどね。
「ロック・ユー!」「ナイトライダーズ」は描いているのが馬上槍試合なので、同じなんですけどね。

世の中には、全てのキャストやスタッフが100%以上の力を出し、それをフィルムに定着させることに成功した奇跡のような作品がままあるが、本作「ナイトライダーズ」はそんな奇跡のような作品の一本だと思う。

本作「ナイトライダーズ」のDVDはレンタル市場に出てくるのかどうかわからないが、ロメロファンではなくとも、前述した、時代に取り残された男の悲哀を描く作品群の中に引っ掛かる作品がある方は是非機会を見つけて観ていただきたい作品だと思う。

因みに、スティーヴン・キングとタビサ・キングは、エド・ハリスらのショーを観る客として登場し、「あんなの痛そうに見えるけど全部やらせだよ」とうそぶくキャラクターに設定されている。

関連エントリー
『「ナイトライダーズ」のDVDゲットだぜ!』 2013/01/30
『スティングレイで「ナイトライダーズ」DVD予約開始!』 2013/01/09
『キング初出演映画「ナイトライダーズ」がDVD化か!?』 2012/05/28

「永遠の王」高くなってますね。
わたしは1992年の初版で買いましたが、1冊1,000円はしなかったんじゃないかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/01/30

「ナイトライダーズ」のDVDゲットだぜ!

「ナイトライダーズ」国内盤DVD
わーい!「ナイトライダーズ」のDVD届いてた。

関連エントリー
『スティングレイで「ナイトライダーズ」DVD予約開始!』 2013/01/09
『キング初出演映画「ナイトライダーズ」がDVD化か!?』 2012/05/28

「ナイトライダーズ」
監督・脚本:ジョージ・A・ロメロ
製作:リチャード・P・ルビンスタイン
撮影:マイケル・ゴーニック

出 演:エド・ハリス(ビリー)、ゲイリー・ラーチ(アラン)、トム・サヴィーニ(モーガン)、エイミー・インガーソル(リネット)、パトリシア・トールマン (ジュリー)、クリスティーン・フォレスト(アンジー)、ケン・フォリー(リトル・ジョン)、スコット・H・ライニガー(マーハルト)、ジョン・アンプラ ス(ホワイトフェイス)、マーティン・フェレロ(ボンテンピ)、アントン・ディレオ(コーンクック)、ワーナー・シューク(ピピン)、ブラザー・ブルー (マーリン)、シンシア・アドラー(ロッキー)、ドン・ベリー(バッグマン)、アマンダ・デイヴィス(シーラ)、ケン・ヒクソン(スティーヴ)、ジョン・ ホステッター(タック)、ハロルド・ウェイン・ジョーンズ(ボース)、スティーヴン・キング(ホーギー・マン)、タビサ・キング(ホーギー・マンの妻)

あらすじ:中世の騎士よろしく鎧を身に付け、馬の代わりに跨ったバイクで立ち回りを演じる一座。金と名声より名誉と礼節を重んじるリーダーを中心に彼らの旅は続くが、彼らを商売にしようとするプロモーターの出現によって仲間の団結は少しずつ崩れ始める……。

紹介:アーサー王伝説を下敷に、現代に生きようとする騎士たちの苦悩と挫折を描いた辛口の青春映画で、バイクに乗った騎士というアイディアは視覚的 なインパクトだけでなく、“騎士道精神”と“ヒッピー”、もしくは“伝説”と“現実”の融合というこの作品のテーマを如実に意味している。マスター・オ ブ・ホラー、ジョージ・A・ロメロによる神々しいまでに切ない“旅芸人の記録”だが、この傑作は配給元だったユナイト映画の日本支社閉鎖に伴いオクラ入り となり、10年後に日本衛星放送から放映されたのが我が国での初公開となった。(allcinema

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/01/09

スティングレイで「ナイトライダーズ」DVD予約開始!

「ナイトライダーズ」 2013年1月7日 映画ファンのためにマニアックな作品をDVD化するスティングレイ社のサイトでスティーヴン・キング、タビサ・キング出演の「ナイトライダーズ」のDVDの予約が開始された。発売は2013年1月31日の予定。(「ナイトライダーズ」予約ページ)

「ナイトライダーズ」
監督・脚本:ジョージ・A・ロメロ
製作:リチャード・P・ルビンスタイン
撮影:マイケル・ゴーニック

出演:エド・ハリス(ビリー)、ゲイリー・ラーチ(アラン)、トム・サヴィーニ(モーガン)、エイミー・インガーソル(リネット)、パトリシア・トールマン(ジュリー)、クリスティーン・フォレスト(アンジー)、ケン・フォリー(リトル・ジョン)、スコット・H・ライニガー(マーハルト)、ジョン・アンプラス(ホワイトフェイス)、マーティン・フェレロ(ボンテンピ)、アントン・ディレオ(コーンクック)、ワーナー・シューク(ピピン)、ブラザー・ブルー(マーリン)、シンシア・アドラー(ロッキー)、ドン・ベリー(バッグマン)、アマンダ・デイヴィス(シーラ)、ケン・ヒクソン(スティーヴ)、ジョン・ホステッター(タック)、ハロルド・ウェイン・ジョーンズ(ボース)、スティーヴン・キング(ホーギー・マン)、タビサ・キング(ホーギー・マンの妻)

あらすじ:中世の騎士よろしく鎧を身に付け、馬の代わりに跨ったバイクで立ち回りを演じる一座。金と名声より名誉と礼節を重んじるリーダーを中心に彼らの旅は続くが、彼らを商売にしようとするプロモーターの出現によって仲間の団結は少しずつ崩れ始める……。

紹介:アーサー王伝説を下敷に、現代に生きようとする騎士たちの苦悩と挫折を描いた辛口の青春映画で、バイクに乗った騎士というアイディアは視覚的なインパクトだけでなく、“騎士道精神”と“ヒッピー”、もしくは“伝説”と“現実”の融合というこの作品のテーマを如実に意味している。マスター・オブ・ホラー、ジョージ・A・ロメロによる神々しいまでに切ない“旅芸人の記録”だが、この傑作は配給元だったユナイト映画の日本支社閉鎖に伴いオクラ入りとなり、10年後に日本衛星放送から放映されたのが我が国での初公開となった。(allcinema

「ナイトライダーズ」DVD用トレイラー

スティーヴン・キングとタビサ・キング/「ナイトライダーズ」より
スティーヴン・キングとタビサ・キング/「ナイトライダーズ」より

これは《買い!》ですよ。

余談ですが、スティングレイのDVDは基本的に通信販売限定で一般のDVDショップの店頭には並びません。

アマゾンでサントラとVHS売ってた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/05/28

キング初出演映画「ナイトライダーズ」がDVD化か!?

「ナイトライダーズ」オリジナルポスター なんとスティーヴン・キングの映画初出演作品であるジョージ・A・ロメロの「ナイトライダーズ」が、スティングレイ社のレーベルallcinema SELECTIONからDVD化される模様。

画像はボリス・ヴァレホ(ボリス・バレホ/Boris Vallejo)による「ナイトライダーズ」のオリジナルポスター。

おわかりのように「ナイトライダーズ」「Night Riders」ではなく「Knight Riders」

ボリス・ヴァレホによるアートワークは圧倒的に格好良いですよね。

なお、allcinema SELECTIONとは、スティングレイ社が映画ファンのために、マニアックな作品をDVD化して通販メインでお届けするレーベルです、商品化が難しいと思われる作品を、出来得る限りの仕様でDVD化することを目標としているレーベル。

そのallcinema SELECTIONのCOMING SOONのページの最下部に表示されている1枚の写真が、これ。

「ナイトライダーズ」/allcinema SELECTION COMING SOONより
いかがですか。

allcinema SELECTIONのサイトにはタイトルは明示されていませんが、この写真は「ナイトライダーズ」のトム・サヴィーニの写真と完全に一致してますよね。

トム・サヴィーニ/「ナイトライダーズ」より

個人的にはロメロの「ナイトライダーズ」は未見なので、実は地味に楽しみにしています。

余談ですが、冒頭で「ナイトライダーズ」のアートワークを手がけたボリス・ヴァレホ(ボリス・バレホ/Boris Vallejo)を紹介したけど、この人は超天才のイラストレイターですよね。

彼のギャラリー(オフィシャルではないようです)を紹介しますので、関心がある方は是非。

Boris Vallejo Gallery

なお、「ナイトライダーズ」のポスターの元のイラストはこちら
「ナイトライダーズ」のポスターとなったボリス・ヴァレホの「Knight on Wheels」
Knight on Wheels (1980)

超絶に格好良いですよね。
因みにこのイラストで描かれているのは、「ナイトライダーズ」主演のエド・ハリスですね。

※ Boris Vallejoの日本語表記については、ボリス・ヴァレホが一般的のようですが、ボリス・バレホ、ボリス・バレジョー、ボリス・ヴァレジョー等の様々な表記がされています。古くは「スターログ」辺りではボリス・バレジョー表記だったようなので、オールドファンにとってはボリス・バレジョーが一般的かも知れません。

日本人は固有名詞にVが入っているとヴで表記しがちですが、ヨーロッパ言語ではVとBが同じ発音になる言語がままあるようです。その場合、ヨーロッパ言語ではボリス・バレホが表記としては正しいと考えられ、英語読みでボリス・バレジョーが正しいと言うことになると思います。

当サイトでは、日本語表記の検索性や将来の表記統一をにらみ、基本的にボリス・ヴァレホ表記を援用したいと思います。

まあ、マイケルがミシェルでミカエルでミハイルみたいなもんですから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/03/31

ジョー・ヒル、タビサ・キングと一緒にオバマ大統領と!?

2012年3月30日に、メイン州ポートランドポートランド美術館(Portland Museum of Art)で開催されたオバマ大統領の政治資金ディナー・パーティ(Obama Victory Fund 2012 - Dinner with President Obama )にジョー・ヒルとタビサ・キングが出席した模様。

ジョー・ヒルのツイートを紹介する。

36
In Portland with my Mom for a fancy dinner with some other writer who made a name for himself in politics.

 

37
Here in Portland with my ma, @tessgerritsen and her husband Jacob.

写真は左から、テス・ジェリッツェンの旦那のジェイコブ、テス・ジェリッツェン、タビサ・キング、ジョー・ヒル。

 

38

Terrifically thoughtful speech and Q&A in Portland, ME from @BarackObama.

 

39
Also managed to embarrass my mom by showing the president her @BarackObama action figure.

 

41
My ma

 

因みに、オバマ大統領の4時間のポートランド訪問については次の記事が詳しい。

Obama leaves Portland Museum of Art, ending his 4-hour Maine trip

なお、オバマ大統領の政治資金ディナー・パーティ(Obama Victory Fund 2012 - Dinner with President Obama )については、こちらを参照願いたい。

Join President Barack Obama in Portland

参加だけで、$5000.00、フォト・セッションとディナー付で$7500.00の寄付が必要とのこと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/11/12

キングがメイン州の低所得者等の暖房燃料支援のため7万ドルを寄付!

2011年11月8日にバンゴア・デイリー・ニュースが伝えるところによると、スティーヴン・キングとタビサ・キングは、FMラジオを通じ70,000ドルの寄付を募り、それに70,000ドルを加え、メイン州の低所得者・高齢者・障害者の冬季の暖房燃料支援に乗り出した模様。

具体的には、連邦法により、低所得者・高齢者・障害者向けの、Low Income Home Energy Assistance Program(LIHEAP/低所得家庭エネルギー支援プログラム)が縮小されたため、スティーヴン・キングは自らが所有するFM局を通じ、70,000ドルの寄付を集め、それにスティーヴン・キングとタビサ・キングが70,000ドルを加え、140,000ドルの支援を行うもの。

この支援策は、2011年11月8日にアナウンスされ、11月9日にスティーヴン・キングとタビサ・キングはFMラジオに出演し、寄付を募った模様。

Stephen King offers $70,000 for heating fuel aid
By Renee Ordway, Special to the BDN

BANGOR, Maine — With poor, elderly and disabled Mainers facing deep cuts to the federal Low Income Home Energy Assistance Program which helps keep them warm in the winter, Bangor’s most famous resident, author Stephen King, is stepping forward to help out.

King — who owns Bangor radio stations WZON 620 AM, WKIT 100.3 FM and The Pulse 103.1 FM — said Tuesday that the Stephen and Tabitha King Foundation would work with the radio stations to try to raise as much as $140,000 to be used for fuel assistance for low-income Mainers in the stations’ broadcast area.

“We’ll match up to $70,000 of the amount raised,” King said in a telephone interview. “This economy is terrible and Tabitha and I both worry so much about Bangor because it truly is a working-class town and we are always looking for ways to help, and right now this is a great need.”

The U.S. Department of Health and Human Services notified MaineHousing late last month that it should expect to receive $23 million in LIHEAP funds this winter, down from $55.6 million last year. Gov. Paul LePage said last week he would ask the Legislature for funds to bridge the gap.

King said that as the need of the people increases, the help from the government decreases.

“And on top of it the price of fuel continues to rise. The cost goes up, the need goes up and the assistance goes down. That’s the bottom line. That’s what is happening,” he said.

Though he and his wife spend much of the winter at their home in Florida, King said their devotion to Bangor never wavers.

“We still come back. Our children grew up on West Broadway and that is still where they want to be during the holidays,” he said. “We don’t forget how cold it is in Maine in the winter.”

As part of the stations’ “Help Keep ME Warm This Winter,” Pat LaMarche, host of The Pulse “Morning Show,” will live in the cold for several days later this month, said station manager Bobby Russell.

LaMarche will move into a small wooden shed provided by Wooden Wonders of Unity and will broadcast from there beginning at 6 a.m. Monday, Nov. 21.

She will stay in the shed through Thanksgiving and Black Friday in an effort to remind listeners of the importance of remembering and giving to the less fortunate during the most festive time of the year.

King, however, said that he was aware of the difficulty right now of asking people who already are financially strapped to give more.

“We are chipping in, but we know that it is increasingly difficult for some people to chip in. Can we raise the whole amount? I don’t know, but we’ll do what we can,” he said.

With threats of federal cuts of more than $30 million for heating assistance and rising costs of oil, Shawn Yardley, director of Bangor Health and Community Services, said the situation for many is dire.

In the past two weeks, Yardley said Tuesday, he has received more calls from people desperate to find help to fill their oil tanks than he has in the past three years.

He said the callers are frightened and for most there is no help available.

“I give them contacts and numbers, but I tell them, and I know, that those resources have no help to give,” he said.

Yardley is setting his sights on instructing those Mainers on how to stay safe in a cold house.

“Pockets are getting shallow,” he said, “even among those who are very charitable. Are we grateful for what Stephen and Tabitha are doing? You bet. But none of us can make up for these deep cuts to this program. I know what I need to do now in my position. I need to start reminding people to stay safe — to not put their homes at risk of fire, to not run the risk of carbon monoxide poisoning and to encourage them to perhaps move in with friends and family members for the winter … in order to survive this time.”

余談だが、キングの「アンダー・ザ・ドーム」によると、メイン州では冬季の雪害のため、比較的簡単に送電線が分断されてしまうため、多くの家庭では、プロパンガスによる自家発電装置が備えられているらしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

「Bazaar of Bad Dreams」 | 「'The Bazaar of Bad Dreams」 | 「11/22/63」 | 「1408」 | 「1922 星もなく深い闇」 | 「A Face in the Crowd」 | 「A Good Marriage」 | 「American Vampire」 | 「Ayana」 | 「Bad Little Kid」 | 「BLAZE」 | 「Blockade Billy」 | 「Doctor Sleep」 | 「Faithful」 | 「FULL DARK, NO STARS」 | 「Ghost Brothers of Darkland County」 | 「Guns」 | 「Herman Wouk is Still Alive」 | 「In the Tall Grass」 | 「Joyland」 | 「Just After Sunset」 | 「Mile 81」 | 「Morality」 | 「Mr. Mercedes」 | 「Mute」 | 「N.」 | 「Obits」 | 「Premium Harmony」 | 「Revival」 | 「Road Rage」 | 「The Bazaar of Bad Dreams」 | 「THE GUNSLINGER BORN」 | 「THE LONG ROAD HOME」 | 「The Road of Trials」 | 「The Secretary of Dreams」 | 「THE WIND THROUGH THE KEYHOLE」 | 「Throttle」 | 「Under the Dome」 | 「Ur」 | 「いかしたバンドのいる街で」 | 「おばあちゃん」 | 「しなやかな銃弾のバラード」 | 「アトランティスのこころ」 | 「イット」 | 「ウィラ」 | 「エアロバイク」 | 「キャッツ・アイ」 | 「キャリー」 | 「キングダム・ホスピタル」 | 「クリスティーン」 | 「クリープショー」 | 「クージョ」 | 「グリーン・マイル」 | 「コロラド・キッド」 | 「ゴースト」 | 「ゴールデンボーイ」 | 「ゴールデン・イヤーズ」 | 「サン・ドッグ」 | 「ザ・スタンド」 | 「ザ・チャイルド:悪魔の起源」 | 「シャイニング」 | 「ショーシャンクの空に」 | 「シークレット・ウインドウ」 | 「ジェラルドのゲーム」 | 「ジョウント」 | 「ジンジャーブレッド・ガール」 | 「スタンド・バイ・ミー」 | 「スティーブン・キングの悪魔の嵐」 | 「スニーカー」 | 「スライサー」 | 「スリープウォーカーズ」 | 「セル」 | 「タリスマン」 | 「ダーク・ハーフ」 | 「ディスコーディア」 | 「デスペレーション」 | 「デッド・ゾーン」 | 「トウモロコシ畑の子供たち」 | 「トミーノッカーズ」 | 「トム・ゴードンに恋した少女」 | 「トラックス」 | 「ドラゴンの眼」 | 「ドランのキャデラック」 | 「ドリームキャッチャー」 | 「ドロレス・クレイボーン」 | 「ナイトメアズ&ドリームスケープス」 | 「ナイト・フライヤー」 | 「ニードフル・シングス」 | 「ハイスクール・パニック」 | 「バトルランナー」 | 「バーチャル・ウォーズ」 | 「ビッグ・ドライバー」 | 「ビッグ・ドライヴァー」 | 「ファイアスターター」 | 「ブラック・ハウス」 | 「ブルックリンの八月」 | 「ブロス/やつらはときどき帰ってくる」 | 「ヘイヴン」 | 「ヘッド・ダウン」 | 「ペット・セマタリー」 | 「ポプシー」 | 「マングラー」 | 「マンハッタンの奇譚クラブ」 | 「マーティ」 | 「ミザリー」 | 「ミスト」 | 「ミルクマン」 | 「メイプル・ストリートの家」 | 「ライディング・ザ・ブレット」 | 「ランゴリアーズ」 | 「リーシーの物語」 | 「レギュレイターズ」 | 「ローズ・マダー」 | 「ローズ・レッド」 | 「一四〇八号室」 | 「不眠症」 | 「丘の上の屋敷」 | 「争いが終るとき」 | 「人狼の四季」 | 「人間圧搾機」 | 「入り江」 | 「公平な取引」 | 「刑務所のリタ・ヘイワース」 | 「十時の人々」 | 「呪われた町」 | 「回想のビュイック8」 | 「図書館警察」 | 「地下室の悪夢」 | 「地獄のデビル・トラック」 | 「夕暮れをすぎて」 | 「夜がはじまるとき」 | 「小説作法」 | 「幸運の25セント硬貨」 | 「彼らが残したもの」 | 「悪霊の島」 | 「悪魔の嵐」 | 「戦場」 | 「携帯ゾンビ」 | 「暗黒の塔」シリーズ | 「最後の抵抗」 | 「死のロングウォーク」 | 「死の舞踏」 | 「死霊の牙」 | 「死霊伝説」 | 「深夜勤務」 | 「炎の少女チャーリー」 | 「痩せゆく男」 | 「神々のワードプロセッサ」 | 「禁煙挫折者救済有限会社」 | 「秘密の窓、秘密の庭」 | 「第四解剖室」 | 「自宅出産」 | 「芝刈り機の男」 | 「超高層ビルの恐怖」 | 「道路ウィルスは北に向かう」 | 「闇の展覧会 霧」 | 「雨期きたる」 | 「電話はどこから……?」 | 「霧」 | 「骨の袋」 | 「骸骨乗組員」 | 「黙秘」 | 「8つの悪夢」 | お買い物 | はじめに・・・・ | オーウェン・キング | オーディオブック | キャッスルロック | キングが受けた影響 | キングの影響 | キング絶賛 | ゲーム  | コレクション | ジョー・ヒル | スティーヴン・キング | スティーヴン・キング研究序説 | タビサ・キング | トリビア | ポップ・オブ・キング | リチャード・バックマン | レッドソックス | レビュー/アニメ | レビュー/テレビムービー | レビュー/小説 | レビュー/映画 | レビュー/舞台 | ロック・ボトム・リメインダーズ | 国内BD | 国内DVD | 国内アニメ | 国内テレビ | 国内ニュース | 国内マンガ | 国内出版物 | 展覧会 | 拾い物 | 映画 | 海外BD | 海外DVD | 海外テレビ | 海外ニュース | 海外出版物 | 舞台 | | 関連書籍