カテゴリー「海外DVD」の13件の投稿

2011/08/15

「スタンド・バイ・ミー」のウィル・ウィートンの最新インタビュー公開

2011年8月6日 npr(National Public Radio)が、ウィル・ウィートンの最新インタビューを公開した。

このインタビューについては、ツイッターでは既にお知らせしていたのだが、ブログでは紹介していなかった。
最早旧聞の感は否めないが、紹介したいと思う。
興味深いので、是非聴いてみて下さい。

'Stand By Me': A Love Letter To Childhood Innocence
リンク先では、10分37秒のインタビューが聴ける。

このインタビューは「スタンド・バイ・ミー」の25周年記念インタビュー。

子役4人の当時の様子や撮影時の話が興味深い。

クリス・チェンバーズを演じたリヴァー・フェニックスに関する話が多いかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/08/14

「チルドレン・オブ・ザ・コーン/ジェネシス」DVDリリース決定

「チルドレン・オブ・ザ・コーン/ジェネシス」(CHILDREN OF THE CORN: GENESIS) 2011年8月12日 ファンゴリアがスティーヴン・キングの「トウモロコシ畑の子供たち」の最新映像化作品「チルドレン・オブ・ザ・コーン/ジェネシス」("CHILDREN OF THE CORN: GENESIS")の予告編とスチールを公開した。

なお、本作「チルドレン・オブ・ザ・コーン/ジェネシス」("CHILDREN OF THE CORN: GENESIS")は2011年8月30日にDVD及びBlu-rayでリリースされる模様。

Exclusive trailer and photos: New “CHILDREN OF THE CORN”

監督・脚本:ジョエル・ソワソン
出演:J.J. Banicki(コール), Kelen Coleman(アリー), Dusty Burwell, Kai Caster, ビリー・ドラゴ

さまざまな趣向とタイトルで何度も映像化される「トウモロコシ畑の子供たち」

「トウモロコシ畑の子供たち」は、愛されているのでしょうか、それとも安易に映像化したくなる題材なのでしょうか。

予告編を観る限りですが、本作「チルドレン・オブ・ザ・コーン/ジェネシス」("CHILDREN OF THE CORN: GENESIS")は、カーアクションに力が入っており、--予算も結構あったようです--、結構楽しめる作品に仕上がっているのかも知れません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/02/13

「ドランのキャデラック」BDとDVDのおすすめメールが来た。

「ドランのキャデラック」のBDとDVDのおすすめメール 2010年2月10日 Amazon.comからスティーヴン・キング原作の「ドランのキャデラック」("Dolan's Cadillac")のBDとDVDのおすすめメールが来た。

「ドランのキャデラック」("Dolan's Cadillac")
監督:ジェフ・ビーズリー
脚本:リチャード・ドーリング
原作:スティーヴン・キング 「ドランのキャデラック」
出演:クリスチャン・スレイター(ドラン)、エマニュエル・ヴォージエ(エリザベス)、ウェス・ベントリー(ロビンソン)
発売日:2010年4月6日

AN EIGHT-CYLINDER
FUEL-INJECTED COFFIN

と言うキャッチが笑える。

「ドランのキャデラック」("Dolan's Cadillac")DVD

「ドランのキャデラック」("Dolan's Cadillac")BD

当初「ドランのキャデラック」は映画として制作されたが、未公開のまま、所謂ビデオ・ストレート作品、--実際はDVDストレートだけど、--になってしまった残念な作品。

同作「ドランのキャデラック」の国内版DVDやBDの発売予定は不明。
因みに本作品はビデオストレート作品だが、テレビムービーではなく、映画扱いなので、Amazon.co.jpでは取り扱いが出来ない商品だと思われる。
余談だが、権利の関係で映画は日本国内で発売してはいけない事になっているのだ。

ジャケットはこっちの画像の方が個人的には好きだな。
Dolans_cadillac_poster
多分、これじゃあ売れないと思うけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/06/08

「The Signal」北米版DVD発売!

「The Signal」 2008/06/10 映画「The Signal」の北米版DVDが発売になる模様。

「The Signal」とは、2007年のサンダンス映画祭で公開されて話題になったホラー映画で、2008年2月22日より北米で限定公開された話題のインディペンデント・ホラー作品。

この作品のコンセプトは、テレビやラジオ、電話といった信号を発信する機器から突然謎のシグナルが発信され、そのシグナルを見たり聴いたりした人々は凶暴化し他の人々を殺し始める、と言うもの。

キングファンの皆さんは、「The Signal」とキングの「セル」のコンセプトが非常に良く似ていることにお気付きだろう。

「The Signal」「セル」の影響を受けているのか、はたまたどのような関係があるのか不明だが、当ブログでも折角なので紹介しておこうと思う。

「The Signal」
脚本・監督:デヴィッド・ブラックナー、ダン・ブッシュ、ジェイコブ・ジェントリー
出演:ジャスティン・ウェルボーン、AJ Bowen、Scott Poythress、アネッサ・ラムジー、Sahr Ngaujah、シェリー・クリスチャン、チャド・マックナイト、マシュー・スタントン、Suehyla El-Attar、クリストファー・トーマス、リンジー・ギャレット
オフィシャル・サイト

日本公開は現在のところ未定のようだが、機会があったら是非見てみたい作品である。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008/03/24

「ミスト」北米版DVDは2種類!?

2008/03/25に発売される映画「ミスト」の北米版DVDだが、2種類のDVDが発売される模様。

気になる仕様は次の通り。

Mistdvd2 The Mist: 2 Disc Collector's Edition
Disc 1 Feature Film
Feature Commentary by Writer/Director Frank Darabont
Deleted Scenes with Optional Commentary
Drew Struzan: An Appreciation of an Artist
Behind-the-Scenes Webisodes
Trailer Gallery

Disc 2 Special Features
Frank Darabont Introduces The Mist in Black & White
The Director's Vision: The Complete Feature Film in Black & White
When Darkness Came: The Making of The Mist
Taming the Beast: The Making of Scene 35
Monsters Among Us: A Look at the Creature FX
The Horror of It All: The Visual FX of The Mist               

Mistdvd1 The Mist
Feature commentary by writer/director Frank Darabont
Deleted scenes with optional commentary
Drew Struzan: An appreciation of an artist
Behind-the-scenes webisodes
Trailer gallery

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/03/20

映画「ミスト」オンラインゲーム登場!?

2008/03/25にリリースされる映画「ミスト」の北米版DVDを記念してブロックバスター・オンラインのサイトで、映画「ミスト」のオンラインゲームが楽しめる。

CAN YOU ESCAPE THE MIST?

まあ、単純なゲームなので、何度かプレイすれば、クリアできると思うのだけど、あまり最後までプレイしてしまうと、もしかしたら「ミスト」に関する余計な情報を得てしまうかも知れないので注意が必要かも。

ミストグローブ 余談だけど、ブロックバスター・ストアで「ミスト」のDVDを購入すると、ミスとグローブが貰えるらしい。
スノードームならぬミストグローブと言うのが笑える。

更に余談だけど、日本語では一般的にスノードームと言うが、英語ではスノーグローブ(SNOW GLOBE)と言う。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2008/01/09

ジョー・ターケルをめぐる冒険

「ブレードランナー」ルトガー・ハウアーとジョー・ターケル 2007年末 『「ブレードランナー」製作25周年記念アルティメット・コレクターズ・エディション』が発売になった。

国内版DVDは、おまけ付きのプレミアム版(限定10,000セット)が24,800円(Amazon.co.jpでは18,351円)、初回限定版が 14,800円(Amazon.co.jpでは10,951円)で販売されているのだが、わたしは北米版のBD(ブルーレイ・ディスク)のプレミアム版を $99.98(Amazon.comでは$66.95/実際には送料込みで$74.93、日本円で8,167円)で購入した。

さて、今日の本題はジョー・ターケルの話。

ジョー・ターケルと言えば、スティーヴン・キングファンの皆さんは、あぁスタンリー・キューブリック版「シャイニング」(1980)でバーテンダーのロイドを演じた俳優だな、と思われると思うのだが、彼はなんと「ブレードランナー」(1982)では、レプリカントの生みの親、エルドン・タイレルを演じているのだ。

そして、今回発売された『「ブレードランナー」製作25周年記念アルティメット・コレクターズ・エディション』の「ファイナル・カット」版に収録されている監督のリドリー・スコットのオーディオ・コメンタリーに興味深い一節があるので、引用したいと思う。

タイレルの眼鏡はいつ見てもいい
レンズの奥の目がギラギラ光っていて圧倒されるよ
「シャイニング」を見ていてバーテン役の彼に目が留まった
あのフラッシュバックのシーンは最高だった
誰もいない空っぽのボールルームが突然パーティーを楽しむ人であふれかえる
過ぎ去った時代の幽霊たちだ

このシーンの彼は見てのとおり とても念入りにメイクをしている
ヒゲもきれいにそってツルツルだ
タイレル役にぴったりだよ

つまり、「ブレードランナー」の監督であるリドリー・スコットは、キューブリックの「シャイニング」を観て、バーテンのロイドを演じたジョー・ターケルを「ブレードランナー」のタイレル社長役にキャスティングした、と言う事である。

また同時にリドリー・スコットは、「シャイニング」に対して好印象を持っている、と言う事も明らかにしている。

おそるべし、スティーヴン・キング、と言うか実際はスタンリー・キューブリック。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/10/02

「1408」北米版DVD本日発売!

1408 2007/10/02 映画「1408」の北米版DVDが発売された。
発売されたDVDは、「コレクターズ・エディション(2枚組)」、「ワイドスクリーン・エディション」、「フル・スクリーン・エディション」(スタンダード収録/パン・アンド・スキャン)の3種類。

以下、Amazon.comの商品ページへのリンク。

「1408」 (Two-Disc Collector's Edition)
「1408」 (Widescreen Edition)
「1408」 (Full Screen Edition)

なお映画「1408」は、2008年に全国拡大ロードショー公開される予定。

以下、配給会社ムービーアイサイトより引用


「1408(原題)/1408」

宿泊した56人がみな自殺したという謎の部屋、NYドルフィンホテル―1408号室。一人の作家がその真相を探るべく、その部屋に宿泊するが、彼も また自殺の運命をたどってしまうのであろうか? ジョン・キューザック×サミュエル・L・ジャクソン競演、巨匠スティーヴン・キング原作の新感覚ホラー上 陸

呪われた場所を取材し、執筆して生計を立てていた作家マイク(ジョン・キューザック)は、ある朝海岸でドルフィンホテルのカードを発見する。その カードには“何があっても決して1408号室に入ってはいけない”と書かれてあった。その後、マイクはドルフィンホテルの1408号室に宿泊した客は、み な謎の自殺で死んでいるという事実を発見した。
彼は真相を探るべく、ドルフィンホテルへ向かう。そこで、ホテルの支配人オリン(サミュエル・L・ジャクソン)に遭遇し、オリンは彼に忠告する。“1408号室には近づいてはいけない”

キャスト:ジョン・キューザック(「アイデンティティー」「マルコヴィッチの穴」)サミュエル・L・ジャクソン(「スター・ウォーズ」シリーズ)メアリー・マコーマック(「光の旅人 K-PAX」
監督:ミカエル・ハフストローム(「すべてはその朝始まった」
原作:スティーヴン・キング 短編集「幸運の25セント硬貨」
配給:ムービーアイ
2008年全国拡大ロードショー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/09/07

「クリープショー」イギリス版DVD発売情報

Creepshow  GRAVE ONLINEによると、映画「クリープショー」の2枚組スペシャル・エディションDVD(UK版/リージョン2/PAL)のリリースが決定した模様。発売は2007/10/15か10/22。
詳細はコチラ

画像は、今回リリースされるDVDのパッケージ。

驚いたことに、パッケージのイラストは、なんとオリジナル同様JACK KAMEN。

「クリープショー」2枚組スペシャル・エディションDVDの内容は次の通り。
ワイドスクリーン
HDニューマスター
5.1chサラウンド
ジョージ・A・ロメロとトム・サビーニのオーディオ・コメンタリー
7章に及ぶメイキング映像 90分
削除されたシーン 12-15分
劇場版予告編
スチール・ギャラリー

なお、ヨーロッパのDVDのリージョン・コードは2だが、ビデオの形式はPAL方式なので、日本国内のリージョン2のDVDプレーヤーでは視聴する事は出来ません。

PAL方式のリージョン2のDVDプレーヤー、またはPAL方式の簡易再生ができるNTSC方式のリージョン・フリーのプレーヤーが必要です。

現在、「クリープショー」の国内版DVDは廃盤扱いになっているので、今回のスペシャル・エディションの国内版DVDの発売が期待されるところである。
因みに、Amazon.co.jpではDVD、コミックプック共に次の通りプレミアがついている。
※ DVDのパッケージが、今回リリースされるパッケージのイラストと異なっている点をご確認ください。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/10/24

「ナイトメア&ドリームスケープス」北米版DVD本日リリース!

2006/10/24 2006/07/12から4週連続でターナー・ネットワーク・テレビジョン(TNT)で放映されたテレビ・ムービー「ナイトメア&ドリームスケープス」の北米版DVD(リージョン1)が本日リリースされた。

「Nightmares & Dreamscapes Collection」

価格:$39.98
枚数:3枚
発売日:2006/10/24
ASIN:B000GYI340
リージョンコード:1(アメリカ合衆国およびカナダ)
発売元:ワーナー・ホーム・ビデオ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

「Bazaar of Bad Dreams」 「'The Bazaar of Bad Dreams」 「11/22/63」 「1408」 「1922 星もなく深い闇」 「A Face in the Crowd」 「A Good Marriage」 「American Vampire」 「Ayana」 「Bad Little Kid」 「BLAZE」 「Blockade Billy」 「Doctor Sleep」 「Faithful」 「FULL DARK, NO STARS」 「Ghost Brothers of Darkland County」 「Guns」 「Herman Wouk is Still Alive」 「In the Tall Grass」 「Joyland」 「Just After Sunset」 「Mile 81」 「Morality」 「Mr. Mercedes」 「Mute」 「N.」 「Obits」 「Premium Harmony」 「Revival」 「Road Rage」 「The Bazaar of Bad Dreams」 「THE GUNSLINGER BORN」 「THE LONG ROAD HOME」 「The Road of Trials」 「The Secretary of Dreams」 「THE WIND THROUGH THE KEYHOLE」 「Throttle」 「Under the Dome」 「Ur」 「いかしたバンドのいる街で」 「おばあちゃん」 「しなやかな銃弾のバラード」 「アトランティスのこころ」 「イット」 「ウィラ」 「エアロバイク」 「キャッスルロック」 「キャッツ・アイ」 「キャリー」 「キングダム・ホスピタル」 「クリスティーン」 「クリープショー」 「クージョ」 「グリーン・マイル」 「コロラド・キッド」 「ゴースト」 「ゴールデンボーイ」 「ゴールデン・イヤーズ」 「サン・ドッグ」 「ザ・スタンド」 「ザ・チャイルド:悪魔の起源」 「シャイニング」 「シュッシュッポッポきかんしゃチャーリー」 「ショーシャンクの空に」 「シークレット・ウインドウ」 「ジェラルドのゲーム」 「ジョウント」 「ジンジャーブレッド・ガール」 「スタンド・バイ・ミー」 「スティーブン・キングの悪魔の嵐」 「スニーカー」 「スライサー」 「スリープウォーカーズ」 「セル」 「タリスマン」 「ダークタワー」 「ダークタワー」シリーズ 「ダーク・ハーフ」 「ディスコーディア」 「デスペレーション」 「デッド・ゾーン」 「トウモロコシ畑の子供たち」 「トミーノッカーズ」 「トム・ゴードンに恋した少女」 「トラックス」 「ドラゴンの眼」 「ドランのキャデラック」 「ドリームキャッチャー」 「ドロレス・クレイボーン」 「ナイトメアズ&ドリームスケープス」 「ナイト・フライヤー」 「ニードフル・シングス」 「ハイスクール・パニック」 「バトルランナー」 「バーチャル・ウォーズ」 「ビッグ・ドライバー」 「ビッグ・ドライヴァー」 「ファイアスターター」 「ファミリー・シークレット」 「ブラック・ハウス」 「ブルックリンの八月」 「ブロス/やつらはときどき帰ってくる」 「ヘイヴン」 「ヘッド・ダウン」 「ペット・セマタリー」 「ポプシー」 「マングラー」 「マンハッタンの奇譚クラブ」 「マーティ」 「ミザリー」 「ミスター・メルセデス」 「ミスト」 「ミルクマン」 「メイプル・ストリートの家」 「ライディング・ザ・ブレット」 「ランゴリアーズ」 「リーシーの物語」 「レギュレイターズ」 「ローズ・マダー」 「ローズ・レッド」 「一四〇八号室」 「不眠症」 「丘の上の屋敷」 「争いが終るとき」 「人狼の四季」 「人間圧搾機」 「入り江」 「公平な取引」 「刑務所のリタ・ヘイワース」 「十時の人々」 「呪われた町」 「回想のビュイック8」 「図書館警察」 「地下室の悪夢」 「地獄のデビル・トラック」 「夕暮れをすぎて」 「夜がはじまるとき」 「小説作法」 「幸運の25セント硬貨」 「彼らが残したもの」 「悪霊の島」 「悪魔の嵐」 「戦場」 「携帯ゾンビ」 「暗黒の塔」シリーズ 「最後の抵抗」 「死のロングウォーク」 「死の舞踏」 「死霊の牙」 「死霊伝説」 「深夜勤務」 「炎の少女チャーリー」 「痩せゆく男」 「神々のワードプロセッサ」 「禁煙挫折者救済有限会社」 「秘密の窓、秘密の庭」 「第四解剖室」 「素晴らしき結婚生活」 「自宅出産」 「芝刈り機の男」 「超高層ビルの恐怖」 「道路ウィルスは北に向かう」 「闇の展覧会 霧」 「雨期きたる」 「電話はどこから……?」 「霧」 「骨の袋」 「骸骨乗組員」 「黙秘」 「8つの悪夢」 お買い物 はじめに・・・・ オーウェン・キング オーディオブック キャッスルロック キングが受けた影響 キングの影響 キング絶賛 ゲーム  コレクション ジョー・ヒル スティーヴン・キング スティーヴン・キング研究序説 タビサ・キング トリビア ポップ・オブ・キング リチャード・バックマン レッドソックス レビュー/アニメ レビュー/テレビムービー レビュー/小説 レビュー/映画 レビュー/舞台 ロック・ボトム・リメインダーズ 国内BD 国内DVD 国内アニメ 国内テレビ 国内ニュース 国内マンガ 国内出版物 展覧会 拾い物 映画 海外BD 海外DVD 海外テレビ 海外ニュース 海外出版物 舞台 関連書籍