カテゴリー「ジョー・ヒル」の73件の投稿

2021/05/15

ジョー・ヒルの短篇集「怪奇疾走」は2021年6月17日刊行予定

Fullthrottle

ジョー・ヒルの短篇集「Full Throttle」の翻訳「怪奇疾走」が2021年6月17日にハーパーコリンズ・ジャパンより刊行される模様。

「怪奇疾走」にはジョー・ヒルとスティーヴン・キング共著の「スロットル」「イン・ザ・トール・グラス」が収録されている。

「怪奇疾走」
著者:ジョー・ヒル、スティーヴン・キング
翻訳:白石朗、玉木亨、高山真由美、安野玲
出版社:ハーパーコリンズ・ジャパン
発売日:2021年6月17日

収録作品は、
「スロットル」(スティーヴン・キングと共著)
「Dark Carousel」
「Wolverton Station」
「By the Silver Water of Lake Champlain」
「Faun」
「Late Returns」
「All I Care About Is You」
「Thumbprint」
「The Devil on the Starcase」
「Twittering from the Circus of the Dead」
「Mums」
「イン・ザ・トール・グラス」(スティーヴン・キングと共著)
「解放」
の全13作品。

なお、「スロットル」("Throttle")はリチャード・マシスンのトリビュート・アンソロジー「ヒー・イズ・レジェンド」に、また「解放」("You are Released")は恐怖のフライト・アンソロジー「死んだら飛べる」に収録されています。

しかし、スティーヴン・キング業界的、モダンホラー業界的に最近のハーパーコリンズ・ジャパンはすごいですね。

 

 

| | コメント (0)

2020/10/25

スティーヴン・キングとジョー・ヒルの短篇がアニメ化される「The Creepshow Halloween Special」の予告編公開

2020年10月23日、当ブログのエントリー【「生きのびるやつ」が10月配信の「The Creepshow Halloween Special」で映像化か】でお伝えした「The Creepshow Halloween Special」だが、Shudderの公式Youtubeチャンネルで予告が公開された。


A Creepshow Animated Special - Official Trailer [HD] | A Shudder Original

今回配信される「The Creepshow Halloween Special」は、2019年にShudderで配信されたテレビシリーズ「Creepshow」(全6エピソード)の新シリーズと言う位置付けのスペシャル版で、2020年10月26日にShudderでプレミア配信される予定。

この「The Creepshow Halloween Special」では、スティーヴン・キングの短篇「生きのびるやつ」とジョー・ヒルの短篇Twittering from the Circus of the Deadがアニメーション化される。アニメーション製作はOctopie animation studio

なお、残念ながら日本国内からShudderは視聴できない。

Creepshowanimated 「生きのびるやつ」 「スケルトンクルー<3> ミルクマン」(扶桑社ミステリー文庫)に収録
監督:グレッグ・ニコテロ
出演:キーファー・サザーランド
原作:スティーヴン・キング

「Twittering from the Circus of the Dead」
監督:メラニー・デール
出演:ジョーイ・キング
原作:ジョー・ヒル

 

 

| | コメント (0)

2020/10/24

ジョー・ヒル「地獄のデビル・トラック」のリブート版の監督・脚本を熱望する

2020年10月22日に、Bloody Disgusting が伝えるところによると、ジョー・ヒルが「地獄のデビル・トラック」(1986)のリブート版の監督・脚本を熱望している模様。

Joe Hill Wants to Write and Direct a Remake of Stephen King’s ‘Maximum Overdrive’


Maximum Overdrive trailer

「地獄のデビル・トラック」("Maximum Overdrive")とはスティーヴン・キングの短篇小説「トラック」(「深夜勤務」扶桑社ミステリー文庫に収録)を基に自らが監督・脚本を担当した映画で、その概要は、地球の近くを通過した彗星の影響で地球上の電子機器が暴走し人類を攻撃し始める中、アメリカの田舎町のドライブインとガソリンスタンドに取り残された人々と彼らを襲う自動車たちとの対決を描いた作品。

なお、「地獄のデビル・トラック」は1997年にクリス・トムソンにより「トラックス」としてリメイクされている。


Trucks | Trailer | 1997

ジョー・ヒルは、ミック・ギャリスのポッドキャスト「Post Mortem with Mick Garris」の収録で、もし誰かが「地獄のデビル・トラック」のリブートの機会を提供してくれたら、監督・脚本としてその企画に秒で飛びつく、と語った。

またジョー・ヒルは、「地獄のデビル・トラック」のリブートをするなら今だ、と言うのも近年自動運転の自動車が増えつつある。自動運転の自動車の暴走は、もはや彗星ではなくコンピュータウイルスにより簡単に引き起こすことができる。しかも誰もがテスラの巨大な電動トラック「セミ」が走っているのを知っているじゃないか、それらの大型自動車がみんなを一掃する、これは素晴らしい話じゃないか、と語っている。

詳細はこちらのポッドキャストを聞いて欲しい。


Joe Hill Wants to Remake MAXIMUM OVERDRIVE // Post Mortem with Mick Garris Returns October 28

これは、10月28日に配信される本編の抜粋。

先ほど意訳したジョー・ヒルの言葉は次の通り。

“I would only want to jump into directing if I had a chance to do the reboot of Maximum Overdrive.

“If someone offered me the chance to write and direct a relaunch of Maximum Overdrive, I’d jump at that in a second.”

“The time is right, okay. So basically, they’re all the self-driving vehicles. So it’s no longer a comet that sets them off, it’s a virus in the electronics that sets them off. And so you’ve got these giant Tesla semi trucks, ya know, wiping everyone out. I think it could be great.”

またテスラの電動トラック「セミ」はこちら。

 

 

 

| | コメント (0)

2020/10/03

「生きのびるやつ」が10月配信の「The Creepshow Halloween Special」で映像化か

Creepshowhalloweenspecial
各海外メディアが伝えているが、スティーヴン・キングの短編「生きのびるやつ」とジョー・ヒルの短編Twittering from the Circus of the Dead「The Creepshow Halloween Special」としてアニメーション化され、2020年10月26日にShudderでプレミア配信される模様。ちなみに日本国内からShudderは視聴できない。

アニメーション製作はOctopie animation studio

今回のテレビシリーズ「The Creepshow Halloween Special」は、2019年にShudderで配信されたテレビシリーズ「Creepshow」(全6エピソード)の新シリーズと言う位置付けのスペシャル版。

ニュースソースとしてDeadlineのニュースを紹介しておく。

Kiefer Sutherland, Joey King Set For Shudder Animated ‘The Creepshow Halloween Special’; Based On Stephen King, Joe Hill Stories

「生きのびるやつ」 「スケルトンクルー<3> ミルクマン」(扶桑社ミステリー文庫)に収録
監督:グレッグ・ニコテロ
出演:キーファー・サザーランド
原作:スティーヴン・キング

「Twittering from the Circus of the Dead」
監督:メラニー・デール
出演:ジョーイ・キング
原作:ジョー・ヒル

| | コメント (0)

2015/05/12

キングとヒル共著の「In The Tall Grass」が映像化か

2015年5月7日にio9が伝えるところによると、スティーヴン・キングとジョー・ヒル共著の「In The Tall Grass」がヴィンチェンゾ・ナタリによって映画化される可能性が出てきた模様。

Vincenzo Natali To Adapt Stephen King And Joe Hill's In The Tall Grass

ZADFによる続報はこちら。

Stephen King and Joe Hill’s ‘In The Tall Grass’ Is Being Adapted For Film

記事の内容は「In The Tall Grass」の背景と、あらすじ、ヴィンチェンゾ・ナタリの紹介程度。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/03/21

キングとヒルがデル・トロの「クリムゾン・ピーク」を絶賛

「クリムゾン・ピーク」 スティーヴン・キングとジョー・ヒルが自身のツイッターで、ギレルモ・デル・トロの「クリムゾン・ピーク」を絶賛した。

Stephen King and His Son Have Kind Words For Guillermo del Toro’s ‘Crimson Peak’

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2015/02/21

「ホーンズ 容疑者と告白の角」予告編公開

「ホーンズ 容疑者と告白の角」 ジョー・ヒル原作の映画「ホーンズ 容疑者と告白の角」の日本版ポスターと予告編が公開された。

「ホーンズ 容疑者と告白の角」
監督:アレクサンドル・アジャ
脚本:キース・ブーニン
原作:ジョー・ヒル 「ホーンズ 角」(小学館文庫刊)
出演:ダニエル・ラドクリフ(イグ・ペリッシュ)、ジュノー・テンプル(メリン・ウィリアムス)、マックス・ミンゲラ(リー・テルノー)、ジョー・アンダーソン(テリー・ペリッシュ)、ケリ・ガーナー(グレンナ・シェイパード)、ジェームズ・レマー(デレク・ペリッシュ)、キャスリーン・クインライン(リディア・ペリッシュ)、ヘザー・グラハム(ベロニカ)、デビッド・モース(デイル・ウィリアムス)


予告編を観る限りだけど、原作に忠実っぽい。

もちろん蛇も出る。

個人的にはヘザー・グラハムに超期待。

ぼくは座して待つ。

「ホーンズ 角」
著者:ジョー・ヒル
訳者:白石朗
出版社:小学館(小学館文庫)

余談だけどポスターのアートワークは「スウィニー・トッド」みたいだよね。


さらに余談だけど、Amazonでアクリルフォトスタンドとか光沢プリントとかたくさん売ってるけど・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/07/20

映画「ホーンズ」ティーザー予告編公開

2014年7月14日 ジョー・ヒル原作の映画「ホーンズ」のティーザー予告編が公開された。

Horns Official Teaser Trailer 2014 HD, Daniel Radcliffe Movie

Horns 予告編を観る限りだが、本作「HORNS」は、ジョー・ヒルの原作に忠実な印象を受ける。

またビジュアル面でも、原作ファンを裏切らないプロダクション・デザインが嬉しい。作品自体への期待が高まるね。

「ホーンズ」
監督:アレクサンドル・アジャ
脚本:Keith Bunin
原作:ジョー・ヒル 「ホーンズ」(小学館文庫刊)
出演:ダニエル・ラドクリフ(イグ・ペリッシュ)、ジュノー・テンプル(メリン・ウィリアムズ)、マックス・ミンゲラ(リー・トゥルノー)、ケリ・ガーナー(グレンナ・ニコルスン)、ジョー・アンダーソン(テリー・ペリッシュ)、ジェームズ・レマー(デリック・ペリッシュ)、ヘザー・グレアム(ウェイトレス)、デヴィッド・モース、キャスリーン・クインラン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/05/13

ジョー・ヒルの「NOS4A2」が小学館文庫の目玉に!?

2014年5月8日に小学館文庫より翻訳が出版されたジョー・ヒルの「NOS4A2」だが、小学館文庫の中吊り広告を見ると「NOS4A2」が今月の新刊の目玉のような印象を受ける。

小学館文庫の中吊り広告より
なんとジョー・ヒルの「NOS4A2」が小学館文庫の中吊り広告のど真ん中に!

どうですか。
「NOS4A2」はど真ん中で、しかも色が変わってますよ。
これは小学館文庫の目玉だと考えても良いレベルでしょ。

さて、気になる「NOS4A2」の内容ですが、いくつか紹介しましょう。

ガブリエル・ロドリゲスの装画は怖いです。
・献辞は母タビサ・キングに。
・構造はキングの某作品を踏襲。

余談だけど、『幕間 エクスタシーの精霊』とは『Spirit of Ecstasy』で、ロールス・ロイスのオーナメントのこと。

大友克洋の「ハイウェイスター」の表紙でもおなじみですね。

大友克洋の「ハイウェイスター」の『Spirit of Ecstasy』はUSAFのヘルメットをかぶっている。

ところで、ロールス・ロイスのモデル名は、なぜ化物の名前が多いんでしょうか。

因みに、レイモンド・チャンドラーの「ロング・グッドバイ」「長いお別れ」)の冒頭に登場するロールス・ロイスはシルヴァー・レイス。(村上春樹訳では、ロールズロイス・シルバー・レイス)

どうやら「NOS4A2」には1938年型ロールスロイス・レイスが登場するらしい。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/12/09

BEST BOOK of 2013 ホラー部門でキングとヒルがワンツーフィニッシュ!

Goodreads Choice Awards: The Best Books 2013
Goodreads Choice Awards: The Best Books 2013が発表され、そのホラー部門において、スティーヴン・キングの「Doctor Sleep」とジョー・ヒルの「NOS4A2」がワンツーフィニッシュを決めた模様。

The Best Books 2013 / Best Horror

キングの「Doctor Sleep」はともかく、ジョー・ヒルの「NOS4A2」が第2位とはこれは驚き。

もしかするとジョー・ヒルはキング以上のとんでもない作家になっていくのかも知れませんね。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

「Bazaar of Bad Dreams」 「'The Bazaar of Bad Dreams」 「11/22/63」 「1408」 「1922 星もなく深い闇」 「A Face in the Crowd」 「A Good Marriage」 「American Vampire」 「Ayana」 「Bad Little Kid」 「BLAZE」 「Blockade Billy」 「Doctor Sleep」 「Faithful」 「FULL DARK, NO STARS」 「Ghost Brothers of Darkland County」 「Guns」 「Herman Wouk is Still Alive」 「If it Bleeds」 「In the Tall Grass」 「Joyland」 「Just After Sunset」 「Later」 「Mile 81」 「Morality」 「Mr. Mercedes」 「Mute」 「N.」 「Obits」 「On Slide Inn Road」 「Premium Harmony」 「Revival」 「Road Rage」 「The Bazaar of Bad Dreams」 「THE GUNSLINGER BORN」 「The Institute」 「THE LONG ROAD HOME」 「The Outsider」 「The Road of Trials」 「The Secretary of Dreams」 「THE WIND THROUGH THE KEYHOLE」 「Throttle」 「Under the Dome」 「Ur」 「いかしたバンドのいる街で」 「おばあちゃん」 「しなやかな銃弾のバラード」 「わるい夢たちのバザール」 「アトランティスのこころ」 「イット」 「ウィラ」 「エアロバイク」 「キャッスルロック」 「キャッツ・アイ」 「キャリー」 「キングダム・ホスピタル」 「クリスティーン」 「クリープショー」 「クージョ」 「グリーン・マイル」 「コロラド・キッド」 「ゴースト」 「ゴールデンボーイ」 「ゴールデン・イヤーズ」 「サン・ドッグ」 「ザ・スタンド」 「ザ・チャイルド:悪魔の起源」 「シャイニング」 「シュッシュッポッポきかんしゃチャーリー」 「ショーシャンクの空に」 「シークレット・ウインドウ」 「ジェラルドのゲーム」 「ジョウント」 「ジンジャーブレッド・ガール」 「スタンド・バイ・ミー」 「スティーブン・キングの悪魔の嵐」 「スニーカー」 「スライサー」 「スリープウォーカーズ」 「セル」 「タリスマン」 「ダークタワー」 「ダークタワー」シリーズ 「ダーク・ハーフ」 「ディスコーディア」 「デスペレーション」 「デッド・ゾーン」 「トウモロコシ畑の子供たち」 「トミーノッカーズ」 「トム・ゴードンに恋した少女」 「トラックス」 「ドラゴンの眼」 「ドランのキャデラック」 「ドリームキャッチャー」 「ドロレス・クレイボーン」 「ナイトメアズ&ドリームスケープス」 「ナイト・フライヤー」 「ニードフル・シングス」 「ハイスクール・パニック」 「バトルランナー」 「バーチャル・ウォーズ」 「ビッグ・ドライバー」 「ビッグ・ドライヴァー」 「ファイアスターター」 「ファミリー・シークレット」 「ブラック・ハウス」 「ブルックリンの八月」 「ブロス/やつらはときどき帰ってくる」 「ヘイヴン」 「ヘッド・ダウン」 「ペット・セマタリー」 「ポプシー」 「マイル81」 「マングラー」 「マンハッタンの奇譚クラブ」 「マーティ」 「ミザリー」 「ミスター・メルセデス」 「ミスト」 「ミルクマン」 「メイプル・ストリートの家」 「ライディング・ザ・ブレット」 「ランゴリアーズ」 「リーシーの物語」 「レギュレイターズ」 「ローズ・マダー」 「ローズ・レッド」 「一四〇八号室」 「不眠症」 「丘の上の屋敷」 「争いが終るとき」 「人狼の四季」 「人間圧搾機」 「入り江」 「公平な取引」 「刑務所のリタ・ヘイワース」 「十時の人々」 「呪われた町」 「回想のビュイック8」 「図書館警察」 「地下室の悪夢」 「地獄のデビル・トラック」 「夏の雷鳴」 「夕暮れをすぎて」 「夜がはじまるとき」 「小説作法」 「幸運の25セント硬貨」 「彼らが残したもの」 「悪霊の島」 「悪魔の嵐」 「戦場」 「携帯ゾンビ」 「暗黒の塔」シリーズ 「最後の抵抗」 「死のロングウォーク」 「死の舞踏」 「死霊の牙」 「死霊伝説」 「深夜勤務」 「炎の少女チャーリー」 「生きのびるやつ」 「痩せゆく男」 「眠れる美女たち」 「神々のワードプロセッサ」 「禁煙挫折者救済有限会社」 「秘密の窓、秘密の庭」 「第四解剖室」 「素晴らしき結婚生活」 「自宅出産」 「芝刈り機の男」 「超高層ビルの恐怖」 「道路ウィルスは北に向かう」 「闇の展覧会 霧」 「雨期きたる」 「電話はどこから……?」 「霧」 「音楽室」 「骨の袋」 「骸骨乗組員」 「黙秘」 「8つの悪夢」 お買い物 はじめに・・・・ オーウェン・キング オーディオブック キャッスルロック キングが受けた影響 キングの影響 キング絶賛 ゲーム  コレクション ジョー・ヒル スティーヴン・キング スティーヴン・キング研究序説 タビサ・キング ダラー・ベイビー トリビア ポップ・オブ・キング リチャード・バックマン レッドソックス レビュー/アニメ レビュー/テレビムービー レビュー/小説 レビュー/映画 レビュー/舞台 ロック・ボトム・リメインダーズ 国内BD 国内DVD 国内アニメ 国内テレビ 国内ニュース 国内マンガ 国内出版物 展覧会 拾い物 映画 海外BD 海外DVD 海外テレビ 海外ニュース 海外出版物 舞台 関連書籍