カテゴリー「「クリープショー」」の12件の投稿

2017/03/19

訃報:バーニー・ライトソン

Cycleofthewerewolf バーニー・ライトソンのオフィシャル・サイトによると、2017年3月19日、バーニー・ライトソンが脳腫瘍のため亡くなった模様。

A Message from Liz Wrightson

昨日のエントリー【なんとグラフィックノベル版「クリープショー」が再販】「クリープショー」の話をしたばかりなのに非常に残念である。

なお、バーニー・ライトソンはスティーヴン・キング作品では、「クリーブショー」「人狼の四季」「ザ・スタンド」「回想のビュイック8」「ダーク・タワー」シリーズのアートワークに携わっている。

また映画「ミスト」のクリーチャー・デザイン等を担当している。

R.I.P.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/03/18

なんとグラフィックノベル版「クリープショー」が再販

Creepshow 2017年3月18日にDAiLY DEADが伝えるところによると、グラフィックノベル版「クリープショー」が2017年5月に再販される模様。

Stephen King’s CREEPSHOW Graphic Novel to Be Re-Released This May

因みに、わたしも1冊持っているが、たしか800円くらいで古書店で購入した記憶があるのだが、Amazon.co.jpでは、現在 8,759円〜28,177円で販売されている。

ただし、発送元は全て海外だけど。5月まで待ちきれない方は、どうぞ。

なお、Amazon.co.jpでは、2017年5月9日発売の再販版の予約が始まっている。

現在の価格は、1,980円。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/06/22

荒木飛呂彦スティーヴン・キングを語る

2011年6月17日に集英社新書から刊行された「荒木飛呂彦の奇妙なホラー映画論」において、荒木飛呂彦はまるまる一章を費やしてスティーヴン・キングとキング原作の映像化作品について語っている。

「荒木飛呂彦の奇妙なホラー映画論」

著者:荒木飛呂彦
出版社:集英社(集英社新書刊)

「ジョジョ」の原点はホラー映画にあった!
「ジョジョの奇妙な冒険」の荒木飛呂彦が、自身の創作との関係を語りながら独自のホラー映画論を展開。描き下ろしイラスト多数!

(オフィシャル・サイトより引用)

まえがき モダンホラー映画への招待
第一章 ゾンビ映画
第二章 『田舎に行ったら襲われた』系ホラー
第三章 ビザール殺人鬼映画
第四章 スティーブン・キング・オブ・ホラー
第五章 SFホラー映画
第六章 アニマルホラー
第七章 構築系ホラー
第八章 不条理ホラー
第九章 悪魔・怨霊ホラー
第一〇章 ホラー・オン・ボーダー
あとが
(目次より引用)

本書は、スティーヴン・キングのファンでスティーヴン・キング作品の影響を受けている、と言われている漫画家の荒木飛呂彦が、1970年代以降のホラー映画を解説するホラー映画の解説本である。

その語り口は穏やかでわかりやすく真摯であり、ホラー映画のことをあまり知らない人たちにとっての良質なホラー映画入門書に仕上がっているし、ホラー映画をよく知っている人たちにとっては、勿論そのほとんどが知っている情報ではあったとしても、そのホラー映画の歴史や背景等々、様々な断片的な知識や情報を体系的に一冊にまとめた解説書としても機能する素晴らしい書籍だと言える。

しかも紹介する作品から次に紹介する作品への流れが美しい。
ホラー映画ファンの思考の流れと見事に合致しているのだ。

章立ては前述のように、ホラー映画を荒木飛呂彦自身の感性でジャンル分けをしていて、先ず、そのジャンルの中で荒木飛呂彦がベストだと思う作品をあげ、その作品の批評、更に歴史的な背景から、制作者がその作品以前に扱ってきた題材やホラー映画史におけるその作品の位置づけ、そしてその後に派生するフォロアーや他の作品との関連性などなど、映画史上の流れが明確に語られて行く。

そして特筆すべき点は、繰り返しになるが、紹介する作品から次に紹介する作品へと繋がる連想的な流れが大変素晴らしい。

ここで、いくつかの章を例に挙げるので、荒木飛呂彦の思考の流れを追体験して欲しい。

第二章 『田舎に行ったら襲われた』系ホラー
「悪魔のいけにえ」
先ず、ベストの作品をあげ、批評し

「脱出」
そのジャンルに関心を持った自身のきっかけを語り

「わらの犬」

「サランドラ」

「ヒルズ・オブ・アイズ」
旧作とリメイクを比較し

「2001人の狂宴」(「2000人の狂人」)

「蝋人形の館」(「肉の蝋人形」)

「ハイテンション」
リメイク版の「ヒルズ・オブ・アイズ」のアジャ作品から監督の魅力を語り

「ヒッチャー」
今度は監督ではなく俳優の魅力で一本紹介する

「キャビン・フィーバー」

「ホステル」
監督繋がりでもう一本

「変態村」
特殊な作品を挙げ

「モーテル」
ここで「モーテル」かよ

「ジーパーズ・グリーパーズ」
今度はコッポラ(製作)かよ

「正体不明 ゼム」
最後に・・・・

第六章 アニマルホラー
「ジョーズ」
先ずはベストの作品を挙げ、批評し

「オープン・ウォーター」
「ジョーズ」で描かれなかった領域の恐怖を

「ディープ・ブルー」
「ジョーズ」の流れ出はあるが異色のアニマルホラー(遺伝子改造生物)を紹介

「リンク」
その遺伝子改造生物の流れで「リンク」

「モンキー・シャイン」
更にそれをすすめて「モンキー・シャイン」

「アラクノフォビア」
最後に一本

いががだろうか。
荒木飛呂彦の思考の流れは読み取れただろうか。

ところで本書が執筆された目的なのだが、荒木飛呂彦は本書「荒木飛呂彦の奇妙なホラー映画論」を通じて、比較的虐げられているホラー映画の地位の向上を図っている、と思われる。

がんばれ! 荒木飛呂彦よ!
ホラー映画の明日のために!

しかし、漫画家である荒木飛呂彦が、自作を創作する上で、影響を受けた作品を列挙する、と言う行為は、非常に潔い印象を受ける。

つまり、作家の根源たる、自作に影響を与えたであろう様々な作品についてを開陳する、と言うことはある意味自分の頭の中を公開することと近しいものではないだろうか。
その器の大きさには頭が下がる思いである。

さて、当ブログはスティーヴン・キングに関する情報を紹介するブログである。
そんな訳で、折角なので『第四章 スティーブン・キング・オブ・ホラー』の内容を少し紹介したいと思う。

荒木飛呂彦が描いたスティーヴン・キング
『第四章 スティーブン・キング・オブ・ホラー』の扉画。

荒木飛呂彦によるキングの位置づけ

『読者を「怖がらせるために」細々とした人間描写から歴史に隠された怨念に至るまでを追求している最高峰の作家であると、僕はそう位置づけています』

荒木飛呂彦によるキング映画のベスト3

1.「ミザリー」
2.「ミスト」
3.「ペット・セメタリー」

最初のキング映画体験

『キング原作の映画を最初に観たのは「キャリー」でしたが、その時はまだ原作小説があることを知らなかったと言うより、キングという小説家がいることさえ知りませんでした。』

「シャイニング」について

『映画(「シャイニング」)では、怪奇現象を通して殺人鬼になってしまった父親を、息子の少年がある方法で死へと誘う。けれど息子が父親を倒して終わるというのは、スティーブン・キングの流儀ではないでしょう。たとえ仲が悪かったとしても、父親と息子は最後には理解し合うものとしてキングは小説で描いていて、それは彼なりの哲学と言っていいかもしれない。だから殺人鬼になったとしても、息子が父親を倒してしまえば親子関係はそれで終わってしまい、キング作品における人間関係 の在り方としては間違っていると言わざるを得ません。小説のほうでも父親と息子は戦いますが、最後は理解し合うというか、父親が息子を見守る形で完結しています。』

「シャイニング」の父親と息子の関係については、現在でも論争が起きている問題ですね。

「ミザリー」について

『雪山での自動車事故で足を負傷した人気小説家と、彼を換金した熱狂的なファンの中年女が駆け引きを繰り広げる「ミザリー」。キング原作の中では、これが僕のナンバー1です。』

ナンバー1と言うところがウイットに富んでますね。

『「編集者と作家の、こういう愛憎入り交じった関係の中でこそ名作は作られて行くんだな」と妙に実感してしまいまった作品でもありました。考えようによってはこの中年女は、「ミザリー」にとって最高の編集者だったのかもしれません。そこまで描いてしまったということにおいても、この作品は栄光ある「超傑作」に決定ですね。』

この辺については先日の「スティーヴン・キング酒場」において藤田新策さんが、語っていました。

「ドリームキャッチャー」について

『とにかく見てほしいのが、山小屋に集まった男たちが遭難者を助けるシーンです。この遭難者がトイレに入っている。するとどんなことが起こるかというのが、もう下ネタあり、アクションあり、グロテスクありの見どころとなっています。バカバカしくて吹き出しそうになっても、ギャグではない。しかも荒唐無稽に見えてリアルという、その絶妙の匙加減の中から恐怖が立ち上がってきます。』

そこは名シーンですね。
恐怖が立ち上がってきます、と言うのが良い表現だと思います。

因みに、本書の冒頭に「荒木飛呂彦が選ぶホラー映画 Best20」が掲載されているのだが、キング原作作品では「ミザリー」がベスト3に、「ミスト」がベスト8にランクインしている。

とにかく、本書「荒木飛呂彦の奇妙なホラー映画論」は、ホラーの解説書としても十分に面白いし、荒木飛呂彦の作品を考察する上でも資料価値の高い書籍に仕上がっています。

関心がある方には是非ご一読をお勧めする良質な書籍だと思います。

特に1970年代から劇場で映画を、とりわけホラー映画を観てきた人たちにとっては、非常に面白い書籍に仕上がっていると思いますよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/10/03

最高のホラー映画1位に1974年の映画「悪魔のいけにえ」!2位は「エクソシスト」

米雑誌「トータル・フィルム」 2010年9月30日にシネマトゥディが米雑誌「トータル・フィルム」が行った、最高のホラー映画の投票の結果を発表した。

最高のホラー映画1位に1974年の映画「悪魔のいけにえ」!2位は「エクソシスト」

記録のため、全文を引用する。

[シネマトゥデイ映画ニュース] 雑誌「トータル・フィルム」が行った投票で、史上最高のホラー映画に1974年の低予算映画『悪魔のいけにえ』が第1位に選ばれた。

「トータル・フィルム」誌が、ホラー映画を制作してきた映画監督や俳優たちにお気に入りの作品を投票してもらったところ、ジョン・カーペンター監督やウェス・クレイヴン監督、ジョン・ランディーらホラー界の名だたる人物たちがこの作品に1票を入れた。2位には1973年の『エクソシスト』、3位にはアルフレッド・ヒッチコック監督の『サイコ』がランクインし、60~70年代ホラーの質の高さが現れた結果となった。トップ10にランクインした中で最も新しい作品は、5位に入った1982年のジョン・カーペンター監督作『遊星からの物体X』。その他、ジャック・ニコルソン主演の『シャイニング』や、またまたカーペンター監督作『ハロウィン』などがトップ10入りしている。

映画『悪魔のいけにえ』は、1950年代に実際にあった猟奇殺人をもとにした物語で、テキサスに帰郷した男女が次々と不気味な仮面の男に殺されていく。同誌の編集者は今回の結果について、「『悪魔のいけにえ』は、見るというよりも感じる作品だ。カメラの力強い動きや乱暴な編集、甲高い音と気味の悪いヴィジュアルが観客の頭蓋骨にガンガンぶつかってくるんだよ」と、高い支持を得た理由を語っている。

と言う事で、我らがスティーヴン・キング原作、スタンリー・キューブリック監督作品「シャイニング」が、最高のホラー映画トップ10入りしている模様。

元記事を見つけていないので、今のところ順位不明。

また、Horror Icons' Top 10 Horror Films と言う記事では、50人以上の映画監督等が、ホラー映画のベストテンをあげています。

キング原作作品は、次の作品がそれぞれの監督等に選ばれています。

「シャイニング」は、
ロブ・ゾンビの第8位
ザック・スナイダーの第2位
マット・リーヴスの第2位
アレクサンドル・アジャの第1位
イーライ・ロスの第8位
ラリー・フェセンデンの第2位
タイ・ウェストの第1位
Gareth Edwardsの第6位
ショーン・S・カニンガムの第5位("Too Good to Stay Off the Lists"部門)
グレッグ・マクリーンの第5位
ジェイク・ウエストの第7位
マイケル・ドハティの第10位
Paul Andrew Williamsの第3位
クリス・スミスの第2位
フアン・アントニオ・バヨナの第3位
グレッグ・ニコテロの第9位
グレッグ・ビショップの第9位
Mark Salisburyの第10位
Steve Bartonの第9位
キム・ニューマンの第7位
Sloan Freerの第1位
ジェニファー・ワイスの第2位
ギレルモ・デル・トロの第3位

「キャリー」は、
エドガー・ライトの第1位
フィリップ・リドリーの第1位
ショーン・S・カニンガムの第13位("Too Good to Stay Off the Lists"部門)
ノーマン・J・ウォーレンの第2位
マイケル・ドハティの第9位
マーク・プライスの第7位
Mark Salisburyの第8位
Andy Loweの第9位

「ミザリー」は、
ショーン・S・カニンガムの第6位

「ミスト」は、
マーク・プライスの第6位

「クリープショー」は、
Ryan 'Rotten' Turekの第10位

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/06/28

Creepshow Promo Photo

20100628_233001 The Overlook Connectionのサイトで、映画「クリープショー」の比較的レアなプロモーション用のスチール写真が販売されている。

このスチール写真は、映画雑誌「Cinefantastique magazine」の表紙のために1984年に8×10で撮影されたスチールで、ジョージ・A・ロメロ、トム・サヴィーニ、そしてスティーヴン・キングが顔を揃えている。

因みにキングは「クリープショー」第2話「ジョディ・ベリルの孤独な死」のタイトル・ロールであるジョディ・ベリルのメイクをしている。
また、中央にある箱は、第4話「箱」の箱である。

価格は$29.95。関心がある方は購入してみてはいかがだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/03/07

ジョー・ヒルのスクリーン・デビューは「クリープショー」!?

スティーヴン・キングの息子ジョー・ヒルは、なんと映画「クリープショー」(1982)でスクリーン・デビューを果たしていた。

「クリープショー」
監督:ジョージ・A・ロメロ   
製作:リチャード・P・ルビンスタイン   
脚本:スティーヴン・キング   
特殊メイク:トム・サヴィーニ   
出演:E・G・マーシャル、テッド・ダンソン、レスリー・ニールセン、フリッツ・ウィーヴァー、ハル・ホルブルック、エイドリアン・バーボー、スティーヴン・キング、トム・アトキンス、ヴィヴェカ・リンドフォース、ゲイラン・ロス、エド・ハリス、キャリー・ナイ

「クリープショー」と言えば、皆さんご承知のように、第2話「ジョディ・ベリルの孤独な死」のジョディ・ベリル役でスティーヴン・キングが出演しているが、なんとキングの息子ジョー・ヒルも同作「クリープショー」の重要なキャラクターを演じているのだ。

賢明な読者諸氏は既にお気付きだと思うが、ジョー・ヒルは「クリープショー」のプロローグとエピローグに登場する、父親にコミック・ブック「クリープショー」を捨てられてしまう少年を見事に演じている。

それでは、ジョー・ヒルのスクリーン・ショットを紹介しよう。

父親にコミック・ブックを捨てられそうになって激怒するジョー・ヒル
父親にコミック・ブックを捨てられそうになって激怒するジョー・ヒル。

窓の外の存在に微笑むジョー・ヒル
窓の外の存在に微笑むジョー・ヒル。

窓の外の存在に希望を託すジョー・ヒル
窓の外の存在に希望を託すジョー・ヒル。

通信販売で買ったヴードゥー人形で父親に呪いをかけるジョー・ヒル
通信販売で買ったヴードゥー人形で父親に呪いをかけるジョー・ヒル。

みなさん、いかがでしょう。

現在のジョー・ヒルは、かつての「クリープショー」の頃のジョー・ヒルにそっくりですよね。と言うか面影がバリバリ残ってますよね。

「ゾンビ」のロケ地モンローヴィル・モールを訪問したジョー・ヒル
「ゾンビ」のロケ地モンローヴィル・モールを訪問したジョー・ヒル。(2010年3月1日)

余談ですが、ジョー・ヒルは「クリープショー」撮影当時、1982年(1981年かな?)、ジョージ・A・ロメロと面識があり、もしかしたら、その際の経験から、「20世紀の幽霊たち」に収録されている「ロビー・コンロイ、死者の国より帰る」を書いたのかも知れませんね。

なお、
「ロビー・コンロイ、死者の国より帰る」は、モンローヴィル・モールでの「ゾンビ」撮影現場での出来事を描いています。
同作にはジョージ・A・ロメロもトム・サヴィーニも登場しますよ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009/10/30

ゴキブリ2,000匹を体に乗せて演技!「ソウ6」出演を勝ち取ったスクリーム・クイーンとは?

米リアリティ番組「スクリーム・クイーンズ」の過酷な試練を乗り越え、映画「ソウ6」に出演することになったタネドラ・ハワードは、どうやらキングファンだった模様。

ゴキブリ2,000匹を体に乗せて演技!「ソウ6」出演を勝ち取ったスクリーム・クイーンとは?

記録のため、全文を引用する。

[シネマトゥデイ映画ニュース] アメリカのリアリティー番組「スクリーム・クイーンズ」で過酷なサバイバル・ゲームを勝ち抜き、映画「ソウ6」の出演を勝ち取ったタネドラ・ハワードに話を聞くことができた。

女優経験ゼロのタネドラは、映画「ソウ6」の配役を勝ち取るために、リアリティー番組の過酷なサバイバル・ゲームに参加した。「サバイバル・ゲームの中で一番嫌だったのは、2,000匹のマダガスカルゴキブリを体中に乗せて演技をしたことね。それとグロテスクな血のりを頭から浴びたこともあったわね」と挑戦した恐ろしすぎるゲームについて回想する。

そんな過酷なゲームを勝ち抜いたタネドラは、無類のホラー好き。ホラーを好きになったきっかけは、モダンホラー小説界の巨匠スティーヴン・キングだという。「幼いころのわたしにとって、キングの本は、読み応えのある厚い本でしょ? それを集中して読んでいるうちに、いつの間にかホラー・ファンになってたの(笑)。もちろん映画化された作品もたくさん観たわ!」と楽しそうに話す。ちなみに一番好きなホラー映画は映画「チャイルド・プレイ」「エルム街の悪夢」とのこと。ちなみに「エルム街の悪夢」はジョニー・デップのデビュー作だ。それを指摘するとタネドラは「あら、本当!? それならもう一度観なきゃ!」と大興奮し、心からのホラー好きであることを感じさせた。

映画「ソウ」シリーズは世界中に熱狂的ファン持つ。そのため制作には万全を期して、撮影も極秘のうちに進められた。「わたしが渡された脚本には、わたしが演じるシーンしか書かれてなかった。だからほかのシーンやほかの俳優の演技もまったく不明。しかも渡された脚本には「Evolution III」というまったく別のタイトルが書かれていたわ。わたし以外の誰かが脚本を読んでしまった場合、それが「ソウ6」だとわからないようにするためにね」と制作の内幕を教えてくれた。

しかし「スクリーム・クイーンズ」を経て、出演が決まった際にはインターネットを通してさまざまな誘惑があったという。「わたしがこの作品に決まるとわかったときから、インターネットのコミュニティサービスを通して、お金や旅行のチケットをあげるから、映画の内容を教えてくれという問い合わせがたくさんあったの(笑)」と有名になったことで新たなる苦労も増えた様子。ホラー映画に適した甲高い声を持つタネドラは、「ソウ6」以降も女優として活躍していきたいと抱負を語った。(取材・文:細木信宏/Nobuhiro Hosoki)

映画「ソウ6」は11月6日よりTOHOシネマズ六本木ヒルズほかにて全国公開

King ゴキブリを体に乗せて、と言えば、当然スティーヴン・キング脚本、ジョージ・A・ロメロ監督「クリープショー」の第5話「奴らは群がり寄ってくる」を思い出す、と言うか、「スクリーム・クイーンズ」「クリープショー」の影響を受けて、試練を企画した、と言うところだと思う。

写真は、「クリープショー」第2話「ジョディ・ベリルの孤独な死」に主演したスティーヴン・キングの雄姿。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/09/08

「クリープショー」北米版BD発売!

Creepshowbd 2009/09/08に映画「クリープショー」の北米版BDが発売される模様。

以前、「クリープショー」のUK版DVDのスペシャル・エディションのお話(「クリープショー」イギリス版DVD発売情報)をしたが、今回の北米版BDは、残念ながら特典映像は劇場予告編のみのようである。

UK版スペシャル・エディションの国内版の発売を期待したい。

因みに、「クリープショー」の国内版DVDは現在廃盤扱いである。

余談だけど、再販版の「クリープショー」(コミック・ブック)のAmazon.co.jpでの価格が結構下がっている。
もしかしたら、買い時かも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/01/15

「クリープショー」オークション情報 続報

先日お伝えした「クリープショー」初版本のオークションについてだが、本日2009/01/15、オークションの結果が出た。

「クリープショー」初版本
落札価格:5,251円
入札件数:10件

因みに、先日お伝えした時点では、Amazon.co.jpで出品されている「クリープショー」の最安価格は7,607円だったのだが、現在の最安価格は6,882円になっている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/01/08

「クリープショー」オークション情報

「クリープショー」初版本 なんと、Yahoo!オークション「クリープショー」の初版本が出品されている。

「クリープショー」初版本
開始時の価格:2,800円
終了日時:1月15日 0時55分
発行:1982/08/01

因みに、Amazon.co.jpでは、本書「クリープショー」("CREEPSHOW")の1990年に再販された版の中古商品が7,607円から販売されている。(最高額:12,992円)

因みに、Amazon.comなら、$18.00から販売されている。(最高額:$601.50)

因みに、我が家の広大なアーカイブ(嘘)には初版が1冊と、ロメロとサビーニとバーニ・ライトスンとあと不明の人のサインが入ったポートレイトがある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

「Bazaar of Bad Dreams」 | 「'The Bazaar of Bad Dreams」 | 「11/22/63」 | 「1408」 | 「1922 星もなく深い闇」 | 「A Face in the Crowd」 | 「A Good Marriage」 | 「American Vampire」 | 「Ayana」 | 「Bad Little Kid」 | 「BLAZE」 | 「Blockade Billy」 | 「Doctor Sleep」 | 「Faithful」 | 「FULL DARK, NO STARS」 | 「Ghost Brothers of Darkland County」 | 「Guns」 | 「Herman Wouk is Still Alive」 | 「In the Tall Grass」 | 「Joyland」 | 「Just After Sunset」 | 「Mile 81」 | 「Morality」 | 「Mr. Mercedes」 | 「Mute」 | 「N.」 | 「Obits」 | 「Premium Harmony」 | 「Revival」 | 「Road Rage」 | 「The Bazaar of Bad Dreams」 | 「THE GUNSLINGER BORN」 | 「THE LONG ROAD HOME」 | 「The Road of Trials」 | 「The Secretary of Dreams」 | 「THE WIND THROUGH THE KEYHOLE」 | 「Throttle」 | 「Under the Dome」 | 「Ur」 | 「いかしたバンドのいる街で」 | 「おばあちゃん」 | 「しなやかな銃弾のバラード」 | 「アトランティスのこころ」 | 「イット」 | 「ウィラ」 | 「エアロバイク」 | 「キャッツ・アイ」 | 「キャリー」 | 「キングダム・ホスピタル」 | 「クリスティーン」 | 「クリープショー」 | 「クージョ」 | 「グリーン・マイル」 | 「コロラド・キッド」 | 「ゴースト」 | 「ゴールデンボーイ」 | 「ゴールデン・イヤーズ」 | 「サン・ドッグ」 | 「ザ・スタンド」 | 「ザ・チャイルド:悪魔の起源」 | 「シャイニング」 | 「ショーシャンクの空に」 | 「シークレット・ウインドウ」 | 「ジェラルドのゲーム」 | 「ジョウント」 | 「ジンジャーブレッド・ガール」 | 「スタンド・バイ・ミー」 | 「スティーブン・キングの悪魔の嵐」 | 「スニーカー」 | 「スライサー」 | 「スリープウォーカーズ」 | 「セル」 | 「タリスマン」 | 「ダーク・ハーフ」 | 「ディスコーディア」 | 「デスペレーション」 | 「デッド・ゾーン」 | 「トウモロコシ畑の子供たち」 | 「トミーノッカーズ」 | 「トム・ゴードンに恋した少女」 | 「トラックス」 | 「ドラゴンの眼」 | 「ドランのキャデラック」 | 「ドリームキャッチャー」 | 「ドロレス・クレイボーン」 | 「ナイトメアズ&ドリームスケープス」 | 「ナイト・フライヤー」 | 「ニードフル・シングス」 | 「ハイスクール・パニック」 | 「バトルランナー」 | 「バーチャル・ウォーズ」 | 「ビッグ・ドライバー」 | 「ビッグ・ドライヴァー」 | 「ファイアスターター」 | 「ファミリー・シークレット」 | 「ブラック・ハウス」 | 「ブルックリンの八月」 | 「ブロス/やつらはときどき帰ってくる」 | 「ヘイヴン」 | 「ヘッド・ダウン」 | 「ペット・セマタリー」 | 「ポプシー」 | 「マングラー」 | 「マンハッタンの奇譚クラブ」 | 「マーティ」 | 「ミザリー」 | 「ミスト」 | 「ミルクマン」 | 「メイプル・ストリートの家」 | 「ライディング・ザ・ブレット」 | 「ランゴリアーズ」 | 「リーシーの物語」 | 「レギュレイターズ」 | 「ローズ・マダー」 | 「ローズ・レッド」 | 「一四〇八号室」 | 「不眠症」 | 「丘の上の屋敷」 | 「争いが終るとき」 | 「人狼の四季」 | 「人間圧搾機」 | 「入り江」 | 「公平な取引」 | 「刑務所のリタ・ヘイワース」 | 「十時の人々」 | 「呪われた町」 | 「回想のビュイック8」 | 「図書館警察」 | 「地下室の悪夢」 | 「地獄のデビル・トラック」 | 「夕暮れをすぎて」 | 「夜がはじまるとき」 | 「小説作法」 | 「幸運の25セント硬貨」 | 「彼らが残したもの」 | 「悪霊の島」 | 「悪魔の嵐」 | 「戦場」 | 「携帯ゾンビ」 | 「暗黒の塔」シリーズ | 「最後の抵抗」 | 「死のロングウォーク」 | 「死の舞踏」 | 「死霊の牙」 | 「死霊伝説」 | 「深夜勤務」 | 「炎の少女チャーリー」 | 「痩せゆく男」 | 「神々のワードプロセッサ」 | 「禁煙挫折者救済有限会社」 | 「秘密の窓、秘密の庭」 | 「第四解剖室」 | 「素晴らしき結婚生活」 | 「自宅出産」 | 「芝刈り機の男」 | 「超高層ビルの恐怖」 | 「道路ウィルスは北に向かう」 | 「闇の展覧会 霧」 | 「雨期きたる」 | 「電話はどこから……?」 | 「霧」 | 「骨の袋」 | 「骸骨乗組員」 | 「黙秘」 | 「8つの悪夢」 | お買い物 | はじめに・・・・ | オーウェン・キング | オーディオブック | キャッスルロック | キングが受けた影響 | キングの影響 | キング絶賛 | ゲーム  | コレクション | ジョー・ヒル | スティーヴン・キング | スティーヴン・キング研究序説 | タビサ・キング | トリビア | ポップ・オブ・キング | リチャード・バックマン | レッドソックス | レビュー/アニメ | レビュー/テレビムービー | レビュー/小説 | レビュー/映画 | レビュー/舞台 | ロック・ボトム・リメインダーズ | 国内BD | 国内DVD | 国内アニメ | 国内テレビ | 国内ニュース | 国内マンガ | 国内出版物 | 展覧会 | 拾い物 | 映画 | 海外BD | 海外DVD | 海外テレビ | 海外ニュース | 海外出版物 | 舞台 | | 関連書籍