カテゴリー「キング絶賛」の52件の投稿

2017/10/29

キング「IT/イット “それ”が見えたら、終わり。」を語る

2017年11月3日 日本公開の「IT/イット “それ”が見えたら、終わり。」のプロモーションの一環としてスティーヴン・キングが「IT/イット “それ”が見えたら、終わり。」について語っている映像が公開されている。

原作者スティーヴン・キングが語る! 11/3公開『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』 特別映像

キングの語りの部分を引用する。

 子供は想像力が豊かだ。大人たちよりも信じる心があるし色々と気づく。「IT」に登場する子供たちは迷信深いがなんでも信じるわけではない。だからサンタさんや歯の妖精は信じないが、電気が消されるとベッドの下に何者かがいるのではないかと怖がる。

 あの怪物と戦えるのは子供たちだけだ。怪物の存在を信じるのは唯一子供たちだから。

「IT/イット “それ”が見えたら、終わり。」特別映像、原作者スティーヴン・キング語る

 “それ” は27年ごとに戻ってくる。その度に子供が失踪する。

 ペニーワイズの正体は、その子供が最も恐れる対象を利用する。

 期待以上の出来栄えに驚いていた。原作ファンもきっと楽しめると確信している。

「IT/イット “それ”が見えたら、終わり。」は、2017年11月3日に日本公開される。

なお、「IT」のBlu-rayは、1990年に製作されたテレビ・ミニシリーズ。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2015/03/21

キングとヒルがデル・トロの「クリムゾン・ピーク」を絶賛

「クリムゾン・ピーク」 スティーヴン・キングとジョー・ヒルが自身のツイッターで、ギレルモ・デル・トロの「クリムゾン・ピーク」を絶賛した。

Stephen King and His Son Have Kind Words For Guillermo del Toro’s ‘Crimson Peak’

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2014/01/26

キングが選ぶ2013年のベスト10は?

例年年末になると、スティーヴン・キングによる小説や映画、テレビムービーのベスト10がEW.comで発表されるのだが、2013年のベスト10は気が付かなかったな、と思っていたら、既に発表されていて、ついでにキングのオフィシャルサイトでEW.comで発表されたバージョンより詳しいベスト10が公開されていた。

Stephen King The best Books I read this year

Stephen King The best Movies I saw this year

Stephen King The best TV I Watched this year

詳細はリンク先を確認していただくとして、ベスト3だけ紹介したいと思う。

◆小説◆
1.「半島の密使」アダム・ジョンソン
2.「The Interestings」メグ・ウォリッツァー
3.「ウルフ・ホール」「罪人を召し出せ」ヒラリー・マンテル


◆映画◆
1.「ゼロ・グラビティ」
2.「West of Memphis」
3.「MUD - マッド -」


◆テレビムービー◆
1.「ブレイキング・バッド」
2.「サン・オブ・アナーキー」
3.「Broadchurch」

ちょっと驚いたのは、ピーター・ジャクソンが製作した「West of Memphis」って日本国内に入ってきていないのね。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2013/06/27

【「スティーヴン・キングだけど何か質問ある?」海外掲示板にまさかの巨匠が降臨】

2013年6月25日に、らばQが紹介している記事が興味深い。

「スティーヴン・キングだけど何か質問ある?」海外掲示板にまさかの巨匠が降臨

ホラー小説の巨匠スティーヴン・キング氏。彼の作った小説の30作品以上が映画化されてると言い、「ショーシャンクの空に」「スタンド・バイ・ミー」「シャイニング」など、馴染み深い作品も多いかと思います。

そんな彼がなんと、「何でも質問を受け付けるよ」と海外掲示板に登場したことで、大変な盛り上がりを見せていました。

なかでも興味深いやりとりを、抜粋してご紹介します。

Q: あなたが執筆された多くの小説が映画化されましたが、小説から映画化されたいと望むのはどのくらいの頻度ですか? 映画化されたくなかった小説もありますか?
A: 小説を書くときには映画バージョンを一切考えない。理由はそんなことをすると想像力に限界を作ることになるからである。自分は小説を書くだけで、映画化を他の人が望むのは構わない。

Q: 近い将来に読者を再びミッドワールド(長編小説「ダーク・タワー」 シリーズの舞台、氏がライフワークとする作品)へ連れ込む計画はありますか? ローランドを追うだけではなく、他のキャラクターや別のストーリーで?
A: 現在はミッドワールドに戻る計画はないね。ときどき自分自身がそこにいるのに気づくことはあるけれど。

Q: 大ファンです。自分が聞きたいのは「ダーク・タワー」 シリーズをテレビのシリーズか映画のどちらかに進行させることについてどう思うかです。どちらのほうがストーリーをうまく展開できると思いますか。
A: 本については映画化されるというアイデアの方がよく、若き頃のローランドの冒険はテレビがいい。ちょっと変化させて新しいことにトライするのは好きだよ。

Q: あなたの小説の大ファンです。特に「ザ・スタンド」が好きです。私の質問は、もし今まで書いた本の中から出版をなかったことに出来て、ひとつ変更してから出版することができたら、それをやりますか? そして理由は?
A: 出版をないものにねぇ……、うーん、いくつか書きなおしたいものもあるが、出版をなかったことに? とても成功したとは思えない「ローズ・マダー」でさえしないと思う。

Q: どの俳優(女優)が、あなたの登場人物の最高のハマり役だと思いますか?
A: キャシー・ベイツは偉大なアニー・ウィルクス役(「ミザリー」)だった。 あと、「スタンド・バイ・ミー」を演じた4人の少年たちもだね。リヴァー・フェニックスは素晴らしかった。

Q: もし小説の中から現実の世界に登場人物を連れてこれるなら、誰に会いたいですか?
A: アニー・ウィルクスはないな。「シャイニング」のダニー・トランスだね。

Q: ご自身の小説で、一番気に入ってる作品はどれですか?
A: 「リーシーの物語」”Lisey’s Story”だね。

Q: 怖くて寝られないことはありますか?
A: ほぼないね。ほとんどの恐怖は読者に送ってしまっているので。

Q: あなたが一番怖いことは何ですか?
A: アルツハイマー病。

Q: 行き詰まったときに何ができますか?
A: できることは待つということ。いくつかのストーリーは死ぬこともあるし、説明もできない。

Q: メイン州(アメリカ最東北部)に住んでいます。この州でいちばん不気味なことは何ですか。
A: 終わりのない森が続いていることかな。特に携帯サービスなしに迷子になったら……ああああ。

Q: 南オーストラリアからですが、大ファンです。最初に読んだあなたの本は11歳のときで「IT」です。昔、何かのステージであなたがすべての小説の続きを書きたいといった内容を述べていました。今でもそれを考えているかどうか、ペニーワイズ(「IT」の中のピエロ)の背景とかもあるのか知りたいです。
A: 自分でもう一度ペニーワイズを扱えるとはとても思えない、自分にとっても怖すぎる。

Q: キューブリック監督が映画化した、「シャイニング」「ショーシャンクの空に」についてどう思いますか。書いたものをうまく展開できていますか
A: 「ショーシャンクの空に」は気にいったね。「シャイニング」についてはそれほどという感じ。飲んだくれてラリった時代を思うと、初期の頃の本はやりなおしたいね。悪いというほどじゃないが、もっとよく出来るという意味で。ちなみにほとんどの仕事はシラフでやっている。

Q: あまり知名度の高くない小説「ローズ・マダー」は私に夫を捨てる勇気をくれました。女性主人公の心の内に入るために、どんな研究をしましたか?
A: 暴行を受けている女性と、女性を離さない夫についての本をたくさん読んでみた。まずはそこから。

Q: アイデアはどこからとは聞きませんが、どうやって形にするのですか、シーンですか、イメージですか、それとも全体ですか? プロットは一日中考えていますか、それとも指が勝手にキーボードを叩きますか?
A: ときおりイメージから浮かぶね。「ジョイランド」では、車いすに乗る少年がビーチでカイトをあげるところにすぐ戻り、そのあとビーチの向こうを見て遊園地を見る。それがジョイランドだ。

Q: 出版業界にどうアプローチしたら良いのか、作家の卵にアドバイスをお願いします。拒否されたときにはどう耐えていますか?
A: 自分はすぐ次の小説に進んだ。拒否されたものはどうにもならないので、ひたすら書き続けて、ドアをたたき続けるしかないね。

Q: 「ダークタワー」シリーズを完成させるのに20年もかかっていますが、ローランドのようなキャラクターと一緒に育ったと感じていますか?
A: ローランドと一緒に成長してきたのは間違いない。

その他、彼の作品や登場人物について、多くの人が次から次へと興奮気味に質問していました。

これほどの大作家が掲示板で直接やりとりをしてくれるなんて、ファンにとっては夢のような機会ですよね。

因みにニュースソースはここ。

I am Stephen King - novelist & executive producer on UNDER THE DOME - ask me anything!

Hi everybody, Stephen King here. I'm a novelist and I'm also an executive producer on the new series UNDER THE DOME. I'm looking forward to taking your questions for the next hour or so about my work. AMA!

proof Hey, everybody--I have to split. Thanks for all your questions. Hope you'll watch UNDER THE DOME, on CBS, starting on 6/24/13. Long days and pleasant nights.

折角なので、翻訳されていないのを何点か紹介する。

Q: Mr King, Constant Reader here. Randall Flagg (and his many alter egos) has meddled in the affairs of many of your characters and their stories. Have you toyed with idea of doing an independent Flagg story chronicling his adventures, from his beginnings to his end(s), criss-crossing through existing novels but all from the point of view of that bastard?
A: Giving Flagg his own story would make him too coherent, somehow. He's the guy behind the scenes, pulling all the strings.

Q: Why the hell does anyone live in Derry?!
A: Because they're sick puppies!

Q: I dunno seems like a nice place to move to especially if you have children.
A: If you want to get rid of your children, that is.

Q: The timing of this AMA... 4.15...4 + 15 = 19. Coincidence? I think not
A: 19 is never a coincidence.

Q: Hey, Mr. King. "Cell" ranks in my top five favorite novels from you. Last I heard, a film adaptation with Eli Roth directing was in the works. Are there still plans for bringing it to the big screen that you know of or perhaps a miniseries of some kind, such as on HBO?
Edit: I can't wait for "Under the Dome"!
A: I think John Cusack is going to make CELL.

Q: Welcome to Reddit, Mr. King.
Your fiction has done more for me than I can express. At 13 I was crippled by a neuromuscular syndrome, left bedridden and in constant pain that would last for the rest of my life. I often wanted to die up there in my bunk. Often the only company I had came from books or audiobooks, and yours, including Nightmares & Dreadmscapes, The Regulators, and Needful Things, made up many of my favorites. There were many nights when I couldn't fall asleep for the pain, and on hundreds of those nights I only found the will to live to dawn because I wanted to know what happened next to your characters. I'm 31 now and that's in part thanks to you. So thank you.
So, a question: what is the relationship between The Regulators and Desperation? Was it just throwing off the covers of Bachman by naming everyone the same? Or is there more thematic connective tissue?
A: Desperation and the Regulators was like a reparatory theater where the same actors played different parts. I thought I would try that once to see what it was like to tell the story two different ways with the same people. I'm glad that my books helped with the pain during that part of your life.

Q: Hi Stephen,
First off, thank you for creating such an interesting and well-populated world of characters. I don’t typically re-read books, but I find time to revisit one or two of your novels per year. Something about the cohesiveness of your universe draws me back.
My question is about your acting, believe it or not. How did you end up doing the segment as Jordy Verrill in Creepshow? My friends and I always loved how funny you were in that bit, especially considering you haven’t really done any acting before or since (outside of cameos in your own adaptations).
Thanks for all you do!
A: George Romero asked if I'd take a shot at playing Jordy. I said yes, with the caveat that he should fire me if the dailies looked bad. I never expected an Academy Award nod, and boy, was I right about that.

Q: Hi,
I don't have a question for you.
When I was fourteen, I picked up your novel, The Stand, and couldn't put it down until it was finished. Your novel sparked a love of reading in me that has not gone away since. I'd just like to thank you so much for that. Best wishes.
A: Well, you're welcome!

Q: I think “Pet Sematary” is one of the best Ramones songs from the later era. Joey seems to really be using the concept of your book as a metaphor to explore some of what he was feeling at the time. It breaks my heart. I know you're a huge Ramones fan. What did you think of it, and what involvement did you have in the choice to get them involved? Love when you write about pop culture. even when I disagree I’m entertained. edit:spelling and grammar
A: I'm a huge Ramones fan, and my radio station got them to play a concert in Bangor. They put on a great rock and roll show. We had dinner afterwards, and talked about PET SEMATARY. The song followed. It was great. So was getting AC/DC involved in MAXIMUM OVERDRIVE.

Q: What is one movie based on your novels that you really feel got it right?
A: The best thing I wrote for fil was the STORM OF THE CENTURY miniseries. That's one I still feel good about. You never get it all right, but we got most of it.

Q: What's your favorite TV show?
A: THE AMERICANS.

Q: Thank you for doing this AMA! Your stories and worlds have captivated, scared and graced me throughout a large portion of my life. For that, Thankee Sai.
All I'd like to ask is... What was, for you personally, the highest achievement of your career and what would you be doing if you wasn't an author?
A:
If I wasn't writing, I'd probably be teaching school, but this is what I was meant to do. As far as high achievements, that's for other people to decide. I try to keep myself amused. Every day I do that is a good day.

みんな決め台詞を言いたがっているみたいですね。

Long days and pleasant nights Wordslinger!

だってさ。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2013/03/31

オーウェン・キングの新作にキングがコメントを!?

Double Feature 2013年3月25日 スティーヴン・キングが息子であるオーウェン・キングの新作「DOUBLE FEATURE」について、オフィシャル・サイトでコメントした模様。

Stephen Comments on Double Feature by Owen King

"If you are in the mood to laugh your ass off, Double Feature will perform that surgery and painlessly. I am proud of my son, Owen, and in awe of his talent. The book might be a little difficult to locate at Barnes & Noble but if you seek, there or elsewhere, you will find it."

-Stephen King

どうでしょう。ちょっと親バカモード入ってますかね。

『あなたがもし、お尻を吹っ飛ばすくらい笑いたいと思っているなら、この「DOUBLE FEATURE」は痛みなしにお尻を切除してくれるでしょう』って、「DOUBLE FEATURE」ってコメディなんでしょうか。

「DOUBLE FEATURE」は、B級映画俳優の息子であるサム・ドーランが初めての映画を制作する物語のようですが。

因みに「DOUBLE FEATURE」とは映画の《二本立て興行》のことね。

オーウェン・キング

「DOUBLE FEATURE」
著者:オーウェン・キング
出版社:スクリブナー サイモン&シュスター

あらすじ:SAM DOLAN is a young man coming to terms with his life in the process and aftermath of making his first film. He has a difficult relationship with his father, B-movie actor Booth Dolan—a boisterous, opinionated, lying lothario whose screen legacy falls somewhere between cult hero and pathetic. Allie, Sam’s dearly departed mother, was a woman whose only fault, in Sam’s eyes, was her eternal affection for his father. Also included in the cast of indelible characters: a precocious, frequently violent half-sister; a conspiracy-theorist second wife; an Internet-famous roommate; a contractor who can’t stop expanding his house; a happy-go-lucky college girlfriend and her husband, a retired Yankees catcher; the morose producer of a true-crime show; and a slouching indie-film legend. Not to mention a tragic sex monster.

Unraveling the tumultuous, decades-spanning story of the Dolan family’s friends, lovers, and adversaries, Double Feature is about letting go of everything—regret, resentment, dignity, moving pictures, the dead—and taking it again from the top. Against the backdrop of indie filmmaking, college campus life, contemporary Brooklyn, and upstate New York, Owen King’s epic debut novel combines propulsive storytelling with mordant wit and brims with a deep understanding of the trials of ambition and art, of relationships and life, and of our attempts to survive it all.

あらすじを読むとコメディとも人生悲劇とも読みとれますね。人生悲喜劇なんでしょうかね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/12/09

キングが選ぶ2011年トップ20

「Stephen King: My Top 20 of 2011」
2011年12月8日 スティーヴン・キングはEW.com「Stephen King: My Top 20 of 2011」を発表した。

スティーヴン・キングは例年、映画トップ10、テレビムービートップ10等、ジャンル毎のトップ10を発表しているのだが、今年は映画、テレビムービー、音楽、小説を全て合わせたトップ20を発表している。

Stephen King: My Top 20 of 2011

それでは、気になる順位を紹介しよう。

先ずは原題を・・・・

1.Breaking Bad, AMC
2.Margin Call
3.How Do You Do, Mayer Hawthorne
4.Sons of Anarchy, FX
5.Skippy Dies, Paul Murray
6.Sky Full of Holes, Fountains of Wayne
7.The Debt
8.Ready for Confetti, Robert Earl Keen
9.Talk Talk, T.C. Boyle
10.Crossers, Philip Caputo
11.Revenge, ABC
12.The ­Accident, Linwood Barclay
13.The Tree of Life
14.The Lincoln Lawyer
15.''Get that snitch,'' Mikis Michaelides
16.The White Devil, Justin Evans
17.Final Destination 5
18.The Hour, BBC America
19.The Walking Dead, AMC
20.''Rumour Has It,'' Adele

ついでに、邦題があるものは邦題を・・・・

1.「ブレイキング・バッド」, テレビシリーズ
2.「マージン・コール」, 映画
3.「ハウ・ドゥ・ユー・ドゥ」, メイヤー・ホーソーン , 音楽
4.Sons of Anarchy, テレビシリーズ
5.Skippy Dies, Paul Murray , 小説
6.「スカイ・フル・オブ・ホールズ」, ファウンテインズ・オブ・ウェイン , 音楽
7.The Debt , 映画
8.Ready for Confetti, ロバート・アール・キーン , 音楽
9.Talk Talk, T.C. Boyle , 小説
10.Crossers, Philip Caputo , 小説
11.Revenge, テレビシリーズ
12.The ­Accident, リンウッド・バークレイ , 小説
13.「ツリー・オブ・ライフ」 , 映画
14.The Lincoln Lawyer , 映画
15.''Get that snitch,'' Mikis Michaelides , 音楽
16.The White Devil, Justin Evans , 小説
17.「ファイナル・デッドブリッジ」 , 映画
18.The Hour, テレビシリーズ
19.「ウォーキング・デッド」, テレビシリーズ
20.「ルーモア・ハズ・イット」 , アデル , 音楽

いかがだろう。
関心がある作品があったかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/10/04

キングのインタビュー番組が米CATVで放送

「A NIGHT AT THE MOVIES: THE HORRORS OF STEPHEN KING」 ドキュメンタリー作品やメイキング作品を制作する映像作家 LAURENT BOUZEREAU によるスティーヴン・キングの2日間に及ぶインタビューから構成された1時間の特別番組「A NIGHT AT THE MOVIES: THE HORRORS OF STEPHEN KING」が、2011年10月3日に放送された模様。

その製作過程について、ファンゴリアのインタビューに LAURENT BOUZEREAU が答えている。

The King’s Screech

記録のため、インタビュー部分を引用する。

因みにインタビュー記事のタイトルは「英国王のスピーチ(King's speech)」のパロディね。

FANGORIA: How did this project come about?

LAURENT BOUZEREAU: Well, I’ve been doing the NIGHT AT THE MOVIES series for a couple of years with Turner Classic Movies and DreamWorks/Amblin TV. I did epic cinema, I did the history of thrillers, and then we decided to do the history of horror films. And I felt that that has kind of been done many times, and I came up with the idea of, “Look, if we get Stephen King, and it’s not so much the history of horror films but horror according to Stephen King, that would be a really novel and different idea.” And to my great amazement—because Stephen is very busy, he had a new book coming out and I didn’t think he was going to do it—he said yes overnight.

FANG: How long did you wind up interviewing him, all told?

BOUZEREAU: For two days—very long days! I was very well-prepared, as you can imagine; I’ve read everything he’s ever written, I’ve watched every frame that has ever been shot, I’ve read his famous book DANSE MACABRE, in which he outlines his discovery of horror, and I came in with a plan. We had a really fun conversation; he could not have been more generous and more fun, and at the same time profound. I hope it comes across in the piece. He’s just so smart about the genre, and has a very specific view about it, and I think people will be interested. Because I feel like aside from that book, which he wrote many years ago, we only know him through his fiction, you know? So I felt this was kind of a coup.

FANG: How did you handle the task of whittling down those two days’ worth of interviews into the hour-long program?

BOUZEREAU: That’s what gets me the credit for writing the show. My questions were very structured, in the sense that I knew we had to talk about certain things—we had to talk about vampires, we had to talk about zombies, etc. But he took things in different directions, and that made for a very distinct creative bent on certain aspects of the genre. But it felt very organic when I started putting it together. I knew the show had to be an hour long, and that feels very restrictive when you have hours and hours of material, but in a sense it forced me to be much more focused, you know? And to be a little more rigorous in my choices. I was like, “OK, this is much more iconic than that.” Maybe one day we’ll do the uncut version, because there’s plenty of material, as you can imagine. But overall, it was very…I don’t want to say easy, because nothing ever is, but it came very naturally. I worked very hard with my editor, Andy Cohen, who is also a huge film buff and was instrumental in choosing some of the clips, because as you can imagine, there were so many movies that we had to find the truly iconic images, and we had very little time. We put it together in eight weeks, which is very short for a project like this.

FANG: Were there any surprises in the course of your conversations with King?

BOUZEREAU: Yeah, everything was a surprise, to be honest with you. I had met him in the past, and so I knew his tone; he has a great sense of humor, and you can relate to him on a very kind of non-star level—even though I’ve worshipped Stephen King since I first read his books. It was a little intimidating at first, but he quickly made me very comfortable. People always ask him the same questions, and have the feeling that he’s weird because he writes about weird stuff, right? But I’m a fan, so I didn’t come to him attacking the genre; I came from a loving place. And also a knowledgeable place, where…for example, THE SHINING, which I know he doesn’t like, but I do; I love the book, but I also enjoy the movie, even though they’re two different things. So he disagreed with me, and that made for a great discussion. And then with THE OMEN, I like the sequels and he doesn’t, but we were able to have a very mutual respect for each other’s ideas. But I would say that the thing that surprised me the most was his words about the very short shelf life of the horror film—even the best ones—where the first viewing is really the one that defines whether it’s a great film or not. The second viewing is a different experience, and the third viewing relies more on the memory of the first, you know? It’s almost like, if you want to be morbid about it, the first dead body you see if you’re a doctor must be kind of shocking, but the second time it’s less and the third time it’s less than that. You become numbed a little bit, but it’s also easy to reach back to the very first time you had that emotion, and to be reminded of what it was like. That’s my interpretation of what he said, and that was probably the biggest surprise.

FANG: Are you going to be tackling more horror-oriented projects in the future?

 

BOUZEREAU: I’m currently developing a number of projects, including fiction films. I would say that my taste definitely gravitates toward the horror genre, because it’s very visual, and they’re the movies that have impressed me the most, and I’ve been reading a lot of material recently in that vein. But I’m one to love suspense over horror; if it’s just pure horror, it doesn’t really attract me, and that’s why I love Stephen King, because it’s not pure horror; it’s suspense, it’s character-driven, it’s many things, even as it has all those horrific elements to it. To use the example of CARRIE, that’s a twist on being bullied at school; what if the kid being bullied has a supernatural power? THE SHINING is about writer’s block; well, what if there’s a ghost story attached to that? So that’s great, because it comes from the characters, and that’s what makes Stephen King unique. I continue to learn from him, just be reading and rereading his work.

基本的には、あまりたいしたことは書いていないので、是非「A NIGHT AT THE MOVIES: THE HORRORS OF STEPHEN KING」をみてみたいところですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/08/20

「モールス」をめぐる冒険

「モールス」 2011年8月14日 TOHOシネマズ六本木ヒルズで「モールス」を観た。

「モールス」
監督・脚本:マット・リーヴス
原作:ヨン・アイヴィデ・リンドクヴィスト 「モールス」(ハヤカワ文庫NV)
出演:クロエ・グレース・モレッツ(アビー)、コディ・スミット=マクフィー(オーウェン)、リチャード・ジェンキンス(父親)、イライアス・コティーズ(警官)

映画「モールス」は皆さんご存知のように、スティーヴン・キング絶賛の作品で、キングは「モーリス」について『この20年のアメリカでNo.1のスリラー とにかく劇場に駆け込め。観終わった後にお礼を言ってもらえればいい。』と語っており、そのコメントが「モールス」の国内プロモーションにも利用されている。

冒頭に紹介した画像(「モールス」のポスター)、にもキングのコメント("THE BEST AMERICAN HORROR FILM IN THE LAST 20 YEARS")が読める。

参考エントリー『スティーヴン・キング選定2010年映画ベストテン発表』。キングは2010年の映画ベスト1に「モーリス」をあげている。

そもそも「モールス」("LET ME IN")と言う作品は、スウェーデンのスティーヴン・キングの異名をとるホラー作家ヨン・アイヴィデ・リンドクヴィストの「モールス」("MORSE")を原作にして映画化されてスウェーデン映画「ぼくのエリ 200歳の少女」("LET THE RIGHT ONE IN")のハリウッドリメイクである。

スウェーデンのスティーヴン・キングの異名をとる原作のヨン・アイヴィデ・リンドクヴィストだが、実は異名をとるだけではなくスティーヴン・キングの影響を受けている。
原作の「モールス」にもキングの影響を受けたと思われる描写やキングの作品名が顔を出す。

そして、その「モールス」を原作にする「ぼくのエリ 200歳の少女」(2008)もキングの影響を受けている。ここでは明示はしないが、特に顕著なのは「デッド・ゾーン」の影響ではないだろうか。

さて、「モールス」だが、キングは絶賛しているが、わたしから見ると「ぼくのエリ 200歳の少女」の劣化コピーに見えて仕方がない。

あの北欧の素晴らしい作品がハリウッドに来て普通のサスペンスホラーになってしまった印象。

もちろん「モールス」のひとつの売りであるクロエ・グレース・モレッツは素晴らしいのだが、あまりにも忠実なリメイクにある意味失望である。

アートワークまで似てるよね。

スピード写真の使い方は良かったですけどね。
多分オリジナルにはなかったよね。

但し、スピード写真を使う事により、今後のアビーとオーウェンの展開が明示されてしまう、と言う問題が派生してしまっている。

忠実なリメイクは良いのだが、果たしてそれだったら最初からリメイクする必要があるのか、と言う疑問が持ち上がってくる。

まあそれだけ、「ぼくのエリ 200歳の少女」が素晴らしかった、と言う事だろうか。

最初に「モールス」を観てから「ぼくのエリ 200歳の少女」を観たらどう感じるのか関心あるね。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/07/27

キングが「蠅の王」のまえがきを!?

「蠅の王」 2011年8月22日(ママ)に、英ニュースサイトThe Telegraphが伝えるところによると、スティーヴン・キングはゴールディングの「蠅の王」のまえがきを書いた模様。

なお、キングのまえがき付の「蠅の王」(UK版)は2011年8月4日に発売される模様。

そして、そのまえがきを編集したものがThe Telegraphのサイトで公開された。

Stephen King on 'Lord of the Flies'

今回公開された前書きの内容を簡単に紹介しますと、

キングが生まれ育ったニューイングランドの話、兄との生活の話、ケネディが大統領になった話、図書館がなかった話、移動図書館が来た話、移動図書館のドライバー兼司書は本と子どもが好きな屈強な女性だった話、ある日その司書の女性が大人向けの小説の棚から「蠅の王」を勧めてきた話、当時読んでいた大人向けの小説は、ポアロやミス・マープルそしてトム・スイフトだった、そしてキング自身の「蠅の王」のレビュー。

キングの「蠅の王」のレビューは物語に突っ込んだ話だし、今回のUK版「蠅の王」の挿画も美しいので、買いかもです。

キングが「蠅の王」のどの辺に関心を持ち、どの辺の影響を受けているのかが、わかるかもよ。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/06/07

この夏、キングがすすめる小説とは!?

「MY SUMMER READING LIST BY STEPHEN KING」 先般のエントリー『米雑誌「Entertainment Weekly」#1157-1158にキングの記事が!?』で紹介した米雑誌「Entertainment Weekly」の記事の画像が、2011年5月27日にロバート・マキャモンのサイトで公開された。

Stephen King on "The Five" in Entertainment Weekly

このエントリーによると、キングは米雑誌「Entertainment Weekly」の記事「MY SUMMER READING LIST」において、ロバート・マキャモンの「The Five」を含む12冊の小説を紹介している模様。

それでは、気になる作品を紹介していきたいと思う。

6月のオススメ

「BURIED PREY」ジョン サンドフォード

「ROBOPOCALYPSE」ダニエル・H・ウィルソン


「THE FIVE」ロバート・マキャモン

THE FIFTH WITNESS」マイクル・コナリー


7月のオススメ

「THE SENTRY」ロバート・クレイス

「THE SILENT LAND」グレアム・ジョイス

「THE CYPRESS HOUSE」マイクル・コリータ

「DOG ON IT」スペンサー・クイン

8月のオススメ

「THE ACCIDENT」リンウッド・バークレイ

キングが紹介しているのは12冊、ということなのだが、マキャモンが公開している画像には、9冊しか掲載されていない。

従って、次のページに残りの3冊が掲載されているのだろう、と思える。

次のページが見たいところですね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

「Bazaar of Bad Dreams」 | 「'The Bazaar of Bad Dreams」 | 「11/22/63」 | 「1408」 | 「1922 星もなく深い闇」 | 「A Face in the Crowd」 | 「A Good Marriage」 | 「American Vampire」 | 「Ayana」 | 「Bad Little Kid」 | 「BLAZE」 | 「Blockade Billy」 | 「Doctor Sleep」 | 「Faithful」 | 「FULL DARK, NO STARS」 | 「Ghost Brothers of Darkland County」 | 「Guns」 | 「Herman Wouk is Still Alive」 | 「In the Tall Grass」 | 「Joyland」 | 「Just After Sunset」 | 「Mile 81」 | 「Morality」 | 「Mr. Mercedes」 | 「Mute」 | 「N.」 | 「Obits」 | 「Premium Harmony」 | 「Revival」 | 「Road Rage」 | 「The Bazaar of Bad Dreams」 | 「THE GUNSLINGER BORN」 | 「THE LONG ROAD HOME」 | 「The Road of Trials」 | 「The Secretary of Dreams」 | 「THE WIND THROUGH THE KEYHOLE」 | 「Throttle」 | 「Under the Dome」 | 「Ur」 | 「いかしたバンドのいる街で」 | 「おばあちゃん」 | 「しなやかな銃弾のバラード」 | 「アトランティスのこころ」 | 「イット」 | 「ウィラ」 | 「エアロバイク」 | 「キャッツ・アイ」 | 「キャリー」 | 「キングダム・ホスピタル」 | 「クリスティーン」 | 「クリープショー」 | 「クージョ」 | 「グリーン・マイル」 | 「コロラド・キッド」 | 「ゴースト」 | 「ゴールデンボーイ」 | 「ゴールデン・イヤーズ」 | 「サン・ドッグ」 | 「ザ・スタンド」 | 「ザ・チャイルド:悪魔の起源」 | 「シャイニング」 | 「ショーシャンクの空に」 | 「シークレット・ウインドウ」 | 「ジェラルドのゲーム」 | 「ジョウント」 | 「ジンジャーブレッド・ガール」 | 「スタンド・バイ・ミー」 | 「スティーブン・キングの悪魔の嵐」 | 「スニーカー」 | 「スライサー」 | 「スリープウォーカーズ」 | 「セル」 | 「タリスマン」 | 「ダーク・ハーフ」 | 「ディスコーディア」 | 「デスペレーション」 | 「デッド・ゾーン」 | 「トウモロコシ畑の子供たち」 | 「トミーノッカーズ」 | 「トム・ゴードンに恋した少女」 | 「トラックス」 | 「ドラゴンの眼」 | 「ドランのキャデラック」 | 「ドリームキャッチャー」 | 「ドロレス・クレイボーン」 | 「ナイトメアズ&ドリームスケープス」 | 「ナイト・フライヤー」 | 「ニードフル・シングス」 | 「ハイスクール・パニック」 | 「バトルランナー」 | 「バーチャル・ウォーズ」 | 「ビッグ・ドライバー」 | 「ビッグ・ドライヴァー」 | 「ファイアスターター」 | 「ファミリー・シークレット」 | 「ブラック・ハウス」 | 「ブルックリンの八月」 | 「ブロス/やつらはときどき帰ってくる」 | 「ヘイヴン」 | 「ヘッド・ダウン」 | 「ペット・セマタリー」 | 「ポプシー」 | 「マングラー」 | 「マンハッタンの奇譚クラブ」 | 「マーティ」 | 「ミザリー」 | 「ミスト」 | 「ミルクマン」 | 「メイプル・ストリートの家」 | 「ライディング・ザ・ブレット」 | 「ランゴリアーズ」 | 「リーシーの物語」 | 「レギュレイターズ」 | 「ローズ・マダー」 | 「ローズ・レッド」 | 「一四〇八号室」 | 「不眠症」 | 「丘の上の屋敷」 | 「争いが終るとき」 | 「人狼の四季」 | 「人間圧搾機」 | 「入り江」 | 「公平な取引」 | 「刑務所のリタ・ヘイワース」 | 「十時の人々」 | 「呪われた町」 | 「回想のビュイック8」 | 「図書館警察」 | 「地下室の悪夢」 | 「地獄のデビル・トラック」 | 「夕暮れをすぎて」 | 「夜がはじまるとき」 | 「小説作法」 | 「幸運の25セント硬貨」 | 「彼らが残したもの」 | 「悪霊の島」 | 「悪魔の嵐」 | 「戦場」 | 「携帯ゾンビ」 | 「暗黒の塔」シリーズ | 「最後の抵抗」 | 「死のロングウォーク」 | 「死の舞踏」 | 「死霊の牙」 | 「死霊伝説」 | 「深夜勤務」 | 「炎の少女チャーリー」 | 「痩せゆく男」 | 「神々のワードプロセッサ」 | 「禁煙挫折者救済有限会社」 | 「秘密の窓、秘密の庭」 | 「第四解剖室」 | 「素晴らしき結婚生活」 | 「自宅出産」 | 「芝刈り機の男」 | 「超高層ビルの恐怖」 | 「道路ウィルスは北に向かう」 | 「闇の展覧会 霧」 | 「雨期きたる」 | 「電話はどこから……?」 | 「霧」 | 「骨の袋」 | 「骸骨乗組員」 | 「黙秘」 | 「8つの悪夢」 | お買い物 | はじめに・・・・ | オーウェン・キング | オーディオブック | キャッスルロック | キングが受けた影響 | キングの影響 | キング絶賛 | ゲーム  | コレクション | ジョー・ヒル | スティーヴン・キング | スティーヴン・キング研究序説 | タビサ・キング | トリビア | ポップ・オブ・キング | リチャード・バックマン | レッドソックス | レビュー/アニメ | レビュー/テレビムービー | レビュー/小説 | レビュー/映画 | レビュー/舞台 | ロック・ボトム・リメインダーズ | 国内BD | 国内DVD | 国内アニメ | 国内テレビ | 国内ニュース | 国内マンガ | 国内出版物 | 展覧会 | 拾い物 | 映画 | 海外BD | 海外DVD | 海外テレビ | 海外ニュース | 海外出版物 | 舞台 | | 関連書籍