カテゴリー「「Throttle」」の23件の投稿

2012/04/18

Gentlemen, Start Your Engines

2012年4月17日のジョー・ヒルのブログエントリーがきてる。

折角なので、全文引用する。

Gentlemen, Start Your Engines

A couple years ago, my dad and I wrote a short story together for an anthology celebrating the work of Richard Matheson. Our thing was called “Throttle,” and is the story of a biker gang persecuted by a faceless trucker… our riff on Matheson’s classic, “Duel,” which also features a homicidal trucker with a mysterious agenda.

The story appeared in that Matheson tribute (HE IS LEGEND), had a turn as an audio book, was recently adapted by Nelson Daniel and Chris Ryall as a two-part comic, and as of today, you can now find it in the eBookstore of your choice as a standalone:

Throttle

As an added bonus, the eBook includes some of Nelson Daniel’s concept sketches for the story. It’s illustrated just like yer little kid’s favorite picture book, hoo hoo! Only don’t show this story to your little kid, on account of all the people gettin’ run over and macheted and butchered and so on.

Thanks much and if you haven’t had a chance to check “Throttle” out, hope you will, and hope it gives you a good ride.

ブログエントリーの内容は、リチャード・マシスンのトリビュート・アンソロジー「ヒー・イズ・レジェンド」のためにスティーヴン・キングとジョー・ヒルが共同で書き下ろした短篇小説「スロットル」が4月17日にeBookになって、単品で購入できるようになったよ、と言う話。

「Throttle」
著者:スティーヴン・キング、ジョー・ヒル(共著)
価格:$0.99

なお、スティーヴン・キングとジョー・ヒル共著の「スロットル」が収録されているリチャード・マシスンのトリビュート・アンソロジー「ヒー・イズ・レジェンド」の翻訳は小学館文庫から出てますよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/01/10

「Road Rage」は2月15日リリース開始!

「Road Rage」
スティーヴン・キングのオフィシャル・サイトによると、「Road Rage」の出版は2012年2月15日からスタートする模様。

「Road Rage」

「Road Rage」とは、以前のエントリー『「Road Rage」がコミックブックに!?』でお伝えしたように、リチャード・マシスンの「激突!」にインスパイアされた、スティーヴン・キングとジョー・ヒル共著の短篇「スロットル」をコミカライズしたもの。

因みに、キングとヒル共著の「スロットル」は、リチャード・マシスンへのトリビュート・アンソロジー「ヒー・イズ・レジェンド」(小学館文庫)に収録されている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/10/14

「Road Rage」がコミックブックに!?

「Road Rage」 2011年10月13日にComic Buzzが伝えるところによると、リチャード・マシスンの「激突!」と、その「激突!」にインスパイアされた、スティーヴン・キングとジョー・ヒル共著の「スロットル」が、IDW Publising からコミックブックとしてリリースされる模様。

余談だが、以前「Road Rage」のタイトルで、「激突!("Duel")」「スロットル("Throttle")」が収録されたオーディオブックがリリースされたことがあるよ。

IDW Partners with Renowned Author Stephen King and Eisner-winner Joe Hill

コミックブック版「スロットル」のリリースは、2012年2月と3月の模様。
コミックブック版「激突!」のリリースは、2012年4月と5月の模様。

上記の記事から、キングとヒルのコメントを引用する。

“Throttle is a story that really begs for a visual adaptation: it’s got bikes and badasses and lots of expensive rolling iron blowing up and getting smashed,” said Hill. “Who doesn’t get off on that? I can’t wait to see IDW get behind the wheel and take the thing out for a spin.”

“Working with the great Joe Hill (I can say that because he’s my kid) on such a kick-ass story was a terrific treat, and this version takes it to whole new level,” said King. “Rev up and climb on!”

因みに、キングとヒルの「スロットル」は、リチャード・マシスンのへのトリビュート・アンソロジー「ヒー・イズ・レジェンド」(小学館文庫)に収録されています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/05/12

'Sons of Anarchy' exclusive: Stephen King to appear on FX show

「Sons of Anarchy」 既に「スティーヴン・キングの話」のエントリー「スティーヴン・キング、ドラマ"Sons of Anarchy"に出演予定」で紹介されているように、EW.comが伝えるところによると、スティーヴン・キングが米テレビシリーズ「Sons of Anarchy」のサード・シーズンににゲスト出演する模様。

'Sons of Anarchy' exclusive: Stephen King to appear on FX show

記録のため、全文を引用する。

Stephen King will make a special appearance on Sons of Anarchy when the biker drama returns for a third season on FX this September. King, who is a columnist for Entertainment Weekly, will play a quiet loner who appears in Gemma’s (Katey Sagal) time of need. The producers learned that King was a fan of the drama, so they reached out to the author for a possible cameo. King will appear in the third episode.

「Sons of Anarchy」オフィシャル・サイト

「Sons of Anarchy」は、カリフォルニア州チャーミングという田舎町を縄張りにしているバイカーギャングの名称で、そのバイカーギャングが、武器の密売とかいろいろ悪いことをする話。

キングは、「Sons of Anarchy」『ハーレーダビッドソン乗りの「ザ・ソプラノズ」と評しているらしいが、それを含めて非常に興味深いのは、「Sons of Anarchy」の主人公はバイカーギャング「Sons of Anarchy」のトップとナンバー2が義理の親子である、と言う事。

因みに、「Sons of Anarchy」トップであるクレイはロン・パールマン(!)が演じ、ナンバー2でクレイの義理の息子ジャックスをチャーリー・ハナムが演じている。

なんか、最近そんな話聞いたことないかな?

そう、リチャード・マシスンのトリビュート・アンソロジー「ヒー・イズ・レジェンド」に収録されたスティーヴン・キングとジョー・ヒルの共著作品「スロットル」の設定に似てないかな。
と言うか、「スロットル」のヴィンスとレースは、クレイとジャックスそのままじゃないかな、と思ったりする。

バイカーとキングと言えば、ジョージ・A・ロメロの「ナイトライダーズ」を思い出しますね。

ロン・パールマンは「ヘルボーイ」の赤い人がメイク要らない程最高にすばらしいのですが、キング的には「デスペレーション」の保安官役超最高です。「タック!」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/04/13

「運命のボタン」原作者リチャード・マシスンブーム到来! 豪華トリビュート本発売!

エンタメニュース:mo-mo「運命のボタン」に関するニュースが面白い。

映画「運命のボタン」のプロモーションかと思って読んでるうちに、気がついたら「ヒー・イズ・レジェンド」のプロモーションになってしまう、と言うなんとも素敵な記事だったりする。

「運命のボタン」原作者リチャード・マシスンブーム到来! 豪華トリビュート本発売!

全文を記録のため引用する。

スティーヴン・キングら人気作家競演! 『運命のボタン』原作者、伝説の作家リチャード・マシスンブーム到来、超豪華トリビュート本いよいよ発売!

"ボタンを押せば1億円、ただし見知らぬ誰かが死ぬ。期限は24時間。"という超究極の選択がつきつけられる、キャメロン・ディアス主演の異色サスペンス映画『運命のボタン』
本作の原作はリチャード・マシスンが1970年に発表した 「Button, Button」(原題)という短編小説。マシスンは、スピルバーグの監督デビュー作『激突!』の脚本や、『アイ・アム・レジェンド』の原作を手がけた、 SF、ホラー、ファンタジーまで多岐にわたるジャンルに挑み続け、後進に多大な影響を与える伝説的な存在。

日本でも近年、過去作品の翻訳が数々出版されるなど、再評価の声は高まるばかりで、秘かな「マシスン・ブーム」が到来中。
『運命のボタン』のリチャード・ケリー監督が「一見シンプルだけど、さらに深い部分が潜んでいるこの物語に、すぐに夢中になった」という原作「Button, Button」を含む短編集「運命のボタン」が先月発売となり好評を博している。そしてこのたび、そんなマシスンの作品にインスパイアされ、人気作家が競演したトリビュート本「ヒー・イズ・レジェンド」が小学館文庫から4月6日(火)より発売中!

多くの作家が畏敬する巨匠、マシスンとあり、今回のトリビュート本には超豪華人気作家が競演。例えばスティーヴン・キング&ジョー・ヒルの父子が共作で「激突!」から着想を得た作品を寄せているというのだからたまらない!

ここは映画と併せてチェックして、生きる伝説の魅力を、秘かなブーム到来中の今こそじっくり味わってみては!?

映画『運命のボタン』
出演 キャメロン・ディアス、ジェームズ・マースデン、フランク・ランジェラ
監督 リチャード・ケリー(『ドニー・ダーコ』
原作 リチャード・マシスン『運命のボタン』(ハヤカワ文庫刊)
音楽 アーケード・ファイア
原題 THE BOX
2009年/アメリカ/英語/カラー/スコープサイズ/1時間55分/SRD・SDDS・DTS/日本語字幕:松浦美奈/提供:博報堂DYメディアパートナーズ、ショウゲート/協力:ジェネオン・ユニバーサル・エンターテイメント

5月8日(土)より、TOHOシネマズ みゆき座 ほか全国ロードショー!

いかがだろう。
「運命のボタン」「ヒー・イズ・レジェンド」と新刊が続くリチャード・マシスン関係書籍だが、これを契機にして絶版本とか新訳とかでないかな、と思ってしまう。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2010/04/11

ジョー・ヒルが考える最悪の死様とは?

ジョー・ヒルツイッターで、自らが考える最悪の死様をツイートした。

 

  1. Joe Hill
    joe_hill #worstpossiblewaytodie I'm on the motorcycle. Perfect summer night. Got the visor open to breathe in the sweet July air.
  2. Joe Hill
    joe_hill A fuckin' bat flies into my face shatters its wing. Visor slaps shut & the thing is stuck in there screamin & clawin. #worstpossiblewaytodie
  3. Joe Hill
    joe_hill I do get off the road safely, but die from dehydration - pissed, puked and wet myself to death. #worstpossiblewaytodie

-- this quote was brought to you by quoteurl

ジョー・ヒル曰く。

完璧な夏の夜。
バイクに乗った俺は、メットのバイザーを跳ね上げ、7月の甘露な風を楽しんでた。

その時だ。くされコウモリの野郎がメットのバイザーの中に飛び込んで来やがった。
そいつの翼のせいでバイザーが閉じ、コウモリの野郎はメットの中に閉じ込められちまった。そいつはキーキー叫びながら俺の顔に爪を立て引っ掻き始めた。

俺はなんとかバイクを路肩に止めるが、おしっこちびって、ゲロ吐いて、身体はびちゃびちゃなのに脱水症状で死んじまう。

とのこと。

このつぶやきによって、ジョー・ヒルがバイクに乗る、と言う事が確認された。

キングは2007年にオーストラリアを訪問した際に、ハーレーに乗って荒野を旅した事を明言している。

もし、その際、ジョー・ヒルがキングに同行していたとすると、「ヒー・イズ・レジェンド」に収録されている「スロットル」は二人がオーストラリアで体験したバイクの旅の経験に基づくものかも知れない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/04/03

小学館担当者による「ヒー・イズ・レジェンド」紹介文が「翻訳ミステリー大賞シンジケート」のブログに!?

2010年4月6日に小学館(小学館文庫)から翻訳が出版されるリチャード・マシスンのトリビュート・アンソロジー「ヒー・イズ・レジェンド」について、小学館の担当者の同書紹介文が「翻訳ミステリー大賞シンジケート」のブログで公開された。

なお、同書にはご承知のようにスティーヴン・キングとジョー・ヒル共著の「スロットル」が収録されている。

「ヒー・イズ・レジェンド」小学館文庫4月新刊

冒頭のパラグラフを引用する。

スティーヴン・キングが「私がいまここにいるのはマシスンのおかげだ」と語り、あのディーン・クーンツが「私は作家になりたいと夢見ていたのではない。私はリチャード・マシスンになりたかったのだ」とまで畏敬する巨匠——それがリチャード・マシスンだ。その足跡は、SF、ホラー、ファンタジーといった枠を飛び越えている。一般的には、彼が原作もしくは脚本を書いた作品名を例として挙げて、その偉大さを語ることが多い。スティーヴン・スピルバーグの衝撃的なデビュー作『激突!』。近年ウィル・スミス主演で3回目の映画化となった『アイ・アム・レジェンド』、そのほかホラー映画の傑作『ヘルハウス』、クリストファー・リーヴとジェーン・シーモアの名演技でいまも語り継がれる名作『ある日どこかで』等々、映画ファンならずとも驚く作品揃いだ。

続きを読む



今回のエントリーは、「ヒー・イズ・レジェンド」の紹介文としては申し分なく、すぐにでも「ヒー・イズ・レジェンド」が読みたくなってしまう素晴らしいエントリーである。

是非「翻訳ミステリー大賞シンジケート」を訪問していただきたい。

ところで、「翻訳ミステリー大賞シンジケート」って一体なんなのよ、と思われる方は、こちらをご覧になって下さい。

「巻頭言」/(「翻訳ミステリー大賞シンジケート」)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/04/01

「ヒー・イズ・レジェンド」のあとがきに!?

2010年4月6日に小学館(小学館文庫)から翻訳が出版されるリチャード・マシスンのトリビュート・アンソロジー「ヒー・イズ・レジェンド」のあとがきを担当する瀬名秀明のブログ「瀬名NEWS」「ヒー・イズ・レジェンド」に関するエントリーが知らない間に更新(追記)されていたので紹介する。

「ヒー・イズ・レジェンド」/「瀬名NEWS」

該当部分を引用する。

*恐怖と幻想の巨匠リチャード・マシスンのトリビュート本が出ます。スティーヴン・キング&ジョー・ヒル父子初の合作「スロットル」(大傑作!)他収録。オビ推薦文と50枚の巻末解説を担当しました。(追記:ページ数に合わせて刈り込んだので、最終的には40枚くらいかも。『流血鬼』『暗闇から石』など藤子不二雄先生ネタは残念ながら全削除)
 同時期にハヤカワ文庫からマシスンの傑作選『運命のボタン』も発売されますので、ぜひ2冊あわせてお楽しみください!

(  )内が今回の追記部分。

なお、先日のエントリー(「ヒー・イズ・レジェンド」の帯はこれだ!)で紹介したように、同書「ヒー・イズ・レジェンド」の帯には次のように記載される模様。

スティーヴン・キング&ジョー・ヒル父子が放つ初の合作ほか、伝説の巨匠に窮極のトリビュート・アンソロジー!

「激突!」「ある日どこかで」「アイ・アム・レジェンド」-----

20世紀の恐怖と幻想を創造した男は、いまなお世界を刺激する。
あなたもマシスン伝説の相続者なのだ。----瀬名秀明(本書解説者)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/03/29

「ヒー・イズ・レジェンド」の帯はこれだ!

2010年4月6日に小学館(小学館文庫)から出版される予定 のリチャード・マシスンのトリビュート・アンソロジー「ヒー・イズ・レジェ ンド」の帯はこんな感じの模様。

但し、決定稿ではないようだけどね。

「ヒー・イズ・レジェンド」の帯

なお、これは翻訳家の白石朗さんのツイッター情報である。

1_2

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/03/28

「ヒー・イズ・レジェンド」ブラム・ストーカー賞受賞!

スティーヴン・キングとジョー・ヒルの共著「スロットル」が収録されている、リチャード・マシスンのトリビュート・アンソロジー「ヒー・イズ・レジェンド」が、ブラム・ストーカー賞を受賞した模様。

Bram Stoker Award Winners

Novel: Audrey’s Door, Sarah Langan (Harper)
First Novel: Damnable, Hank Schwaeble (Jove)
Long Fiction: The Lucid Dreaming, Lisa Morton (Bad Moon Books)
Short Fiction: In The Porches Of My Ears, Norman Prentiss (PS Publishing)
Anthology: He Is Legend: An Anthology Celebrating Richard Matheson, Christopher Conlon (ed.) (Gauntlet Press)
Collection: A Taste of Tenderloin, Gene O’Neill (Apex Book Company)
Non-Fiction: Writers Workshop of Horror, Michael Knost (Woodland Press)
Poetry: Chimeric Machines, Lucy A. Snyder (Creative Guy Publishing)

なお、ブラム・ストーカー賞とは、

アメリカ合衆国のホラー作家協会(HWA、Horror Writers Association)が毎年主催する、その年に出版された最も優れたホラー小説、ダーク・ファンタジーなどに贈られる賞。

1988 年に上述のHWAが設立され、その活動の一つとして創設された。名称はホラー小説の古典「吸血鬼ドラキュラ」の作者であるブラム・ストーカーにちなむ。

(出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』)

なお、「ヒー・イズ・レジェンド」は、2010年4月6日に小学館から翻訳が出版される予定。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

「11/22/63」 | 「1408」 | 「1922 星もなく深い闇」 | 「A Face in the Crowd」 | 「A Good Marriage」 | 「American Vampire」 | 「Ayana」 | 「BLAZE」 | 「Blockade Billy」 | 「Doctor Sleep」 | 「Faithful」 | 「FULL DARK, NO STARS」 | 「Ghost Brothers of Darkland County」 | 「Guns」 | 「Herman Wouk is Still Alive」 | 「In the Tall Grass」 | 「Joyland」 | 「Just After Sunset」 | 「Mile 81」 | 「Morality」 | 「Mr. Mercedes」 | 「Mute」 | 「N.」 | 「Premium Harmony」 | 「Road Rage」 | 「THE GUNSLINGER BORN」 | 「THE LONG ROAD HOME」 | 「The Road of Trials」 | 「The Secretary of Dreams」 | 「THE WIND THROUGH THE KEYHOLE」 | 「Throttle」 | 「Under the Dome」 | 「Ur」 | 「いかしたバンドのいる街で」 | 「おばあちゃん」 | 「しなやかな銃弾のバラード」 | 「アトランティスのこころ」 | 「イット」 | 「ウィラ」 | 「エアロバイク」 | 「キャッツ・アイ」 | 「キャリー」 | 「キングダム・ホスピタル」 | 「クリスティーン」 | 「クリープショー」 | 「クージョ」 | 「グリーン・マイル」 | 「コロラド・キッド」 | 「ゴースト」 | 「ゴールデンボーイ」 | 「ゴールデン・イヤーズ」 | 「サン・ドッグ」 | 「ザ・スタンド」 | 「ザ・チャイルド:悪魔の起源」 | 「シャイニング」 | 「ショーシャンクの空に」 | 「シークレット・ウインドウ」 | 「ジェラルドのゲーム」 | 「ジョウント」 | 「ジンジャーブレッド・ガール」 | 「スタンド・バイ・ミー」 | 「スティーブン・キングの悪魔の嵐」 | 「スニーカー」 | 「スライサー」 | 「スリープウォーカーズ」 | 「セル」 | 「タリスマン」 | 「ダーク・ハーフ」 | 「ディスコーディア」 | 「デスペレーション」 | 「デッド・ゾーン」 | 「トウモロコシ畑の子供たち」 | 「トミーノッカーズ」 | 「トム・ゴードンに恋した少女」 | 「トラックス」 | 「ドラゴンの眼」 | 「ドランのキャデラック」 | 「ドリームキャッチャー」 | 「ドロレス・クレイボーン」 | 「ナイトメアズ&ドリームスケープス」 | 「ナイト・フライヤー」 | 「ニードフル・シングス」 | 「ハイスクール・パニック」 | 「バトルランナー」 | 「バーチャル・ウォーズ」 | 「ビッグ・ドライバー」 | 「ビッグ・ドライヴァー」 | 「ファイアスターター」 | 「ブラック・ハウス」 | 「ブルックリンの八月」 | 「ブロス/やつらはときどき帰ってくる」 | 「ヘイヴン」 | 「ヘッド・ダウン」 | 「ペット・セマタリー」 | 「ポプシー」 | 「マングラー」 | 「マンハッタンの奇譚クラブ」 | 「マーティ」 | 「ミザリー」 | 「ミスト」 | 「ミルクマン」 | 「メイプル・ストリートの家」 | 「ライディング・ザ・ブレット」 | 「ランゴリアーズ」 | 「リーシーの物語」 | 「レギュレイターズ」 | 「ローズ・マダー」 | 「ローズ・レッド」 | 「一四〇八号室」 | 「不眠症」 | 「丘の上の屋敷」 | 「争いが終るとき」 | 「人狼の四季」 | 「人間圧搾機」 | 「入り江」 | 「公平な取引」 | 「刑務所のリタ・ヘイワース」 | 「十時の人々」 | 「呪われた町」 | 「回想のビュイック8」 | 「図書館警察」 | 「地下室の悪夢」 | 「地獄のデビル・トラック」 | 「夕暮れをすぎて」 | 「夜がはじまるとき」 | 「小説作法」 | 「幸運の25セント硬貨」 | 「彼らが残したもの」 | 「悪霊の島」 | 「悪魔の嵐」 | 「戦場」 | 「携帯ゾンビ」 | 「暗黒の塔」シリーズ | 「最後の抵抗」 | 「死のロングウォーク」 | 「死の舞踏」 | 「死霊の牙」 | 「死霊伝説」 | 「深夜勤務」 | 「炎の少女チャーリー」 | 「痩せゆく男」 | 「神々のワードプロセッサ」 | 「禁煙挫折者救済有限会社」 | 「秘密の窓、秘密の庭」 | 「第四解剖室」 | 「自宅出産」 | 「芝刈り機の男」 | 「超高層ビルの恐怖」 | 「道路ウィルスは北に向かう」 | 「闇の展覧会 霧」 | 「雨期きたる」 | 「電話はどこから……?」 | 「霧」 | 「骨の袋」 | 「骸骨乗組員」 | 「黙秘」 | 「8つの悪夢」 | お買い物 | はじめに・・・・ | オーウェン・キング | オーディオブック | キャッスルロック | キングが受けた影響 | キングの影響 | キング絶賛 | ゲーム  | コレクション | ジョー・ヒル | スティーヴン・キング | スティーヴン・キング研究序説 | タビサ・キング | トリビア | ポップ・オブ・キング | リチャード・バックマン | レッドソックス | レビュー/アニメ | レビュー/テレビムービー | レビュー/小説 | レビュー/映画 | ロック・ボトム・リメインダーズ | 国内BD | 国内DVD | 国内アニメ | 国内テレビ | 国内ニュース | 国内マンガ | 国内出版物 | 展覧会 | 拾い物 | 映画 | 海外BD | 海外DVD | 海外テレビ | 海外ニュース | 海外出版物 | 舞台 | | 関連書籍