カテゴリー「「Under the Dome」」の104件の投稿

2016/05/05

「ナカイの窓」で「アンダー・ザ・ドーム」が

「ナカイの窓」「海外ドラマ大好き芸能人」より
2016年5月4日に日テレ系で放送された「ナカイの窓」「海外ドラマ大好き芸能人」でスティーヴン・キング原作のテレビシリーズ「アンダー・ザ・ドーム」が紹介された。

概要は次の通り。

■ 2016.5.4 onair

【ゲストMC】
千原ジュニア(千原兄弟)

【ゲスト】※50音順
井上裕介(NON STYLE)
大石絵理
劇団ひとり
祐真キキ
吉村崇(平成ノブシコブシ)

次回のナカイの窓は『海外ドラマ大好き芸能人』
「24-TWENTY FOUR-」から「ウォーキング・デッド」
「アンダー・ザ・ドーム」「ゴシップガール」など
様々な人気海外ドラマの魅力を語り尽くす!

劇団ひとりが、なぜか〝つけ乳首″をつけて
「24-TWENTY FOUR-」の名シーンを再現!?

「ウォーキング・デッド」のゾンビの倒し方を吉村がレクチャー!
スタジオで中居がゾンビに襲われる!?

シャワー中でも見ているほど海外ドラマが大好きな井上が
「アンダー・ザ・ドーム」の魅力を語る!!

大石絵理がジムで「セックス・アンド・ザ・シティ」を見ていた時に
起こった恥ずかしい事とは!?

さらにメガヒットドラマ「ヒーローズ・リボーン」に出演した
刀ガール祐真キキが登場
世界を魅了した華麗な殺陣を日本のテレビで初披露!
海外ドラマの驚愕なお金事情も明らかに!

お見逃しなく!!

トークのないようとしては、NON STYLEの井上裕介がイチオシ作品として「アンダー・ザ・ドーム」を推すが、他の出演者が中盤以降ダレるとか言うトークを繰り広げる。

そして、興味深いのは、「アンダー・ザ・ドーム」を起点として、アメリカのテレビシリーズの特徴である、テコ入れや打ち切りの話にトークが及ぶ点。

「ナカイの窓」「海外ドラマ大好き芸能人」より

これは例えば、既に打ち切りになっている海外のテレビシリーズを、打ち切りになっていることを言わずに鳴り物入りで日本国内で放送したり、物語の最後まで描かれていない最終シーズンを最新シーズンとして販売している点を間接的に伝えているのではないか、と思えてならない。

また、映画俳優ではなくテレビ俳優が出演しているので、誰が死ぬのか、誰が犯人なのか、先読みが出来ないところを良い点としてあげたりしている点も興味深い。

前述のNON STYLE井上の「アンダー・ザ・ドーム」を紹介した際、シリーズが完結している、と語っていた点に共感を覚える。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/08/08

Hulu7月海ドラ視聴数ランキング、「アンダー・ザ・ドーム」が堂々の首位

2015年8月7日に映画.comが伝えるところによると、テレビシリーズ「アンダー・ザ・ドーム」が、huluの7月視聴数ランキングで第一位になった模様。

Hulu7月海ドラ視聴数ランキング、「アンダー・ザ・ドーム」が堂々の首位

「アンダー・ザ・ドーム」に関する部分を引用する。

[映画.com ニュース]オンライン動画配信サービスHuluが、7月の視聴数ランキングを発表した。海外ドラマランキングでは、7月17日から日本初上陸作品として毎週金曜日に1話ずつ配信されている「アンダー・ザ・ドーム」シーズン3が首位を獲得した。

同作は、スティーブン・キングのベストセラー小説を映像化したミステリードラマで、米国東部の田舎町チェスターズミルを突如覆った巨大ドームをめぐり、住人たちがドームの謎と町に隠された秘密を解き明かしていく人気シリーズ。昨年はシーズン2を配信し、“2014年最も見られた海外ドラマ”の栄冠を手にしたが、シーズン3はシーズン2の視聴開始初週末の視聴者数対比226%と記録を大きく塗り替えた。アメリカでの放送の1カ月以内に視聴することが出来るというスピードも、人気の理由のひとつになっている。

なんだか「アンダー・ザ・ドーム」日本でも大人気じゃないですか。

テレビシリーズと内容が異なる原作もよろしく。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/04/26

「アンダー・ザ・ドーム」シーズン3は6月25日から

Under The Dome - Season Premiere (Preview)

「アンダー・ザ・ドーム」シーズン3の予告がYoutubeで公開された。

米CBSで6月25日放送の初回は2時間スペシャル。

チェスターズミル・ストライクス・アゲインだってさ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/11/04

スティーヴン・キング的なバーガーキングのポスター

スティーヴン・キング的なバーガーキングのポスター 以前どこかでお話ししたのだが、バーガーキングのポスターにスティーヴン・キング的なデザインのポスターがある。

わたしが最初にこのポスターを見たのは、東京池袋の《池袋立教通り店》だったのだが、今回は関西空港の《関空エアロプラザ店》。

さて、このポスターどの辺がスティーヴン・キング的なのか、と言う話だが、その辺りについては以前のエントリー『「アンダー・ザ・ドーム」ファースト・ルック』をご参照いただきたい。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/10/14

「アンダー・ザ・ドーム」シーズン2第1話にキング登場

2014年10月11日からDlife BS258で放送が開始されたテレビシリーズ「アンダー・ザ・ドーム」シーズン2第1話「贖罪」にスティーヴン・キングが登場した。
「アンダー・ザ・ドーム」シーズン2第1話「贖罪」より
因みにシーズン2第一話「贖罪」の脚本はスティーヴン・キング。

ざっと見て、キングは3カットくらいに登場し、セリフもあったよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/10/11

「アンダー・ザ・ドーム」シーズン2は10月11日放送開始

「アンダー・ザ・ドーム」シーズン2
既にご承知の通り、テレビシリーズ「アンダー・ザ・ドーム」シーズン2は、Huluで現在のところ全13話のうち第11話まで配信されているが、2014年10月11日からDlife BS258で放送が開始される。

なお、10月11日(土)23:00からのシーズン2第一話「贖罪」の放送に先駆けて22:00からはシーズン1の総集編「アンダー・ザ・ドーム~特別編~ インサイド・チェスターズミル」が放送される。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/07/27

Hulu「アンダー・ザ・ドーム」シーズン2を7月30日より配信開始

「アンダー・ザ・ドーム」シーズン2はhuluで7月30日配信開始
既にご承知かとは思うが、hulu「アンダー・ザ・ドーム」シーズン2を2014年7月30日より配信を開始する模様。

これに先駆けて、7月15日より「アンダー・ザ・ドーム」シーズン1全話が配信されている。

huluのプレスリリースによると、

米国放送後1ヶ月以内の作品の配信が決定!「アンダー・ザ・ドーム」シーズン2、Huluにて日本初上陸

Huluは、CBSスタジオズ インターナショナルとのコンテンツ・パートナーシップを通じて、「アンダー・ザ・ドーム」をHuluにて配信いたします。

「アンダー・ザ・ドーム」は数々の著書を世に送り出してきた人気作家スティーヴン・キングのベストセラー小説が原作の作品です。Huluは当作のシーズン2第一話を米国CBSでの放送一ヶ月後にあたる7月30日(水)より配信開始いたします。第一話はスティーヴン・キング自らが脚本を手がけました。「アンダー・ザ・ドーム」は小さな町が突如透明な巨大ドームに覆われ、外界と遮断されてしまった住民たちを描いたストーリーです。

「アンダー・ザ・ドーム」はCBSテレビジョン スタジオがスティーヴン・スピルバーグの製作会社アンブリン・テレビジョンとの共同製作で、ニール・ベアー、スティーヴン・キング、ジャスティン・ファルヴェイ、ダリル・フランク、ジャック・ベンダー、ブライアン・K・ヴォーンらが脚本及びエグゼクティブ・プロデューサーを勤め、テレビ化を実現しました。

Huluでは今後米国での放送にあわせてシーズン2全13話を一話ずつ日本語字幕付きで配信いたします。吹替版は今冬より全国無料のBSチャンネル Dlife にて放送開始予定です。またHuluではシーズン2のスピード配信に先駆け、シーズン1を2014年7月15日(火)より一挙に配信開始いたします。

Huluでは今後も海外ドラマを強化していきます。現在毎週月曜日に海外ドラマの新シリーズ・新シーズンの配信をしているほか、「アンダー・ザ・ドーム」のように米国で放送されたばかりの作品も今後配信予定です。

とのこと。

huluの解約は、もうちょっと待った方が良いかもよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/07/12

日本国内にドーム出現か!?

2014年7月11日に東京に二重の虹が出現する事象が発生した。

すごい…東京の上空に二重の虹

その二重の虹の写真がSNSでアップされているのだが、その写真の中に、どう見ても「アンダー・ザ・ドーム」のドームのようなものに見える写真があった。

また虹出た!と思ってパノラマ撮影したら凄まじい事に なんか異世界への門みたいになってんぞオイ… @iso_be_yaki

また虹出た!と思ってパノラマ撮影したら凄まじい事に なんか異世界への門みたいになってんぞオイ… @iso_be_yaki

参考画像をはっておく。

Under the Dome

もう、完全に一致でしょ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/06/15

「アンダー・ザ・ドーム」シーズン2は予想外?

2014年6月10日に海外ドラマNAVIが伝えるところによると、テレビムービー「アンダー・ザ・ドーム」シーズン2の制作は、スティーヴン・キングにとって意外なことだった模様。

スティーヴン・キングが『アンダー・ザ・ドーム』シーズン2は「予想外だった」

ベストセラー作家スティーヴン・キングの小説をドラマ化した『アンダー・ザ・ドーム』。アメリカでは視聴率も好調で、シーズン2の製作も決まった。だがキングは、このドラマのシーズン2は予想外だったと明かしている。

Entertainment Weeklyによると、キングは「当初は13話のエピソードで完結する予定だった。放送局のCBSは、このドラマが人気を得られるか確信がなかったからね」とコメントした。シーズン2が決まった直後、キングは製作総指揮者のブライアン・K・ヴォーンと、次の展開について話したという。当初、ヴォーンは「どうすればいいか、まったく思いつかないよ」と答えたというが、現在は「シーズン2の物語は素晴らしいよ」とキングのお墨付きをもらっている。

『アンダー・ザ・ドーム』シーズン2は、アメリカで6月30日から放送される。(海外ドラマNAVI)

まあ、アメリカのテレビムービーにはよくある話ですね。

これで「アンダー・ザ・ドーム」シーズン2できちんとしたエンディングまで描いてくれれば良いのですが、またシーズン3、シーズン4までシリーズを延長し、挙げ句の果てにシリーズ打ち切りにならないことを祈ってます。

余談ですが、キングが「アンダー・ザ・ドーム」シーズン2第1話のシナリオを読んでいる映像がありますので紹介します。

'Under the Dome': Stephen King reads opening of season 2 premiere script

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/05/26

「アンダー・ザ・ドーム」シーズン2にキング出演!

「アンダー・ザ・ドーム」シーズン2
2014年5月26日に海外ドラマNAVIが伝えるところによると、「アンダー・ザ・ドーム」シーズン2にスティーヴン・キングがカメオ出演する模様。

【ネタばれ】『アンダー・ザ・ドーム』に原作者スティーヴン・キングがカメオ出演

昨年夏にプレミア放送され、初回が夏季の米4大ネットワーク最高となる高視聴率を獲得した、米CBSのSFミステリー『アンダー・ザ・ドーム』。今夏に放送される同作のシーズン2に、原作者のスティーヴン・キングがカメオ出演することが明らかになった。米Deadline.comが報じている。

19日、米CBSのジャンケットに出席した同作の製作総指揮ニール・ベアーは、シーズン2では原作者のスティーヴン・キング自らがプレミア・エピソードの脚本を手掛け、カメオ出演も果たす予定だと発表した。シーズン2の物語は原作の同名小説の内容から離れるが、それにもかかわらずプレミア・エピソードの脚本を書いてくれたのだから、新シーズンはキングのお墨付きをもらったも同然、と胸を張った。

本作は、突然謎のドームによって外界から隔離されてしまったメイン州の田舎町を舞台に、人々の人間模様と怪奇現象を描いたSFミステリー。米Vultureによると、昨年最も視聴された新作TVシリーズとなったほか、『CSI:科学捜査班』『NCIS ~ネイビー犯罪捜査班』とともに世界で最も視聴された3ドラマにランクインするなど、大きな反響を巻き起こした話題作だ。

(以下、シーズン2のネタばれを含みますのでご注意ください。)

しかし、後半でやや視聴率が衰えたせいか、新シーズンは若いミレニアム世代(2000年代に成人を迎える若者)によりアピールすべく、数学オタクの新キャラクターを投入。彼の力でドーム内との交信に成功するという。また、ドームに強力な磁力が生じ、町中の車や金属製の家電などが上空に吸いあげられるという奇怪な現象も起きる。ベアーによると、今年はドームの中から誰かが脱出し、外から誰かが侵入するという可能性もあるようだ。

キングの小説を原作とする映像作品は50本を超えるが、『地獄のデビル・トラック』『ペット・セメタリー』など、キングが端役で登場したり、カメオ出演したりした作品は多い。モダン・ホラーの巨匠が『アンダー・ザ・ドーム』でどのような演技を見せるのか、おおいに期待したい。

『アンダー・ザ・ドーム』シーズン2プレミアは、米CBSにて6月30日(月)よりスタート。(海外ドラマNAVI)

「アンダー・ザ・ドーム」シーズン2のプロモーション映像で、撮影現場にいるキングの姿が既に公開されている訳ですから、今回の件には全く驚きがありません、と言うか、もし撮影現場に行っているのにも関わらず出演しない、と言うことになった方が驚きですよね。

Under The Dome, Season 2 - Start of Production

おそらくニュース・ソースはここ。

CBS Junket Day: Stephen King To Make Cameo Appearance In ‘Under The Dome’ Season Debut

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

「Bazaar of Bad Dreams」 | 「'The Bazaar of Bad Dreams」 | 「11/22/63」 | 「1408」 | 「1922 星もなく深い闇」 | 「A Face in the Crowd」 | 「A Good Marriage」 | 「American Vampire」 | 「Ayana」 | 「Bad Little Kid」 | 「BLAZE」 | 「Blockade Billy」 | 「Doctor Sleep」 | 「Faithful」 | 「FULL DARK, NO STARS」 | 「Ghost Brothers of Darkland County」 | 「Guns」 | 「Herman Wouk is Still Alive」 | 「In the Tall Grass」 | 「Joyland」 | 「Just After Sunset」 | 「Mile 81」 | 「Morality」 | 「Mr. Mercedes」 | 「Mute」 | 「N.」 | 「Obits」 | 「Premium Harmony」 | 「Revival」 | 「Road Rage」 | 「The Bazaar of Bad Dreams」 | 「THE GUNSLINGER BORN」 | 「THE LONG ROAD HOME」 | 「The Road of Trials」 | 「The Secretary of Dreams」 | 「THE WIND THROUGH THE KEYHOLE」 | 「Throttle」 | 「Under the Dome」 | 「Ur」 | 「いかしたバンドのいる街で」 | 「おばあちゃん」 | 「しなやかな銃弾のバラード」 | 「アトランティスのこころ」 | 「イット」 | 「ウィラ」 | 「エアロバイク」 | 「キャッツ・アイ」 | 「キャリー」 | 「キングダム・ホスピタル」 | 「クリスティーン」 | 「クリープショー」 | 「クージョ」 | 「グリーン・マイル」 | 「コロラド・キッド」 | 「ゴースト」 | 「ゴールデンボーイ」 | 「ゴールデン・イヤーズ」 | 「サン・ドッグ」 | 「ザ・スタンド」 | 「ザ・チャイルド:悪魔の起源」 | 「シャイニング」 | 「ショーシャンクの空に」 | 「シークレット・ウインドウ」 | 「ジェラルドのゲーム」 | 「ジョウント」 | 「ジンジャーブレッド・ガール」 | 「スタンド・バイ・ミー」 | 「スティーブン・キングの悪魔の嵐」 | 「スニーカー」 | 「スライサー」 | 「スリープウォーカーズ」 | 「セル」 | 「タリスマン」 | 「ダーク・ハーフ」 | 「ディスコーディア」 | 「デスペレーション」 | 「デッド・ゾーン」 | 「トウモロコシ畑の子供たち」 | 「トミーノッカーズ」 | 「トム・ゴードンに恋した少女」 | 「トラックス」 | 「ドラゴンの眼」 | 「ドランのキャデラック」 | 「ドリームキャッチャー」 | 「ドロレス・クレイボーン」 | 「ナイトメアズ&ドリームスケープス」 | 「ナイト・フライヤー」 | 「ニードフル・シングス」 | 「ハイスクール・パニック」 | 「バトルランナー」 | 「バーチャル・ウォーズ」 | 「ビッグ・ドライバー」 | 「ビッグ・ドライヴァー」 | 「ファイアスターター」 | 「ブラック・ハウス」 | 「ブルックリンの八月」 | 「ブロス/やつらはときどき帰ってくる」 | 「ヘイヴン」 | 「ヘッド・ダウン」 | 「ペット・セマタリー」 | 「ポプシー」 | 「マングラー」 | 「マンハッタンの奇譚クラブ」 | 「マーティ」 | 「ミザリー」 | 「ミスト」 | 「ミルクマン」 | 「メイプル・ストリートの家」 | 「ライディング・ザ・ブレット」 | 「ランゴリアーズ」 | 「リーシーの物語」 | 「レギュレイターズ」 | 「ローズ・マダー」 | 「ローズ・レッド」 | 「一四〇八号室」 | 「不眠症」 | 「丘の上の屋敷」 | 「争いが終るとき」 | 「人狼の四季」 | 「人間圧搾機」 | 「入り江」 | 「公平な取引」 | 「刑務所のリタ・ヘイワース」 | 「十時の人々」 | 「呪われた町」 | 「回想のビュイック8」 | 「図書館警察」 | 「地下室の悪夢」 | 「地獄のデビル・トラック」 | 「夕暮れをすぎて」 | 「夜がはじまるとき」 | 「小説作法」 | 「幸運の25セント硬貨」 | 「彼らが残したもの」 | 「悪霊の島」 | 「悪魔の嵐」 | 「戦場」 | 「携帯ゾンビ」 | 「暗黒の塔」シリーズ | 「最後の抵抗」 | 「死のロングウォーク」 | 「死の舞踏」 | 「死霊の牙」 | 「死霊伝説」 | 「深夜勤務」 | 「炎の少女チャーリー」 | 「痩せゆく男」 | 「神々のワードプロセッサ」 | 「禁煙挫折者救済有限会社」 | 「秘密の窓、秘密の庭」 | 「第四解剖室」 | 「自宅出産」 | 「芝刈り機の男」 | 「超高層ビルの恐怖」 | 「道路ウィルスは北に向かう」 | 「闇の展覧会 霧」 | 「雨期きたる」 | 「電話はどこから……?」 | 「霧」 | 「骨の袋」 | 「骸骨乗組員」 | 「黙秘」 | 「8つの悪夢」 | お買い物 | はじめに・・・・ | オーウェン・キング | オーディオブック | キャッスルロック | キングが受けた影響 | キングの影響 | キング絶賛 | ゲーム  | コレクション | ジョー・ヒル | スティーヴン・キング | スティーヴン・キング研究序説 | タビサ・キング | トリビア | ポップ・オブ・キング | リチャード・バックマン | レッドソックス | レビュー/アニメ | レビュー/テレビムービー | レビュー/小説 | レビュー/映画 | レビュー/舞台 | ロック・ボトム・リメインダーズ | 国内BD | 国内DVD | 国内アニメ | 国内テレビ | 国内ニュース | 国内マンガ | 国内出版物 | 展覧会 | 拾い物 | 映画 | 海外BD | 海外DVD | 海外テレビ | 海外ニュース | 海外出版物 | 舞台 | | 関連書籍