2020年5月 8日

「魔界探偵ゴーゴリ」

Photo_20200508100601

ロシア国内興収No.1の映画「魔界探偵ゴーゴリ」三部作を観た。

  • 「魔界探偵ゴーゴリ」三部作とは、ロシアの文豪ニコライ・ゴーゴリがダークヒーローとなり難事件に挑むミステリーで、ロシア版シャーロック・ホームズ×ハリー・ポッターともいわれている。

    「魔界探偵ゴーゴリ 暗黒の騎士と生け贄の美女たち」(2017)
    「魔界探偵ゴーゴリⅡ 魔女の呪いと妖怪ヴィーの召喚」(2018)
    「魔界探偵ゴーゴリⅢ 蘇りし者たちと最後の戦い」(2018)

監督:イゴール・バラノフ
出演:アレクサンダー・ペトロフ(ゴーゴリ)、オレグ・メンシコフ(グロー)、ユリア・フランツ(オクサーナ)、セルゲイ・バディク(ヴァクーラ)、イフゲニー・スティチキン(ビンク)、アルチョム・トカチェンコ(ダニシェヴェスキー伯爵)、タイーシャ・ヴィルコヴァ(リザ)

1829年、サンクトペテルブルク。
駆け出しの作家ニコライ・ゴーゴリは腕の立つ探偵グローと知り合い、2人は若い美女だけが狙われる連続猟奇殺人事件の捜査の為にウクライナの小さな村、ディカーニカへ出発する。
探偵グローは2つの理由からゴーゴリを同伴者として選んでいた。1つはゴーゴリがディカーニカの近くで生まれ土地勘を持っていたこと、もう1つはゴーゴリが神秘な力を持ち、異世界の者と繋がることができたから。ゴーゴリは自分でもコントロールができない悪夢の力によって、容疑者として浮かび上がった“黒騎士” と事件の真相に近づいていく。そして自分が何者なのか、起源を明らかにしていくが・・・・。

先ず驚いたのは、物語の基本プロットは探偵グローと記録官吏ゴーゴリのバディものなのだが、その二人の吹替えがBBCの「SHERLOCK(シャーロック)の吹替えと同様の森川智之(ゴーゴリ)、三上哲(グロー)で、しかもスコアもBBCの「SHERLOCK」の雰囲気を踏襲していると思われ、かつゴーゴリやグローと警察署長ビンクとの掛け合いも「SHERLOCK」の雰囲気を醸し出している。

もちろん「魔界探偵ゴーゴリ」はBBCの「SHERLOCK」を意識しているのだとは思うが、その手法に全く違和感がなくおそらく日本のファンの中には「魔界探偵ゴーゴリ」「SHERLOCK」の二次創作のような印象で受け取っているファンもいるのではないか、と思える。

またキャラクターも見事にキャラ立ちしており、ゴーゴリの文学というメインカルチャーの文脈ではなくサブカルチャーとしての文脈やライトノベル、中二病的な感覚も感じられる。

このあたりと本作「魔界探偵ゴーゴリ」三部作の今後の行く末を考えると「文豪ストレイドッグス」の方向性も見えてきている。

また物語の構成としては、まあ想定内だが本作「魔界探偵ゴーゴリ」三部作は、ニコライ・ゴーゴリの様々な実在の著作からの引用や言及が頻繁に行われている。

例えば冒頭では、ゴーゴリがV・アロフ名義で自費出版したガンツ・キュヘリガルテン」を回収し焼き捨てるシーンがあったり、中盤以降には「鼻」のない男が出てきたり、本筋とは関係ないが「外套」を修理しようとしているエピソードが語られ、また「魔界探偵ゴーゴリⅡ 魔女の呪いと妖怪ヴィーの召喚」 ではタイトルにもなっている通り「ヴィー」の有名なシークエンスがそのまま引用されている。

もちろん「魔界探偵ゴーゴリ」三部作の舞台となるのはディカーニカであり 「ディカーニカ近郷夜話」からの引用も多く、驚いたことに今回の事件を基に著されたと思われる短篇集「ディカーニカ近郷夜話」の朗読会サイン会を実施している描写まである。

これは逆説的にこの「魔界探偵ゴーゴリ」事件の経験がゴーゴリが著作を著す原因になっている、という構造も楽しめる。

さて本作だが、前述の通り物語の基本プロットは、サンクトペテルブルクの著名な探偵グローと駆け出しの作家の記録官吏ゴーゴリが小さな村ディカーニカで起きている超自然的な連続猟奇殺人事件を捜査する、と言う物語だが、それにリアリティを付与する美術が大変素晴らしい。

キャストについてはロシア人俳優についてはあまり詳しくないのだが、ゴーゴリにしろグローにしろビンクにしろ脚本も相まってかキャラ立ちが顕著なのが興味深い。

また、ホームズとワトソンに対比するキャラクターは本作ではグローとゴーゴリなのだが、主役はグローではなくあくまでもゴーゴリであり、今後の物語の行く末を考えた場合のグローとゴーゴリの関係性が非常に興味深い。

関心がある方は是非!

特にゴーゴリの著作好きの方、BBCの「SHERLOCK」好きの方へ。

余談だが、ゴーゴリの外見はゴーゴリの肖像画に寄せている。

Photo_20200508140001
ニコライ・ゴーゴリの肖像(F.A.モレル筆・1841年)

Photo_20200508140002
ゴーゴリ(左)とグロー(右)

 

 

 

 

| | コメント (0)

2019年12月14日

「トイ・ストーリー4」のウッディは人魚姫だったのか

ちょっと前の話だが2019年7月日本公開の「トイ・ストーリー4」(2019)を観て驚いた。これじゃまるでウッディは人魚姫みたいじゃないか。

「トイ・ストーリー4」のウッディのどのあたりが人魚姫なのか、と言う話なのだが、その前に気になるアンデルセンの「人魚姫」をモチーフとしたと思われる作品を何点か紹介したい。アンデルセンの「人魚姫」の物語はみなさんご存知ですよね。物語の紹介は割愛します。

先ずは「ジョゼと虎と魚たち」(2003)。

「ジョゼと虎と魚たち」のヒロインであるジョゼは足が不自由で、言葉使いが悪く関西弁を話す。

なぜジョゼは足が不自由で言葉使いが悪いのか。
それはジョゼが元々は人魚姫で王子様に出逢うために、魔法で魚の尻尾を足にしてもらい、きれいな言葉を失ったから。

続いて「シェイプ・オブ・ウォーター」(2017)。

「シェイプ・オブ・ウォーター」のヒロインであるイライザは言葉が不自由で手話で会話をする。

「シェイプ・オブ・ウォーター」の予告編やポスターを観て、どうやら人間が半魚人のようなクリーチャーと恋をする物語だと言うことがわかる。監督のギレルモ・デル・トロは「大アマゾンの半魚人」をモチーフにして、半魚人と人間の女性はなぜ恋に落ちないのか、そのあたりを含めて、この物語を発案している。

なぜイライザは言葉が不自由なのか。
それはイライザが元々は人魚姫で王子様に出逢うために、魔法で魚の尻尾を足にしてもらい、言葉を失ったから。

なんと、その解釈は驚くべき事にあたってしまう。

さて「トイ・ストーリー4」(2019)のウッディである。

「トイ・ストーリー4」の物語を「人魚姫」的に解釈すると、ウッディは持ち主がいないおもちゃと言う生き方を選択したボー・ピープに憧れ、トーキング・ボックス、つまり声を失う事で自由(ここでは足のメタファ)を手に入れる。

私はかねがね、海外の作品を解釈する上で、「聖書」「オズの魔法使い」「スター・トレック」の知識が不可欠だ、という話を折あるごとにしているが、近年は「人魚姫」の知識が必要な時代になって来たようである。

「ジョゼと虎と魚たち」「シェイプ・オブ・ウォーター」「トイ・ストーリー4」の3本は素晴らしい作品である。
機会があれば「人魚姫」の事を考えながら観てみていただきたい。

 

| | コメント (0)

2019年5月 1日

「スパイダーマン:スパイダーバース」は「初秋」なのか

Spiderverse

2019年3月8日に日本公開された「スパイダーマン:スパイダーバース」を観た。

本作「スパイダーマン:スパイダーバース」 は、ピーター・パーカー亡き後新たなスパイダーマンになる決意をしたマイルス・モラレスと他の次元(スパイダーバース)に存在する多くのスパイダーマンたちの物語。

主人公のマイルス・モラレスはブルックリン生まれの13歳。マイルスは遺伝子操作された蜘蛛に噛まれスパイダーパワーを手に入れる。キングピンに倒されたピーター・パーカーの遺志を継ぎスパイダーマンとして生きる決意をするのだが、いかんせんスパイダーパワーの経験やノウハウに乏しい。

一方、ピーター・パーカーを倒したキングピンは失った家族を復活させるため、異次元への扉を開き家族を召喚しようとしていた。

その異次元への扉を通って何人ものスパイダーマンがマイルスの世界にやってくるのだが・・・・

さて、今日の本題だが「スパイダーマン:スパイダーバース」 のどのあたりが「初秋」なのか、と言う話なのだが、まあこの時点で既におわかりの方もいらっしゃると思うのだが、キーワードとしては、異次元からやって来たスパイダーマンの1人の名前がピーター・B・パーカーである、と言うところ。

ピーター・パーカーに対する異次元のスパイダーマンと言うことで、Bをつけてピーター・B・パーカーと言うのは十分理解出来るのだが、なぜわざわざBにしたのか。「スタートレック」におけるNCC-1701に対してのNCC-1701Aと言うように、Aで良かったのではないか、フィクションならAにするだろ、と言う気がする。

そう考えた場合、これはロバート・B・パーカーへの言及だとしか思えない。尤もピーター・B・パーカーと言われれば、多くの人はロバート・B・パーカーを想起するのではないだろうか。もちろんホンヤクモンスキー的には。

そしてロバート・B・パーカーと言えば私立探偵スペンサーシリーズだろうし、スペンサーシリーズの代表作はなんといっても「初秋」だろう。

そんな「初秋」のあらすじは次の通り。

 離婚した夫が連れ去った息子を取り戻してほしい。スペンサーにとっては簡単な仕事だった。が、問題の少年、ポールは彼の心にわだかまりを残した。対立する両親の間で駆け引きの材料に使われ、固く心を閉ざして何事にも関心を示さない少年。スペンサーは決心する。ポールを自立させるためには、一からすべてを学ばせるしかない。スペンサー流のトレーニングが始まる。人生の生き方を何も知らぬ少年と、彼を見守るスペンサーの交流を描き、ハードボイルドの心を新たな局面で感動的に謳い上げた傑作。(「BOOK」データベースより)

厳しい冬が来る前、つまり初秋にスペンサーは少年ポールを鍛える事を決意する。

一方「スパイダーマン:スパイダーバース」では中年に差し掛かりお腹も出はじめたピーター・B・パーカーは、マイルスがスパイダーマンとして一人前になるように、つまり異次元から来たスパイダーマンたちがこの世界からいなくなったとしてもスパイダーマンとしてヴィランたちに対峙し、スーパーヒーローとして活躍できるようにマイルスを鍛えるのだ。

「スパイダーマン:スパイダーバース」はそんな物語なのである。ロバート・B・パーカーの「初秋」を読んだ上で「スパイダーマン:スパイダーバース」を観て欲しい。

 

| | コメント (0)

2018年3月 7日

越前敏弥 翻訳家人生を語る

Photo
東京大学大学院人文社会系研究科・文学部のサイトで翻訳家 越前敏弥 のインタビュー記事が公開された。

文学部卒業生インタビュー #009
"翻訳"という仕事にめぐり合う 越前敏弥さん

翻訳と言う仕事を考える上で非常に興味深いインタビュー記事。

関心がある方は是非。

翻訳百景(文芸翻訳者・越前敏弥のブログ)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2018年1月31日

キャラメルボックスが「夏への扉」と「無伴奏ソナタ」を2018年に再演する

2018
なんと演劇集団キャラメルボックスがロバート・A・ハインラインの「夏への扉」と、オースン・スコット・カードの「無伴奏ソナタ」の舞台を、それぞれ2018年3月、2018年5月〜月に再演する模様。

演劇集団キャラメルボックス
「夏への扉」
「無伴奏ソナタ」

なお「夏への扉」は初演は2011年でその再演。
また「無伴奏ソナタ」は初演は2012年、2014年に再演され、今回は三回目の公演。

わたし「夏への扉」は2011年3月27日の楽日を《ル テアトル銀座》で観劇している。311の直後である。
ブログにレビューを書いていると思ったがどうやら書いていなかった模様。

また「無伴奏ソナタ」は2012年5月29日に《東京グローブ座》で観劇している。
当時のレビューはこちら

個人的にはキャラメルボックスのSF小説を原作とした舞台は良いものが多い印象を受ける。

関心がある方は是非。

@tkr2000

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月 4日

「秘密の知識 巨匠も用いた知られざる技術の解明」

Secretknowledge デイヴィッド・ホックニーの「秘密の知識 巨匠も用いた知られざる技術の解明」を読んだ。

そもそもはこうだ。

藤田新策氏の絵本「ちいさなまち」がフランスで「Le long d’un reflet」として出版される事を記念した原画展において、2017年11月25日に行われたトークショーに衝撃を受けたのだ。

わたしの人生が変わる程の衝撃を。

当日のトークショーの概要は次の通り。

1. 「秘密の知識」
最初は美術史における発見としてBBCなどでも放映された、デイヴィッド・ホックニーの「Secret Knowledge」からアングルやフェルメールが使っていたカメラルシーダやカメラオグスキュラなどの光学機械について話します。

2. 「土と釉薬」「土性絵の具とニス」
次は「土と釉薬」「土性絵の具とニス」というテーマで陶芸と絵画の類似点について。

3. 「美術と美顔術」
ルネサンス期から皮膚の下地として使われたテルベルト(イタリアのVerona(ベローナ)近くの緑土)が現代でも泥パックとして美顔術に使用されていることについて話します。

4. 「鏡のゲーム」
一つのデッサンが反転されて左右(上下)対象に作図される構図は、現代ではフォトショップなどで行われています。 しかし、実はすでに15世紀頃からフレスコ画で行われていました。

「秘密の知識 巨匠も用いた知られざる技術の解明」
著者:デイヴィッド・ホックニー
訳者:木下哲夫
出版社:青幻舎

ここ最近日本では、漫画家のトレパク問題が顕在化している。
これは商業誌において連載を持っているような漫画家が、権利上問題があるインターネット上の画像等をトレースし、自作の漫画に使用しているような問題である。

わたしはこのトレパク問題に関心を持っていたのだが、その状態で藤田新作氏の「秘密の知識 巨匠も用いた知られざる技術の解明」に関するトークを聴いたのである。

画家のデイヴィッド・ホックニーは、過去600年間の西洋絵画を精査・比較検討しひとつの結論に達する。

西洋絵画における多くの巨匠たちは、当時最新の科学技術であった光学装置を使用し、現実の風景を人物を、つまり絵画の題材自体を光学的にトレースしていたと言うのだ。

なんと言う事だろう。
今まで信じていた事が文字通り瓦解していく。

ホックニーがどのように過去600年間の西洋絵画を精査・比較検討しこの結論に達したかは割愛する。

ここからはわたしの所見だが、当時の画家は工房を持っていたのではないか、とわたしは想像している。

そして、どこかの工房が光学装置を使用した写実的な絵画を発表し始める。工房の優位性が重要だと考える工房はその《知識を秘密》にする。

しかし当然ながらその作品を見た他の工房がその《秘密の知識》を探り始める。

従ってその門外不出の《秘密の知識》は現代まで伝わっていないのだ。と想像していた。

しかし、ロジャー・ベーコンの引用が出てくるあたりで考えが変わってくる。

もしかしたら科学技術を使用した絵画は《悪魔の仕業》ということで宗教上の弾圧を受ける可能性があったため、その技術は《秘密の知識》にせざるを得なかったのではないか。

「薔薇の名前」や「ロバート・ラングドン」シリーズを思い出す。

関心がある方は是非。


デイヴィッド・ホックニーは、「秘密の知識 巨匠も用いた知られざる技術の解明」の後、美術批評家のマーティン・ゲイフォードと共に絵画の歴史  洞窟壁画からiPadまで」を著している。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月29日

ジョー・ヒルのホラー映画オールタイムベストが更新される

2017年10月28日 ジョー・ヒルがホラー映画のオールタイムベストについてツイートした。

おそらくこれは、父親であるスティーヴン・キング原作の映画「IT/イット “それ”が見えたら、終わり。」を観たため、ランキングが変わったものだと思われる。

念のため邦題を記しておく。

1.「ジョーズ」(1975)
2.「ぼくのエリ 200歳の少女」(2008)
3.「デビルズ・バックボーン」(2001)
4.「遊星からの物体X」(1982)
5.「IT/イット “それ”が見えたら、終わり。」(2017)
6.「エクソシスト」(1973)
7.「ゾンビ」(1978)

因みに、ジョー・ヒルは1972年生まれ。
そのわりに比較的古い作品も多いが、ピックアップされた映画は順当で、ジョー・ヒルのホラー映画に対する感性は信頼できる。

余談だが、ジョー・ヒルはジョージ・A・ロメロの「クリープショー」(1982)に出演している。
また「クリープショー」でスティーヴン・キングは脚本を担当しているが、同時に第2話「ジョディ・ベリルの孤独な死」でキングは主演を務めている。

@tkr2000
@honyakmonsky

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月 6日

「ガール・セヴン」の日本向けプロモーションが凄い

2016年8月5日に公開された「ガール・セヴン」の日本向けのプロモーション映像が凄い。

『ガール・セヴン』(文春文庫) 著者ハンナ・ジェイミスンによるビデオクリップ

手本があるとは言え、英語圏の人がこんなにたくさんの日本語を一気に書くのは大変だと思いますね。

もちろん日本を題材にした作品なので著者のハンナ・ジェイミスンは日本に関する造詣は深いとは思いますが。

「ガール・セヴン」
著者:ハンナ・ジェイミスン
訳者:高山真由美
出版社:文藝春秋(文春文庫刊)

私は必ず日本に帰ってみせる。石田清美、21歳。家族を何者かに惨殺され、ロンドンの底で生きている。そこに飄々とした冷血の殺し屋マークがやってきた。僕が君の家族を殺した人間を探してみようかとマークは言うが―暗黒街からの脱出を願う清美の必死の苦闘を描き切る鋭利なる文体。徹頭徹尾、女子が女子を書いたノワール。

で、このプロモーション映像制作の背景には、こんな流れが。

そんな「ガール・セヴン」は文春文庫から絶賛発売中。

@tkr2000
@honyakmonsky

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月25日

「羊たちの沈黙」も「指輪物語」の影響を!?

まずはこちらを観ていただきたい。
映画「羊たちの沈黙」のクライマックスシーンである。

The Silence of the Lambs (11/12) Movie CLIP - Pitch Black (1991) HD 

なぜ、トマス・ハリスの「羊たちの沈黙」に登場するバッファロー・ビルは暗視ゴーグルをつけているのか。

これに関するヒントは、バッファロー・ビルが飼っている犬の名前にある。

犬の名前は "Precious" 菊池光訳の「羊たちの沈黙」では "Precious" は、"可愛い子ちゃん" と訳出されている。

では一体 "Precious" とは何か。

「指輪物語」における "いとしいしと" つまり "一つの指輪" のことである。
実際は、"my precioussss" だが。

つまり、バッファロー・ビルは、 "Precious" こと "一つの指輪" の力で、クラリス・スターリングの前から "暗視ゴーグル" を使う事により、相対的に姿を消すことが出来るのだ。

いかがだろう。ガッテンしていただけただろうか。

なお、手元には、高見浩の新訳「羊たちの沈黙」がないので、新訳版の "Precious" の訳語は確認しておりません。念の為。

@tkr2000
@honyakmonsky

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月27日

「猿の惑星」をめぐる冒険

「猿の惑星」
故あって、ピエール・ブールの「猿の惑星」(1963)を読んだ。

わたしの「猿の惑星」(創元推理文庫)は、1975年6月の28版で価格は220円。と言う事は、わたしは「猿の惑星」をずっと前に買ったものの全然読んでいなかったことになる。

《アラン・バートン、ピート・バーグ、そしてゲイランの三人は、苦難に満ちた逃亡の道を歩き始める。 だが、三人の行く手には、必ず何かが待ち受けている。 ここは、猿の惑星なのだ》のナレーションでおなじみのテレビシリーズ「猿の惑星」のジョージ・A・エフィンガーのノベライズは「逃亡者人間」「明日への脱出」「疫病をやっつけろ」は読んでいるのだが、そもそものピエール・ブールの「猿の惑星」は恥ずかしながら読んだことがなかったのだ。

一読して驚いた。
「猿の惑星」に登場する猿たちは、知的で文化的な生活をおくっており科学水準も人類を凌駕しているのだ。

と言うのも、「猿の惑星」の物語の中盤以降、人工衛星(猿工衛星)に動物(人間)を乗せる計画が語られるところを見ると、われわれ人類の文明レベルと比較すると、ライカ犬を乗せたスプートニク2号が打ち上げられたのが1957年であるから、「猿の惑星」における猿たちは、おそらく1950〜1960年代の人類と同程度の文明レベルだと推測する事が出来る。

なぜこんな話をしているのかと言うと、どうしても映画「猿の惑星」(1968)と比較してしまう自分がいるのだ。

映画「猿の惑星」で描かれた猿たちは、ライフル銃を使ってはいるものの、洞窟のようなものの中で暮らしているところを見ると、人類における中世(5〜16世紀)の文明レベルのような印象を受け、猿は猿なりに文化的な生活をおくっているものの、暴力と権力がニアリーイコールな世界。そんな猿たちが支配階級にいる、比較的野蛮な世界観を観客に与えてしまっているのだ。

また、興味深いのはチャールトン・ヘストン演じる宇宙飛行士テイラー大佐もどちらかと言うと野蛮な人物として描かれている。

映画「猿の惑星」は、野蛮な猿の世界に投げ込まれた野蛮な人間テイラー、と言う構造を持っているのだ。

それと比較すると小説「猿の惑星」に登場する猿たちの文化的で科学的な姿には愕然とする。

もっとも、本作「猿の惑星」が文明批判をしている以上、物語構造上、猿が野蛮であってはいけないのである。

残念ながら映画「猿の惑星」はそのあたりについて配慮が足りないと言わざるを得ない。もちろんそのあたりについて意図的である可能性は高いが。

個人的には映画「猿の惑星」は映画史に残る素晴らしい作品だと思っているが、原作と比較すると残念な気持ちがする。

おそらくだが制作者サイドは、意図的に知的なアメリカより、強いアメリカに舵をきったのではないか、と思えてならない。これは1968年と言う時代背景がそうさせている可能性が高い。

また、もう一点興味深いのは、本作「猿の惑星」の物語の構造は、所謂ブックエンド形式で、かつ叙述トリックが採用されている点である。

物語の冒頭、レジャーとして恒星間旅行を楽しんでいる2人の恋人たちが、その旅行中に宇宙空間を漂うひとつの瓶を見つけ、その中に、われわれが知っている「猿の惑星」の物語を記した手記が入っていた、と言う構造を持っているのだ。

そこでは、映画「猿の惑星」に存在する《英語問題》について、登場人物の1人が地球に留学していた経験があるため、地球の言語をマスターしている、と言う設定で物語が描かれている。そして2人の恋人たちの一方が、他方に「猿の惑星」の手記を読み聞かせる、と言う構造をもっているのだ。

そしておそらくだが、小説「猿の惑星」における地球の言語は、英語ではなくフランス語だと考えることができ、その場合、この小説がフランス語で書かれている点に大きな意義を感じる。

つまり、「猿の惑星」の物語では、地球の共通言語は英語から、何らかの事由でフランス語に変わっている、と言う背景を読み取る事ができる。

これは「猿の惑星」の物語にとって大きな意義がある。

また叙述トリックの内容については、趣向を削ぐので解説はしないが、エピローグにあたる部分で非常に興味深い描写が楽しめる。

尤も、「猿の惑星」が採用している叙述トリックは、レベルとしてはあなり高度ではなく、注意深い読者なら早いタイミングで、もしや、と思うと考える。

そんな訳で本作「猿の惑星」は、今読んでも大変面白く、大変興味深く、いろいろと考えさせる作品だと言える。

今更だが、関心がある方は是非、ご一読いただきたい。

@tkr2000
@honyakmonsky

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«「ルーム ROOM」をめぐる冒険