« 「クトゥルフ神話への招待」と「影が行く」 | トップページ | 「フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ」が焚書に!? »

2012年8月29日

ポー主演の映画「The Raven」の邦題は「推理作家ポー 最後の5日間」だって!?

「The Raven」ポスター

以前のエントリー『なんとエドカー・アラン・ポー主演の映画が!?』で紹介した、ジョン・キューザックがエドガー・アラン・ポーを演じる映画「The Raven」の邦題は、なんと「推理作家ポー 最後の5日間」に決定しちゃったよ。

「推理作家ポー 最後の5日間」
監督:ジェームズ・マクティーグ
脚本:ベン・リヴィングストン、ハンナ・シェイクスピア
出演:ジョン・キューザック(エドガー・アラン・ポー)、ルーク・エヴァンス(エメット・フィールズ刑事)、ブレンダン・コイル(リーガン)、アリス・イヴ(エミリー・ハミルトン)、ブレンダン・グリーソン(ハミルトン大尉)、オリヴァー・ジャクソン=コーエン(キャントレル)、パム・フェリス(ミセス・ブラッド レー)、デイヴ・レジーノ(パーシー)、アナ・ソフレノヴィック(レディ・マクベス)、ケヴィン・マクナリー(マドックス編集長)

あらすじ:猟奇的な殺人事件を追うエメット・フィールズ捜査官は、その事件の概要が、地元の新聞に掲載されている小説にそっくりなことに気付き、隠遁生活をおくるその小説の作家エドガー・アラン・ポーを調べ始めるが・・・・

ホンヤクモンスキーとしてショックなのは本作「The Raven」(「大鴉」)の邦題が「推理作家ポー 最後の5日間」に決定しちゃった事。

何故ショックかと言うと、本作の配給会社であるウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパンは、エドガー・アラン・ポーの日本国内での知名度は〈推理作家ポー〉とわざわざ銘打たなければならないほど低いと考えている、と推測できるから。

しかも「推理作家ポー 最後の5日間」と、比較的語呂が悪い邦題を付けざるを得ない程に。

類似のタイトルにマリリン・モンローの秘めた恋を描いた「マリリン 7日間の恋」(2011)がある。

「ポー 最後の5日間」で良かったんじゃないかな。

なお「推理作家ポー 最後の5日間」は、2012年10月12日に全国ロードショーの予定。

@tkr2000
@honyakmonsky

|

« 「クトゥルフ神話への招待」と「影が行く」 | トップページ | 「フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ」が焚書に!? »

ホンヤクモンスキーの憂鬱」カテゴリの記事

●tkr」カテゴリの記事

映画」カテゴリの記事

■ミステリー」カテゴリの記事

エドガー・アラン・ポー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ポー主演の映画「The Raven」の邦題は「推理作家ポー 最後の5日間」だって!?:

« 「クトゥルフ神話への招待」と「影が行く」 | トップページ | 「フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ」が焚書に!? »