« アルフレッド・ベスターの「ごきげん目盛り」が映画化か!? | トップページ | 読者の99.9%が完っ全に欺かれるミステリ小説って!? »

2012年10月21日

「ピーナッツ」35年振りに映画化決定!

ブルー・スカイ・スタジオ公式サイトより
2012年10月9日にDEADLINE NEW YORKが伝えるところによると、チャールズ・M・シュルツの「ピーナッツ」が作品の生誕65周年を記念して2015年にアニメ映画化される模様。

Charles Schulz’s ‘Peanuts’ In Feature Deal With Fox Animation And Blue Sky Studios

この記事によると20世紀FOXは「アイス・エイジ」シリーズを制作したブルー・スカイ・スタジオと、「ピーナッツ」のアニメーション作品の制作に合意した模様。

なお、「ピーナッツ」の新作アニメーション映画の公開日は、作品生誕65周年、アニメ制作50周年にあたる2015年11月25日の予定。

また、「アイス・エイジ4 パイレーツ大冒険」「ホートン ふしぎな世界のダレダーレ」のスティーヴ・マーティノが監督を務める模様。

因みに、FOXとチャールズ・M・シュルツの遺族との交渉は2年にも及んだ模様。

この記事によると「ピーナッツ」は、75ケ国で出版され、日常的に3億5千5百万人に読まれている模様。

日本国内では「ピーナッツ」は谷川俊太郎訳で知られている。

なお、公式ブレスリリースはこちら。

THE OFFICIAL PEANUTS PRESS RELEASE

このプレスリリースによると、脚本はチャールズ・M・シュルツの息子と孫にあたる、クレイグ・シェルツとブライアン・シェルツ、そしてCornelius Ulianoの脚本チームが担当する模様。

いずれにせよ今回の企画は、世界中が待ち望む作品になるだろうし、下世話な話だが非常に大きな予算が動く国際的で非常に大きなプロジェクトになると考えられる。

乞うご期待ですね。

@tkr2000
@honyakmonsky

|

« アルフレッド・ベスターの「ごきげん目盛り」が映画化か!? | トップページ | 読者の99.9%が完っ全に欺かれるミステリ小説って!? »

●tkr」カテゴリの記事

映画」カテゴリの記事

■漫画」カテゴリの記事

チャールズ・M・シュルツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「ピーナッツ」35年振りに映画化決定!:

« アルフレッド・ベスターの「ごきげん目盛り」が映画化か!? | トップページ | 読者の99.9%が完っ全に欺かれるミステリ小説って!? »