« 最も多く小説に登場する楽曲は? | トップページ | 「ピーナッツ」35年振りに映画化決定! »

2012年10月17日

アルフレッド・ベスターの「ごきげん目盛り」が映画化か!?

2012年10月15日にDEADLINE NEW YORKが伝えるところによると、「スノーホワイト」のルパート・サンダースの次回作はアルフレッド・ベスターの短篇小説を原作とした「The Juliet」であり、COMINGSOON.NETによるとこの「The Juliet」「ごきげん目盛り」("Fondly Fahrenheit")の映画化作品である模様。

‘Huntsman’s Rupert Sanders To Next Helm ‘The Juliet’ For Sony And New Regency

EXCLUSIVE: Sony Pictures and New Regency are making a deal with Snow White And The Huntsman helmer Rupert Sanders to next direct The Juliet, an adaptation of the Alfred Bester short story that was developed by Charles Roven’s Atlas Entertainment at Sony. Henry Bean wrote the script.

Atlas’s Roven and Alex Gartner are producing with Frank Beddor of Automatic Pictures. The intention is to begin production in the spring. The film is story set in a near futuristic science fiction landscape. Sony and New Regency will co-finance and co-distribute, and New Regency will distribute the film through its existing distribution partnership with Fox. Sam Dickerman will shepherd the film on behalf on SPE and Kara Francis Smith for Regency.

Sanders made his directorial debut on Snow White And The Huntsman, the Universal film that grossed $400 million worldwide. Sanders is repped by CAA and Independent Talent.

概要は次の通り。

「スノーホワイト」の監督ルパート・サンダースの次回作はアルフレッド・ベスターの短編小説を元にした「The Juliet」である模様。

・制作はチャールズ・ローヴェンのアトラス・エンターテインメント。

・脚本はヘンリー・ビーン。

・製作はアレックス・ガートナー、フランク・ベッダー。

また、COMINGSOON.NETでは、「The Juliet」について次の通り報じている。

Rupert Sanders to Helm The Juliet

Although his name was, just last week, said to be in the running to take on Van Helsing with Tom Cruise, producer Frank Beddor has now confirmed that Snow White and the Huntsman director Rupert Sander's next project will be The Juliet, an adaptation of Alfred Bester's 1954 short story "Fondly Fahrenheit." He also posted an artistic rendering of the project's sci-fi world which you can check out below.

In development for some time, Beddor spoke about the project in a 2010 interview with I Am Entertainment Magazine.

"It's lovers on the run in space," Beddor said, "so think ‘Bonnie and Clyde’ in space, but with a very unique Bonnie who has a secret. The tone of it is close to the ‘Bourne Identity’ franchise."

Beddor is producing alongside Chuck Roven with a screenplay by Henry Bean. Production is slated to begin sometime in 2013.

It's currently unclear whether or not Sanders' commitment to The Juliet will prevent him from signing on for Van Helsing, but check back for details as soon as they become available.

概要は次の通り。

「The Juliet」の原作はアルフレッド・ベスターの1954年の短編小説「ごきげん目盛り」("Fondly Fahrenheit")。

・製作のフランク・ベッダーによると「The Juliet」は、宇宙を舞台にした「俺たちに明日はない」("Bonnie and Clyde")のように、恋人たちが宇宙を逃げ回る物語だが、そのボニーは秘密を抱えた非常にユニークな存在で、作品のトーンは「ボーン・アイデンティティー」に近いものになると考えている。

「The Juliet」の制作は2013年に始まる模様。

因みにアルフレッド・ベスターの「ごきげん目盛り」("Fondly Fahrenheit")は、2012年7月に創元SF文庫から刊行された「影が行く/ホラーSF傑作選」(新装版)に収録されている。

「ごきげん目盛り」("Fondly Fahrenheit")は確かに解釈によっては「俺たちに明日はない」みたいだし、また解釈によっては非常に面白い作品になりそうな作品である。

個人的にはボニーとクライドが・・・・な解釈をしてしまう。

この「ごきげん目盛り」は、非常に面白い作品なので、関心がある方は是非。

あせるな! あせるな!

落ち着け! 落ち着け!

@tkr2000
@honyakmonsky

この書影は旧版のもの。

|

« 最も多く小説に登場する楽曲は? | トップページ | 「ピーナッツ」35年振りに映画化決定! »

●tkr」カテゴリの記事

■SF」カテゴリの記事

映画」カテゴリの記事

アルフレッド・ベスター」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アルフレッド・ベスターの「ごきげん目盛り」が映画化か!?:

« 最も多く小説に登場する楽曲は? | トップページ | 「ピーナッツ」35年振りに映画化決定! »