« 読者の99.9%が完っ全に欺かれるミステリ小説って!? | トップページ | 真鍋博の装幀画稿が大量に出品! »

2012年10月26日

ディーン・クーンツの「フランケンシュタイン」シリーズをTNTがTVシリーズ化!

ディーン・クーンツの「フランケンシュタイン」シリーズ
2012年10月23日に海外ドラマNAVIが伝えるところによると、ディーン・クーンツの「フランケンシュタイン」シリーズが米TNTによってテレビシリーズ化される可能性が出てきた模様。

ディーン・クーンツ作の小説シリーズ『フランケンシュタイン』をTNTがTVシリーズとして立ち上げ

SFやホラー、ミステリーなど多岐にわたって活躍する作家、ディーン・クーンツ。その彼が執筆した小説シリーズ『フランケンシュタイン』が、米TNTによりTVシリーズとして立ち上がることになった。

『フランケンシュタイン』は、メアリー・シェリーの古典小説をベースに、現代のニューオリンズで繰り広げられる物語。天才科学者フランケンシュタインと、彼が生み出した怪物は、お互いが生きていることを知らぬまま現代に暮らしていた。フランケンシュタインはヴィクター・ヘリオスの偽名のもと、人造人間による世界征服を企んでいたが、200年の時をへて、再び二人の運命が交錯することになる。

実はこの小説は、2004年にクーンツも参加した同名のTVパイロット(マーティン・スコセッシ製作)に着想を得て書かれたもの。2010年には小説を映画化する話も進んでいたが、結局、TVシリーズに落ち着いたようだ。小説は全五部作で、日本でも第一巻から三巻までが『フランケンシュタイン 野望』『~ 支配』『~ 対決』として翻訳されている。

TVシリーズの製作総指揮を務めるジェームズ・V・ハートは、ケネス・ブラナー監督・出演による1994年の映画『フランケンシュタイン』で、原案・製作として参加していた人物。フランシス・F・コッポラ監督の映画『ドラキュラ』や、スティーヴン・スピルバーグ監督の『フック』などでは脚本も手がけており、本作でも息子のジェイク・ハートとともに、パイロットの脚本を執筆する。また、クーンツも同じく製作総指揮に名を連ねている。(海外ドラマNAVI)

なお、このニュースについては、クーンツのオフィシャル・サイトでも触れている。

TNT to develop drama series based on Dean’s Frankenstein series!

因に、日本国内で刊行されている「フランケンシュタイン」シリーズの翻訳は次の通り。

「フランケンシュタイン野望」
著者:ディーン・クーンツ
翻訳:奥村章子
出版社:早川書房(ハヤカワ文庫NV)
あらすじ:貴志祐介氏絶賛「クーンツは、フランケンシュタインの死体に命を吹き込み、新たな古典を創り出した」ハリウッドで大型映画化決定。巨匠の新シリーズ開幕!
天才科学者フランケンシュタインによって創造された怪物は、現在まで生き延び、デュカリオンと名乗っていた。一方、フランケンシュタインも命を長らえ、ヴィクター・ヘリオスの偽名のもと、人造人間である新人種による世界征服を企み、ニューオリンズで研究を進めていた。だが、そこで凄惨な連続殺人が発生、デュカリオン、ヴィクター、刑事カースンとマイクルの運命が交錯する。巨匠が入魂の筆致で描く新シリーズ、開幕!

「フランケンシュタイン支配」
あらすじ:ニューオリンズの人間が次々と人造人間に入れ替わっていく! 戦慄のシリーズ第2弾
刑事のカースンとマイクルは、人造人間がニューオリンズの至る所に浸透していることに気づき、デュカリオンはヴィクターの研究所を突き止めようとしていた。一方ヴィクターは新人種の殺し屋夫婦にカースンとマイクルの抹殺を命じた。そして人造人間の第一号であるデュカリオンが生き延びていて、自分を倒そうとしていることを知る。その頃、ヴィクターの経営する廃棄物処理場では異変が起きていた。激動のシリーズ第2弾

「フランケンシュタイン対決」
あらすじ:人造人間の大量製造を図る天才科学者。それを阻止せんとするデュカリオンと二人の刑事。両者の闘いに遂に決着が!
ヴィクターの研究所の所在地を知ったデュカリオンは、彼の野望を阻む手がかりを探すため、その中に潜入した。一方ヴィクターは、謎めいた電話を受ける。電話をした人物は、廃棄物処理場で復活したと語り、彼の墓を処理場に用意したという。やがてヴィクターは研究所の危機を察知し、何者かの陰謀を疑いつつ避難する。だがその行く手には、デュカリオンや刑事のカースンとマイケルたちが待ち受けていた。決戦の時、迫る!

これは楽しみですね。是非実現して欲しいと思います。

まあイメージとしては、アン・ライスの「ヴァンパイア・クロニクルズ」シリーズの吸血鬼をフランケンシュタインのモンスターに置き換えたようなイメージで、現代まで綿々と続くフランケンシュタインとモンスターの物語でしょうかね。

@tkr2000
@honyakmonsky

|

« 読者の99.9%が完っ全に欺かれるミステリ小説って!? | トップページ | 真鍋博の装幀画稿が大量に出品! »

●tkr」カテゴリの記事

ディーン・クーンツ」カテゴリの記事

テレビムービー」カテゴリの記事

■ホラー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ディーン・クーンツの「フランケンシュタイン」シリーズをTNTがTVシリーズ化!:

« 読者の99.9%が完っ全に欺かれるミステリ小説って!? | トップページ | 真鍋博の装幀画稿が大量に出品! »