« 第四回翻訳ミステリー大賞最終候補作決定! | トップページ | 「ディミター」講義 第五講 »

2012年12月23日

リメイク版「華麗なるギャツビー」最新予告編公開!

「華麗なるギャツビー」(2013)より
2012年12月19日 F・スコット・フィッツジェラルドの「グレート・ギャツビー」をバズ・ラーマンが映画化(リメイク)した「華麗なるギャツビー」の最新予告編が公開された。

The Great Gatsby 予告編(iTunes Movie Trailers)

「華麗なるギャツビー」 公式サイト(日本)
監督:バズ・ラーマン
脚本:バズ・ラーマン、クレイグ・ピアーズ
原作:F・スコット・フィッツジェラルド
出演:レオナルド・ディカプリオ(ジェイ・ギャツビー)、トビー・マグワイア(ニック・キャラウェイ)、キャリー・マリガン(デイジー・ブキャナン)、ジョエル・エドガートン(トム・ブキャナン)、アイラ・フィッシャー(マートル・ウィルソン)、ジェイソン・クラーク(ジョージ・ウィルソン)

以前からわたしは、1974年版「華麗なるギャツビー」でジェイ・ギャツビーを演じたロバート・レッドフォードと、2013年版「華麗なるギャツビー」でジェイ・ギャツビーを演じるレオナルド・ディカプリオって似てるな、と思っていたのですが、ここに来て「華麗なるギャッツビー」の予告編を観ると、やっぱり似てるよな、と言うか、おそらくディカプリオはレッドフォードを意識しているんじゃないでしょうか。

個人的には、1974年版「華麗なるギャツビー」は、確か「ゴールド」の同時上映だったと記憶していますが、「ゴールド」観たさで劇場で観ているのですが、全く面白くなくて退屈した印象を持っています。
まあ、大人になってからきちんと観て、現在では素晴しい作品だと思っていますが。

ところで、「グレート・ギャツビー」の翻訳は、最近では中央公論新社の村上春樹訳「グレート・ギャツビー」(2006)と、光文社古典新訳文庫の小川高義訳「グレート・ギャッツビー」(2009)が刊行されています。

機会があれば並べて読んでみるのも良いと思います。

「華麗なるギャツビー」(2013)より
ところで、「グレート・ギャツビー」と言えばこの看板ですよね。

実は、ティーザー予告編にはこの看板のカットは入っていたのですが、今回の最新予告編には入っていませんね。

この眼鏡店の看板は、ちょっと怖い印象ですよね。

尤も、怖い看板の方が物語としては良いと思いますが。

ところで、だんだんと貫禄が出てきたディカブリオですが、今回の予告編を観て思ったのは、オーソン・ウェルズが演じたチャールズ・フォスター・ケーン役として「市民ケーン」あたりもやって欲しいな、と言う気持ちになってきました。

@tkr2000
@honyakmonsky 

|

« 第四回翻訳ミステリー大賞最終候補作決定! | トップページ | 「ディミター」講義 第五講 »

●tkr」カテゴリの記事

映画」カテゴリの記事

■文芸」カテゴリの記事

F・スコット・フィッツジェラルド」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: リメイク版「華麗なるギャツビー」最新予告編公開!:

« 第四回翻訳ミステリー大賞最終候補作決定! | トップページ | 「ディミター」講義 第五講 »