« 「LAヴァイス」の主演はホアキン・フェニックス!? | トップページ | マリの古文書救出作戦って!? »

2013年2月 3日

「チャイルド44」映画化か!?

2013年2月3日に映画.comが伝えるところによると、トム・ロブ・スミスの「チャイルド44」が映画化され、トム・ハーディとノオミ・ラパスが同作にキャスティングされる模様。

トム・ハーディ&ノオミ・ラパス、映画版「チャイルド44」に主演か

[映画.com ニュース] ミステリー小説「チャイルド44」の映画化企画で、俳優のトム・ハーディ(「インセプション」「ダークナイト ライジング」)と女優のノオミ・ラパス(「ミレニアム」シリーズ、「プロメテウス」)が、出演の交渉に入った。

原作は、英作家トム・ロブ・スミスのデビュー作。日本では2008年に新潮社から刊行され、「このミステリーがすごい!」の海外編1位に選ばれた。3部作の1作目にあたり、主人公レオ・デミドフが、犯罪の存在を認めないスターリン体制下のソ連で起きた連続殺人事件の真犯人に迫る。

国家保安省の捜査官デミドフは、社会の敵と疑われた妻ライーサを告発することを拒否し、地方の民警に左遷されてしまう。その地でライーサと新たな生活を始めるのだが、ふたりの気持ちは大きくかけ離れていた。そんな中、デミドフは子どもが惨殺される事件が広範囲にわたり複数発生していることに気付き、独自に調査を始める。ハーディがデミドフ、ラパスがその妻を演じるようだ。

「デンジャラス・ラン」でハリウッドに進出したスウェーデン人監督ダニエル・エスピノーサが、メガホンをとることが正式に決定。スコット・フリー・プロダクションのリドリー・スコットとマイケル・コスティガンが製作を務め、「クロッカーズ」「身代金」のリチャード・プライスが脚本を担当する。

ふたりは、3月に撮影予定の犯罪ドラマ「Animal Rescue(原題)」で共演する。米ハリウッド・レポーター紙によれば、「チャイルド44(原題)」は5月下旬にブダペストでクランクインを目指しており、2作連続でコンビを組むことになりそうだ。

トム・ロブ・スミスの「チャイルド44」「グラーグ57」「エージェント6」の三部作は超面白いのでこれは楽しみ。

ある意味スティーグ・ラーソンの「ミレニアム」三部作にも匹敵する骨太の作品なので、これは是非きちんと三部作とも映画化して欲しいと思う。

なお、ニュースソースはここ。

Tom Hardy, Noomi Rapace in Talks for 'Child 44'

「チャイルド44(原題)」

監督:ダニエル・エスピノーサ
製作:リドリー・スコット、マイケル・コスティガン
原作:トム・ロブ・スミス 「チャイルド44」新潮社(新潮文庫刊)
脚本:リチャード・プライス
出演:トム・ハーディ(レオ・デミトフ)、ノオミ・ラパス(ライーサ・デミトフ)

「チャイルド44」
著者:トム・ロブ・スミス
訳者:田口俊樹
出版社:新潮社(新潮文庫刊)

あらすじ:スターリン体制下のソ連。国家保安省の敏腕捜査官レオ・デミドフは、あるスパイ容疑者の拘束に成功する。だが、この機に乗じた狡猾な副官の計略にはまり、妻ともども片田舎の民警へと追放される。そこで発見された惨殺体の状況は、かつて彼が事故と遺族を説得した少年の遺体に酷似していた……。ソ連に実在した大量殺人犯に着想を得て、世界を震撼させた超新星の鮮烈なデビュー作!

関連エントリー
『リドリー・スコット監督、C・マッカーシーのオリジナル脚本映画化へ』 2012/02/05

@tkr2000
@honyakmonsky

|

« 「LAヴァイス」の主演はホアキン・フェニックス!? | トップページ | マリの古文書救出作戦って!? »

●tkr」カテゴリの記事

映画」カテゴリの記事

■ミステリー」カテゴリの記事

トム・ロブ・スミス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「チャイルド44」映画化か!?:

« 「LAヴァイス」の主演はホアキン・フェニックス!? | トップページ | マリの古文書救出作戦って!? »