« 吾妻ひでおジェフリー・ディーヴァーを語る | トップページ | クリスティ「ねずみとり」日本初上演! »

2013年2月 7日

『「ジュラシック・パーク」の挿絵に隠れたフラクタルの謎』だって!?

2013年2月7日のギズモード・ジャパンのエントリー『「ジュラシック・パーク」の挿絵に隠れたフラクタルの謎』が興味深い。

『「ジュラシック・パーク」の挿絵に隠れたフラクタルの謎』

先ずはこの映像を。

Dragon Curve - Numberphile

いかがですか。
非常に興味深いですね。

ところで「ジュラシック・パーク」の翻訳が早川書房から刊行された1991年当時のわたしはカオス理論やフラクタルに関心があったので、このフラクタル曲線に関心を持っていて、いろいろと調べた記憶がある。

当然ながら、翻訳にも同じフラクタル曲線が印刷されている。
「ジュラシック・パーク(上)」より
「ジュラシック・パーク(上)」より

「ジュラシック・パーク(上・下)」
「ジュラシック・パーク(上・下)」

余談だが、早川書房から刊行された「ジュラシック・パーク」の装画は生頼範義。

生頼範義はわたしの大好きなイラストレーターだったので、マイケル・クライトンの新刊「ジュラシック・パーク」の翻訳を手に取って超興奮した記憶がある。

このイラストは本当に素晴しい。

なお、スティーヴン・スピルバーグの「ジュラシック・パーク」は、日本では1993年に公開されたのだが、有楽町マリオンまで自動車で行ってオールナイトを一本だけ観て帰る事を毎週のように繰り返していたわたしは、「ジュラシック・パーク」を3週連続で観た記憶がある。

もちろん、復路は夜明け間近の東京を「ジュラシック・パーク」のサントラを聴きながら。

@tkr2000
@honyakmonsky


|

« 吾妻ひでおジェフリー・ディーヴァーを語る | トップページ | クリスティ「ねずみとり」日本初上演! »

●tkr」カテゴリの記事

■SF」カテゴリの記事

マイケル・クライトン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『「ジュラシック・パーク」の挿絵に隠れたフラクタルの謎』だって!?:

« 吾妻ひでおジェフリー・ディーヴァーを語る | トップページ | クリスティ「ねずみとり」日本初上演! »