« 「パシフィック・リム」がラブクラフトの影響を!? | トップページ | コーマック・マッカーシーのオリジナル脚本の邦題は「悪の法則」に! »

2013年8月14日

「スローターハウス5」が舞台化!

舞台「スローターハウス5」 2013年8月13日にニューヨーク・タイムズが伝えるところによると、カート・ヴォネガットの「スローターハウス5」が舞台化された模様。

New York Fringe Festival Report: ‘Slaughterhouse-Five’

これは観たい。

キャラメルボックスかどこかが翻案しないだろうか。

もちろんジョージ・ロイ・ヒルの映画「スローターハウス5」(1972)も素晴しいのだが、このようなタイプのSF作品は、映画で観るより舞台で観る方が興奮しそうな気がする。ミラクルな感じで。

ビジュアルイメージなしに全てを表現できる舞台の魔法の力で。

ところで、なぜ演劇集団キャラメルボックスの名前を出したかと言うと、ここ数年キャラメルボックスは古典的と言うか、マスターピース的な名作SF作品の舞台化に力を入れているから。

2011年「夏への扉」(ロバート・A・ハインライン原作)
2012年「無伴奏ソナタ」(オースン・スコット・カード原作)
2012年「アルジャーノンに花束を」(ダニエル・キイス原作)

どうです。
このラインナップにカート・ヴォネガットの「スローターハウス5」が入ったら凄いでしょ。

まあ個人的な希望としてはヴォネガットだったら「タイタンの妖女」の方が観たいけど。

きっと「タイタンの妖女」も映画に観るより舞台で観る方が感動しそうですよね。

@tkr2000
@honyakmonsky

|

« 「パシフィック・リム」がラブクラフトの影響を!? | トップページ | コーマック・マッカーシーのオリジナル脚本の邦題は「悪の法則」に! »

●tkr」カテゴリの記事

■SF」カテゴリの記事

カート・ヴォネガット・ジュニア」カテゴリの記事

オースン・スコット・カード」カテゴリの記事

映画」カテゴリの記事

■ファンタジー」カテゴリの記事

カート・ヴォネガット」カテゴリの記事

ロバート・A・ハインライン」カテゴリの記事

舞台」カテゴリの記事

ダニエル・キイス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「スローターハウス5」が舞台化!:

« 「パシフィック・リム」がラブクラフトの影響を!? | トップページ | コーマック・マッカーシーのオリジナル脚本の邦題は「悪の法則」に! »