« 「23分間の奇跡」 | トップページ | 「ワールド・ウォーZ」 »

2013年8月21日

【訃報】エルモア・レナード

エルモア・レナードが、2013年8月20日、脳卒中による合併症のため、米ミシガン州デトロイト郊外の自宅で死去した。87歳だった。

わたしにとってエルモア・レナードと言う作家は、作家と言うより、映画の原作者であり脚本家である印象が強い。

そんな中、The Playlistが興味深い記事を公開している。

From Best To Worst: Elmore Leonard Movie Adaptations


From Best To Worst: Elmore Leonard Movie Adaptations

気になる順位は次の通り。

21.「ビー・クール」(2005)
20.「Freaky Deaky」(2012)
19.「ビッグ・バウンス」(2004)
18.「キャット・チェイサー」(1989)
17.「殺しのロザリオ」(1987)
16.「悪女のたわむれ」(1969)
15.「バート・レイノルズのスティック」(1985)
14.「キルショット」(2009)
13.「暗黒街の特使」(1970)
12.「追撃のバラード」(1971)
11.「シノーラ」(1972)
10.「マジェスティック」(1974)
9.「デス・ポイント/非情の罠」(1986)
8.「3時10分、決断のとき」(2007)
7.「反撃の銃弾」(1957)
6.「Touch タッチ」(1997)
5.「決断の3時10分」(1957)
4.「ゲット・ショーティ」(1995)
3.「太陽の中の対決」(1967)
2.「ジャッキー・ブラウン」(1997)
1.「アウト・オブ・サイト」(1998)

とんだB級映画ばかりだよ、と思いながら順位を追っていくと、だんだんと男くさいバイオレンス指数があがっていく。

これこそエルモア・レナード節。

やっぱり映画はバイオレンスだよね。

ご冥福をお祈りします。

@tkr2000
@honyakmonsky


|

« 「23分間の奇跡」 | トップページ | 「ワールド・ウォーZ」 »

●tkr」カテゴリの記事

映画」カテゴリの記事

■ミステリー」カテゴリの記事

エルモア・レナード」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【訃報】エルモア・レナード:

« 「23分間の奇跡」 | トップページ | 「ワールド・ウォーZ」 »