« 「秘密の知識 巨匠も用いた知られざる技術の解明」 | トップページ | 越前敏弥 翻訳家人生を語る »

2018年1月31日

キャラメルボックスが「夏への扉」と「無伴奏ソナタ」を2018年に再演する

2018
なんと演劇集団キャラメルボックスがロバート・A・ハインラインの「夏への扉」と、オースン・スコット・カードの「無伴奏ソナタ」の舞台を、それぞれ2018年3月、2018年5月〜月に再演する模様。

演劇集団キャラメルボックス
「夏への扉」
「無伴奏ソナタ」

なお「夏への扉」は初演は2011年でその再演。
また「無伴奏ソナタ」は初演は2012年、2014年に再演され、今回は三回目の公演。

わたし「夏への扉」は2011年3月27日の楽日を《ル テアトル銀座》で観劇している。311の直後である。
ブログにレビューを書いていると思ったがどうやら書いていなかった模様。

また「無伴奏ソナタ」は2012年5月29日に《東京グローブ座》で観劇している。
当時のレビューはこちら

個人的にはキャラメルボックスのSF小説を原作とした舞台は良いものが多い印象を受ける。

関心がある方は是非。

@tkr2000

|

« 「秘密の知識 巨匠も用いた知られざる技術の解明」 | トップページ | 越前敏弥 翻訳家人生を語る »

●tkr」カテゴリの記事

■SF」カテゴリの記事

オースン・スコット・カード」カテゴリの記事

ロバート・A・ハインライン」カテゴリの記事

舞台」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: キャラメルボックスが「夏への扉」と「無伴奏ソナタ」を2018年に再演する:

« 「秘密の知識 巨匠も用いた知られざる技術の解明」 | トップページ | 越前敏弥 翻訳家人生を語る »