カテゴリー「アーネスト・ヘミングウェイ」の3件の記事

2014年6月 1日

今すぐ買える著名小説家の家

2014年5月25日のFlavorwireの記事『8 Literary Homes You Can Buy Right Now』が興味深い。

『8 Literary Homes You Can Buy Right Now』

ここでは、次のような不動産が紹介されています。

《ドラキュラの城》
・ブラン城。現在は博物館。
・57部屋、22エーカー、バスルーム無し。

《レイ・ブラッドベリの家》
・$149万5千ドル

《ビバリー・クリアリーが子どもの頃住んでいた家》

《ノーマン・メイラーの家》
・海辺の家
・$390万ドル

《アーネスト・ヘミングウェイが子どもの頃に住んでいた家》

《ラドヤード・キップリングが30代に住んでいた家》
・「見よ、灰色の石で覆われた家の所有者、それは1634年への扉であり、梁、羽目板、古いオーク材の階段、すべてが変わっておらず、本物だ。よい、そして平穏な場所だ。」「我々がそれを最初に見たときからずっと愛している。」と語ったサセックス時代の家。

《トーマス・マンが1940年代に住んでいた家》
・スカーフェイスの家として知られる邸宅
・$3500万ドル
・4ベッドルーム、9バスルーム

《エリザベス・ビショップが子どもの頃に住んでいた家》

関心がある方は、是非。

リンク先ではいろいろと貴重な写真も公開されていますよ。

@tkr2000
@honyakmonsky

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月19日

『「#読書する海外俳優画像祭」で萌え死ねる件』が興味深い

2013年6月17日にツイッター上で話題になったハッシュタグ #読書する海外俳優画像祭

もっともこのハッシュタグ自体が非常に興味深いのだが、それらの画像を一望出来るまとめがこれまた凄い。

「#読書する海外俳優画像祭」で萌え死ねる件

そして、ここでまとめられた画像はダブりはあるものの、なんと150枚を超え、まとめとしても結構な大作。

このまとめにみんなの好きな俳優はいるのかな。

関心がある方は、と言うか暇な方は是非。

で、折角なので、わたしもこのハッシュタグを使ってみた。

必殺技として思いついたのは、次の画像。

スティーヴン・キングの「呪われた町」を読むバブ
スティーヴン・キングの「呪われた町」を読むバブ。

スティーヴン・キングの「呪われた町」を手に取るバブ
スティーヴン・キングの「呪われた町」を手に取るバブ。

あと、アーネスト・ヘミングウェイも。

アーネスト・ヘミングウェイの「武器よさらば」(
アーネスト・ヘミングウェイの「武器よさらば」("A Farewell to Arms")を読んでいないアッシュ。

ちょっとだけ #読書する海外俳優画像祭 へのアンチテーゼ的な印象を与える事に成功しているかしら。していないかしら。

@tkr2000
@honyakmonsky

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月13日

サム・ライミがヘミングウェイの影響を!?

さて、今日は全ての事象は翻訳小説の影響を受けている、と言うホンヤクモンスキーの妄想的エントリー。

今日、俎上に乗せるのは、サム・ライミ監督作品「死霊のはらわたII」 

サム・ライミと言えば、最近では「スパイダーマン」シリーズで超有名、押しも押されもせぬ映画監督なのだが、その映画作家としてのキャリアは、マニアックな映画ファンからカルト的な人気を誇っている「死霊のはらわた」シリーズでスタートしている。

今日はその「死霊のはらわた」のセルフリメイク的な続編「死霊のはらわたII」に関する余談。

「死霊のはらわたII」
監督・脚本:サム・ライミ
出演:ブルース・キャンベル(アッシュ)、デニス・ビクスラー(リンダ)、ジョン・ピークス(ノウビー教授)、サラ・ベリー(アニー)、リチャード・ドメイヤー(エド)

あらすじ:アッシュ(ブルース・キャンベル)とリンダ(デニス・ビクスラー)の2人はある森の廃屋を通りかかり、「死者の書/ネクロノミコン」とテープレコーダーを見つける。そのテープを再生すると突然リンダが死霊にとりつかれアッシュに襲いかかった。その頃、その「死者の書/ネクロノミコン」を掘り出したノウビー教授(ジョン・ピークス)の娘アニー(サラ・ベリー)も、ボーイフレンドのエド(リチャード・ドメイヤー)と小屋にやってきた。テープに残された教授の声によると・・・・。

さて、それでは今日の本題、「死霊のはらわたII」のどのあたりがアーネスト・ヘミングウェイの影響を受けているのか、と言うお話。

「死霊のはらわたII」より
アッシュの右手は死霊にとりつかれてしまう。

「死霊のはらわたII」より
死霊にとりつかれたアッシュの右手は、その辺にある皿や食器を手当たり次第、アッシュの頭に叩き付ける。

「死霊のはらわたII」より
アッシュの右手はアッシュの頭を掴み、アッシュを振り回し、叩き付け、ぶん投げてしまう。

「死霊のはらわたII」より
ぶん投げられて意識を失ったアッシュは、アッシュの右手に引きずられてしまう。右手は床に落ちているクレーバーで殺そうとする。

「死霊のはらわたII」より
アッシュの右手がクレーバーを掴もうとした瞬間、アッシュはナイフで右手を床に釘付けにする。

「死霊のはらわたII」より
アッシュは床に釘付けにした右手をチェーンソーで切り落とす。

「死霊のはらわたII」より
切り落とされたアッシュの右手はまだピクピクと動いている。

「死霊のはらわたII」より
アッシュはゴミ箱を右手に被せ、右手をゴミ箱の中に閉じ込める。

「死霊のはらわたII」より
ゴミ箱が動かないように、重しとして乗せた本の一番上にあるのはアーネスト・ヘミングウェイの「武器よさらば」("A Farewell to Arms")。

「死霊のはらわたII」より
右手を懐かしむアッシュ。

いかがでしょう。

ジョークの解説はしませんが、ゴミ箱にのっけた本が「武器よさらば」("A Farewell to Arms")ってところが面白いですよね。

ところでこの「死霊のはらわたII」 は、ゲロゲロでグログロのスプラッタ・ムービーなので、観客を選ぶとは思いますが、作品自体は大傑作なので、関心がある方は是非。

因みにその続編の「 死霊のはらわたIII キャプテン・スーパーマーケット」も大傑作でございます。こちらも是非。ブルース・キャンベル大活躍でございます。

@tkr2000
@honyakmonsky

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

A・E・ヴァン・ヴォークト C・S・ルイス E・E・スミス E・L・ジェームズ F・スコット・フィッツジェラルド Gary L. Stewart H・G・ウェルズ J・D・サリンジャー J・G・バラード J・K・ローリング J・R・R・トールキン Matthew De Abaitua P・D・ジェームズ P・G・ウッドハウス S・J・ボルトン S・S・ヴァン・ダイン ■SF ■コメディ ■ノンフィクション ■ファンタジー ■ホラー ■ミステリー ■児童書 ■冒険小説 ■叙事詩 ■幻想 ■文芸 ■漫画 ■美術 ■詩歌 ●tkr ●unyue 「ピパの唄」 はじめに アイザック・アシモフ アイラ・レヴィン アガサ・クリスティ アゴタ・クリストフ アニメーション アラン・グレン アルフォンス・ドーテ アルフレッド・ウーリー アルフレッド・ベスター アンソニー・ドーア アンソニー・バージェス アンディ・ウィアー アントニイ・バークリー アンネ・フランク アン・ライス アーサー・C・クラーク アーサー・コナン・ドイル アーナルデュル・インドリダソン アーネスト・ヘミングウェイ イアン・フレミング イアン・マクドナルド イーユン・リー ウィリアム・ギブスン ウィリアム・シェイクスピア ウィリアム・ピーター・ブラッティ ウィリアム・ボイド ウィリアム・リンク ウォルター・ウェイジャー ウラジミール・ソローキン エドガー・アラン・ポー エドガー・ライス・バローズ エドワード・D・ホック エド・ファルコ エマ・ドナヒュー エミリー・ブロンテ エラリー・クイーン エリザベス・ビショップ エリック・シーガル エルモア・レナード オースン・スコット・カード カズオ・イシグロ カレル・チャペック カート・ヴォネガット カート・ヴォネガット・ジュニア ガレス・L・パウエル キャロル・オコンネル ギャビン・ライアル ギレルモ・デル・トロ クリストファー・プリースト グレアム・グリーン ケイト・アトキンソン ケイト・モートン ケン・キージー コニー・ウィリス コーマック・マッカーシー サルバドール・プラセンシア シャルル・ボードレール シャーロット・ブロンテ ジェイムズ・P・ホーガン ジェイムズ・エルロイ ジェイン・オースティン ジェニファー・イーガン ジェフリー・ディーヴァー ジェフ・キニー ジェラルディン ・ブルックス ジェームズ・クラベル ジェームズ・パターソン ジェームズ・マクティーグ ジム・トンプスン ジャック・ケッチャム ジャック・フィニィ ジャック・フットレル ジャネット・イバノビッチ ジュディ・ダットン ジュール・ヴェルヌ ジョイス・キャロル・オーツ ジョナサン・キャロル ジョナサン・サフラン・フォア ジョナサン・フランゼン ジョン・クリストファー ジョン・グリシャム ジョン・スコルジー ジョン・スラデック ジョン・ル・カレ ジョン・W・キャンベル・ジュニア ジョージ・A・エフィンガー ジョージ・オーウェル ジョージ・ルーカス ジョーゼフ・キャンベル ジョーン・G・ロビンソン ジョー・ヒル ジル・マーフィ ジーン・ヘグランド スコット・ウエスターフェルド スコット・スミス スコット・トゥロー スタンリー・キューブリック スティーグ・ラーソン スティーヴン・キング スティーヴ・ハミルトン スーザン・D・ムスタファ スーザン・オーリアン スーザン・コリンズ スーザン・ヒル セス・グレアム=スミス ダグラス・アダムス ダシール・ハメット ダニエル・キイス ダニエル・スティール ダフネ・デュ・モーリア ダンテ・アリギエーリ ダン・ブラウン チャイナ・ミエヴィル チャック・ホーガン チャールズ・M・シュルツ チャールズ・ディケンズ テオ・オブレヒト テレビムービー ディミトリ・フェルフルスト ディーン・クーンツ デイヴィッド・ゴードン デイヴィッド・ピース デイヴィッド・ホックニー デイヴィッド・ミッチェル デニス・ルヘイン デヴィッド・セルツァー トマス・H・クック トマス・ハリス トマス・ピンチョン トム・クランシー トム・ロブ・スミス トーベ・ヤンソン トーマス・マン ドナルド・E・ウェストレイク ドン・ウィンズロウ ナーダシュ・ペーテル ニール・スティーヴンスン ネビル・シュート ネレ・ノイハウス ノーマン・メイラー ノーラ・ロバーツ ハリイ・ケメルマン ハワード・フィリップス・ラヴクラフト ハンナ・ジェイミスン ハーマン・メルヴィル バルガス=リョサ バーナード・マラマッド パオロ・バチガルピ パトリシア・ハイスミス ビバリー・クリアリー ビル・S・バリンジャー ピエール・ブール フィリップ・K・ディック フィリップ・プルマン フィリップ・ロス フェルディナント・フォン・シーラッハ フランク・ハーバート フランツ・カフカ フリオ・リャマサーレス フリードリヒ・ニーチェ フレデリック・フォーサイス フレドリック・ブラウン ブライアン・セルズニック ブラム・ストーカー ホンヤクモンスキー ホンヤクモンスキーの憂鬱 ポール・オースター マイクル・コナリー マイケル・クライトン マイケル・コックス マザー・グース マックス・バリー マックス・ブルックス マック・レナルズ マリオ・バルガス=リョサ マリオ・プーゾ マーセル・セロー マーティン・スコセッシ メアリー・シェリー モーパッサン ヤン・マーテル ユッシ・エーズラ・オールスン ヨン・アイヴィデ・リンドクヴィスト ライオネル・シュライバー ライマン・フランク・ボーム ライヤード・キップリング ラジオ ラッキー・マッキー ラムジー・キャンベル リチャード・スターク リチャード・バック リチャード・マシスン リチャード・レビンソン リー・チャイルド ルイス・キャロル ルシアン・ネイハム レイモンド・チャンドラー レイ・ブラッドベリ レオ・ペルッツ レビュー ロアルド・ダール ロバート・A・ハインライン ロバート・B・パーカー ロバート・ブラウニング ロバート・ラドラム ロベルト・ポラーニョ ローレンス・ブロック ヴィクトル・ユーゴー 吾妻ひでお 図書館 手塚治虫 文学賞 映画 村上春樹 栗本薫 池井戸潤 湊かなえ 瀬名秀明 竹本泉 米澤穂信 翻訳作品の影響 舞台 董啓章 読書会 貫井徳郎 越前敏弥 黒史郎