カテゴリー「ウィリアム・ボイド」の2件の記事

2013年9月29日

ウィリアム・ボイドはボンド役にダニエル・デイ=ルイスを希望!?

「SOLO」/ウィリアム・ボイド著 以前のエントリー『「007シリーズ」の新作はウィリアム・ボイドが!』で、「007シリーズ」の新作小説をウィリアム・ボイドが執筆することになったはお伝えしたが、2013年9月28日にシネマトゥデイが伝えるところによると、ウィリアム・ボイドは、2013年9月26日に発売された自作の「007シリーズ」である「SOLO」が映画化されるとしたら、ボンド役にはダニエル・デイ=ルイスを希望している模様。

「007」小説シリーズ最新作の著者、ボンド役にダニエル・デイ=ルイスを希望

[シネマトゥデイ芸能ニュース] 今秋発刊となる「007」小説シリーズ最新作「ソロ(原題) / Solo」の著者であるウィリアム・ボイドは、自分が手掛ける小説が映画化されるとしたら、ボンド役にダニエル・デイ=ルイスを希望しているとThe Independenceの取材で明かした。

「ソロ(原題)」は、1969年を舞台に、「007」小説シリーズのオリジナル著者であるイアン・フレミングのスタイルで描かれる作品になると言われている。

ボイドは、「ダニエル・デイ=ルイスは、フレミングが描き出したボンド像に近い。彼は長身で細く、手足が長くて濃い黒髪の美男子だ。それこそ、フレミングがボンドに描いていた通りのイメージなんだ」とコメント。

1989年の『マイ・レフトフット』、2007年の『ゼア・ウィル・ビー・ブラッド』、そして、今年の『リンカーン』で3度のアカデミー賞主演男優賞に輝いているデイ=ルイスは、ボイドが脚本を手掛けた1988年の映画『イングリッシュマンinニューヨーク』(日本未公開)に出演している。

現在、ボンド役を続投し続けているダニエル・クレイグは、以前にBBCの取材で「可能な限りボンドを演じ続ける」とコメントし、少なくともあと5作への続投が決まっていると報じられており、デイ=ルイス版のボンドの姿を見られるのは、かなり先のことになりそうだ。(鯨岡孝子)

まあ、これは作家が好きな事を言っているだけ、だとは思うが、個人的にはダニエル・デイ=ルイスのジェームズ・ボンドも見たいとは思う。

しかしながら、ダニエル・クレイグより10歳位年上ダニエル・デイ=ルイスに、近年の肉体的なアクション指数が高まっている「007シリーズ」でボンドを演じる事が出来るのか、と言う問題もあるだろう。

しかし、もしかしたらアクションをしない「007シリーズ」をウィリアム・ボイドが書いている、のかも知れないですね。

それならそれでも良いと思いますが、大人の事情を考えると、ダニエル・クレイグであと何本か撮って、その次はダニエル・クレイグより若い俳優をボンド役に、と言うことになるのだと思いますけど。

@tkr2000
@honyakmonsky

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月22日

「007シリーズ」の新作はウィリアム・ボイドが!

2013年2月19日にthe guardianが伝えるところによると、「007シリーズ」の新作をウィリアム・ボイドが執筆する模様。

James Bond novel by William Boyd out in September

概要は次の通り。

英国の小説家ウィリアム・ボイドによる、新しいジェームズ・ボンドの小説が2013年9月26日に英国で出版されると、イアン・フレミングの権利継承者が発表した。

タイトルやプロットは隠されているが、イアン・フレミングの権利継承者は、ダニエル・クレイグがジェームズ・ボンドを演じた「007 スカイフォール」の流れをくむかもよ、とヒントを出している。

小説の背景は1969年。ジェームズ・ボンドは45歳。クラシックな「007シリーズ」への回帰が描かれる。

英国での出版は前述のように、2013年9月26日。イアン・フレミングのオリジナルの出版社であるジョナサン・ケイプ社から出版される。
米国及びカナダでは、2013年10月に出版される。

なお「007シリーズ」の前作はジェフリー・ディーヴァーによる「007 白紙委任状」(2011)。

イアン・フレミングが執筆した最初の「007シリーズ」作品である「カジノ・ロワイヤル」を出版したのは1953年。なんと今から60年前である。

ウィリアム・ボイドは「ファンタスティック! これは刺激的な挑戦だ!」と語っている模様。

いかがだろうか。

個人的には、「007 スカイフォール」の流れをくむ古典的な「007 シリーズ」になるかも、と言う所に関心がありますね。

The title and plot of the new book remain under wraps, but the Fleming estate gave a hint of the style and the setting to woo fans who have been wowed by Daniel Craig's film portrayal of 007 in Skyfall.

"We can reveal that this novel will see a return to the classic Bond era, featuring a 45-year-old 007 in 1969," the estate said.

日本で読めるのは、少し先になると思いますが、1969年を舞台にした45歳のボンドを読んでみたいですね。

ジェフリー・ディーヴァーの「007 白紙委任状」の際はロンドンでいろいろとイベントがあったのですが、今度もいろいろとありそうですね。
そちらも期待したいと思います。

@tkr2000
@honyakmonsky

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

A・E・ヴァン・ヴォークト C・S・ルイス E・E・スミス E・L・ジェームズ F・スコット・フィッツジェラルド Gary L. Stewart H・G・ウェルズ J・D・サリンジャー J・G・バラード J・K・ローリング J・R・R・トールキン Matthew De Abaitua P・D・ジェームズ P・G・ウッドハウス S・J・ボルトン S・S・ヴァン・ダイン ■SF ■コメディ ■ノンフィクション ■ファンタジー ■ホラー ■ミステリー ■児童書 ■冒険小説 ■叙事詩 ■幻想 ■文芸 ■漫画 ■美術 ■詩歌 ●tkr ●unyue 「ピパの唄」 はじめに アイザック・アシモフ アイラ・レヴィン アガサ・クリスティ アゴタ・クリストフ アニメーション アラン・グレン アルフォンス・ドーテ アルフレッド・ウーリー アルフレッド・ベスター アンソニー・ドーア アンソニー・バージェス アンディ・ウィアー アントニイ・バークリー アンネ・フランク アン・ライス アーサー・C・クラーク アーサー・コナン・ドイル アーナルデュル・インドリダソン アーネスト・ヘミングウェイ イアン・フレミング イアン・マクドナルド イーユン・リー ウィリアム・ギブスン ウィリアム・シェイクスピア ウィリアム・ピーター・ブラッティ ウィリアム・ボイド ウィリアム・リンク ウォルター・ウェイジャー ウラジミール・ソローキン エドガー・アラン・ポー エドガー・ライス・バローズ エドワード・D・ホック エド・ファルコ エマ・ドナヒュー エミリー・ブロンテ エラリー・クイーン エリザベス・ビショップ エリック・シーガル エルモア・レナード オースン・スコット・カード カズオ・イシグロ カレル・チャペック カート・ヴォネガット カート・ヴォネガット・ジュニア ガレス・L・パウエル キャロル・オコンネル ギャビン・ライアル ギレルモ・デル・トロ クリストファー・プリースト グレアム・グリーン ケイト・アトキンソン ケイト・モートン ケン・キージー コニー・ウィリス コーマック・マッカーシー サルバドール・プラセンシア シャルル・ボードレール シャーロット・ブロンテ ジェイムズ・P・ホーガン ジェイムズ・エルロイ ジェイン・オースティン ジェニファー・イーガン ジェフリー・ディーヴァー ジェフ・キニー ジェラルディン ・ブルックス ジェームズ・クラベル ジェームズ・パターソン ジェームズ・マクティーグ ジム・トンプスン ジャック・ケッチャム ジャック・フィニィ ジャック・フットレル ジャネット・イバノビッチ ジュディ・ダットン ジュール・ヴェルヌ ジョイス・キャロル・オーツ ジョナサン・キャロル ジョナサン・サフラン・フォア ジョナサン・フランゼン ジョン・クリストファー ジョン・グリシャム ジョン・スコルジー ジョン・スラデック ジョン・ル・カレ ジョン・W・キャンベル・ジュニア ジョージ・A・エフィンガー ジョージ・オーウェル ジョージ・ルーカス ジョーゼフ・キャンベル ジョーン・G・ロビンソン ジョー・ヒル ジル・マーフィ ジーン・ヘグランド スコット・ウエスターフェルド スコット・スミス スコット・トゥロー スタンリー・キューブリック スティーグ・ラーソン スティーヴン・キング スティーヴ・ハミルトン スーザン・D・ムスタファ スーザン・オーリアン スーザン・コリンズ スーザン・ヒル セス・グレアム=スミス ダグラス・アダムス ダシール・ハメット ダニエル・キイス ダニエル・スティール ダフネ・デュ・モーリア ダンテ・アリギエーリ ダン・ブラウン チャイナ・ミエヴィル チャック・ホーガン チャールズ・M・シュルツ チャールズ・ディケンズ テオ・オブレヒト テレビムービー ディミトリ・フェルフルスト ディーン・クーンツ デイヴィッド・ゴードン デイヴィッド・ピース デイヴィッド・ホックニー デイヴィッド・ミッチェル デニス・ルヘイン デヴィッド・セルツァー トマス・H・クック トマス・ハリス トマス・ピンチョン トム・クランシー トム・ロブ・スミス トーベ・ヤンソン トーマス・マン ドナルド・E・ウェストレイク ドン・ウィンズロウ ナーダシュ・ペーテル ニール・スティーヴンスン ネビル・シュート ネレ・ノイハウス ノーマン・メイラー ノーラ・ロバーツ ハリイ・ケメルマン ハワード・フィリップス・ラヴクラフト ハンナ・ジェイミスン ハーマン・メルヴィル バルガス=リョサ バーナード・マラマッド パオロ・バチガルピ パトリシア・ハイスミス ビバリー・クリアリー ビル・S・バリンジャー ピエール・ブール フィリップ・K・ディック フィリップ・プルマン フィリップ・ロス フェルディナント・フォン・シーラッハ フランク・ハーバート フランツ・カフカ フリオ・リャマサーレス フリードリヒ・ニーチェ フレデリック・フォーサイス フレドリック・ブラウン ブライアン・セルズニック ブラム・ストーカー ホンヤクモンスキー ホンヤクモンスキーの憂鬱 ポール・オースター マイクル・コナリー マイケル・クライトン マイケル・コックス マザー・グース マックス・バリー マックス・ブルックス マック・レナルズ マリオ・バルガス=リョサ マリオ・プーゾ マーセル・セロー マーティン・スコセッシ メアリー・シェリー モーパッサン ヤン・マーテル ユッシ・エーズラ・オールスン ヨン・アイヴィデ・リンドクヴィスト ライオネル・シュライバー ライマン・フランク・ボーム ライヤード・キップリング ラジオ ラッキー・マッキー ラムジー・キャンベル リチャード・スターク リチャード・バック リチャード・マシスン リチャード・レビンソン リー・チャイルド ルイス・キャロル ルシアン・ネイハム レイモンド・チャンドラー レイ・ブラッドベリ レオ・ペルッツ レビュー ロアルド・ダール ロバート・A・ハインライン ロバート・B・パーカー ロバート・ブラウニング ロバート・ラドラム ロベルト・ポラーニョ ローレンス・ブロック ヴィクトル・ユーゴー 吾妻ひでお 図書館 手塚治虫 文学賞 映画 村上春樹 栗本薫 池井戸潤 湊かなえ 瀬名秀明 竹本泉 米澤穂信 翻訳作品の影響 舞台 董啓章 読書会 貫井徳郎 越前敏弥 黒史郎