« 「遠まわりする雛」をめぐる冒険 | トップページ | 「装飾庭園殺人事件」 »

2012年1月22日

コーマック・マッカーシーが映画のオリジナル脚本を執筆!?

2012年1月22日に映画.comが伝えるところによると、コーマック・マッカーシーが映画のオリジナル脚本を執筆し、それが映画化される模様。

「ノーカントリー」原作者、初のオリジナル脚本が映画化へ

記録のため全文を引用する。

[映画.com ニュース] 映画「ノーカントリー」「ザ・ロード」などの原作者として知られる米ピュリッツァー賞作家コーマック・マッカーシーが、映画用オリジナル脚本を新たに完成させたことが明らかになった。

脚本のタイトルは「ザ・カウンセラー(The Counselor)」。一流弁護士がドラッグビジネスに足を突っ込み、追いつめられていく姿を描く。「ノーカントリー」(原作小説の邦題は「血と暴力の国」)を彷彿(ほうふつ)とさせる雰囲気の作品だという。

Deadlineによれば、「ザ・ロード」のプロデュースを務めたニック・ウェクスラーらが、すぐさま同脚本の映画化権を購入。これから出資者と監督探しに入るという。

 マッカーシーは、1976年にテレビ映画化された脚本「The Gardener's Son」を執筆しているが、映画化を想定して書き上げたオリジナル脚本という意味では、本作が初となる。

なお、ニュースソースはココ。

Pulitzer Prize-winning Author Cormac McCarthy Sells His First Spec Script

ニュースを読む限りだが、どうやらマッカーシーはオファーがない状況で映画のオリジナル脚本を執筆した模様。

一般的に考えて、作家がオファーなしにオリジナル脚本を執筆することは考えにくい。

もちろん、マッカーシーとしては、映画「ノーカントリー」「ザ・ロード」の成功が背景にあり、映画の脚本がビジネスになる、と言う認識はあっただろうが、作家が小説ではなく映画の脚本を書くということは、一種のギャンブルであると言えよう。

もちろん、マッカーシークラスの作家であれば、映画脚本の執筆はギャンブルはギャンブルでも、分が良いギャンブルだとは思うけどね。

ところで余談だけど、マッカーシーの出版エージェントは、マッカーシーの次の小説を期待していただけに、驚きは大きかった模様。

そりゃ、小説を待ってたのに映画の脚本が来たらびっくりするよね。



|

« 「遠まわりする雛」をめぐる冒険 | トップページ | 「装飾庭園殺人事件」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: コーマック・マッカーシーが映画のオリジナル脚本を執筆!?:

« 「遠まわりする雛」をめぐる冒険 | トップページ | 「装飾庭園殺人事件」 »