« 舞台「弱虫ペダル」 | トップページ | C・マッカーシーオリジナル脚本、リドリー・スコット監督作品の主演はマイケル・ファスベンダー!? »

2012年2月 5日

リドリー・スコット監督、C・マッカーシーのオリジナル脚本映画化へ

2012年2月4日に映画.comが伝えるところによると、先日のエントリー『コーマック・マッカーシーが映画のオリジナル脚本を執筆!?』で紹介したコーマック・マッカーシーのオリジナル脚本「ザ・カウンセラー(The Counselor)」をリドリー・スコットが映画化する可能性が出てきた模様。

リドリー・スコット監督、C・マッカーシーのオリジナル脚本映画化へ

記録のため、全文を引用する。

[映画.com ニュース] 映画「ノーカントリー」「ザ・ロード」などの原作者として知られる、米ピュリッツァー賞作家コーマック・マッカーシーが書き下ろしたオリジナル脚本が、リドリー・スコット監督によって映画化される可能性が高くなった。

同作は、マッカーシーが初めて映画用に書き下ろした「ザ・カウンセラー(The Counselor)」。一流弁護士がドラッグビジネスに足を踏み入れ、追いつめられていく姿を描き、「ノーカントリー」(原作小説の邦題は「血と暴力の国」)を彷彿(ほうふつ)とさせる雰囲気の作品だという。

すでに、「ザ・ロード」のプロデュースを務めたニック・ウェクスラーらが同脚本の映画化権を獲得しているが、米Deadlineによれば、スコット監督がメガホンをとる方向で交渉に入っているという。スコット監督は、「ブレードランナー」の続編ほか複数の進行中のプロジェクトを抱えているが、「ザ・カウンセラー」が次回作となる可能性もあるようだ。

スコット監督の最新SF映画「プロメテウス(原題)」は、2012年8月日本公開予定。
(映画.com速報)

因みにニュースソースはここ。

Ridley Scott In Talks For Cormac McCarthy’s ‘The Counselor’

まあ、「ザ・カウンセラー(The Counselor)」の映画化の件は、映画.comが伝える通りのようなのだが、驚いたのは、リドリー・スコットの次回作にあがっている企画だ。

・イラク建国の立役者ガートルード・ベルの生涯を題材にした作品
「ナイロビの蜂」のジェフリー・ケインが脚本をリライト中。

「チャイルド44」
トム・ロブ・スミスの世界的ベストセラーの映画化作品。
サミット・エンターテインメントの企画。

ガートルード・ベルの生涯を描く作品はともかく、「チャイルド44」の監督をリドリー・スコットがやる可能性があるとは・・・・。

因みに、トム・ロブ・スミスの「チャイルド44」は、ウクライナの猟奇的殺人者アンドレイ・チカチーロをモデルに、1950年代のソビエト連邦の国家保安庁職員レオ・デミドフの活躍を描いた作品で、「グラーグ57」「エージェント6」と続くレオ・デミトフ三部作の第一部にあたる作品。

これは楽しみ。

おそらくだけど、サミット・エンターテインメントは、レオ・デミトフ三部作を、デヴィッド・フィンチャーの「ドラゴン・タトゥーの女」「ミレニアム」三部作にぶつけてきていのではないかな。

で、少し調べてみたら、「チャイルド44」の映画化権はリドリー・スコットが買い取り、スコット・フリー・プロダクションズで映画化される予定なのね。
で、その配給を
サミット・エンターテインメントが行う、と言うことなのかな。
脚本はリチャード・プライスとのこと。


|

« 舞台「弱虫ペダル」 | トップページ | C・マッカーシーオリジナル脚本、リドリー・スコット監督作品の主演はマイケル・ファスベンダー!? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: リドリー・スコット監督、C・マッカーシーのオリジナル脚本映画化へ:

« 舞台「弱虫ペダル」 | トップページ | C・マッカーシーオリジナル脚本、リドリー・スコット監督作品の主演はマイケル・ファスベンダー!? »