国内ミステリー

2016年9月19日

「教室の灯りは謎の色」をめぐる冒険

「教室の灯りは謎の色」 水生大海(みずきひろみ)の「教室の灯りは謎の色」を読了した。

「教室の灯りは謎の色」
著者:水生大海
装画:たえ
装丁:大原由衣
出版:角川書店 2016年8月30日初版発行

あらすじ:塾には通いながらも不登校を続ける高校生の遥。ある日、レンタルショップで事件が起き、遥は犯人として疑われる。窮地を救ってくれたたのは、塾講師・黒澤だった。黒澤に導かれ、遥の心は解きほぐされていく――。

子どもの頃、探偵が出てきて殺人事件の謎を解くタイプのミステリーが大好きだった。

しかしいつの頃からか、人の死をおもちゃにするタイプのミステリーが苦手になってしまう。

その契機となったのは、スティーヴン・キングの「骨の袋」であり、アントニー・バークリーのkidle版「毒入りチョコレート事件」であった

「骨の袋」でキングは、小説の登場人物、たかが「骨の袋」に過ぎないフィクションの登場人物の死に作者は責任を負うべきなのかどうか、物語を盛り上げるために、読者が愛した登場人物を殺す事の是否は、と言う命題を読者に提示している。

また、「毒入りチョコレート事件」は、もちろん子どもの頃は楽しく読んだ作品なのだが、kindle版を購入して再読したところ、なんだかそこはかとない怒りを感じてしまった。

同作「毒入りチョコレート事件」は、毒が入ったチョコレートを食べて死んだ事件の謎解きが複数提示されると言う《多重解決》形式のミステリーの代表的な作品である。

その影響もあり、当時のわたしは、人が死なないミステリー、所謂《日常の謎》形式の作品をかため読みしてしまった。

そんな中、水生大海の「教室の灯りは謎の色」を読むことになる。

その原因は、水生大海の次のツイートである。
何を言っているのかわからないと思うけど。

さて、本作「教室の灯りは謎の色」は、現代の学習塾を舞台にした《日常の謎》形式のミステリーで、《連作短篇》の形式をとっている。

主人公の並木遥は謎解きが好きな女子高校生で、探偵役を振られている黒澤先生は学習塾の講師である。

物語の構造としては、並木遥も黒澤先生も探偵役であり、一時期流行った、無能な探偵と聡明な助手の形式をとっている。

興味深いのは、本作で遡上にのせる題材は、《いじめ》《ストーカー》《不倫》《痴漢》と、非常に現代的な点。女子高校生にとって非常にリアルな題材なんだと思う。なんだか森絵都の「カラフル」を思い出した。

また、興味深いのは著者である水生大海の女性としての視点である。

例えば、次のような描写がある。

 リュックからチラシを取り出す。ふたつ折りにしてぽいと突っ込んでいたから端がよれていた。たしかに書いてある。「品川まで歩いてみよう」って。そりゃ女子は敬遠するよね、八キロ……、約二時間だもん。今日は梅雨の中休みとあって、結構晴れているし。 (p50)

黒澤先生推しの並木遥は、黒澤先生が参加する、と言う理由だけで、イベントの内容を調べずに、新橋品川間の八キロ区間を歩くイベントに参加する。これはそれを知った瞬間の並木遥の心の声である。

興味深いのは、《今日は梅雨の中休みとあって、結構晴れているし。》の部分、並木遥は、八キロ歩くイベントにとって《晴れ》を否定的にとらえているのだ。

せっかくの歩くイベントなんだから、一般的には《晴れ》を肯定的にとらえるところだが、並木遥は否定的にとららえている。

これはおそらく女子高校生である並木遥は《日焼け》を嫌がっているのだ、と推測する事ができるが、その筆者の観点が新鮮に思えた。

本作「教室の灯りは謎の色」には、このような水生大海の(わたしにとって)新鮮な視線が随所に表れている。

また、興味深いのは、並木遥をはじめとした高校生や大学生世代のキャラクターが、われわれ大人から見ると決して魅力的ではなく、時には反抗的で、コミュニケーションを拒絶し、大人をある意味敵視しているキャラクターとして設定されているような印象を受ける。

このあたりも興味深く、われわれにとってはとっつきにくいキャラクターであっても、若年層にとってはリアルに感じられるのではないか、と感じた。

また、《日常の謎》形式のミステリーである以上、謎解きの伏線が見事である。

謎解きは急転直下のきらいは否定できないが、誌面の都合だと好意的に解釈する。

舌を巻くのはサブタイトル「第一話 水中トーチライト」の意味である。

第二話以降はサブタイトルと内容は一致しているのだが、第一話については一致しておらず、もやもやする。わたしはそのもやもやを抱えたまま、本書を読み進めることになった。はたして・・・・。

本作「教室の灯りは謎の色」は、《日常の謎》形式のミステリー作品として、一話一話が若干短く、謎解き部分の急転直下加減は否めないが、非常に面白く、また現代社会における女子高校生が直面するであろう様々な社会問題にも切り込んでいる興味深い連作短篇集である。関心がある方は是非。


余談だが、著者の水生大海氏とは一度ご一緒した事があるのだが、その際に、わたしがある作品の解釈を披露した際、その解釈の背景や根拠について随分と突っ込まれた記憶がある。

だからどう、と言う話ではないのだが、やっぱりミステリー作家ってちょっとこわい、www と思いました。

だって、例によって、わたしの妄想気味の解釈について、その根拠を求められたんだもん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月 3日

「弁護士探偵物語 天使の分け前」

『このミステリーがすごい!』第10回大賞受賞作品「弁護士探偵物語 天使の分け前」を読了した。

「弁護士探偵物語 天使の分け前」

著者:法坂一広
出版社:宝島社
あらすじ:舞台は福岡。「殺した記憶はない」母子殺害事件の容疑者・内尾は言った。裁判のあり方をめぐって司法と検察に真っ向から異を唱えたことで、弁護士の「私」は懲戒処分を受ける。復帰して間もなく、事件で妻子を奪われた寅田が私の前に現れた。私は再び、違和感を抱えていた事件に挑むことに。その矢先、心神喪失として強制入院させられていた内尾が失踪。さらに周囲で不可解な殺人が起こり……。(オフィシャル・サイトより引用)

本作「弁護士探偵物語 天使の分け前」は、おそらく、東直己の北海道札幌市を舞台にした「ススキノ探偵シリーズ」の向こうを張って執筆された、南は福岡県福岡市を舞台にしたハードボイルド小説。

しかも、著者である法坂一広は現役弁護士と言う変わり種。本作は、エンターテインメント小説をもって現代の司法界が抱える問題を提起する、と言う孤高な精神を持った作品である。

物語はともかく、本作は様々なハードボイルド小説の影響を受けている、と言うか、あまりにもそれらの小説への言及が多く、最早ハードボイルド小説のパロディの域にまで達してしまっている。

例えば冒頭、本作の主人公である「私」が事務所に戻ってくると、大男が酔っぱらったあげく、足を事務所のドアから放り出した状態で眠り込んでいるのを発見する。

その男の名前は寅田半次郎。
三年程前に「私」が国選弁護人として担当した事件の被害者側の関係者であった。

その寅田の登場シーンを読んだわたしは驚いた。

と言うのも、動物の名前がついた男が酔っぱらって放り出した足のせいで、ドアが閉まらなくなっているのである。

これは、酔っぱらった大鹿マロイがロールス・ロイス・シルバー・レイスのドアから足を放り出しドアが閉まらなくなっていることを示している。

つまりこれは、レイモンド・チャンドラーの「さらば愛しき女よ」「長いお別れ」への言及に他ならない。

みなさんご承知のように「さらば愛しき女よ」には大鹿マロイと呼ばれる大男が登場し、「長いお別れ」の冒頭ではテリー・レノックスが酔っぱらったあげく、ロールス・ロイスのドアから足を放り出しているシーンから始まる。

また、ハードボイルド作品への様々な言及をのぞいても、「私」の語り口は、常に減らず口を叩き続け、おそらく著者にとっては、気の利いたセリフや表現だらけなのである。

尤もその気の利いた表現の全てが上手く機能しているかと言うとそうではなく、読者の鼻につくほど乱発されるその気の利いたセリフや表現は、大いに滑りまくっている。

しかしながら、その語り口自体は非常にこなれており、新人作家の域を超えていると思えるのだが、その気の利いた表現の連続にいらいらしてしまう。

物語としては、中盤くらいまでは非常に面白く読んだのだが、ラストへの持って行き方が釈然としない。

また、描かれる事件自体もたいした事件ではなく、その事件から派生するエモーションよりは、前述の通り、現代の司法界が抱える問題点から派生するエモーションの方が大きく、本末転倒の印象を否定できない。

とは言うものの、「私」のキャラクターは、減らず口だらけで、ハードボイルド小説への言及や引用だらけなのは鼻につくが、魅力的である事は魅力的である。

冒頭のように、北に「ススキノ探偵シリーズ」あれば、南に「福岡弁護士探偵シリーズ」あり、と言うような状況になって欲しいと個人的には思っている。

先ずは、本作「弁護士探偵物語 天使の分け前」のヒットを願いたい。

法坂一広「弁護士探偵物語 天使の分け前」サイン本
まあ、例によってサイン本。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月13日

「震える牛」

「震える牛」 相場英雄の「震える牛」を読了した。

「震える牛」
著 者:相場英雄
出版社:小学館

あらすじ:警視庁捜査一課継続捜査班に勤務する田川信一は、発生から二年が経ち未解決となっている「中野駅前 居酒屋強盗殺人事件」の捜査を命じられる。 

初動捜査では、その手口から犯人を「金目当ての不良外国人」に絞り込んでいた。田川は事件現場周辺の目撃証言を徹底的に洗い直し、犯人が逃走する際ベンツに乗車したことを掴む。

ベンツに乗れるような人間が、金ほしさにチェーンの居酒屋を襲うだろうか。同時に殺害されたのは、互いに面識のない仙台在住の獣医師と東京・大久保在住の産廃業者。

田川は二人の繋がりを探るうち大手ショッピングセンターの地方進出、それに伴う地元商店街の苦境など、日本の構造変化が事件に大きく関連していることに気付く。
(オフィシャル・サイトより引用)

本作「震える牛」は、まあ当然と言えば当然なのだがミステリーの体裁をとっている。

本作の主人公である田川信一は警視庁捜査一課継続捜査班に所属している。その継続捜査班とは、迷宮入りが濃厚な事件を主に担当する捜査班で、田川は言わば閑職に甘んじているような状況なのである。

そんな中、田川は上司の宮田から、発生から二年が経過し未解決のままになっている「中野駅前 居酒屋強盗殺人事件」の捜査を命じられる。

田川の地道な捜査によって、その事件の初動捜査に問題があったことが明らかになってくる。当時の特別捜査本部指揮官の予断に問題があったのだ。

いかがだろうか。
本作「震える牛」の冒頭部分は、ミステリーの、と言うか所謂警察小説の王道のような展開である。

この警察小説の王道のような展開は、中盤から後半にかけて、本書自体のプロットの流れにも感じられる。

しかしながら、本書「震える牛」の著者である相場英雄が読者に伝えたかったのは、この警察小説が語る王道物語ではない。

相場英雄が伝えたいのは怒りである。

本書「震える牛」の持つミステリーの骨組みは、呼び水でしかないのだ。

本書には、相場英雄の苛烈な怒りが充満しているのだ。

その一つは、大手ショッピングセンターの地方への出店によって引き起こされた、地方の商店街の経営破綻であり、その後、集客のピークを過ぎたショッピングセンターから次々と撤退する有力テナントショップの影響で過疎化が加速するショッピングセンター。

最終的にはショッピングセンター自体の経営的撤退により、地方に残される巨大な廃墟と買物難民の群れである。

大手ショッピングセンターは町を殺しているのだ。

そして、そんな大手ショッピングセンターからテナントに要求される高マージンを捻出する為、価格破壊を余儀なくされる様々なテナント、そして高マージンを捻出するための低価格を実現するために食品業界に浸透する食品偽造問題である。

最近話題になったピンクスライムと同等の代用肉が本書「震える牛」にも登場する。

ところで、本書「震える牛」の冒頭の一節を引用する。

『幾度となく、経済的な事由が、国民の健康上の事由に優先された。秘密主義が、情報公開の必要性に優先された。そして政府の役人は、道徳上や倫理上の意味合いではなく、財政上の、あるいは官僚的、政治的な意味合いを最重要視して行動していたようだ』

この一節は本書の終盤にも再度登場する。

ここで相場英雄は読者に何を伝えようとしているのか。

この時期、本書「震える牛」が上梓された意義は大きい。

相場英雄はショッビングセンターによる地方の破壊と食品偽造問題を題材に、東日本大震災以後の日本を、福島第一原子力発電所事故後の日本を描いているのだ。

そして、相場英雄はミステリーの、警察小説の体裁を利用し、つまり誰もが手に取りやすいミステリーの体裁を利用し、社会の闇に読者を誘っているのだ。

エンターテインメントと言う餌で、読者を社会派へと導いているのだ。

おそるべし、相場英雄。

この春、是非読んでいただきたい一冊である。

相場英雄のサイン入り「震える牛」
そんな訳でサイン本。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月20日

「遠まわりする雛」をめぐる冒険

早速で恐縮だが、米澤穂信の「遠まわりする雛」のあとがきが大変興味深い。

ところで、そもそも「遠まわりする雛」とは何ぞや、と言う話なのだが、同書は米澤穂信の〈古典部〉シリーズ第4作目であり、〈古典部〉シリーズ初の短篇集である。

それでは、その〈古典部〉シリーズとは一体どんなシリーズなのか、と言うところなのだが、このシリーズはフリー百科事典Wikipediaによると、

文化系部活動が活発なことで有名な進学校、神山高校で「古典部」という廃部寸前の部活に入部した男女4人が、学校生活に隠された謎に挑む。主に、主人公であり探偵役でもある折木奉太郎の一人称で語られる。

とのこと。

つまり、この〈古典部〉シリーズは、学校生活に隠された謎に挑むミステリー、つまり、人が死なないミステリーなのだ。

この殺伐とした世の中において、またミステリーの大前提と言うか宿命として、人が死んでしまうのが当り前のミステリー界において、人が死なないミステリーとは、なんとも心地良い。心からそう思う。

さて、それでは今日の本題である「遠まわりする雛」のあとがきについてだが、その興味深い部分を引用してみよう。

また、今回は短篇集ということで、さまざまなシチュエーションを使うことができました。そのためミステリの趣向もいろいろなものを試しています。このシリーズとミステリの両方をよくご存じの方であれば、「手作りチョコレート事件」が倒叙ミステリと言っていい作りになっていることに気づかれたかもしれません。

もし本書をきっかけにミステリを広く読んでみたいと思われる向きがありましたら、「心あたりのある方は」がハリイ・ケメルマン「九マイルでは遠すぎる」への、「あきましておめでとう」がジャック・フットレル「十三号独房の問題」への入り口になってくれれば嬉しいです。

いかがだろう。

つまり、ここで米澤穂信は本書「遠まわりする雛」を通じて、本書に関心を持った読者を海外ミステリーの世界へと招待しているのだ。

現代の若い世代は海外の小説や音楽にあまり関心を持っていないと言われている。
おそらく日本国内の小説や音楽で満足してしまっているのだろう。

もう少し上の世代だと、例えば国内の好きな作家やアーティストが影響を受けている海外の小説や音楽を遡りながら読んだり聴いたりすることが一般的なのではないかと思う。

そんな中、米澤穂信は自らの作品の読者を、特に若年層の読者を海外ミステリーの世界にいざなっているのだ。

ここにも一人、日本国内の読者が減少し、また日本国内の読者が関心を持たなくなっている海外ミステリーが置かれている状況について憂いている人がいたぞ。

これを機に、海外ミステリーの世界にも目を向けていただきたいと思う。

「遠まわりする雛」米澤穂信
お約束で恐縮だが「遠まわりする雛」も米澤穂信のサイン入りだよ。

なお、「十三号独房の問題」「世界短編傑作集 1」に収録されています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月11日

「ゴーグル男の怪」

「ゴーグル男の怪」

「ゴーグル男の怪」
だと!

タイトルを一見して驚いた。島田荘司め、ふざけてるのか、と。

しかし同書の表紙を飾る影山徹の装画は素晴らしかった。

装画に惹かれる形でわたしは島田荘司の「ゴーグル男の怪」を手に取った。

そもそも「ゴーグル男の怪」は、2011年8月にNHK総合テレビ(当時)で放送された『探偵Xからの挑戦状! 夏休み・島田荘司スペシャル「ゴーグル男の怪」』のために執筆された作品をもとに大幅に加筆、改稿を経て単行本化されたものである。

『探偵Xからの挑戦状!』とは、ケータイ小説とテレビを連動させたミステリー番組で、視聴者はサイトにメールアドレスを登録すると、放送11日前からテレビ番組の「問題編」にあたる「ミステリーメール」が毎日届き、放送前日には視聴者がWEBで推理投票を行い、その上で「解決編」にあたるテレビ番組を視聴し、視聴者の推理投票の結果や、視聴者の推理の傾向、解決にいたった視聴者のハンドル名が発表される、と言う興味深いテレビ番組である。

わたしも『探偵Xからの挑戦状!』を比較的見ており、「ゴーグル男の怪」と言うタイトルには少なからず記憶があったのだが、見たのか見ていないのかの記憶がない。

仮に見ていたとしても、おそらくツイッターでもやりながら見ていたのだろう、「ゴーグル男の怪」の内容には全く記憶がなく、どの部分がテレビで放送され、どの部分が加筆されているのか定かではない、と思っていた。

しかしながら、本書「ゴーグル男の怪」を一読すると、加筆されたであろう部分が明確に立ち上がってくるのだ。

本書「ゴーグル男の怪」では、ふたつの物語が描かれている。

ひとつは煙草屋で起きた殺人事件と現場に残された不可解な謎。そして殺人事件に前後して近隣で目撃され始めるゴーグル男の姿。

そしてもうひとつはある登場人物の自伝的な物語である。

その登場人物は、少年時代に、ある心的外傷を受け、その心的外傷にとらわれながら成人し、最終的には母親が勤めていた高速増殖炉用の燃料を作る会社に勤めることになる。

そしてその登場人物は、下請け作業員の監督者として、ステンレスのバケツと漏斗を使いウラン235の純度をあげる工程を監督している最中に、あろうことか臨界事故を起こしてしまうのだ。

彼は、フルアームドの防護服を付け、倒れた下請け作業員を命がけで救出する、が被爆した2人の下請け作業員は搬送された医療機関で息を引き取ってしまう。

この臨界事故を起こしたバケツと漏斗の工程は、本来ならば複雑な工程を取るべきものだったのだが、時間と効率を求めた会社により発案された裏技的な工程であった。

そう、おそらくはこの登場人物の自伝的な物語が加筆された部分だろう。

島田荘司には、この高速増殖炉用の燃料をつくる会社が引き起こした臨界事故を描く必要があったのだ。

本書「ゴーグル男の怪」は、2011年10月に新潮社から出版されている。

どう考えても、本書は2011年3月の東日本大震災と福島第一原子力発電所の事故に対する島田荘司のアンサーであり、主張であり、怒りなのだ。

わたしは、島田荘司が小説家として書かなければならない事を、内側から沸き起こる何かに突き動かされるように書いているのだと思う。

本書「ゴーグル男の怪」で印象に残った部分を引用する。

 男の生涯の仕事は、生活費のためだけじゃない。仕事に誇りを持ちたいし、夢も持ちたい。自分の仕事が、この社会をよりよく改善していると思いたい。原子力という新エネルギーに関わっているのならば、なおのことだ。

 けれど、この頃にはもうすっかり事実が解ってしまった。原子力は、未来のエネルギーなんかじゃない。蒸気機関に属した古い技術で、終わった科学だ。その証拠に、大学に原子力学科はなくなった。学生がいなくなったのだ。この科学には、学問的にももう未来はない。(p116より引用)

私見だが、この文章から始まる部分を読むだけでも本書には価値がある。

この文章でわたしは島田荘司のファンになった。

「ゴーグル男の怪」
余談だけど、わたしの「ゴーグル男の怪」は島田荘司のサインつきだよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

Ingress日記 J・D・サリンジャー P・G・ウッドハウス P・K・ディック お宝 アイザック・アシモフ アルフォンソ・キュアロン アンディ・ウォシャウスキー アントニー・バークリー アントニー・バージェス アーサー・ヘイリー ウィリアム・ルーサー・ピアース クリストファー・ロイド コンサート コーマック・マッカーシー サイン サルマン・ラシュディ ザック・スナイダー ジェフ・ニコルスン ジェームズ・キャメロン ジャック・フットレル ジョセフ・コンラッド ジョン・ファウルズ ジョン・ル・カレ スティーヴン・キング デイヴィッド・ミッチェル トニー・スコット トム・ロブ・スミス ニーチェ ハリイ・ケメルマン ハリエット・ピーチャー・ストウ ブレット・ラトナー ポール・ヴァーホーヴェン マット・グレイニング ラナ・ウォシャウスキー リチャード・マシスン リドリー・スコット レイモンド・チャンドラー レン・ワイズマン 伊藤計劃 円城塔 国内SF 国内アニメ 国内コミック 国内ニュース 国内ミステリー 国内出版物 大森望 宮崎駿 島田荘司 徒然雑草 映画 東川篤哉 森絵都 水生大海 法坂一広 海外SF 海外アニメ 海外ニュース 海外ミステリー 相場英雄 米澤穂信 翻訳ミステリー大賞シンジケート 舞台 読書 貫井徳郎 黒澤明