レン・ワイズマン

2012年2月18日

「トータル・リコール」もリメイクですか?

レン・ワイズマン版「トータル・リコール」(2012)より
リメイク企画が続く、ハリウッド映画だが、なんと、フィリップ・K・ディック原作、ポール・ヴァーホーヴェン監督、アーノルド・シュワルツェネッガー主演の「トータル・リコール」(1990)もリメイクされる模様。

しかも、ヴァーホーヴェンの「トータル・リコール」より、P・K・ディックの原作「追憶売ります」"We Can Remember It for You Wholesale")への哲学的な踏み込みが強い作品になる可能性がある模様。

現在までに明らかになっているスタッフ、キャストは次の通り。

「トータル・リコール」("Total Recall")
公開:2012年8月3日(全米公開)
監督:レン・ワイズマン
脚本:マーク・ボンバック、ジェームズ・ヴァンダービルト、カート・ウィマー
原作:フィリップ・K・ディック
出演:コリン・ファレル(ダグラス・クエイド/ハウザー)、
ケイト・ベッキンセイル(ローリー)、ブライアン・クランストン(コーヘイゲン)、ジェシカ・ビール(メリーナ)、イーサン・ホーク、ビル・ナイ(クワトー)

なお、監督のレン・ワイズマンはケイト・ベッキンセイルの夫であり、ベッキンセイル主演の「アンダーワールド」「アンダーワールド:エボリューション」の監督を、そして「ダイ・ハード4.0」の監督をも務めている。クレジット上は、主演のコリン・ファレルより上にクレジットされているケイト・ベッキンセイルの夫であり、夫婦で作品を制作している点に若干の不安を感じるものの、アクションに定評がある監督だけに期待がもてる。

ケイト・ベッキンセイル自身も「今回ジェシカとのファイトシーンがあるんだけど、素晴らしい出来に仕上がってると思うわ。女同士のファイト・シーンでよくある“肩の部分が破れてブラジャーが見えて”みたいなバカバカしいものじゃなくて、本物のファイト・シーンよ」と語っている模様。

また、脚本は「ダイ・ハード4.0」「アンストッパブル」のマーク・ボンバック、「閉ざされた森」「ゾディアック」「アメイジング・スパイダーマン」(2012)のジェームズ・ヴァンダービルト、「ウルトラヴァイオレット」「完全なる報復」「ソルト」のカート・ウィマーが名を連ねている。
こりゃ大変でございます。

キャストについては、なんとクワトーにビル・ナイですか!
また、役名が明らかになっていないイーサン・ホークは、もしかしたらヴァーホーヴェン版でマイケル・アイアンサイドが演じたリクターかな。

なお、「トータル・リコール」の原作「追憶売ります」は、「マイノリティ・リポート/ディック作品集」「構造記憶」「追憶売ります」に収録されています。

入手しやすいのは多分「マイノリティ・リポート/ディック作品集」ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

Ingress日記 J・D・サリンジャー P・G・ウッドハウス P・K・ディック お宝 アイザック・アシモフ アルフォンソ・キュアロン アンディ・ウォシャウスキー アントニー・バークリー アントニー・バージェス アーサー・ヘイリー ウィリアム・ルーサー・ピアース クリストファー・ロイド コンサート コーマック・マッカーシー サイン サルマン・ラシュディ ザック・スナイダー ジェフ・ニコルスン ジェームズ・キャメロン ジャック・フットレル ジョセフ・コンラッド ジョン・ファウルズ ジョン・ル・カレ スティーヴン・キング デイヴィッド・ミッチェル トニー・スコット トム・ロブ・スミス ニーチェ ハリイ・ケメルマン ハリエット・ピーチャー・ストウ ブレット・ラトナー ポール・ヴァーホーヴェン マット・グレイニング ラナ・ウォシャウスキー リチャード・マシスン リドリー・スコット レイモンド・チャンドラー レン・ワイズマン 伊藤計劃 円城塔 国内SF 国内アニメ 国内コミック 国内ニュース 国内ミステリー 国内出版物 大森望 宮崎駿 島田荘司 徒然雑草 映画 東川篤哉 森絵都 水生大海 法坂一広 海外SF 海外アニメ 海外ニュース 海外ミステリー 相場英雄 米澤穂信 翻訳ミステリー大賞シンジケート 舞台 読書 貫井徳郎 黒澤明